キャンプ用ウレタンマットの選び方とおすすめ5選!冬にも使える!コンパクトからダブルまで!

アウトドア

キャンプ用ウレタンマットは優れた断熱性が特徴です。
春から秋にかけてだけでなく、寒さの厳しい冬にも使えるのがポイントです。
地面から伝わる冷気を遮断し、快適な睡眠をサポートします。
軽量かつ丈夫でハードな取り扱いができ、長く使えるキャンプギアです。
そこで、キャンプ用ウレタンマットの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

キャンプ用ウレタンマットのおすすめは?

キャンプ用ウレタンマットの選び方は?

 

・キャンプ用ウレタンマットとは
・キャンプ用ウレタンマットの選び方
・キャンプ用ウレタンマットのおすすめ5選

上記3点から解説します!

 

hatta
hatta

キャンプ用ウレタンマットの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばキャンプ用ウレタンマットで迷うことはもう無くなります!

 

 

ワンタッチテントの選び方とおすすめ5選!設営撤収簡単でキャンプやツーリングに!

ワンタッチテントの選び方とおすすめ5選!設営撤収簡単でキャンプやツーリングに!
ワンタッチテントは簡単に設営や撤収ができるのが魅力のテントです。 面倒な設営を必要とせず、傘を広げるようにワンタッチで設営することができる便利なアイテムです。 宿泊ができるタイプの「フルクローズ型」はキャンプや登山でも使用することができます。 そこで、ワンタッチプテントの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

キャンプ用ウレタンマットとは

優れた断熱性を有しているのがウレタンマットのメリットです。
春から秋にかけてだけでなく、寒さの厳しい冬にも使えるのが特徴です。
地面から伝わる冷気を遮断し、快適な睡眠をサポートします。
軽量かつ丈夫でハードな取り扱いにも対応できるため、雪山登山にもおすすめの製品です。

ただし、ややかさばるので、携帯性を重視したい方には不向きです。
折りたたみ方式は銀マット製品と同様、ロールタイプとアコーディオンタイプの2種類がラインナップされています。

メリットデメリット
・優れた断熱性
・寝心地が良くなる
・軽量
・丈夫でハードに使える
・かさばるので携帯に不向き

 

ウレタンマットを使用するメリット

断熱効果

「断熱効果」は、キャンプマットの重要な役割のひとつです。
寝袋の下に敷くことで地面からの冷気や熱気を遮断し、快適な睡眠を得られるのがメリットです。
特に冬場は寒さで眠れなくなるだけでなく、人命に関わる場合もあるため、キャンプマットの使用は欠かせません

断熱性能の指標となるのが「R値(熱抵抗値)」です。
キャンプマットはR値が高いほど、熱を逃しにくく断熱性能に優れます。
春や夏であれば1.0以上、春から秋にかけての3シーズンなら2.1以上、冬なら3.3以上、厳冬期は5.0以上を目安として選んでみてください。

 

寝心地がよくなる

断熱効果と同様に「寝心地」も重要な役割のひとつです。
キャンプマットの使用により地面と体の接触が避けられ、快適な寝心地を確保できるのがメリットです。

テントサイトの地面は、小石が多い場合があります。キャンプマットを使わずに寝袋だけで横になると、小石が体にあたり快適な睡眠が得られないだけでなく、体を痛めてしまう恐れもあるので注意が必要です。

 

hatta
hatta

キャンプマットのを使うメリットは「断熱効果」「寝心地がよくなる」この2点です!
使うと使わないじゃ圧倒的に違いますよ!

 

 

キャンプ用ウレタンマットの選び方

サイズを確認

キャンプマットは、テント内で寝袋とセットで使用するため、自分の身長や体型に合ったアイテムを選ぶのがおすすめです。
敷いて寝転んだときに足首が出てしまったり、横幅が足りずにはみ出したりしてしまうと、ストレスになるので、やや大きめを選んでおいた方が無難です。

ただし、あまりにもオーバーサイズのモノは持ち運びに影響が出るので、その点は考慮しておきましょう。

 

重量と収納サイズを確認

キャンプマットのタイプや素材、大きさによって重量や収納時のサイズが異なります。
特に荷物を背負って歩き続ける登山や積載制限のあるツーリングキャンプの場合は、携帯性が求められるので軽くてコンパクトに収納できるモノを選びましょう

しかし、一般的に軽いほどマットの性能が落ちる傾向にあるため、厳冬期や雪山登山においては軽量性よりも断熱性能を重視して選ぶのがおすすめです。
また、夏場でも標高の高い山の場合は気温の高低差があるので、朝晩は冷え込みます。
多少かさばっても断熱性の高いウレタンマットを携行するのがおすすめです。

 

熱遮断性を確認

キャンプマットを選ぶ際には、サイズや重量などいくつかのチェックすべきポイントがありますが、熱遮断性についても忘れず確認しましょう。
熱遮断性はクッション性と並んで、快適に過ごすための重要な項目です。
冬場はもちろん、夏のキャンプ場でも夜間の地面は思った以上に冷えるため、熱遮断性が低い製品では地面から伝わる冷気で底冷えする場合があります。

熱遮断性能を確認する際は「R値」を要確認です。
R値とは、熱の伝わりにくさを表す数字で、値が大きいモノほど熱が伝わりにくいので、断熱効果の高い製品といえます。
春や夏であれば1.0以上春から秋にかけての3シーズンなら2.1以上冬なら3.3以上厳冬期は5.0以上を目安として選んでみてください。
すべてのキャンプマットにR値の記載があるわけではありませんが、購入前に確認しておくと安心です。

 

hatta
hatta

「サイズ」「重量と収納サイズ」「断熱性能」キャンプ用ウレタンマットを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

キャンプ用ウレタンマットのおすすめ5選

上記でキャンプ用ウレタンマットの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!キャンプはもちろん、家の中でもウレタンマットをヘビーユーズしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したキャンプ用ウレタンマットを5つ紹介します!

 

THERMAREST クローズドセルマットレス Zライト ソル

THERMAREST クローズドセルマットレス Zライト ソル」はR値2.0で、3シーズンに対応したキャンプマットです。
アコーディオンのように折りたたむタイプで、就寝時はもちろん、小休憩したいときも素早く広げられ、撤収も簡単です。

熱反射板の熱を利用して体温を高める「サーマキャプチャーテクノロジー」を採用しているほか、表面にアルミを蒸着することにより、断熱性を20%アップしているのが特徴です。
また、表面にある凹凸は弾力性が高く、寝心地も良好です。

素材にはEVAフォーム素材を採用し、290gと軽量なのもポイントです。
収納サイズは、51×13×12cmとコンパクトにまとまり、リュックに積んで気軽に持ち運べます。
登山やトレッキングにおすすめのキャンプマットです。

 

・サイズ:51×130×2(h)cm
・重量と収納サイズ:51×10×14(h)cm (約)210g
・断熱性能:2.0

 


 

THERMAREST リッジレスト ソーライト

THERMAREST リッジレスト ソーライト」はR値2.1を有する、ロールタイプ式のキャンプマットです。
「サーマキャプチャーテクノロジー」を採用しているほか、アルミ蒸着加工を施しているため、優れた保温性が特徴です。

使用時サイズは、51×183cm。収納時サイズは51×20cm、重さ400gと、軽さとコンパクトさを追求しています。
春から初冬まで3シーズンにわたって使え、さまざまなアウトドアシーンで活躍するおすすめのキャンプマットです。

 

・サイズ:51×183×1.5(h)cm
・重量と収納サイズ:51×20cm (約)400g
・断熱性能:2.1

 


 

キャプテンスタッグ キャンプ用 折りたたみマット M-3303

キャプテンスタッグ キャンプ用 折りたたみマット M-3303」は内部に発砲ポリウレタンを採用したキャンプマットです。
使用時サイズは100×200×1.5cmです。
横幅が広いので、ひとりでゆっくり寝たい方におすすめです。

折りたたみ式で、使いたいときに素早く広げられ、撤収も楽なのがポイントです。
肩から下げられる紐がついているので、持ち運びも簡単です。
キャンプはもちろん、車中泊にも使えるキャンプマットを探している方は、チェックしてみてください。

 

・サイズ:100×200×1.5(h)cm
・重量と収納サイズ:100×11.5×31(h)cm (約)1200g
・断熱性能:2.0

 


 

Mozambique キャンプマット

Mozambique キャンプマット」はR値2.6で、肌寒い季節でも使用できるキャンプマットです。
表面のアルミ蒸着加工により、保温性に優れているほか、長く使用できる耐久性の高さが特徴です。

厚さが2cmあり、小石があるキャンプサイトでも快適に寝られるのが魅力です。
折りたたむと、56×13×12cmとコンパクトにまとまり、収納ケースが付属しているのも嬉しいポイントです。

素材の選定から製造、加工までこだわり抜いて作られたアイテムです。
機能性が高く、長く愛用できるキャンプマットを探している方や、コスパのよいキャンプマットを求めている方におすすめです。

 

・サイズ:56×180×2(h)cm
・重量と収納サイズ:56×13×12(h)cm (約)500g
・断熱性能:2.6

 


 

キャプテンスタッグ キャンプマット EVAフォームマット

キャプテンスタッグ キャンプマット EVAフォームマット」はクッション性が高いウレタンマットです。
表面を波型にすることにより、凸部に暖かい空気の層ができ、保温性に優れます。
キャンプ 車中泊時のクッションマットやアウトドアのレジャーシート、ヨガなどエクササイズマットにも使用可能です。
EVAフォームを採用しており、重量も270と軽く携帯するのに便利です。

また平面上のマットに比べ、厚みが増すためクッション性が高く、凹凸地面の悩みを解消します。
キャンプにはもちろん、日常からレジャーにもあれば快適です。

非常にコスパの良いウレタンマットです。

 

・サイズ:56×180×2(h)cm
・重量と収納サイズ:56×13×12.5(h)cm (約)270g
・断熱性能:2.0

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているキャンプ用ウレタンマットです!
キャンプ用ウレタンマットがあればテントの中やコットの上がより快適になりますよ!

 

 

ウレタンマットはテント内をより快適にする

以上がキャンプ用ウレタンマットの選び方とおすすめ5選の解説でした。
キャンプ用ウレタンマットは優れた断熱性が特徴のマットです!
春から秋にかけてだけでなく、寒さの厳しい冬にも使えるのが特徴です!
地面から伝わる冷気を遮断し、快適な睡眠をサポートします!
軽量かつ丈夫でハードな取り扱いができ、長く使えるキャンプギアです!

キャンプ用ウレタンマットが1枚あるとテントやコットの上でも快適に寝ることができます!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

 

hatta
hatta

キャンプ用ウレタンマットは使用すると寝心地、断熱性能がアップします!
テント内をより快適にすることができるアイテムです!

 

 

 

冬用寝袋の選び方とおすすめ5選!冬キャンプや車中泊で使えるシュラフを紹介!

冬用寝袋の選び方とおすすめ5選!冬キャンプや車中泊で使えるシュラフを紹介!
冬キャンプに欠かせないのが冬用寝袋(シュラフ)です。 冷え込む夜でも寒さに耐えられる保温性と防寒性が備わっており、快適に眠る事ができるアイテムです。 また、機能性の高さから、車中泊や冬の災害時などにも役立つアイテムです。 そこで、冬用寝袋の選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました