二人用テントの選び方とおすすめ5選!登山やキャンプツーリングに!安いエントリーモデルも!

アウトドア

友達や家族、カップルなどでキャンプに行く際に便利なのが二人用テントです。
最近は軽量化されており、初心者でも簡単に設営できるモデルも多くラインナップされています。
全室のついたモデルやワンタッチで設営できるモデルもあります。
そこで、二人用テントの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

二人用テントのおすすめは?

二人用テントの選び方は?

 

・使用目的から考える二人用テント
・二人用テントの選び方
・二人用テントのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

二人用テントの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めば二人用テントで迷うことはもう無くなります!

 

 

キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選!登山やツーリング、車中泊!最高の寝心地に!

キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選!登山やツーリング、車中泊!最高の寝心地に!
インフレーターマットはキャンプ用マットの中でもバルブを緩めるだけで自動的に空気を充填できる便利なマットです。 断熱性に優れておりクッション性も高く、空気の入れる量で硬さ調整もできるので快適な寝心地が得られるのもポイントです。 そこで、キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

使用目的から考える二人用テント

キャンプ

キャンプの場合は、設営場所に着いてからの使い勝手を要確認です。
具体的には、設営のしやすさや居住空間の広さ、耐風・耐水性を考慮して選ぶようにしましょう
特にツールームテントや、前室が広めのモデルを選ぶと、雨天時などでもスペースを確保できて便利です。

 

登山

登山用テントは、軽量かつコンパクトな製品が求められます
テントだけでなく、シュラフやマット、食料などあらゆる荷物をザックの中に収納して持ち運びしなければならないので、荷造りも重要です。
体への負担を軽減した持ち歩き方もあわせて確認してみてください。

 

ツーリング

バイクは、積載物の重量や大きさが制限されています。
ツーリングでは、テント以外にもアウトドアアイテムを積載する必要があるため、できるだけ軽量でコンパクトに収納できるモデルを選ぶのがおすすめです。

 

hatta
hatta

二人用テントのテントは使用目的から考えるとタイプが異なります。
車で持ち運ぶ場合以外は上記を参考にしてみてください。

 

 

二人用テントの選び方

サイズを確認

テントはドーム型やワンポール型など仕様によって種類が分かれますが、二人用テントを使用する場合は、大人一人が足を曲げずに就寝できる程度の長さが必要です。
目安としては、荷物を置くスペースも考慮して足を伸ばす方向に200~210cmあるモノがおすすめです。

横幅は大人二人が横に並んで余裕で就寝できる程度の幅が必要です。
体格などの個人差はありますが、130~200cmの幅があれば十分なスペースが確保できます。

なお、備品が多い場合はワンサイズ大きめのテントを選ぶのもおすすめです。
調理グッズなどはテントの外に置いてもあまり問題はありませんが、キャンプ地に撮影機材などを持ち込みたい方はテント内に収納することも考えられます。
移動する自動車に置くか、テント内の手元に置いておきたいかは事前に考慮しておきましょう。

 

前室の有無を確認

室内でゆったりとくつろぎたい方は、前室の有無もしっかり確認しましょう。
前室付きのモデルなら、脱いだ靴やリュックなどの荷物も置くことが可能です。
その分室内が広く使えるので快適に寝られます。

 

耐水性を確認

テントは、フライシート・インナーテント・グラウンドシートから構成されているのが一般的です。
雨を直接受けるフライシートや地面に接するグラウンドシートは、とくに水が侵入しやすい部分です。
そのため事前に耐水性を確認しておきましょう。

テントの耐水性は「耐水圧」と表記され、どの程度の水圧まで水が侵入しないかを表しています。
キャンプの場合、耐水圧1500mm以上のテントを選んでおくと安心です。
高い山は雨や風が強い傾向にあるので、ファミリーでの登山の際は2000mmを目安にしてみてください。

テントの素材には、防水加工されたナイロンやポリエステルが使われているのが一般的。
ともに耐水性は良好ですが、ナイロンは水を含むと重くなり、乾きにくい性質があります。
また、紫外線によって変色・劣化しやすいのもデメリットです。
日光・雨を直接受けるフライシートは、ポリエステル素材のモノを選ぶと安心です。

 

収納サイズと重さを確認

バイクや自転車ツーリングでは通常のキャンプに比べて持ち運びの容量が制限されるので、収納サイズも要確認です。
また、テントの重さも重要です。
目安はオートバイであれば、5kg以下、自転車であれば軽いほどよいのですが、3kg以下には抑えたいところです。
使用人数と機能性を考慮して選びましょう。

 

hatta
hatta

「サイズ」「全室の有無」「耐水性」「収納サイズと重さ」の4点が二人用テントを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

二人用テントのおすすめ5選

上記で二人用テントの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!家族や友達とキャンプ行き過ぎるほど行っている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した二人用テントを5つ紹介します!

 

mont-bell クロノスドーム 2型

mont-bell クロノスドーム 2型」はモンベル独自の「バーティカル・クロス・システム」を採用した製品です。
ポールを直角にクロスさせて立ち上げることで、広い居住空間を確保できるのが特徴です。
キャンプをはじめトレッキングやキャンプツーリングなど、幅広い用途で活躍する二人用テントです。

3シーズンに対応しているため、雪のない時期であれば登山などにも使えます。
ショックコードでポールとソケットが一体になっているのも本モデルの特徴です。
設営や撤収がスピーディーにおこなえるので重宝します。
日没間際に目的地へ到着するようなシーンでも慌てる心配はありません。

大型のメッシュ窓を2箇所に設けているため通気性は良好です。
暑い季節でも涼しい外気を取り入れながら、快適に過ごすことが可能です。

 

・サイズ:W230×D130×H105cm
・全室の有無:有
・耐水性:フライ:1500mm フロアシート2000mm
・収納サイズと重さ:17×17×35cm 2.43kg

 


 

CAPTAIN STAG アルミツーリングドーム2UV UA-2

CAPTAIN STAG アルミツーリングドーム2UV UA-2」は前後2箇所に大きな前室を備えた二人用テントです。
二人分の靴や荷物がしっかりと収納できるため、就寝中に降る雨や夜露で濡れる心配はありません。
フライとグランドシートには耐水圧2000mmのポリエステル生地を採用しており、多少強い雨に見舞われても安心して就寝することが可能です。

ポールには丈夫で軽量な7001ジュラルミン素材を使用していますが、本体重量が約3.8kgと若干重めなので登山よりもツーリングキャンプやオートキャンプにおすすめします。
出入り口には逆U字型のドアを採用しており、大型のため出入りがしやすいだけでなく通気性も良好です。
雨の日でもフライシートのフラップを巻き上げておけば、新鮮な外気を取り込めるため快適に過ごせます。

 

・サイズ:W210×D130×H130cm
・全室の有無:有
・耐水性:フライ:2000mm フロアシート2000mm
・収納サイズと重さ:50×14×14cm 3.5kg

 


 

CAPTAIN STAG リベロツーリングテントUV M-3119

CAPTAIN STAG リベロツーリングテントUV M-3119」はツーリングキャンプにおすすめのモデルです。
約40×16×16cmとコンパクトに折りたたむことが可能です。
ほかの荷物の邪魔になりにくく、バイクへの積載がしやすい二人用テントです。
紫外線を95%カットすると謳われている「UV-PROTECTIONコーティング生地」を採用しているため、強い日差しの下でも快適に過ごせます。

インナーテントの天井部にはメッシュを配置しています。
フライシートにベンレーションを備えているので、室内の湿った空気を効率的に排出できます。
さらに、フライとインナーの間には80mmのスペースを確保するなど、結露しにくい構造を採用しているのも本モデルの特徴です。

 

・サイズ:W260×D210×H130cm
・全室の有無:有
・耐水性:フライ:600mm フロアシート:600mm
・収納サイズと重さ:40×16×16cm 3.1kg

 


 

DOD ライダーズバイクインテント T2-466

DOD ライダーズバイクインテント T2-466」バイクが収納できる大型キャノピーを備えた製品です。
リビング・寝室どちらのエリアからでもバイクを眺めることが可能です。
ツーリングキャンプを楽しむバイク好きの方におすすめの二人用テントです。

「ワンタッチシステム」を採用しているのも本モデルの特徴です。
設営はもちろん撤収作業も短時間でおこなえます。
目的地への到着が夜になったり、出発が朝早かったりしても慌てずに対応できるので便利です。

 

・サイズ:W215×D260×H140cm
・全室の有無:有
・耐水性:アウターテント:3000mm フロア:5000mm
・収納サイズと重さ:23×61.5cm 5.5Kg

 


 

MSR ハバハバ NX

MSR ハバハバ NX」は軽量性と居住性を兼ね備える二人用テントです。
総重量は約1.7kgと軽いため、登山やツーリングなど重い荷物を持ち運びたくない場合にもおすすめです。
また、収納時のサイズは15×46cmとコンパクトに収まるのも嬉しいポイントです。
リュックなどの限られたスペースにもラクにしまえます。

フロアサイズは127×213cmなので、大人二人が寝るのに十分な広さです。
さらに、両サイドには前室を備えているため、荷物や靴を置けます。
ポールは弾力性に優れており、強風などで曲がっても元の形に戻るのが特徴です。

レインフライとフロアには、「エクストリームシールド ウォータープルーフコーティング」を採用しています。
高温や高湿度に対して高い耐久性があり、経年変化によるベタつきを軽減可能です。

 

・サイズ:W279×D213×H100cm
・全室の有無:有
・耐水性:アウターテント:1200mm フロア:3000mm
・収納サイズと重さ:46×15cm 1.76Kg

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している二人用テントです!
家族や友達、カップルでキャンプに行く際に1つあると便利です!

 

 

二人用テントは友達や家族、カップルでのキャンプにおすすめ

以上が二人用テントの選び方とおすすめ5選の解説でした。
友達や家族、カップルなどでキャンプに行く際に便利なのが二人用テントです!
最近は軽量化されており、初心者でも簡単に設営できるモデルも多くラインナップされています!
全室のついたモデルやワンタッチで設営できるモデルもあります!

友達や家族、カップルでキャンプを楽しみたい方に二人用テントはおすすめのギアです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

二人用テントは友達や家族、カップルでのキャンプにおすすめのギアです!
また、ソロで使えば広く快適なテントとしても使用できます!

 

 

キャンプ用コットの選び方とおすすめ5選!軽量でコンパクトなモデルも!アウトドアやツーリングに!

キャンプ用コットの選び方とおすすめ5選!軽量でコンパクトなモデルも!アウトドアやツーリングに!
コットはキャンプなどのアウトドアシーンで活躍する折りたたみ式ベッドです。 ベッドとして使えるのはもちろん、ベンチや荷物置きとしても利用できるアウトドアギアです。 暑さ・寒さなどの影響を受けにくいため、野外でも快適に過ごせるのが最大の魅力です。 そこで、キャンプ用コットの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました