トレッキングシューズの選び方とおすすめ5選!登山やキャンプ、アウトドアに!サイズ感も解説!

アウトドア

トレッキングシューズ(登山靴)はアウトドアやキャンプ、登山で欠かせないキーアイテムです。
整備されていない自然の道を安全に歩くために重要なアイテムです。
トレッキングシューズは足の疲労を軽減し、ゲガのリスクも下げることもできます。
そこで、トレッキングシューズの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

トレッキングシューズのおすすめは?

トレッキングシューズの選び方は?

 

・トレッキングシューズとは
・トレッキングシューズの選び方
・トレッキングシューズのおすすめ5選

上記3点から解説します

 

hatta
hatta

トレッキングシューズの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばトレッキングシューズで迷うことはもう無くなります!

 

 

ダナー(Danner)が雪道におすすめな理由!ダナー1足あればスノーブーツなんて必要ない!

ダナー(Danner)が雪道におすすめな理由!ダナー1足あればスノーブーツなんて必要ない!
アウトドアブーツの代名詞的メーカーダナー(Danner)。冬に履く靴は困りますよね?スノーブーツは冬しか履けないし、デザインがイマイチなど。そんな悩みはダナーブーツ一足あれば問題解決です!ダナーブーツの高い機能性は冬の雪道を楽しくしてくれます。そこで、雪道にダナーがおすすめの理由とおすすめのモデル5選を解説します。

 

 

トレッキングシューズとは

トレッキングシューズとは、登山・ハイキング・キャンプなどでの使用を目的としたシューズのことです。
濡れた登山道などでも滑りにくいよう、グリップ性を高めたモノや、雨の侵入を防止する防水性の高いモデルを多くラインナップしています。

そのほかに、足場の悪い場所でも安定して歩けるように剛性を高めたモノなど、種類はさまざまです。
製品によっては、タウンユースでの使用を視野に入れたモデルも展開しています。

 

トレッキングシューズはサイズ感が重要

トレッキングシューズは、疲れを軽減したり、ケガを防止したりするためにもサイズ感が重要です。
可能であれば、店頭で実際にトレッキングシューズを履いてサイズ感をチェックするのがおすすめです。

トレッキングシューズは、岩などの障害物から足先を守るために、つま先が固く設計されています。
そのため、スニーカーと比べて、自身の足のサイズが合っているかの確認は難しいです。

トレッキングシューズをフィッティングする際は、なるべく登山用の靴下か厚手の靴下を履いてから行うことをおすすめします。
これは、履いている靴下によってフィット感が大きく変わるためです。

フィッティング時は、つま先から足首の部分までしっかりと靴紐を結び、足を奥まで入れた状態で、かかとに人差し指1本分が入るくらいがベストサイズです。
靴紐を結び終えたら、実際に歩いてみて、違和感がないかも確認してみてください。

 

hatta
hatta

トレッキングシューズはアウトドアでの仕様を目的としたシューズです!
タフなシーンでも使用できる性能が魅力です!

 

 

トレッキングシューズの選び方

ソールの硬さを確認

トレッキングシューズを選ぶ際はソールの硬さも確認しておきましょう。
スニーカーのような柔らかいソールは歩きやすく、ハイキングやキャンプなどで使いやすいのが特徴です。
一方で、硬めのモノは、縦走や重い荷物が必要な登山におすすめです。
ソールが曲がりにくい分、岩場でも安定感があります。

適度にソールが曲がるタイプは、低山歩きや日帰り登山を楽しむのに適しています。
柔らかいソールと硬いソールの中間にあたるため、歩きやすさと安定感のバランスが良好です。

硬さの確認は、手でシューズを押し曲げたり、フィッティングの際に足先を曲げたりしてチェックしましょう。
トレッキングを快適に楽しむためにも、自身の用途に合ったモデルを探してみてください。

 

防水性の確認

山道では、突然天候が悪くなる場合もあります。
そのため、防水性に優れたトレッキングシューズを選んでおくのがおすすめです。
ゴアテックス素材を搭載したモデルなら、防水性だけでなく透湿性も備えているので、シューズの内部がドライな状態をキープできます。

ゴアテックス以外に、各メーカー独自の防水素材を搭載したモデルも豊富です。
トレッキングシューズ選びの際は、登山を快適に行うために、必ず防水性も確認しておきましょう。

 

カットの種類を確認

ローカット:スニーカーのように履ける

ローカットは、くるぶしが出るくらいの高さにカットされたタイプです。
山道のなかでも整備された場所や、軽登山での使用におすすめです。
足首の可動域が広く、歩きやすいのが特徴です。
軽量かつ履きやすいので、タウンユースを視野に入れたモデルも豊富です。

しかし、足首周りのサポートがないため、足場の悪い場所では捻挫などのケガをしてしまう危険性があります。
また、石などの異物がシューズ内部に入り込みやすい点もデメリットです。
そのため、足場の悪い場所や、本格的な登山には不向きです。

 

ミドルカット:低山から中級登山、日帰り登山などに

ミドルカットは、くるぶしが少し隠れるくらいの高さにカットされたタイプです。
用途としては、低山から中級登山、日帰り登山などにおすすめです。
ミドルカットは、足首を適度にホールドしてくれるので、ケガのリスクが軽減できます。
また、ハイカットと比べて可動域が広く、歩きやすいのも特徴です。

幅広いシーンに対応できるため、登山初心者は製品選びに迷ったら、ミドルカットのモデルを選びましょう。

 

ハイカット:長時間登山やハードな用途に

ハイカットは、くるぶしがしっかりと隠れる高さがあるタイプです。
安全性に優れているため、重い荷物を持ち運ぶ場合の登山や縦走のような、ケガのリスクが高いシーンでの使用におすすめです。

足首のホールド性がミドルカットよりも優れており、足場の悪い登山道でのケガのリスクを軽減します。
異物の侵入を防止できるのもメリットです。
一方で、ミドルカットやローカットのような、足首の可動域の広さはありません。
また、重量も比較的重いモデルが多くなります。

 

hatta
hatta

「ソールの硬さ」「防水性」「カットの種類」の3つがトレッキングシューズを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

トレッキングシューズのおすすめ5選

上記でトレッキングシューズの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!トレッキングシューズにはうるさいと評判の筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したトレッキングシューズを5つ紹介します!

 

Danner Mountain 600

Danner Mountain 600」は靴底メーカーであるビブラム社と共同開発されたトレッキングシューズです。
「SPEミッドソール」と「フーガアウトソール」の組み合わせにより、軽量ながらクッション性は良好です。
濡れた路面、乾いた路面のどちらにもグリップが効くため、どのような環境でも安心して使用できます。

レザー部分とトレッキングシューズ内部には「ダーナードライ」を搭載しており、あらゆる天候でも快適な履き心地を実現しています。
レザーは防水仕様なのも嬉しいポイントです。
ヒール部分のTPU素材により、安定性も向上しています。
デザインがおしゃれなため、普段履きにもぴったりのモデルです。

 

・ソールの硬さ:中
・防水性:○ ダナードライ防水
・カットの種類:ミドルカット

 

 

THE NORTH FACE クレストン ミッド フューチャーライト NF52020

THE NORTH FACE クレストン ミッド フューチャーライト NF52020」は日本人に合わせたオリジナルの足型を採用し、快適性を向上したトレッキングシューズです。
つま先からかかとまでをカバーしたシャンクプレートを内蔵しており、ボトムユニットの剛性を強化しています。

加えて、アウトソールは滑りにくい「エクスクルーシブ・ビブラムラバーアウトソール」を配置してます。
足場の悪い山道でも安定した着地を実現しています。

本製品は、ミクロ単位のポリウレタン繊維を重ねた素材、「FUTURELIGHT」を搭載。防水性と透湿性を完備し、あらゆる季節で着用できます。多数の足型のデータを採取し、足の動きや状態を分析したモデルのため、フィット感を求める方におすすめです。

 

・ソールの硬さ:中
・防水性:○ FUTURELIGHT(THE NORTH FACE独自研究開発素材)
・カットの種類:ハイカット

 

 

KEEN トレッキング EXPLORE MID WP

KEEN トレッキング EXPLORE MID WP」は重さ約420gと軽量性に特化したトレッキングシューズ。
疲れを極力軽減したい方や、日帰りの登山やキャンプなど、幅広いアウトドアに活用したい方におすすめのモデルです。

アッパー部にはメッシュ素材を用い、通気性を向上しています。
また、独自の素材「KEEN.DRY」を搭載したモデルで、防水性と透湿性は良好です。

かかと部分はTPU素材と、「KONNECTFITヒールキャプチャーシステム」を搭載し、耐久性とフィット感を高めています。
アキレス腱まわりは切込みを設けることで、快適な履き心地を実現。足首の安定性を追求したモデルです。

 

・ソールの硬さ:柔
・防水性:○ KEEN.DRY
・カットの種類:ミドルカット

 

 

KEEN トレッキング WILD SKY MID WP

KEEN トレッキング WILD SKY MID WP」は高品質なレザーと優れた安定性が特徴のトレッキングシューズです。
キーン独自の防水透湿素材と、優れたメッシュ素材を採用し、高い防水性と透湿性を完備です。
耐久性にも優れているので、厳しい環境にも対応が可能です。

足全体をカバーする「ナイロンボードラステッド製法」と、かかとを固定する「KONNECTFITヒールキャプチャーシステム」により、安定性が向上。ミッドソールにはPU素材を採用し、クッション性も良好です。

アウトソールは、耐摩耗性とグリップ性に優れているほか、踏みあとが残りにくい特殊な仕様です。
本格的にトレッキングを楽しみたい方におすすめのモデルです。

 

・ソールの硬さ:硬
・防水性:◎ KEEN.DRY
・カットの種類:ミドルカット

 

 

caravan トレッキングシューズ 0010106

caravan トレッキングシューズ 0010106」は登山愛好者が使いやすいように設計された、キャラバンで人気のトレッキングシューズです。
履き口まわりは柔らかい素材を多く採用し、足首を優しくサポートします。
アキレス腱部分は浅めにカットしてあるため、足首の可動域が広くなっているのもポイントです。

指先はゆとりを持たせた設計で、ストレスが少なく着用できます。
また、TPU樹脂カップを搭載することで、指先の安全性が高いのも特徴です。
ソールは「キャラバントレックソール」「インソールクッションシステム」などを搭載し、高いグリップ性と衝撃吸収性を備えています。

ライニングには、ゴアテックス素材を採用しているため、防水透湿性も良好です。
履きやすさに加えて機能も豊富なので、本格派の方だけでなく、登山初心者の方にもおすすめのモデルです。

 

・ソールの硬さ:硬
・防水性:◎ ゴアテックス (GORE-TEX)
・カットの種類:ハイカット

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているトレッキングシューズです!
トレッキングシューズはアウトドアを更に楽しくするアイテムです!

 

 

トレッキングシューズはアウトドアを更に楽しくする

以上がトレッキングシューズの選び方とおすすめ5選の解説でした。
トレッキングシューズ(登山靴)は、アウトドアを楽しむうえで、足の負担を和らげ、ケガの防止に欠かせないアイテムです!
防水性も高く機能性も高いので悪天候でタフなシーンでも安心して使用することができます!
信頼できるトレッキングシューズは更にアウトドアを楽しくしてくれます!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

上記で紹介したモデルも良いのですが、軽登山までなら「ダナーライト」を選択肢に入れるのもアリです!
ハイスペックにこだわりたい方は下記記事を読んでみてください!

 

ダナーライトは登山に使えるの?登山靴としてダナーライトを解説!

ダナーライトは登山に使えるの?登山靴としてダナーライトを解説!
ダナーライト(DANNER LIGHT)といえばアウトドアシーンでその性能を発揮するハイスペックブーツです。 ハイスペックなダナーライトですが、登山靴に使えるのか疑問に思ったことはないでしょうか? ダナーライトが登山靴として使用できるの...

 

キャンプやアウトドアにはダナーブーツが最適!その理由を徹底解説!

キャンプやアウトドアにはダナーブーツが最適!その理由を徹底解説!
キャンプやアウトドアには足をしっかり守り、歩きやすいブーツが必要です。 さらに、アウトドアでは水や泥汚れなどが付き物で、タフな環境に対応する歩きやすいブーツが最適です! キャンプやアウトドアには濡れても汚れてもへっちゃらなダナー(Danner)のダナーブーツをおすすめする理由とダナーブーツの特徴を解説します。
タイトルとURLをコピーしました