ティピーテントの選び方とおすすめ5選!快適な室内でキャンプに!ソロキャンモデルも!

アウトドア

ティピーテントは設営が簡単で見た目にもおしゃれなテントです。
ワンポールテントとも呼ばれており、おしゃれな見た目や機能性から注目度が高まっているアイテムです。
設営方法も簡単で、キャンプ初心者から玄人までおすすめなテントです。
そこで、ティピーテントの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ティピーテントのおすすめは?

ティピーテントの選び方は?

 

・ティピーテントとは
・ティピーテントの選び方
・ティピーテントのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ティピーテントの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばティピーテントで迷うことはもう無くなります!

 

 

キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選!登山やツーリング、車中泊!最高の寝心地に!

キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選!登山やツーリング、車中泊!最高の寝心地に!
インフレーターマットはキャンプ用マットの中でもバルブを緩めるだけで自動的に空気を充填できる便利なマットです。 断熱性に優れておりクッション性も高く、空気の入れる量で硬さ調整もできるので快適な寝心地が得られるのもポイントです。 そこで、キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

ティピーテントとは

ティピーテントとは、アメリカの先住民が移動用の住居として使用していた「ティピー」を元に作られたテントです。
1本のポールで組み立てることから、ワンポールテントやモノポールテントなどとも呼ばれています
パーツ点数が少なく設営がしやすいため、初心者の方にもおすすめのテントです。

カラフルな色の生地を採用したりかわいらしい図柄をあしらったりするなど、おしゃれなデザインのモデルが豊富なのも魅力のひとつです。
ユニークな製品で個性的なテントサイトを演出したい方にも適しています。

 

hatta
hatta

ティピーテント(ワンポールテント)は設営しやすく初心者から玄人までおすすめのテントです!
おしゃれな見た目や機能性から注目が高まっているテントです!

 

 

ティピーテントの選び方

適応人数を確認

ティピーテントにはソロキャンプやキャンプツーリングに便利な1人用から、ファミリーやグループキャンプでも使える多人数タイプまで、さまざまなサイズの製品が販売されています。
使用する人数に合わせてサイズを選ぶようにしましょう

ただし、スペックに記載されている「収容定員」の数字だけをみて選ぶと、寝ることはできても窮屈な思いをする可能性が高いので注意が必要です。
スペックの数字から1人引いた定員数で検討するのがおすすめの選び方です。

また、就寝スペース以外にも脱いだ靴や荷物を置いておける前室があると、室内が広く使えて便利です。
せっかくの楽しいキャンプなので、少し大きめのモデルを選んでゆったりとくつろいでみてください。

 

耐水性を確認

テントは、フライシート・インナーテント・グラウンドシートから構成されているのが一般的です。
雨を直接受けるフライシートや地面に接するグラウンドシートは、とくに水が侵入しやすい部分です。
そのため事前に耐水性を確認しておきましょう。

テントの耐水性は「耐水圧」と表記され、どの程度の水圧まで水が侵入しないかを表しています。
キャンプの場合、耐水圧1500mm以上のテントを選んでおくと安心です。
い山は雨や風が強い傾向にあるので、ファミリーでの登山の際は2000mmを目安にしてみてください。

テントの素材には、防水加工されたナイロンやポリエステルが使われているのが一般的。
ともに耐水性は良好ですが、ナイロンは水を含むと重くなり、乾きにくい性質があります。
また、紫外線によって変色・劣化しやすいのもデメリットです。
日光・雨を直接受けるフライシートは、ポリエステル素材のモノを選ぶと安心です。

 

収納サイズと重さを確認

バイクや自転車ツーリングでは通常のキャンプに比べて持ち運びの容量が制限されるので、収納サイズも要確認です。
また、テントの重さも重要です。
親子での登山など、徒歩によるアウトドアアクティビティの場合は、携行性を考慮して収納時の重量やサイズも確認しておきましょう。

 

 

hatta
hatta

「適応人数」「耐水性」「収納サイズと重さ」の3点がティピーテントを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ティピーテントのおすすめ5選

上記でティピーテントの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!キャンプやツーリングでティピーテントをヘビーユーズしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したティピーテントを5つ紹介します!

 

Coleman ワンポールテント エクスカーションティピー 210 2000031573

Coleman ワンポールテント エクスカーションティピー 210 2000031573」はアウトドア用品の人気ブランド、コールマンが発売する小型のティピーテントです。
ソロキャンプやキャンプツーリングにおすすめの1〜2人用モデルです。
約φ17×50cmとコンパクトに収納できるため、気軽に持ち運ぶことが可能です。

大きな前室を備えているので靴や荷物を置くのに重宝します。
フライ・フロアシートともに耐水圧1500mmのポリエステル生地を採用しています。
突然の夕立に見舞われても慌てる心配はありません。

また、インナーテントには換気用のメッシュ小窓や小物ポケットが装備されているなど、細かな使い勝手にもよく配慮されています。

 

・適応人数:2人
・耐水性:フライ/1500mm、フロア/1500mm
・収納サイズと重さ:約直径17×50cm 約4kg

 


 

CAPTAIN STAG ワンポールテント CSクラシックスヘキサゴン 300UV

CAPTAIN STAG ワンポールテント CSクラシックスヘキサゴン 300UV」は軽量で丈夫なアルミ製ポールを使用したティピーテントです。
重量は約3.2kgと軽量で、収納時のサイズも約68×17×17cmとコンパクトです。
専用のキャリーバッグが付属しており持ち運びも簡単です。
また、フライシート単体での設営ができるため、シェルターとして利用したい方にもおすすめします。

インナーテントにフルメッシュ仕様の生地を採用しているのが特徴です。
入り口ドアを開放しておけばたっぷりと風が取り込め、夏でも快適に過ごすことが可能です。
フライシートのトップには大型のベンチレーターを搭載しているので、室内の換気もしっかりおこなえます。

 

・適応人数:4人
・耐水性:フライ/2000mm、フロア/3000mm
・収納サイズと重さ:約65×15×15cm 約3.2kg

 


 

DOD ワンポールテントM T5-47

DOD ワンポールテントM T5-47」は天井の高さが約185cmもあるモデルです。
開放感があるため、家族でゆったりとくつろぐのにおすすめのティピーテントです。
キャンプはもちろん野外フェスなどでも活躍します。
また、インナーテントは全面メッシュ仕様を採用しており通気性も良好です。

本体サイズが約390×335×185cmと大型にもかかわらず、インナーテントをペグダウンしてポールで立ち上げるだけと簡単に設営できるのも魅力です。
初めてキャンプに挑戦する方でも組み立てやすいので、ぜひ検討してみてください。

折りたためば約φ17×52cmとコンパクトに収納が可能です。
専用のキャリーバッグが付属しているため、持ち運ぶ際や保管時に便利です。

 

・適応人数:5人
・耐水性:フライ/2000mm、フロア/5000mm
・収納サイズと重さ:約W58×D18×H18cm 約4.5kg

 


 

LOGOS ナバホ Tepee

LOGOS ナバホ Tepee」はアメリカの先住民が使用している伝統的な図柄「ナバホ柄」をあしらったティピーテントです。
おしゃれな製品を探している方におすすめのモデルです。
キャンプはもちろんフェスなどでも活躍します。
3人程度の家族がゆったりと過ごすのに適した大きさです。

防水性能が優れているのも本モデルの特徴です。
フライシートに耐水圧1600mm、フロアシートには3000mmの生地を採用しているので、多少の雨なら安心してキャンプを続けられます。
また、収納サイズが約56×21×21cmとコンパクトなため、付属のキャリーバッグに入れて簡単に持ち運ぶことが可能です。

 

・適応人数:4人
・耐水性:フライ/1600mm、フロア/3000mm
・収納サイズと重さ:約幅56×奥行21×高さ21cm 約5.8kg

 


 

BUNDOK ソロ ティピー 1 BDK-75

BUNDOK ソロ ティピー 1 BDK-75」はソロキャンプにぴったりの小型で軽量なティピーテントです。
収納サイズは約60×17×17cmとコンパクトです。
重さも2.2kgほどしかないので持ち運びも簡単にできます。
設営や撤収が手早くおこなえるため、自転車やバイクでのキャンプツーリングにもおすすめのモデルです。

優れた防水性能を有しているのも本モデルの特徴です。
フライシートには耐水圧約3000mm、フロアには5000mmの生地を採用しているので、激しい雨に見舞われても慌てる必要はありません。
インナーテントは全面メッシュ仕様のため、夏でも不快な虫の侵入を防ぎながら心地よい外気を取り入れることが可能です。

 

・適応人数:1人
・耐水性:フライ/3000mm、フロア/5000mm
・収納サイズと重さ:約W42xD19xH19cm 約2.2kg

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているティピーテントです!
ティピーテントが1つあるとアウトドアやツーリングがより楽しくなりますよ!

 

 

ティピーテントが一つあるとキャンプはさらに楽しくなる

以上がティピーテントの選び方とおすすめ5選の解説です。
ティピーテントは設営が簡単で見た目にもおしゃれなテントです!
1本のポールで組み立てるティピーテントは、設営・撤収のしやすさとデザインのかわいらしさが魅力です!
キャンプ初心者から玄人までおすすめなテントです!
ぜひ、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ティピーテントは、設営・撤収のしやすさとデザインのおしゃれさが魅力のテントです!
キャンプ場でも目立つこと間違いなしです!
ティピーテントが一つあるとキャンプはさらに楽しくなりますよ!

 

 

アウトドアワゴンの選び方とおすすめ5選!バーベキューやキャンプ、運動会などで大活躍!

アウトドアワゴンの選び方とおすすめ5選!バーベキューやキャンプ、運動会などで大活躍!
アウトドアワゴンはキャンプやアウトドアで重い荷物を楽に運ぶことができるアイテムです。 車から離れた場所に一度に全ての荷物を運ぶことができ、時間と労力の短縮、削減ができます。 キャンプやアウトドアはもちろん子供の運動会などにも使用できとても便利です。 そこで、アウトドアワゴンの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました