キャンプ用燻製器の選び方とおすすめ5選!コンパクトでアウトドアやバイクツーリングにも!ダンボールも!

アウトドア

燻製器は肉や魚、チーズなどの食材に香ばしさをプラスできるのが特徴です。
キャンプなどのアウトドアはもちろん自宅でも使用できるアイテムです。
軽く丈夫で持ち運びもしやすく、キャンプやアウトドア、ツーリングなどにもおすすめアイテムです。
そこで、キャンプ用燻製器の選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

キャンプ用燻製器のおすすめは?

キャンプ用燻製器の選び方は?

 

・キャンプ用燻製器の特徴
・キャンプ用燻製器の選び方
・キャンプ用燻製器のおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

 

hatta
hatta

キャンプ用燻製器の選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばキャンプ用燻製器で迷うことはもう無くなります!

 

 

メスティンの選び方とおすすめ5選!ひとつで焼く・煮る・蒸す!何役もこなせる便利なアイテム!

メスティンの選び方とおすすめ5選!ひとつで焼く・煮る・蒸す!何役もこなせる便利なアイテム!
メスティンはハンドルが付いた飯ごうのことです。 アルミ製のため熱伝導性がよく、バーナーで簡単に美味しいご飯が炊けるのもポイントです。 ご飯を炊けるだけでなく、煮る・焼く・蒸すなど、アウトドアで活躍する便利なアイテムです。 そこで、メスティンの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

キャンプ用燻製器の特徴

キャンプやアウトドア用の燻製器は食材を吊るせる縦長タイプが特徴です。
素材としては鉄やステンレスなど金属製のモノが主流です。
落としても壊れにくいため、持ち運びにも便利です。
耐久性や優れ持ち運びにも優れています

ソロキャンプやキャンプツーリングなら、手軽に使えるダンボール製の燻製器もおすすめです。
軽いだけでなく、スマートに収納できるので便利です。

 

hatta
hatta

キャンプ用燻製器は食材を吊るせる縦長タイプが特徴です!
耐久性や優れ持ち運びにも優れています!

 

 

キャンプ用燻製器の選び方

素材を確認

鉄・ステンレス

鉄(スチール)製の燻製器は熱伝導率が高く、高火力にも耐えられるタフさを備えているのが特徴です。
サビやすい素材のためメンテナンスは必要ですが、使い込むほど味が出てくるので、長く愛用したい方におすすめです。

ステンレス製の燻製器はサビにくく丈夫で、壊れにくいのが特徴です。
焦げ付きやすいのが難点ですが、扱いやすいので、初心者や使用頻度が高い方におすすめです。

 

ダンボール

ダンボール製の燻製器は手軽に燻製料理を作れるのが魅力です。
購入しやすいリーズナブルな価格ながら、網など燻製作りに必要なモノがセットになっている製品が多く、購入してすぐに使用できるのがおすすめのポイントです。

軽くて薄く折りたため、収納や持ち運びにも便利です。
気軽に捨てられるので、後片付けも簡単です。
なかには繰り返し使用できるモノもあります。

 

サイズを確認

塊肉など大きな食材を燻製する場合や大人数で使用する場合は、食材がたっぷり入れられる大きなサイズの燻製器がおすすめです。
食材の大きさに合わせて網棚の位置を調節したり、吊るしたりできる縦長タイプだとより便利です。
使用する食材や人数に合わせて選ぶのがポイントです。

 

hatta
hatta

「素材」「サイズ」の2点がキャンプ用燻製器を選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

キャンプ用燻製器のおすすめ5選

上記でキャンプ用燻製器の選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!アウトドアから日常まで燻製器を使いまくっている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したキャンプ用燻製器を5つ紹介します!

 

SOTO 燻家 スモークハウス ST-114

SOTO 燻家 スモークハウス ST-114」はリーズナブルな価格が魅力のダンボール製の燻製器です。
スモークウッド・金棒・網・フック・アルミ皿がセットになっているため、別で道具を揃える必要がなく、すぐに使えます。
使い捨てではなく、繰り返し使用可能で、薄く折りたためるので収納や持ち運びにも便利です。

幅23×奥行23×高さ52cmとコンパクトながら、食材を吊るせるのがポイントです。
食材の大きさに合わせて、上・中・下の3段階で網の高さが変えられます。
できるだけ荷物を減らしたいソロキャンプやキャンプツーリングなどにおすすめです。

 

・素材:ダンボール
・サイズ:幅23×奥行23×高さ52cm

 


 

SOTO お手軽香房 ST-124

SOTO お手軽香房 ST-124」は手軽に燻製作りが楽しめるおすすめのスチール製燻製器です。
幅22.2×奥行19.4×高さ41.5cmの小型タイプですが、正面扉がフルオープンするので大きな食材の出し入れがしやすく、吊るすことも可能です。
簡易タイプながら、熱燻・温燻ともに楽しめるのが魅力です。

2kgと軽く持ち運びがラクなのに加え、使用後は厚さ4cmに薄く折りたたんで省スペースに収納可能です。
網やチップ皿、吊り下げフックが付属しているのもポイントです。

・素材:スチール
・サイズ:幅22.2×奥行19.4×高さ41.5cm

 


 

Coleman スモーカー ステンレススモーカー2 2000026791

Coleman スモーカー ステンレススモーカー2 2000026791」は本格スモークが楽しめる人気の燻製器です。
温度計付きのため温度管理がしやすく、熱燻にも対応可能です。
内部は2段式で、一度にたくさんの食材をスモークできるので、グループキャンプやファミリーキャンプなど大人数で使用するのにおすすめです。

フタの裏にはフックを掛けられるバーが付いており、ブロック肉や魚などの大きな食材も吊るしてスモークできます。
本体下部に窓が設けられているため、スモークウッドの追加や取り出しも簡単です。
サビ強く頑丈なステンレス製でお手入れしやすいほか、長く使えるのもポイントです。

 

・素材:ステンレス
・サイズ:幅25×奥行26.5×高さ40cm

 


 

UNIFLAME フォールディングスモーカー FS-600

UNIFLAME フォールディングスモーカー FS-600」は高品質な製品を展開し、多くのキャンパーから人気のある「ユニフレーム」の燻製器です。
着脱可能なスタンド付きで、直火はもちろん、シングルバーナーやツーバーナーでも使用できます。
メッシュにFCHW2を採用しており、燃焼効率が高く、燻煙材が途中で消えにくいのも特徴です。

別売の温度計がセットできる孔が設けられており、未使用時はフタを180°回転させると孔が塞がります。
上部には食材が吊るせるフックが付属。大きな食材もスモークできます。
サビに強く耐久性に優れたステンレス製で、お手入れも簡単。長く使える燻製器を求めている方におすすめです。

 

・素材:ステンレス
・サイズ:幅26×奥行25×高さ70cm

 


 

CAPTAIN STAG 燻製 ビギナーセット UG-1051

CAPTAIN STAG 燻製 ビギナーセット UG-1051」ははじめての燻製器選びで悩んでいる方におすすめの燻製ビギナーセットです。
網とフックに加え、温度計・スモークウッド・クイックチャッカー・軍手・レシピ本と、燻製作りに必要なモノがひと通り揃っているので、購入後すぐに燻製作りをはじめられるのがポイントです。

熱燻・温燻・冷燻に対応しており、食材や好みに合わせてさまざまな燻製料理を楽しめます。
本体と底板が外せるので燻煙材の追加も簡単です。

 

・素材:スチール
・サイズ:外径26×高さ29.5cm

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているマルチツールです!
キャンプ用燻製器が1つあるとアウトドアはさらに楽しくなりますよ!

 

 

燻製器はキャンプやBBQにおすすめ

以上がキャンプ用燻製器の選び方とおすすめ5選を解説でした。
燻製器は肉や魚、チーズなどの食材に香ばしさをプラスできるのが特徴です!
キャンプなどのアウトドアはもちろん自宅でも使用できるアイテムです!
軽く丈夫で持ち運びもしやすく、キャンプやアウトドア、ツーリングなどにもおすすめのアイテムです!

筆者はBBQなどアウトドアでは必ず燻製器を使用しています。
温度管理は燻製で重要なポイントです!
内部の温度を一定に保つことで美味しい燻製が仕上がります!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

燻製器があるとキャンプやBBQは更に楽しくなります!
また、使うチップなど個人の配合でカスタマイズできるのも魅力です!

 

 

パーコレーターの選び方とおすすめ5選!アウトドアやキャンプでコーヒーを!使い方も解説

パーコレーターの選び方とおすすめ5選!アウトドアやキャンプでコーヒーを!使い方も解説
パーコレーターは手軽に温かいコーヒーを作れることができるコーヒー抽出器具です。 フィルターやドリッパー不要でアウトドアやキャンプでも活躍する人気のアイテムです。 好みの味に調節することも可能で、アウトドアやキャンプなどで楽しむ人も増えています。 そこで、パーコレーターの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました