ゼンハイザーのヘッドホンの選び方とおすすめ5選!ワイヤレスや有線モデル、特徴などを解説!

ガジェット

「ゼンハイザー」のヘッドホンはプロの現場でも使用されている品質の高い製品が魅力です。
リーズナブルなモデルから、ハイエンドモデルまで幅広いラインナップを展開しているのも特徴です。
ワイヤレス接続や有線接続、ノイズキャンセリング機能などもポイントです。
そこで、ゼンハイザーのヘッドホンの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ゼンハイザーのヘッドホンのおすすめは?

ゼンハイザーのヘッドホンの選び方は?

 

・ゼンハイザー(SENNHEISER)とは
・ゼンハイザーのヘッドホンの選び方
・ゼンハイザーのヘッドホンのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ゼンハイザーのヘッドホンの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばゼンハイザーのヘッドホンで迷うことはもう無くなります!

 

 

ワイヤレスヘッドホンの選び方とおすすめ5選!高音質で生産性を爆上げ

ワイヤレスヘッドホンの選び方とおすすめ5選!高音質で生産性を爆上げ
ワイヤレスヘッドホンはBluetoothを使用して、移動中や作業中など音楽を聞けるアイテム(ガジェット)です。 音質や機能なども様々で、音楽はもちろん、趣味や仕事などに使用すると生産性を高めてくれます。 そこで、ワイヤレスヘッドホンの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

ゼンハイザー(SENNHEISER)とは

「ゼンハイザー」はドイツの大手音響機器メーカーです。
ヘッドホンやイヤホンのほかマイクも有名で、音楽製作現場や映画製作現場など、プロの現場でも使用される品質の高い製品を多数製造しているメーカーです。

2007年には日本法人である「ゼンハイザー・ジャパン」も設立されており、サポート体制も充実しています。
完全ワイヤレスイヤホンやノイズキャンセリング機能搭載イヤホン、ヘッドホンなど、高音質なイヤホンやヘッドホンが日本国内でも高い人気を集めています。

 

ゼンハイザーの特徴

ゼンハイザーのイヤホンやヘッドホンは、透明感のある伸びやかな高音が魅力です。
低音の量感にも優れているので、幅広いジャンルの音楽に適しています。
また、1968年に発売された「HD 414」をはじめ、開放型ヘッドホンを数多く扱っているのもポイントです。
広がりのある自然な音場の表現力に優れているのがメリットです。

比較的リーズナブルな価格で購入できるモデルから、ハイエンドモデルまで幅広いラインナップを展開しているのも特徴です。
原音に忠実なサウンドを再生できるモデルや、各音域をバランスよく鳴らせる製品も多く、音質を重視している方におすすめのメーカーです。

 

hatta
hatta

ゼンハイザーはドイツの大手音響機器メーカーで、プロの現場でも使用される品質の高い製品が魅力です!
リーズナブルなものからハイエンドモデルまで用途に応じて選びやすのも特徴です!

 

 

ゼンハイザーのヘッドホンの選び方

構造を確認

密閉型

ヘッドホンには、振動して音を鳴らす「ドライバー」とそれを覆って支える「ハウジング」と呼ばれる機構が存在します。
ハウジングの素材はプラスチック・木材・金属などさまざまです。
「密閉型」のヘッドホンとは、ハウジングにより音が外部に漏れにくい構造のモデルのことです。

イヤホンの場合は、「カナル型」という耳の穴に差し込む形状のイヤーピースを採用した製品が密閉型とされています。
密閉型のヘッドホン・イヤホンともに、再生した音を外に漏らしにくく、外部の音を遮断しやすいのが特徴です。

また、密閉型のイヤホンやヘッドホンは、比較的迫力のある低音を再生しやすい傾向にあります。

 

開放型

ハウジングにメッシュ構造を採用しており、再生された音が外部に抜けやすいのが「開放型」ヘッドホンの特徴です。
音漏れしやすい点や外部の雑音を取り込みやすい点には注意が必要ですが、音の広がりを感じやすく、自然な音場を表現できるメリットがあります。

イヤホンの場合は、「AirPods」のように耳甲介に装着するモデルを開放型と呼ぶのが一般的です。
カナル型のイヤホンと比べて圧迫感が少なく、気軽に音楽を楽しめる点が魅力です。

 

接続方法を確認

ワイヤレス(Bluetooth)

Bluetoothを利用してワイヤレス接続できるゼンハイザーのイヤホンやヘッドホンは、スマホやタブレットで音楽を再生する場合におすすめです。
接続の安定性や音の遅延については有線接続タイプにやや劣りますが、ケーブルを接続する必要がなく気軽に音楽を楽しめるのがメリットです。

また、ワイヤレスタイプのヘッドホンやイヤホンは、充電式バッテリーを搭載しているのが一般的です。
各製品ごとに連続使用時間が異なるので、購入前にチェックしておくのがおすすめです。

 

有線

有線接続タイプのゼンハイザーイヤホンやヘッドホンは、名前の通りケーブルで再生機器と接続する仕様のモデルです。
ワイヤレスタイプとは異なり電波の干渉を受けにくいので、音の遅延が気になる場合におすすめです。

また、音楽データを圧縮して伝送するワイヤレスタイプに比べると、高音質なサウンドを再生できるモデルが多いのも特徴です。
音質にこだわりたい方にはもちろん、モニタータイプのイヤホンやヘッドホンを探している方にも適しています。

 

ハイレゾ対応か確認

より解像度の高いサウンドを求める方には、「ハイレゾ」対応モデルがおすすめです。
ハイレゾ音源にはCD音源の約6倍の情報量が含まれており、より高音質なサウンドが再生できます
微細なニュアンスの表現力にも優れ、レコーディング現場やコンサート会場の空気感も表現できるのが特徴です。

ゼンハイザーのイヤホンやヘッドホンのなかには、ハイレゾに対応している製品もあります。
ただし、製品スペックには表記されていないので、再生周波数域を確認する必要がある点には留意しておきましょう。

 

ノイズキャンセリング機能を確認

「ノイズキャンセリング機能」とは、イヤホンやヘッドホンに搭載されているマイクで周囲の音を拾って分析し、逆位相の波を発生させて雑音を低減する機能です。
周囲の雑音が多い場所で、集中して音楽を楽しみたい場合に便利です。
飛行機や電車の音も低減できるので、旅行の際にもおすすめです。

また、ノイズキャンセリング機能に加えて、周囲の音を取り込む「外部音取り込み機能」を搭載しているモデルも人気です。
人に話しかけられた場合や、駅や空港でアナウンスがあった場合でもイヤホンやヘッドホンを装着したまま聞き取りやすいのが特徴です。

 

hatta
hatta

「構造」「接続方法」「ハイレゾ対応」「ノイズキャンセリング機能」の4点がゼンハイザーのヘッドホンを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ゼンハイザーのヘッドホンのおすすめ5選

上記でゼンハイザーのヘッドホンの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ヘッドホンの音質に誰よりも強いこだわりを持つ筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したゼンハイザーのヘッドホンを5つ紹介します!

 

SENNHEISER HD 350BT

SENNHEISER HD 350BT」はバランスの取れたサウンドがワイヤレスで楽しめるゼンハイザーのヘッドホンです。
バージョン5.0のBluetoothにより、安定した接続が可能です。
コーデックは低遅延なapt-X LLに対応しているので、ゲームプレイや映画鑑賞での使用にも適しています。

バッテリーは1.5時間ほど充電すれば、約30時間の連続再生が可能です。
耐久性に優れた素材を使用しており、コンパクトに折りたたんで収納できます。
旅行に携帯するヘッドホンとしてもおすすめです。

専用アプリ「Sennheiser Smart Control」を利用すれば、イコライジングも可能です。
好みの音質にカスタマイズできる点も魅力です。
また、ボタンを押すだけで簡単にSiriやGoogleアシスタントが利用できます。
音楽再生機器を操作せず、声掛けで手軽にコントロールできるのもメリットです。

 

・構造:密閉型
・接続方法:ワイヤレス(Bluetooth)
・ハイレゾ:非対応
・ノイズキャンセリング機能:無

 

 

SENNHEISER オンイヤーDJヘッドホン HD 25

SENNHEISER オンイヤーDJヘッドホン HD 25」は長時間でも快適に装着できるゼンハイザーのヘッドホンです。
軽量設計により、装着時に頭や耳にかかる負担を軽減できるのが特徴です。
携帯性に優れているのもメリットです。

密閉型のハウジングを採用しているため、外部の雑音を高いレベルで遮断可能です。
前後に回転するイヤーカップや分離式のヘッドバンドも採用されており、DJ用のヘッドホンとしてもおすすめです。

接続方法は有線式ですが、ケーブルは脱着が可能です。
ケーブルは頑丈な片出しタイプなので、取り回しのしやすさにも優れています。
音質面では、クリアで抜けのよいサウンドが特徴です。
解像度も高く、原音に忠実な音の再生が可能です。

 

・構造:密閉型
・接続方法:有線
・ハイレゾ:非対応
・ノイズキャンセリング機能:無

 

 

SENNHEISER スタジオヘッドホン HD 200 PRO

SENNHEISER スタジオヘッドホン HD 200 PRO」は比較的リーズナブルな価格で購入できる、ゼンハイザーのモニタリング用ヘッドホンです。
スタジオでの使用はもちろん、自宅でDTM用に使う場合にもおすすめです。
パワフルな低音が特徴の高音質サウンドを再生できます。

ハウジングは密閉型で、周囲のノイズを低減可能で、音楽を集中して聴きたい場合に適しています。
そのほか、人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインや、ソフトなイヤーパッドが採用されているので、快適に装着可能です。
長時間のモニタリング作業にもおすすめです。

 

・構造:密閉型
・接続方法:有線
・ハイレゾ:非対応
・ノイズキャンセリング機能:無

 

 

SENNHEISER MOMENTUM Wireless M3AEBTXL

SENNHEISER MOMENTUM Wireless M3AEBTXL」は「アクティブノイズキャンセル(ANC)」機能が備わったゼンハイザーのヘッドホンです。
外音を効果的に遮断する「最大モード」に加え、「風切り音低減モード」も搭載しています。
ノイズキャンセリング機能の圧迫感が苦手な場合には「圧迫感低減モード」も利用できます。

また、周囲の音を聞き取れる「トランスペアレントヒアリング」機能も搭載しており、音楽を聴きながらでも外部音を取り込めるので、駅や空港でアナウンスを聞き逃したくない場合や、人に話しかけられた場合にも便利です。

ヘッドバンドは、折りたたみ可能で、携帯時にはコンパクトにして鞄に収納できます。
また、ヘッドホンを折りたたむだけで電源が自動でOFFになるのも魅力です。
使用する際に装着すると自動で電源がONになり、音楽再生が始まります。

さらに、ヘッドバンドやイヤーパッドにはシープスキンの本革を使用しており、高級感のただようデザインもおすすめのポイントです。

 

・構造:密閉型
・接続方法:ワイヤレス(Bluetooth)
・ハイレゾ:対応
・ノイズキャンセリング機能:有

 

 

SENNHEISER PXC 550-II Wireless

SENNHEISER PXC 550-II Wireless」は「アダプティブノイズキャンセル」を搭載したゼンハイザーのヘッドホンです。
周囲の雑音レベルを自動で認識し、ノイズキャンセリング機能を調節します。
電車や飛行機内などの喧騒のなかでは「Max」で動作し、騒音の少ない場所では「Minimum」に調節します。

Alexa・Siri・Googleなどの音声アシスタントにも対応しており、ワンタッチで起動し、声掛けで簡単に操作が行えます。
本体に搭載されている3基のマイクには、ビームフォーミング機能を搭載しています。
周囲のノイズレベルが高い場所でも、しっかり声を拾ってクリアな音声で通話できます。

バッテリーの連続再生時間は有線接続時で最大30時間です。
ノイズキャンセリング機能は、ワイヤレス接続時だけでなく有線接続時でも使用できるのが魅力です。

 

・構造:密閉型
・接続方法:ワイヤレス(Bluetooth)
・ハイレゾ:対応
・ノイズキャンセリング機能:有

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているゼンハイザーのヘッドホンです!
いい音のヘッドホンはより音楽を楽しむことができます!

 

 

良い音質のヘッドホンは生産性を爆上げする

以上がゼンハイザーのヘッドホンの選び方とおすすめ5選の解説でした。
ゼンハイザーのヘッドホンは高いクオリティのサウンドが人気です!
リーズナブルなモデルから、ハイエンドモデルまで幅広いラインナップを展開しているのも特徴です
今回紹介したヘッドホンを使用すると、より良い音質で映画鑑賞や音楽、ゲームなどを楽しむことができます!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

良い音質のヘッドホンは間違いなく生産性や作業効率を向上します!

 

ニンテンドースイッチ向けイヤホンの選び方とおすすめ5選!迫力のサウンドでゲームをより楽しく!

ニンテンドースイッチ向けイヤホンの選び方とおすすめ5選!迫力のサウンドでゲームをより楽しく!
迫力のあるサウンドでニンテンドースイッチで楽しみたいときはイヤホンを使用すると便利です。 イヤホンがあれば外出先でも音を気にせずゲームを楽しむことができます。 軽量で、蒸れにくく、長時間使用できるモデルもラインナップされています。 そこで、ニンテンドースイッチ向けイヤホンの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました