密閉型ワイヤレスヘッドホンの選び方とおすすめ5選!音楽や映画、作業時におすすめのアイテム!

ガジェット

密閉型ワイヤレスヘッドホンは音が漏れにくく、線を気にすることなく使用できるヘッドホンです。
音楽はもちろん、映画や集中したい時にもおすすめのアイテムです。
ノイズキャンセリングなどの機能も搭載したモデルも多くラインナップされています。
そこで、密閉型ワイヤレスヘッドホンの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

密閉型ワイヤレスヘッドホンのおすすめは?

密閉型ワイヤレスヘッドホンの選び方は?

 

・密閉型ヘッドホンとは
・密閉型ワイヤレスヘッドホンの選び方
・密閉型ワイヤレスヘッドホンのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

密閉型ワイヤレスヘッドホンの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めば密閉型ワイヤレスヘッドホンで迷うことはもう無くなります!

 

 

高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選!動画編集やゲーム、クリエーターに!

高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選!動画編集やゲーム、クリエーターに!
ノートパソコンは低価格路線とハイスペック仕様の2極化が進んでいます。 ハイスペック仕様なノートパソコンは動画編集やゲーム、クリエーターにも十分対応できる高性能さが魅力です。 さらに最近のモデルは軽量かつコンパクトになっているのもポイントです。 そこで、高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

密閉型ヘッドホンとは

ヘッドホンは、大きく分けて密閉型と開放型の2形式があります。
ドライバーユニットの後方部分を覆うハウジングに、密閉しやすい木やプラスチックなどを採用し、音が漏れないようにしたモノが密閉型ヘッドホンです。

遮音性が高く、外部からの騒音が入り込みにくい設計のため、音に没頭できるのがメリットです。
また、外部への音漏れも少なく、周囲への迷惑になりにくいのもポイントです。
低音再生能力も高く、細かい音を聞き取りやすい傾向があります。

 

密閉型ヘッドホンはこんな人におすすめ

密閉型のヘッドホンは、小さな音もしっかり聴きたい方や曲を集中して聴きたい方、迫力のあるサウンドを楽しみたい方に向いています
音漏れが少なく屋外でも使えるので、ポータブル使用も可能です。

なお、室内用にはイヤーパッドがすっぽりと耳を覆う「オーバーイヤー型」がおすすめで、音質がよく装着感も良好です。

本体を小型化するためにイヤーパッドを耳に乗せる「オンイヤー型」は、軽量ですが長時間装着していると耳が痛くなる場合もあります。
音質と使用感を重視するなら、「オーバーイヤー型」を選ぶのもおすすめです。

 

hatta
hatta

密閉型ヘッドホンは音が漏れにくく、遮音性が高いため、音楽に没頭できるのが特徴です!
音楽鑑賞や映画、作業に集中したい時などにとても便利です!

 

 

密閉型ワイヤレスヘッドホンの選び方

対応コーデックを確認

コーデックとは、オーディオ信号をワイヤレス伝送する際、元データを圧縮するときの圧縮形式を意味します。
コーデックには種類があり、送信側と受信側の双方で対応していなければ使用できません。

対応コーデックには主に3種類+2種類の計5種類があります。
標準的な音質で遅延がやや気になる「SBC」、高圧縮・高音質で遅延の少ない「AAC」、低圧縮・高音質で遅延もより少ない「apt-X」です。
「aptX LL」はaptXの音質を保ちつつ、より低遅延を実現したコーデックです。
その他にソニー独自のハイレゾに対応した高音質で遅延の少ない「LDAC」です。

「SBC」コーデックはBluetooth対応のワイヤレスヘッドホンなら標準対応しているため、基本的にどの機器でも使えます。
ただし、SBCは圧縮率が高く音質が低めなので、音質にこだわる方はより高音質なコーデックを選びましょう。

高音質で伝送可能なコーデックはいくつかありますが、iPhoneをはじめとしたiOS機に採用されている「AAC」のほか、高音質なコーデックのなかでも高い圧縮効率と再現性をもつ「LDAC」、Android端末などをはじめとして対応機器数が多い「aptX」などがおすすめです。

 

  • SBC:標準的な音質で遅延がやや気になる「ほぼすべてのモデルで使用可能」
  • AAC:高圧縮・高音質で遅延の少ない「Android・iPhoneどちらでも使用可能」
  • aptX:低圧縮・高音質で遅延もより少ない「Android専用でiPhoneには非対応」
  • aptX LL:aptXの音質を保ちつつ、より低遅延「Android専用でiPhoneには非対応」
  • LDAC:ハイレゾ対応で高音質で遅延が少ない「ソニー独自規格でLDAC非対応機器との接続可能で高音質を楽しめる」

 

再生可能時間を確認

ワイヤレスヘッドホンはバッテリーで動作するので、モデルによって再生可能時間が異なります
ノイズキャンセリング機能を搭載している場合は、機能のオンオフによって再生可能時間が変わってくるので注意しましょう。

モデルによっては数分の充電で長時間使えるようになる急速充電に対応している場合もあるので、外に持ち出す機会が多い方は併せて確認しておきたいポイントです。

 

ノイズキャンセリング機能の有無を確認

ノイズキャンセリング機能とは、周囲の雑音をマイクで拾い、逆位相の音を出すことで雑音を打ち消す機能のことです。
人混みのザワザワや飛行機や電車のエンジン音を打ち消すと音楽に集中しやすく、小さな音量で音楽が聴けるので耳への負担も最小限に抑えられます。

モデルによっては、キャンセルのレベルを調節することも可能で、自宅でのテレワーク時に集中したい場合にも役に立つ機能です。
音楽を楽しみたい方や生産性や作業効率を上げたい人にもおすすの機能です。

 

マイク・リモコンの有無を確認

マイク・リモコンの有無は、ワイヤレスヘッドホンを選ぶうえで重要なポイントです。
マイクとリモコンが搭載されていると着信をリモコンで受け取りそのままハンズフリー通話ができるので、スマートフォンを取り出す必要がありません

音量調節や曲送りなどはもちろん、リモコンで音声アシスタントの起動ができるモデルもあります。

 

hatta
hatta

「対応コーデック」「再生可能時間」「ノイズキャンセリング機能」「マイク・リモコン」の4点が密閉型ワイヤレスヘッドホンの選び方を選ぶ際に重要なポイントです!

 

密閉型ワイヤレスヘッドホンのおすすめ5選

上記で密閉型ワイヤレスヘッドホンの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!密閉型ワイヤレスヘッドホンには誰よりも強いこだわりを持つ筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した密閉型ワイヤレスヘッドホンを5つ紹介します!

 

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM4

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM4」はワイヤレスながら、ハイレゾ並みの音質を楽しめる密閉型ヘッドホンです。
CDやストリーミングの圧縮音源をAIによってハイレゾレベルまでアップスケーリングできる「DSEE Extreme」に対応するので、さまざまな音源を高音域で再生できます。

コーデックはLDACにも対応しています。
また、ノイズキャンセリング機能を搭載しており、気圧の変化に対しても最適化できるため、電車や飛行機内での使用におすすめです。

さらに、有線接続によるハイレゾ再生が可能です。
そのほか、ノイズキャンセリング有効時でも最長30時間連続で使用できるバッテリーも魅力です。

 

・対応コーデック:SBC、AAC、LDAC
・再生可能時間:最大30時間
・ノイズキャンセリング機能:有
・マイクリモコン:有

 

 

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-H910N

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-H910N」はおしゃれなデザインの密閉型ヘッドホンです。
25mmのドライバーを搭載しており、小型ながら高音質で再生可能です。
圧縮音源をアップスケーリングできるDSEE HXにも対応しているため、ストリーミングやCDの音楽もハイレゾ相当で楽しめます。

専用のスマートフォンアプリも用意されており、エフェクトやイコライザーの設定が可能です。
また、騒がしい環境でも音楽に集中しやすい、ノイズキャンセリング機能にも対応しています。

そのほか、5色のカラーバリエーションが展開されているので、好みの色を選択できるのもポイントです。
デザイン重視で密閉型ヘッドホンを探している方におすすめです。

 

・対応コーデック:SBC、AAC、LDAC
・再生可能時間:最大35時間
・ノイズキャンセリング機能:有
・マイクリモコン:有

 

 

Bose NOISE CANCELLING HEADPHONES 700

Bose NOISE CANCELLING HEADPHONES 700」は強力なノイズキャンセリング機能を搭載した密閉型ヘッドホンです。
ノイズキャンセリングのレベルは11段階に調節可能です。
密閉型ながら周囲の音を認識する機能も搭載しているので、搭乗案内やレジでの会計も装着した状態で行えます。

独自のTriPortアコースティックヘッドホン構造を採用しているのも特徴です。
イヤーカップの開孔により音響空間が最適化され、豊かで繊細なサウンドを実現します。
同時に動作するマイクが6つ内蔵されているため、クリアなハンズフリー通話も可能です。

そのほか、充電も可能なケースが付属しており、1日中使い続けられる、おすすめの密閉型ヘッドホンです。

 

・対応コーデック:SBC、AAC
・再生可能時間:最大20時間
・ノイズキャンセリング機能:有
・マイクリモコン:有

 

 

SENNHEISER ノイズキャンセリングヘッドホン PXC 550-II Wireless

SENNHEISER ノイズキャンセリングヘッドホン PXC 550-II Wireless」は優れたノイズキャンセリング機能を搭載している密閉型ヘッドホンです。
周囲の雑音を認識し、自動で最適なノイズキャンセリングのレベルに調節できる「アダプティブノイズキャンセル」に対応しています。

ヘッドホンを開くと自動で端末に接続し、外すと停止、折りたたむと電源をオフにする機能も搭載しています。
ユーザー自身で操作せずに、さまざまな機能を実行できます。
また、3つのマイクが内蔵されており、ノイズを低減した状態で通話可能です。

さらに、32mmドライバーを搭載し、SBC・aptX・aptX LL・AACのコーデックに対応しています。
便利な機能が豊富に搭載された、おすすめの密閉型ヘッドホンです。

 

・対応コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX LL
・再生可能時間:最大30時間
・ノイズキャンセリング機能:有
・マイクリモコン:有

 

 

Audio Technica ワイヤレスヘッドホン ATH-SR5

Audio Technica ワイヤレスヘッドホン ATH-SR5」はシンプルな構造の密閉型ヘッドホンです。
ノイズキャンセリング機能のほか、周囲の音を取り込んで確認できるヒアスルー機能も搭載されているため、シーンに応じて臨機応変に使用できます。

専用のスマートフォンアプリに対応しているのも特徴です。
アプリからは設定のカスタマイズに加え、ガイド機能も搭載されているので、初心者の方にもおすすめです。
また、イヤーパッドはロック式を採用しているため、メンテナンスや交換も簡単に行えます。

そのほか、折りたたみ可能なうえポーチも付属するので、持ち運びも簡単。使い勝手に優れた、おすすめの密閉型ヘッドホンです。

 

・対応コーデック:SBC、AAC、aptX
・再生可能時間:最大38時間
・ノイズキャンセリング機能:有
・マイクリモコン:有

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している密閉型ワイヤレスヘッドホンです!
音楽鑑賞だけでなく、映画や集中したい時などにも便利です!

 

 

密閉型ワイヤレスヘッドホンは生産性を爆上げする

以上が密閉型ワイヤレスヘッドホンの選び方とおすすめ5選の解説でした。
密閉型ワイヤレスヘッドホンは圧倒的没頭感が魅力です!
ワイヤレスなので、線を気にすることなく使用できるのもポイントです!
音楽はもちろん、映画や集中したいときにもおすすめのアイテムです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

筆者は作業する時や集中したときは必ず密閉型ワイヤレスヘッドホンを使用しています!
密閉型ワイヤレスヘッドホンは間違いなく生産性・作業効率を爆上げします!

 

 

ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲーミングチェアで生産性を向上!

ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲームやテレワームに!コスパモデルも紹介!
ゲーミングチェアはゲームを長時間プレイするゲーマーのために作られたアイテム(ガジェット)です。 座り心地に優れており、疲れにくく、正しい姿勢を保ちやすいなど、さまざまなメリットがあります。 ビジネスシーンでも注目されているアイテムです。 そこで、ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました