Ryzen 7搭載ノートパソコンの選び方とおすすめ5選!ゲームも仕事もストレスなく行える高性能!

ガジェット

「Ryzen」はAMD社から販売されているCPUです。。
中でも「Ryzen 7」はRyzenシリーズのハイスペックモデルです。
ゲームはもちろん画像編集や動画編集などハイスペックでマルチタスクもストレスなく行える性能を持っています。
そこで、Ryzen 7搭載ノートパソコンの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

Ryzen 7搭載ノートパソコンのおすすめは?

Ryzen 7搭載ノートパソコンの選び方は?

 

・Ryzenとは
・Ryzen 7搭載ノートパソコンの選び方
・Ryzen 7搭載ノートパソコンのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

Ryzen 7搭載ノートパソコンの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばRyzen 7搭載ノートパソコンで迷うことはもう無くなります!

 

 

高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選!動画編集やゲーム、クリエーターに!

高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選!動画編集やゲーム、クリエーターに!
ノートパソコンは低価格路線とハイスペック仕様の2極化が進んでいます。 ハイスペック仕様なノートパソコンは動画編集やゲーム、クリエーターにも十分対応できる高性能さが魅力です。 さらに最近のモデルは軽量かつコンパクトになっているのもポイントです。 そこで、高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

Ryzenとは

「Ryzen」とは、CPUを製造するAMD社のブランド名です。
世界的に知名度があるIntel社の「Core i」シリーズが、CPUの市場を独占していたなかで、2017年に初代Ryzenを発表しました。

Core iシリーズと同様に、Ryzen 3・Ryzen 5・Ryzen 7・Ryzen 9が用意されており、数値が大きくなるほど性能も向上するのが特徴です。
現在では、第4世代Ryzenシリーズが多くのパソコンで採用されています。

 

Ryzen搭載ノートパソコンの魅力

Ryzenシリーズの魅力は、複数のアプリケーションを同時に動作させる「マルチタスク処理」に長けている点です。
一般的に、CPUはコア数が増えるほど、処理スピードが向上します。
最上級モデルの「Ryzen 9 9900K」には12個のコアが入っており、同時進行で複数のタスク処理が可能です。

また、高性能ながら低価格を実現しているのもポイントです。
自社工場を持たない経営方法により製造コストを抑え、高い性能のCPUを比較的リーズナブルに提供しています。

 

Ryzen 7:ハイスペック

「Ryzen 7」は、Ryzenシリーズのハイスペックモデルです。
クリエイターやヘビーゲーマー向けの、ハイエンドノートパソコンを中心に採用されています。
IntelのCPUの「Core i7」シリーズが同程度の性能を有しています。

第1、第2世代では4コア8スレッドだったRyzen 7は、第3世代で8コア16スレッドにアップグレード。
レンダリングやエンコードといったCPU負荷の高い処理で威力を発揮します。
「AMD Ryzen 7 4800U」は、基本クロックが1.8GHz、最大ブーストクロックが4.2GHzです。
上位グレードの「AMD Ryzen 7 4800H」では、基本クロックが2.9GHzに引き上げられています。

Ryzen 7モバイル・プロセッサを内蔵したノートパソコンは、画像編集や動画編集などを頻繁に行うクリエイターや、最新の3Dゲームを快適に楽しみたい方におすすめです。

 

hatta
hatta

「Ryzen 7」はハイスペックなCPUで「コア数」「スレッド数」が多くマルチタスクに長けているのが特徴です!
ハイスペックなCPUながらリーズナブルなのもポイントです!

 

 

Ryzen 7搭載ノートパソコンの選び方

ディスプレイサイズを確認

ディスプレイサイズもRyzenモバイル・プロセッサ搭載のノートパソコンを選ぶ上で重要な要素です。
画面が大きいモデルのほうが操作性は高くなりますが、モバイル性は下がります
作業用途とモバイルの頻度から、自分なりのベストバランスを決めるのがポイントです。

12インチ以下のモデルは、移動しながらデータを編集したいビジネスパーソンなど、モバイル性を重視したい方におすすめです。
筐体サイズがコンパクトな分、キーボードが小さめなので注意が必要です。

13~14インチクラスは、モバイル性と操作性のバランスに優れています。
毎日の持ち運びも苦にならないので、大学生やノマドワーカーなどにもおすすめです。

15インチを超えるモデルは、筐体サイズが大きいだけでなく重量も重くなり、毎日の持ち運びは大変です。
自宅やオフィスでの据え置き使用がメインの方におすすめです。

 

メモリ容量を確認

メモリは作業領域の広さを決める部品で、作業中に使用しているデータの一時保管場所として使われています。
よく作業デスクの広さに例えられ、メモリの容量が増えるほど作業デスクが広くなるイメージです。

容量の多いメモリでは一度に多くのデータを同時に処理できるのが特徴です。
高性能ノートパソコンの場合、メモリ容量に関しては最低8GB、可能であれば16GBを選ぶのがおすすめです。
マルチタスクで書類作成やクリエイティブ作業を快適に進めたい場合は8GB以上が必須となります。

なお、高性能ノートパソコンを長期にわたって使用したい場合はメモリを後から増設できるかも確認しましょう。
パソコンの処理速度が遅くなった場合はメモリ容量を追加することで改善する場合がありますが、増設が不可な機種もあるので注意しておきましょう。

 

ストレージ容量を確認

ノートパソコンのストレージは、従来のHDD(ハードディスクドライブ)からSSD(ソリッドステートドライブ)への移行が進んでいます。
SSDはアクセス速度が非常に速いことが最大のメリットです。
また、省スペースで衝撃にも強いので、モバイルノートパソコンに向いています。

SSDはHDDより高価なため、SSDの容量によってパソコン本体価格が変わってきます。
容量の少ない128GB、スタンダードな256GB、多めの512GB、1TBが主な選択肢です。

Webブラウジングなどが中心でローカルストレージにあまりデータを保存しない方や、クラウドをメインストレージとして運用している方は128GBでも十分です。
デジカメで撮影した画像などをローカルストレージに保存する方なら256GB以上がおすすめです。
動画を多く保存する方は512GB以上を選ぶとよいでしょう。

 

GPUを確認

GPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)は、画像処理に特化した演算装置です。
Ryzenモバイル・プロセッサシリーズは、「AMD Radeon Graphics」または「Radeon Vega Graphics」というグラフィックスモデルがCPUに内蔵されているので、別途GPUがなくても動画の視聴などが可能です。

しかし、Ryzen内蔵ノートパソコンで動画編集や3Dゲームを楽しみたい場合は、専用GPUを搭載したモデルが快適です。
GPUは、AMDの「Radeon RX」シリーズか、NVIDIAの「GeForce GTX/RTX」シリーズが主流です。

GPUは、グラフィックス性能によって価格が大きく異なります。
用途に最適なGPUを搭載したノートパソコンを選ぶのがおすすめです。
モバイルマシンでゲームや動画編集をパワフルに楽しみたい方は、GPU搭載のノートパソコンが適しています

 

hatta
hatta

「ディスプレイサイズ」「メモリ容量」「ストレージ容量」「GPU」の4点がRyzen 7搭載ノートパソコンを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

Ryzen 7搭載ノートパソコンのおすすめ5選

上記でRyzen 7搭載ノートパソコンの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!1日のほぼすべての時間をハイスペックノートPCと過ごしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したRyzen 7搭載ノートパソコンを5つ紹介します!

 

Lenovo ノートパソコン IdeaPad S540

Lenovo ノートパソコン IdeaPad S540」は静音性に優れたノートパソコンです。
ファンの駆動音が抑えられており、図書館やカフェなど音が気になる場所での作業に便利です。
また、14インチのディスプレイはフルHDに対応しているため、色彩豊かな映像を楽しめます。

おしゃれなデザインも魅力です。
アルマイト加工が施されたアルミボディは、ビジネスシーンにもぴったりです。
さらに、最大約10時間の連続使用が可能なバッテリーを搭載しており、電池切れを心配せずに使用できます。

 

・ディスプレイサイズ:14インチ
・メモリ容量:8GB
・ストレージ容量:512GB
・GPU:AMD Radeon RX Vega 10

 

 

ASUS VivoBook 15 X512DA-BQ1136TS

ASUS VivoBook 15 X512DA-BQ1136TS」はビジネス用途におすすめのノートパソコンです。
USB3.0・HDMI・SDカードスロットといったインターフェイスを備えており、幅広い外部機器との接続が可能です。
また、512GBのストレージを内蔵しているため、容量不足を気にせずに保存できます。

15.6インチのディスプレイも特徴。画面占有率は約88%で、映画や動画を視聴する際に臨場感を楽しめます。
さらに、指紋認証システムを採用しており、パスワードを入力せずに素早くログインできるのも嬉しいポイントです。

 

・ディスプレイサイズ:15.6インチ
・メモリ容量:8GB
・ストレージ容量:512GB
・GPU:AMD Radeon RX Vega 10

 

 

Microsoft Surface Laptop 3 15インチ

Microsoft Surface Laptop 3 15インチ」は顔認証システムを採用したノートパソコンです。
ディスプレイを開き、カメラを覗き込むだけでログインできるのが便利です。
また、タッチパネルを搭載しており、別売りのSurface Penを使用することで、イラスト作業やメモ書きを行えます。

快適にタイピングをしたい方にもおすすめで、1.33mmのストロークを確保し、しっかりとした打鍵感を得られます。
さらに、最大11.5時間の連続使用が可能なバッテリーを備えており、外出先での仕事にも便利なモデルです。

 

・ディスプレイサイズ:15インチ
・メモリ容量:16GB
・ストレージ容量:512GB
・GPU:AMD Radeon RX Vega 10

 

 

ASUS ゲーミングノートパソコン TUF Gaming FX505DT

ASUS ゲーミングノートパソコン TUF Gaming FX505DT」は耐久性に優れたゲーミングノートパソコンです。
アメリカ国防総省が定めた規格である「MIL-STD 810G」に準拠しており、本体への衝撃や落下による故障を防ぎやすいのが魅力です。
また、CPUとGPUそれぞれに冷却ファンを設置しているため、長時間のゲームプレイによる発熱を軽減できます。

144Hzのリフレッシュレートに対応しているのもポイントです。
動きが速いFPS、レーシングゲームでもカクつきが起こりにくく、ストレスレスで楽しめます。
さらに、NVIDIA社の「GeForce GTX 1650」を搭載しており、簡単な動画編集を行えるのも魅力です。

 

・ディスプレイサイズ:15.6インチ
・メモリ容量:16GB
・ストレージ容量:512GB
・GPU:GeForce GTX 1650/Radeon RX Vega 10

 

 

ASUS ゲーミングノートパソコン TUF Gaming A15 FA506IH

ASUS ゲーミングノートパソコン TUF Gaming A15 FA506IH」は熱暴走を抑えられるゲーミングノートパソコンです。
デュアルファンを採用しており、効率的な冷却が可能です。
また、アメリカ軍用規格である「MIL-STD 810H」に準拠し、高温環境での使用による故障のリスクを軽減できます。

外部機器との接続も便利です。
USB Type-Cポートを搭載し、データ転送や映像出力を行えます。
さらに、15.6インチのワイドディスプレイは、144Hzのリフレッシュレートに対応しており、迫力のあるゲーム映像を楽しめます。

 

・ディスプレイサイズ:15.6インチ
・メモリ容量:16GB
・ストレージ容量:512GB
・GPU:GeForce GTX 1650/AMD Radeon Graphics

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したRyzen 7搭載ノートパソコンです!
処理速度はもちろん薄さ軽さにも驚くはずです!

 

 

Ryzen 7搭載のハイスペックノートPCは生産性を爆上げする

以上がRyzen 7搭載ノートパソコンの選び方とおすすめ5選の解説でした。
「Ryzen 7」はRyzenシリーズのハイスペックモデルです!
ゲームはもちろん画像編集や動画編集などマルチタスクもストレスなく行える性能があります!
AMDの「Ryzen」CPUを搭載したパソコンはコストパフォーマンスのよさも魅力です!
「ストレスなくパソコンで作業できる」ということは現代でやるべき投資です!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

Ryzen 7を搭載したハイスペックなノートPCは間違いなく生産性を爆上げします!
ハイスペックノートPCに投資する価値は私が保証します!

 

 

小型PCの選び方とおすすめ5選!ハイスペックなモデルから格安のエントリーモデルまで!

小型PCの選び方とおすすめ5選!ハイスペックなモデルから格安のエントリーモデルまで!
小型PCはコンパクトでスペースを取らずに、簡単に持ち運んで使えるのが特徴のパソコンです。 最近は格安のエントリーモデルから、クリエイティブな現場で活躍するハイスペックなプロユースモデルなど様々なモデルがラインナップされています。 そこで、小型PCの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました