ポータブル電源の選び方とおすすめ5選!大容量でアウトドアやキャンプ、災害の備えに!

アウトドア

ポータブル電源は電気を確保できない様々なシーンで役立つアイテムです。
発電機と比べ静かで、ガソリンを使用しないので安全性が高いのも特徴です。
ポータブル電源が1台あるとキャンプや車中泊などのアウトドアをはじめ、災害時などにも役立ちます。
そこで、ポータブル電源の選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ポータブル電源のおすすめは?

ポータブル電源の選び方は?

 

・ポータブル電源とは
・ポータブル電源の選び方
・ポータブル電源のおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ポータブル電源の選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばポータブル電源で迷うことはもう無くなります!

 

アウトドアワゴンの選び方とおすすめ5選!バーベキューやキャンプ、運動会などで大活躍!

アウトドアワゴンの選び方とおすすめ5選!バーベキューやキャンプ、運動会などで大活躍!
アウトドアワゴンはキャンプやアウトドアで重い荷物を楽に運ぶことができるアイテムです。 車から離れた場所に一度に全ての荷物を運ぶことができ、時間と労力の短縮、削減ができます。 キャンプやアウトドアはもちろん子供の運動会などにも使用できとても便利です。 そこで、アウトドアワゴンの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

ポータブル電源とは

ポータブル電源とは、本体に内蔵されたバッテリーに電気を蓄えて、外部の機器に給電するアイテムのことです。
小型のモバイルバッテリーとは異なり、大容量のバッテリーを備えたモデルが多いのもポイントです。
ACコンセントやシガーソケットが使えるモデルもラインナップされています。

また、内蔵バッテリーで充電や給電を行うので、ガソリンを使用する発電機よりも静かです。
キャンプや車中泊での就寝時に使用しても快適です。

ポータブル電源は、キャンプや車中泊で電気製品を使用したいときや、電気を確保できないシーンで役立ちます
さらに、アウトドアでモバイル機器を充電したい場合にもぴったりなので、災害時や停電時などの緊急時にも重宝するアイテムです。

 

hatta
hatta

ポータブル電源はキャンプや車中泊、災害時などに電気を確保できない様々なシーンで役立つアイテムです!

 

 

ポータブル電源の選び方

容量を確認

ポータブル電源を選ぶときは、容量を確認しましょう。
バッテリー容量を表す「Wh(ワットアワー)」の数値が高いほど、容量も大きくなります
バッテリー容量が大きいほど、サイズも大きく、かつ重くなる傾向があるため、用途に合わせて選ぶことが大切です。

例えば、日帰りのアウトドアなど、ちょっとしたシーンで使いたい場合は200Wh以上のモデル、キャンプで連泊する場合や夏場に扇風機を使ったり寒い時期に電気毛布を使用したりする場合は、350Wh以上のモデルがおすすめです。

また、ミニ冷蔵庫などの消費電力が大きい電気製品を使用する場合は、400Wh以上が目安です。
ちなみに、ポータブル電源は使用しないときも自然に放電するので、その点は注意しましょう。
およそ30%程度が放電することを考慮して、容量が大きめのモノを検討してみてください。

 

出力端子を確認

ポータブル電源はアイテムによっては、出力端子の種類が異なります。
家庭用電気製品を使用したい場合は、ACコンセントの有無を確認しておきましょう。
USBポートを備えたモノなら、スマートフォンやタブレットを充電する際にも重宝します。

また、タイプとしてはシガーソケットに対応したモデル、さらには車のバッテリーから充電できるタイプもラインナップされています。
車を電気の供給源としたい方は候補して検討しておきましょう。

 

サイズと重量を確認

ポータブル電源は、各メーカーからさまざまなモデルが発売されており、製品によってサイズや重量が異なります。
8kgを超える重さがあるモデルの場合、車などへの積み下ろしをする際にも負荷がかかりやすいので、注意しましょう。
5kg以内のモノは、持ち運びやすくおすすめです。

サイズに関しても、必要以上に大きなモノを購入すると持ち運びにくいため、用途を考慮して選んでみてください。
サイズがコンパクトな製品なら、ちょっとしたスペースにも収められます。

防水性能の有無を確認

最近では、防水機能を搭載したポータブル電源も人気です。
防水機能を備えたモノは、急に雨が降ったときでも故障のリスクを減らせます

水辺でのアクティビティや、万が一の水害時の備えとしてのポータブル電源を探している方は、ぜひ確認してみてください。

 

充電機能の確認

ポータブル電源には、シガーソケットやソーラーパネルに対応したモデルが販売されています。
アウトドアで充電が切れてしまったときなど、ACコンセントを確保できないときに便利です。
車のシガーソケットや太陽光などから充電できます。

 

hatta
hatta

「容量」「出力端子」「サイズと重量」「防水性能」「充電機能」の5点がポータブル電源を選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ポータブル電源のおすすめ5選

上記でポータブル電源の選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!災害時の備えだけでなく、アウトドアでもポータブル電源をヘビーユーズしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したポータブル電源を5つ紹介します!

Jackery ポータブル電源 1000

「Jackery ポータブル電源 1000」は容量1002Wh、AC出力時の瞬間最大は2000Wとハイパワーのポータブル電源です。
キャンプや車中泊など、アウトドアレジャーで電源を確保できないときにおすすめのモデルです。
災害時や停電時に電子レンジやドライヤーなど、消費電力の大きい電化製品を使用したいシーンでも活躍します。

収納可能なハンドルを搭載しており、持ち運びしやすい仕様です。
天面が平らになっているため、たくさんの荷物と一緒に車載したいときや自宅での保管時に便利です。
充電はACコンセントやシガーソケットのほか、ソーラーチャージャーにも対応しています。
別売りのソーラーパネルを2つ並列で接続すれば、充電時間を大幅に節約できます。

 

・容量:278400mAh/1002Wh
・出力端子:AC100Vx3、シガーソケットx1、USB-Ax2、USB-Cx2
・サイズと重量:W 33.2x D 23.2x H 24.3cm 10.6kg
・防水性能:なし
・充電機能:ソーラーパネル、シガーソケット

 

 

ANKER ポータブル電源 PowerHouse

「ANKER ポータブル電源 PowerHouse」は容量434Whのハイパワーモデルながら、約20×14.5×16.5cmのコンパクトサイズが特徴のポータブル電源です。
大幅に小型化されたリチウムイオンバッテリーを内蔵しています。

ACコンセントとシガーソケット、USB出力ポートを設けており、さまざまな電化製品に対応可能なおすすめモデルです。
ソーラーパネルを用意すれば、60Wまでのソーラーチャージャーにも対応します。
電圧や温度を管理する「バッテリーマネージメントシステム」による、安全性の高さもおすすめポイントです。

 

・容量:120600mAh/434Wh
・出力端子:AC100Vx1、シガーソケットx1、USB-Ax4
・サイズと重量:W 20x D 16.5x H 14.5cm 4.2kg
・防水性能:なし
・充電機能:ソーラーパネル

 

 

ANKER ポータブル電源 PowerHouse 200

「ANKER ポータブル電源 PowerHouse 200」は持ち運びやすい軽量設計が特徴のポータブル電源です。
重さ約2.7kgの超軽量モデルでラバーバンドを搭載しており、簡単に持ち運びできるおすすめモデルです。
容量213Whで日帰りのアウトドアレジャーでの使用に適しています。

ACコンセント・シガーソケット・USB-A・USB-Cポートの4種類の充電ポートを搭載しています。
USB急速充電に対応しており、スマホやタブレットをすばやく充電したい場面で便利です。
スマホの充電約15回、ミニ冷蔵庫は約4時間の連続使用を可能にしています。

 

・容量:57600mAh/213Wh
・出力端子:AC100Vx1、シガーソケットx1、USB-Ax2、USB-Cx1
・サイズと重量:W 19x D 13.9x H 11.9cm 2.7kg
・防水性能:なし
・充電機能:ソーラーパネル、USB-C(PD)

 

 

Jackery ポータブル電源 400

「Jackery ポータブル電源 400」はAC・DC・USBポートを備えているポータブル電源です。
容量は400Whでキャンプや災害時におすすめのモデルです。
夏場に扇風機を使ったり、寒い時期に電気毛布を使用したりしたいシチュエーションで活躍します。

大容量タイプながら、リチウムイオンバッテリーの採用で重さは4.1kgです。
取っ手も付属しており、持ち運びや保管に便利です。
電圧や温度を管理するバッテリーマネージメントシステムにより、過充電や過放電を予防します。
PSEマークを取得しているなど安全性に優れています。

 

・容量:112200mAh/400Wh
・出力端子:AC100Vx1、シガーソケットx1、USB-Ax2
・サイズと重量:W 23x D 13.5x H 16cm 4.1kg
・防水性能:なし
・充電機能:ソーラーパネル対応、シガーソケット

 

 

LACITA ポータブル電源 エナーボックス ENERBOX-SP

「LACITA ポータブル電源 エナーボックス ENERBOX-SP」はIP44の防水性を備えているポータブル電源です。
本体内部に特殊なナノコーティングを施し、水に濡れても壊れにくい仕様です。
水辺のアウトドアレジャーでの使用や、突然の雨に慌てることなく撤収作業できるおすすめモデルです。

気温40℃、湿度95%の環境に8時間放置しても故障しないと謳っているのも特徴です。
夏場のテント泊や車中泊で安心して使えます。
DC-AC変換効率最大95%としている点にも注目です。
内蔵バッテリーに充電した電力を無駄なく効率的に使用できます。

 

・容量:120000mAh/444Wh
・出力端子:AC100Vx3、シガーソケットx1、USB-Ax3
・サイズと重量:W 13.4x D 30.3x H 18.4cm 5.0kg
・防水性能:IP44防水規格
・充電機能:ソーラーパネル、シガーソケット

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているポータブル電源です!
1つ備えておくと心強いアイテムです!

 

 

ポータブル電源は1台備えておくと心強いアイテム

以上がポータブル電源の選び方とおすすめ5選の解説でした。
ポータブル電源は電気の確保ができない状況で活躍するアイテムです!
キャンプや車中泊などのアウトドアをはじめ、災害時などにも役立ちます!
ソーラー充電に対応したモデルもラインナップされています!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ポータブル電源は1台あるとアウトドアや車中泊がさらに快適になります!
災害時にも便りにあるアイテムです!
1台備えておくと心強いアイテムです!

 

 

防災ラジオの選び方とおすすめ5選!災害やアウトドアで大活躍!

防災ラジオの選び方とおすすめ5選!災害やアウトドアで大活躍!
防災ラジオは災害時に情報を得る手段として重要なアイテムです。 電池がなくても手回し充電できるタイプやソーラー充電できるタイプのモデルもあります。 ライトが付いているものもあるので、災害時に備えておくと便利です。 そこで、防災ラジオの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました