ペグハンマーの選び方とおすすめ5選!キャンプや登山に!初心者におすすめのコスパモデルも!

アウトドア

ペグハンマーはントやタープの設営に欠かせない必須アイテムです。
ペグハンマーは硬い地面でもスムーズにペグを打ち込めるので、テントやタープ設営などの時短が可能になります。
また、ほとんどの製品がペグ抜き機構を備えているので、別でペグ抜きを用意する必要がありません。
そこで、ペグハンマーの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ペグハンマーのおすすめは?

ペグハンマーの選び方は?

 

・ペグハンマーの必要性
・ペグハンマーの選び方
・ペグハンマーのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ペグハンマーの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばペグハンマーで迷うことはもう無くなります!

 

 

手斧の選び方とおすすめ5選!キャンプやブッシュクラフトの薪割りに!コスパモデルも!

手斧の選び方とおすすめ5選!キャンプやブッシュクラフトの薪割りに!コスパモデルも!
手斧は薪割りなどに活躍するアイテムです。 片手で持ちやすくコンパクトなので、持ち運びしやすくキャンプやブッシュクラフトなどで便利なギアです! 薪割りや着火剤だけでなく、枝の切り落としなどにも便利です。 そこで、手斧の選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

ペグハンマーの必要性

ペグハンマーは、テントやタープを固定するときに使用する「ペグ(杭)」を、打ち込んだり抜いたりするのに特化して作られたハンマーです。
テントに簡易的なハンマーが付属する場合もありますが、重量や耐久性が異なります。

ペグハンマーの多くは鉄製で重量があるため、余計な力を加えなくても自重で打ち込むことが可能です。
硬い地面にもスムーズに打ち込めるので、設営時間が短縮できるといったメリットもあります。
また、ほとんどの製品がペグ抜き機構を備えているので、別でペグ抜きを用意する必要がありません。

 

hatta
hatta

ペグハンマーがあるとはペグを楽に打ち込むことができます!
硬い地面でもスムーズにペグを打ち込めるので、テントやタープ設営などの時短が可能になります!

 

 

ペグハンマーの選び方

ヘッド部分の材質を確認

ペグハンマー選びで大切なのは、ヘッド部分の材質です。
100円均一で入手できるゴム製やテントに付属しているプラスチック製のハンマーは、自重がないため打ち込む時に力が必要です。
また、ゴム製のハンマーはゴムの劣化が早いというデメリットもあります。

ペグハンマーにおすすめの材質は、自重で打ち込みが可能なスチールです
また、ヘッド部分に胴が使用されているタイプは、打ち込み時にかかる腕への負担を和らげるメリットがあります。

 

ペグ抜きフックの形状を確認

ペグの打ち込みだけではなく、ペグ抜きが手軽にできることもペグハンマー選びの重要なポイントです。
フックの形状はメーカーによって異なりますが、大別するとペグの穴に差し込むタイプペグに引っ掛けて抜くタイプペグの返しに通して抜くタイプの3種類です。

なかでも、ペグに引っ掛けて抜くタイプは、ペグの形状を選ばないのでおすすめです。
特に、テントやタープなどペグの形状が違う場合に重宝します。

 

重量を確認

ペグ打ちは、ペグハンマーの自重で打ち込むことが最もラクな方法ですが、あまりに重すぎるモノはかえって腕に負担をかけてしまいます。
また、持ち運びのことも考慮して、400~500g程度を目安にペグハンマーを選びましょう

 

hatta
hatta

「ヘッド部分の材質」「ペグ抜きフックの形状」「重量」の3点がペグハンマーを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ペグハンマーのおすすめ5選

上記でペグハンマーの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!キャンプや登山でテント設営の速さには定評がある筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したペグハンマーを5つ紹介します!

 

コールマン ペグハンマー 170TA0088

コールマン ペグハンマー 170TA0088」はコスパ重視の方におすすめのペグハンマーです。
リーズナブルで手に入れやすい価格ながら、ヘッドに耐久性が高いスチールを採用しているのがポイントです。
約560gと十分な重さがあるので、芝生や砂地以外の硬い地面にも打ち込みやすい仕様です。

広めのホール型ペグ抜きは、さまざまな形状のペグに対応可能です。
グリップ部分にゴムを使用しているためスリップしにくく、太くて握りやすい形状です。

 

・ヘッド部分の材質:スチール
・ペグ抜きフックの形状:ホール型
・重量:約560g

 


 

snow peak ペグハンマー PRO.C N-001

snow peak ペグハンマー PRO.C N-001」は鍛造技術で作られた頑強なペグ「ソリッドステーク」を打つために開発されたペグハンマーです。
ソリッドステークと同じく鍛造仕上げで、打撃部に銅を採用しているのが特徴です。
ペグを打ち込むときの衝撃を緩和し、腕への負担を軽減します。

交換用銅ヘッドが販売されており、ヘッド部が劣化しても付け替えて使えるためコスパも良好です。
ホール型とフック状のペグ抜き付きで、ペグの形状を問わずに使えます。
柄には打ち込み時のすっぽ抜けを防ぐベルトを搭載しています。
長く使い続けられるペグハンマーを探している方におすすめです。

 

・ヘッド部分の材質:銅
・ペグ抜きフックの形状:ホール型、フック状
・重量:約635g

 


 

LOGOS パワーペグハンマー 71996513

LOGOS パワーペグハンマー 71996513」はウェーブ形状のグリップに滑りにくい樹脂を採用した握りやすいペグハンマーです。
柄にはすっぽ抜けを防ぐ固定ベルトも搭載です。
ヘッドが約11.5cmと大きくペグを打ち込みやすいのもおすすめのポイントです。

約680gの重量があるため、硬い地面に打ち込む際も活躍します。
ペグ抜きは使いやすさに定評があり、さまざまなタイプのペグに対応可能です。
柄がオレンジ色で目立つため、草などに紛れて紛失しにくいのも魅力です。

 

・ヘッド部分の材質:銅
・ペグ抜きフックの形状:ホール型、フック状
・重量:約680g

 


 

MSR ステイク ハンマー

MSR ステイク ハンマー」は重量約312gと軽量で携行性に優れたペグハンマーです。
登山やソロキャンプなど荷物の重量を抑えたいアウトドアにおすすめです。
素材に頑丈で壊れにくいステンレスとアルミを採用しているので、しっかりとペグが打ち込めます。

また、サビにも強いので汚れたら水洗いでき、雨の日の使用も安心です。
ヘッドの上部が平らで立てて置けるのに加え、栓抜き機能も備えているなど利便性も良好です。
ペグハンマーには珍しい、おしゃれなデザインも魅力です。

 

・ヘッド部分の材質:アルミ、ステンレス
・ペグ抜きフックの形状:ホール型、フック状
・重量:約312g

 


 

UNIFLAME REVOハンマー 681640

UNIFLAME REVOハンマー 681640」はペグを打つ・抜く以外にも機能が充実したペグハンマーです。
グリップには滑りにくいEPDMゴムを採用しており、打ち込みやすいよう太さ・形状・バランスにこだわって作られています。
グリップエンドをカギ型にすることで振り上げ時のすっぽ抜けを対策されています。
ストラップを手首に掛ける煩わしさを排除したデザインです。

ヘッドは炭素鋼の鍛造仕上げで頑丈なため、長く使用できます。
約700gと重量があり硬い地面への打ち込みも容易です。
ヘッドの反対側には、ピッケルのような形状のペグ抜きを備えています。
てこの原理を利用し、少しの力で抜きやすい設計です。

曲がったペグを真っ直ぐに修正できる大・中・小3つの穴や、ペグに付いた土がこすり落とせる半円状の溝が付いているのもポイントです。
金物の町・燕三条の職人のこだわりが感じられるおすすめアイテムです。

 

・ヘッド部分の材質:炭素鋼
・ペグ抜きフックの形状:ホール型、フック状
・重量:約700g

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているペグハンマーです!
ペグハンマーが1つあるとテントやタープ設営の時短が可能です!

 

 

ペグハンマーはテントやタープの設営と撤収に役立つアイテム

以上がペグハンマーの選び方とおすすめ5選の解説でした。
ペグハンマーはントやタープの設営に欠かせない必須アイテムです!
ペグハンマーは硬い地面でもスムーズにペグを打ち込めるので、テントやタープ設営などの時短が可能になります!
また、ほとんどの製品がペグ抜き機構を備えているので、別でペグ抜きを用意する必要がありません!

ペグハンマーが1つあるとテントやタープ設営の時短が可能なアイテムです!
また、長く使えるのもポイントです。
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ペグハンマーはテントやタープの設営と撤収に役立つアイテムです!
キャンパーならぜひ揃えておきたいギアのひとつです!

 

 

ソロキャンプ、ツーリング向けヘキサタープの選び方とおすすめ5選!焚き火に強いモデルも!

ソロキャンプ、ツーリング向けヘキサタープの選び方とおすすめ5選!焚き火に強いモデルも!
ヘキサタープは六角形の形が特徴的な1枚布でできたタープです。 初心者でも扱いやすく、キャンプ中の強い日差しや雨から私たちの身を守ってくれます。 張り方のアレンジも豊富で、ソロキャンプやツーリングでも人気のアイテムです。 そこで、ソロキャンプ、ツーリング向けヘキサタープの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました