PCモニターの選び方とおすすめ7選!サイズや価格、用途別に解説!

ガジェット

PCモニターは目的や用途にによって必要なスペックが大きく異なります。
ゲームやクリエイティブ、日常用途など、製品ラインナップが豊富なのでどう選べばよいか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
そこで、PCモニターの選び方とおすすめ7選を紹介します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

PCモニターのおすすめは?

PCモニターはどう選べばいいの?

 

・PCモニターの種類
・PCモニターの選び方
・PCモニターのおすすめ7選

上記3点から解説します。

 

 

hatta
hatta

PCモニターの選び方とおすすめ7選を解説します!
これを読めばもうPCモニターで迷うことはなくなります!

 

 

4Kモニターの選び方とおすすめ5選!仕事やゲームを快適に!

4Kモニターの選び方とおすすめ5選!仕事やゲームを快適に!
「4Kモニター」は高画質で繊細な映像美が特徴の高解像度モニターです。 モニター上の作業領域も広く、PCでの作業効率向上にも効果抜群のアイテム(ガジェット)です。 ノートPCでの外部ディスプレイとしてもおすすめです。 そこで、4Kモニターの選び方とおすすめ5選を紹介します。

 

 

PCモニターの種類

形状による違い

PCモニターには、「スクエア」と「ワイド」の2つの形があります。
スクエアタイプのPCモニターは比率5:4で、ワイドタイプのPCモニターは16:9で、最近はワイドタイプのPCモニターが主流です。

ワイドモニターをさらに横へ広げた「ウルトラワイドモニター」という製品も徐々にラインナップが充実してきています。
これは映画鑑賞や動画編集などの用途に適したモデルなので、気になる方はチェックしてみましょう。

パネルによる違い

IPSパネル

「In Plane Switching」の頭文字から名前がついたIPSパネルは、上下左右に178°の広視野角を持つのが特徴です。
画面をどの角度から見ても安定した色表現が可能なほか、ばらつきの少ない応答速度と発色のよさを備えています。

一方でバックライトの透過率が高く、純粋な黒を表現するのが苦手で、コントラスト比を高めにくいのが難点です。
しかし、発色がよく角度を問わず安定した色が見られるので、静止画を取り扱うデザイナーや医療現場で使われることがあります。

VAパネル

VAパネルは、1970年代に原理が発見された歴史の長い方式です。
VAは「Vertical Alignment」から頭文字をとったもので、バックライトの透過率が低く純粋な黒を表現できるのが特徴です。

深みのある黒を表現できるため、高いコントラスト比も実現可能です。
暗部表現の多い映像を見る場合には高いパフォーマンスが得られます。

ただし、IPSと比べると視野角には弱く、斜めから見るのは不向きです。
寝転がって見たり複数人で画面を一緒に見たりする場面で使いにくいのが難点です。
画面を真正面から見て作業する方や、映像に鮮やかさとメリハリを求める場合におすすめします。

TNパネル

TNパネルは消費電力とコストが安く、モニターそのものを安価で購入できるのが特徴です。
応答速度を速くできるので、ゲーマー向けモニターに採用されることもあります。

一方で、視野角が狭く、斜めから見たときの色変化が激しいため、複数人でモニターを共有するシーンには不向きです。
ただ、斜めからの映りが悪いことを逆手にとり、のぞき見防止対策としてノートPCに採用されることもあります。
正面から全体を見る必要があるので、サイズの小さなモニターを探している方におすすめです。

 

光沢による違い

PCモニターには、グレア(光沢)・ノングレア(非光沢)という光沢の有無による違いがあります。
グレアの方が輝いているので映像がきれいに見えるというメリットがある反面、映り込みが多いため目が疲れやすくなる点には注意が必要です。

ノングレアは、光沢がなく自分の顔が映りこむ心配が少ないのが特徴です。
グレアに比べ、目にやさしいというメリットがありますが、グレアと比べると発色が地味です。
コンテンツを思う存分楽しみたい方にとっては、物足りなさを感じる場合があるため確認が必要です。

 

ゲーミングモニターと普通のモニターの違い

ゲーミングモニターは普通のモニターと比べて、ゲーム用にスペックを高めているところが特徴です。
スペックの高さはゲームの勝敗にも関わる部分なので、PCゲームをプレイする目的でPCモニターを購入する方は必ず確認しておきましょう。

ゲーミングモニターで最も重要視されている機能は、リフレッシュレートです。
これは、60Hzや144Hzなどと表記されるもので、1秒間に何回画面が切り替わるのかを表しています。
60Hzの場合は1秒間に60回画面が切り替わる、144Hzの場合は1秒間に144回画面が切り替わる、という意味です。
数値が高いほど映像がなめらかになります。

加えて確認したい項目は応答速度。
これはグラフィックボードから出力された映像がモニターに反映されるまでの速度を示しており、単位はmsで表記されます。msはミリセカンド(ミリ秒)という意味で、数値が小さいほど応答速度が速くなります。

 

240Hzゲーミングモニターの選び方とおすすめ5選を紹介!FPSにおすすめ!

240Hzゲーミングモニターの選び方とおすすめ5選を紹介!FPSにおすすめ!
240HzゲーミングモニターはFPSなどの動きの激しいゲームを快適にプレイするうえで重要なアイテム(ガジェット)です。 240Hzゲーミングモニターはリフレッシュレートが高く、PCゲームなどをより快適にプレイすることができます。 そこで240Hzゲーミングモニターの選び方とおすすめ5選を紹介します。

 

 

hatta
hatta

以上がPCモニターの種類による違いを大きく分けた解説です。
それでは下記でPCモニターの選び方を解説していきます!

 

 

PCモニターの選び方

用途を確認

用途によって適したPCモニターは異なります
例えば、PCでのゲームプレイがメインの場合は、反応速度が速いPCモニターが必要になることが多いため、ゲーム用PCモニターと謳っているモデルを購入するのがおすすめです。
一方、サブモニターを必要としている場合であれば、機能を省いたリーズナブルなモデルでも十分です。

 

解像度を確認

PCモニターを選ぶ上では解像度は最も確認しておきたいポイントです。
解像度とは、画面のなかにどれだけのピクセルを表示できるか示す値で、画像や映像の鮮明さが決まります。
最近では、4Kに対応した解像度4000×2000程度のPCモニターが人気です。

 

価格を確認

PCモニターの価格は、1万円台で購入できるリーズナブルなモノから10万円以上するモノまでさまざまです。
サイズが大きくなるごとに価格も上昇します。
また、ゲーミングなどの専門性に特化したモデルの場合も高価な傾向にあるので、事前に用途を確認した上で選びましょう。

 

 

hatta
hatta

「用途」「解像度」「価格」の3点がPCモニターを選ぶ際に重要なポイントです!

 

PCモニターのおすすめ7選

上記でPCモニターの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!自称PCモニターマニアの筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したPCモニターを7つ紹介します!

 

ASUS VP228HE

ASUS VP228HE」は比較的低価格ながら、1msの応答速度を誇るPCモニターです。
21.5インチの液晶パネルは、光の反射や映り込みを防止するノングレアタイプです。
メリハリのある映像が特徴的な「ASCRテクノロジー」が採用されており、暗部から明部まではっきりとしたグラフィック表示が可能です。

スタンダード・シアター・sRGB・夜間・読書用・暗室用などの多彩なモードが選択できるのも特徴です。
ブルーライト低減機能やフリッカーフリーなど、目に優しい機能も搭載されています。

 

・用途:ゲーミング、クリエイティブ
・解像度:21.5インチ FHD 1080p
・価格:¥11,636 ※Amazon価格

 

 

DELL プロフェッショナルシリーズ P2419HC 23.8インチワイドモニター

DELL プロフェッショナルシリーズ P2419HC 23.8インチワイドモニター」はUSB Type-Cケーブルを利用した接続が可能なPCモニターです。
ケーブル1本で映像データと音声データの送信、給電が可能です。
DisplayPortも搭載されているので、複数端末を接続して使用したい場合にも適しています。

23.8インチのディスプレイには、広視野角のIPSパネルを採用。チラつきを抑える「ComfortView機能」やブルーライトの発生を抑える機能により、目にかかる負担を軽減できるのもポイントです。

画面は、回転・前後左右への傾き・高さなどを調節可能。VESA規格にも対応しており、モニターアームが利用できる点もおすすめです。

 

・用途:クリエイティブ、日常用途
・解像度:23.8インチ FHD 1080p
・価格:¥26,300 ※Amazon価格

 

 

LG モニター ディスプレイ 27UL850-W 27インチ

LG モニター ディスプレイ 27UL850-W 27インチ」は広域の照度とコントラストを誇る「VESA DisplayHDR 400」に対応したPCモニターです。
ティアリングやスタッタリングを軽減する「AMD FreeSyncテクノロジー」や、暗い場所の視認性を高める「ブラックスタビライザー」など、ゲームに適した機能を多数搭載しています。

入力端子はHDMIが2基とDisplayPortが1基がついているので、複数機器の接続が可能です。
27インチのディスプレイは、3840×2160の4K解像度対応しています。
ノングレアタイプのIPSパネルを採用しており、光の反射や映り込みを軽減できる点もおすすめです。

 

・用途:クリエイティブ、日常用途
・解像度:27インチ 4K UHD 2160p
・価格:¥58,609 ※Amazon価格

 

 

Dell 4Kモニター 27インチ U2720QM

Dell 4Kモニター 27インチ U2720QM」は4K解像度に対応したハイエンドPCモニターです。
sRGBカバー率 99%を誇り、忠実な色再現が可能。HDRにも対応しているので、色彩のグラデーションを美しく鮮明に表示できます。
本製品は、USB Type-Cケーブル1本で映像の入力と給電が可能です。

画面を回転させて、縦置きで使用できるのもポイントです。
HDMIやDisplayPortなどの入力端子も搭載されているので、複数の機器を接続して使用する場合にもおすすめです。

 

・用途:クリエイティブ、日常用途
・解像度:27インチ 4K UHD 2160p
・価格:¥53,820 ※Amazon価格

 

 

AOC AG273QCX/11

AOC AG273QCX/11」は曲面ディスプレイを採用しているにも関わらず、比較的リーズナブルな価格で購入できるPCモニターです。
2560×1440のQHD解像度に対応したVAパネルを搭載しており、精細な映像表示が可能です。

144Hzのリフレッシュレートと1msの応答速度を誇るので、滑らかなゲームグラフィックが楽しめます。
ティアリングやスタッタリングを抑える「AMD FreeSyncテクノロジー」にも対応。HDRコンテンツの美しい映像も表示できます。

本体背面にはゲーミングデバイスらしいLEDライトを搭載しています。
13種類のモード選択に加えて、好みにあわせてライティングカスタマイズできる点もおすすめです。

 

・用途:ゲーミング、クリエイティブ
・解像度:28インチ QHD Wide 1440p
・価格:¥37,291 ※Amazon価格

 

 

HP Pavilion Gaming 32HDR Display

HP Pavilion Gaming 32HDR Display」はVESA認定のHDR600規格に適合したPCモニターです。
32インチのディスプレイは、2560×1440の高解像度対応しています。
従来のダイナミックレンジ(SDR)よりも白飛びや黒つぶれしにくいハイダイナミックレンジ(HDR)にも対応しています。

「AMD FreeSync」により、高負荷ゲーム時でもスタッタリングやティアリングを抑止可能です。
目に優しい「ブルーライトカット」機能が搭載されている点もおすすめです。

 

・用途:ゲーミング、クリエイティブ
・解像度:32インチ QHD Wide 1440p
・価格:¥41,780 ※Amazon価格

 

 

I-O DATA ワイド液晶ディスプレイ EX-LD4K432DB

I-O DATA ワイド液晶ディスプレイ EX-LD4K432DB」は3840×2160の4K解像度に対応した大型のPCモニターです。
ディスプレイのサイズは43インチです。
HDR10信号の入力にも対応しているので、明るい部分の白飛びや暗い部分の黒つぶれを防止し、美しい映像が表示できます。

本製品には6W+6Wのステレオスピーカーが搭載されているので、新たに外部スピーカーを用意する必要もありません。
また、表示するコンテンツの明るさにあわせて、自動で輝度を調節する機能も便利です。
DisplayPortやHDMI、アナログRGBなど、豊富な入力端子を揃えているのもポイントです。

付属のリモコンを使用すれば、接続している機器の切り替えも簡単です。
レコーダーやゲーム機などの一部を付属のリモコンで操作できる点もおすすめです。

 

・用途:クリエイティブ、日常用途
・解像度:43インチ 4K UHD 2160p
・価格:¥49,805 ※Amazon価格

 

 

 

hatta
hatta

上記7点が実際に筆者が使用している厳選したPCモニターです!
個人的には4Kタイプのものがおすすめですが、用途に合わせて選ぶことが重要です!

 

 

PCモニターを生産性を上げるアイテム

以上がPCモニターの選び方とおすすめ7選の紹介でした。
PCモニターは様々なサイズがありますが、自分の用途にあったものを選べば間違いなく生産性を上げるアイテム(ガジェット)です。
大画面になればそれだけ作業スペースが増え作業もはかどります!
是非自分に合ったモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

PCモニターは間違いなく生産性を上げるアイテムです!

 

ウルトラワイドモニターの選び方とおすすめ5選を紹介!ワイドモニターで作業が捗る!

ウルトラワイドモニターの選び方とおすすめ5選を紹介!ワイドモニターで作業が捗る!
「ウルトラワイドモニター」は横幅が特に広く作業効率の高さが特徴のアイテム(ガジェット)です。 モニターを2台並べて作るデュアル環境とは異なり、つなぎ目がないので違和感なく視点移動できるのが魅力です。 そこでウルトラワイドモニターの選び方とおすすめ5選を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました