一人用テントの選び方とおすすめ5選!軽量、コンパクトで登山やキャンプ、ツーリングに!

アウトドア

一人用テントはソロキャンプやソロ登山を楽しみたい方のためにおすすめのアイテムです。
一人用テントは軽量かつコンパクトなので、キャンプはもちろんツーリングなどにも使えるギアです。
キャンプやツーリングを楽しみたい方は1つは持っておいて損はないアイテムです。
そこで、一人用テントの選び方とおすすめ5選を解説します!

 

この記事はこんな人におすすめです!

一人用テントのおすすめは?

一人用の選び方は?

 

・一人用テントの特徴
・一人用テントの選び方
・一人用テントのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

一人用テントの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めば一人用テントで迷うことはもう無くなります!

 

 

グランドシートの選び方とおすすめ5選!テントの必須アイテム!サイズ豊富で選べソロキャンにも!

グランドシートの選び方とおすすめ5選!テントの必須アイテム!サイズ豊富で選べソロキャンにも!
テントの下に敷く「グランドシート」はテントの底を汚れから守り、防水効果を高め、浸水も防ぐことができます。 また、地面の凹凸を和らげる役割もあります。 テントの底が汚れにくいので、テントを傷めず、撤収も手間も省くことができるテントには必須なアイテムです。 そこで、グランドシートの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

一人用テントの特徴

  • 軽量でコンパクト
  • 価格がリーズナブル

 

1人用のテントはメーカーによって多少大きさがことなりますが、最低限の広さか多少余裕のある広さになっています。
2~3人用と比べると収納サイズが軽量でコンパクトなテントが多いです。
また、1人用のテントはコンパクトなため、バイクツーリングでも使用されることが多いです。
価格も2人用以上のテントと比べるとリーズナブルなのでキャンプが初めての方にもおすすめできます。

 

hatta
hatta

一人用テントは軽量コンパクトで、リーズナブルなため、キャンプはもちろんツーリングなどでも便利なアイテムです!

 

 

一人用テントの選び方

テントの種類を確認

シングルウォールテント

フライシートを持たない、1重構造のテントをシングルウォールテントといいます。
フライシートが持つ防水透湿性を、本体生地が持っているのが特徴です。
構造がシンプルなため軽量でコンパクトに収納でき、設営もしやすいなどのメリットがあります。

ただし、ダブルウォールタイプと比べると室内が結露しやすく、前室が作れないといったデメリットもあるので、キャンプ初心者の方にはやや不向きです。
登山向けテントなどに多く採用されているタイプです。

 

ダブルウォールテント

一般的なキャンプ用テントの多くが採用しているタイプです。
壁が2枚あるため、「ダブルウォールテント」と呼ばれています。
フライシートとインナーシートが独立した2重構造になっているのが特徴です。
主にフライシートが防水、インナーシートが室内の湿度を逃す役目を果たしています。

シングルウォールタイプと比較すると、重量は重く収納サイズが大きいモノも多くありますが、室内が結露しにくく快適に過ごせるのがメリットです。
また、前室が作れることによる使い勝手のよさもポイントです。
靴や荷物を置いておけるので、朝露から守れるだけでなく室内も広く使えます。

 

非自立式テント

ペグや張り綱を使用して立てるのが「非自立式テント」です。
自立式のテントと異なりポールを通しただけでは自立できませんが、パーツが少ない分だけ軽量なのがメリットです。
1kg以下の超軽量テントはほとんどが非自立式のため、荷物を軽くしたい方におすすめです。
おしゃれなモノが多く、室内の広さも1人なら十分です。

非自立式テントは慣れるまで設営に時間がかかるのがデメリットです。
また、ペグが刺さりにくい場所に設営するのは困難なので、テントを張る場所の地面を事前によく確認する必要があります。
設営時にはある程度の広さがあったほうがよいため、狭い場所への設置には不向きです。
設営の手間を考えると、初心者より中級者・上級者に適しています。

 

耐水性を確認

一人用テントを選ぶ際は、耐水性も確認しておきたいポイントです。
特に、テントで宿泊したい場合は、雨天にも対応できる耐水圧があるか要確認です。
目安としては、耐水圧の数値が1500mm程度のモノを検討してみてください。

一般的に、耐水圧が500mmで小雨、1000mmで普通の雨、1500mmで強い雨の侵入を防ぐといわれています。
購入前に、製品スペックをしっかり確認しておくのがおすすめです。

 

サイズを確認

テントを快適に使用するためには、使用する人の体格に合わせて長さや幅を選ぶことが大切です。
スリムサイズや、ゆとりある広さのワイドサイズなどがあるので、体型に合わせて選ことが重要です。

 

収納サイズと重さを確認

バイクや自転車ツーリングでは通常のキャンプに比べて持ち運びの容量が制限されるので、収納サイズも要確認です。
また、テントの重さも重要です。

 

hatta
hatta

「テントの種類」「耐水性」「サイズ」「収納サイズと重さ」の4点が一人用テントを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

一人用テントのおすすめ5選

上記で一人用テントの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!キャンプやバイクツーリングで一人用テントをヘビーユーズしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した一人用テントを5つ紹介します!

 

プロモンテ VB-11 1人用超軽量シングルウォール登山テント

プロモンテ VB-11 1人用超軽量シングルウォール登山テント」は高い通気性を備える新素材を採用しており、シングルウォールテントの懸念点である結露を軽減するのが特徴です。
防水、透湿性能も優れており、テント本体の耐水圧は4500mmを有しています。

重さ約1.05kg、収納時サイズが30×24cmと、軽くてコンパクトなのもポイントです。
2本ポールの吊り下げ式テントで、素早い設営と撤収ができます。
結露を抑えて、テント内で快適に過ごせるモノを探している方や、荷物を極力軽くしたい方におすすめです。

 

・テントの種類:シングルウォールテント
・耐水性:4500mm
・サイズ:奥行90×高さ100cm
・収納サイズと重さ:本体30×24cm、ポール43×9.5cm 約1,050g

 


 

icamp ソロテント solo2

icamp ソロテント solo2」はリーズナブルな価格が魅力のシングルウォールテントです。
天井部のベンチレーションのほかに、出入口と大きな窓を設けているため、優れた通気性が特徴です。
テント内で快適に過ごせます。

テントの幅は約215cmで、1人でゆっくり過ごせる広々としたスペースを確保しながらも、総重量は約1.6kgと軽く、コンパクトに収納できるのもポイントです。

テント本体の耐水圧は2000mm、フロアシートは8000mmと、高い耐水性能を有しているのもメリットです。
テント内には、小物入れやランタンフック、電源窓なども備えており、使い勝手も良好です。
ハイスペックで、コストパフォーマンスに優れた一人用テントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

 

・テントの種類:シングルウォールテント
・耐水性:テント本体2000mm フロアシート8000mm
・サイズ:幅215×奥行100×高さ110cm
・収納サイズと重さ:約45×15×15cm 約1,600g

 


 

MSR ハバ NX

MSR ハバ NX」は軽さと居住性を両立したダブルウォールの一人用テントです。
天井部で交差するポールは、サイドウォールをまっすぐに立ち上げ、広々としたテント内空間を確保しています。

ポールは、航空機にも使われている「イーストンサイクロン」素材を採用しています。
強風の力が加わるとその強さに合わせて曲がり、元の形に戻るという特性を持っており、耐風性の強さも特徴です。

フライシートとフロアシートにはコーディングが施されており、耐久性を高めているのもメリットです。
ハイスペックで、長く愛用できる一人用テントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

 

・テントの種類:ダブルウォールテント
・耐水性:テント本体1200mm フロアシート3000mm
・サイズ:152×216×91cm
・収納サイズと重さ:46×15cm 約1,290g

 


 

PYKES PEAK テント 1人用

PYKES PEAK テント 1人用」はリーズナブルな価格ながらも、高性能な一人用テントです。
2000mmの耐水性能を備えているほか、耐久性の高い「190Tポリエステル」を採用しています。
また、メーカーはUVカット率99%以上と謳っており、強い日差しをブロックする効果が期待できます。

テント内には、小物が入れられるポケットやランタンフックなどがあり、使い勝手にこだわっているのもポイントです。
テントにはベンチレーションもあり、通気性も良好です。

さらに、ほかにはない豊富なカラーラインナップも魅力です。
キャンプやツーリングはもちろん、ピクニックや海でも気軽に使える一人用テントです。

 

・テントの種類:ダブルウォールテント
・耐水性:2000mm
・サイズ:約200×100×100cm
・収納サイズと重さ:約18×44cm 約2300g

 


 

ZEROGRAM Thru Hiker 1p

ZEROGRAM Thru Hiker 1p」はダブルウォールテントで0.947kgと、軽量化を図った一人用テントです。
フライ・インナー・フットプリントの一体構造で、簡単に設営できるのが特徴です。

インナーテントは高さもあり、大人1人がゆっくりと過ごせるフロアサイズが魅力です。
フロントには使い勝手のよい前室も備えています。
また、不快な結露を軽減しているのも本アイテムの特徴です。

低重心で、流線形のフォルムは風に強く、稜線や急な天候の変化にも安心して対応できます。
登山をする方におすすめのテントです。

 

・テントの種類:非自立式テント
・耐水性:2500mm
・サイズ:210×90×70cm
・収納サイズと重さ:40m×15cm 約947g

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している一人用テントです!
キャンプなどのアウトドアはもちろん、ツーリングでも活躍する便利なアイテムです!

 

 

一人用テントはソロキャンプやツーリングのマストアイテム

以上が一人用テントの選び方とおすすめ5選の解説でした。
一人用テントはソロキャンプやソロ登山を楽しみたい方のためにおすすめのアイテムです!
一人用テントは軽量かつコンパクトなので、キャンプはもちろんツーリングなどにも使えるギアです!
荷物の軽量化がはかれるので、ソロキャンプやソロツーリングにとってメリットが大きいです!
キャンプやツーリングを楽しみたい方は1つは持っておいて損はないアイテムです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

一人用テントは軽量かつコンパクトなので、キャンプはもちろんツーリングなどにも使えるギアです!
ソロキャンプやツーリングのマストアイテムです!

 

 

キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選!登山やツーリング、車中泊!最高の寝心地に!

キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選!登山やツーリング、車中泊!最高の寝心地に!
インフレーターマットはキャンプ用マットの中でもバルブを緩めるだけで自動的に空気を充填できる便利なマットです。 断熱性に優れておりクッション性も高く、空気の入れる量で硬さ調整もできるので快適な寝心地が得られるのもポイントです。 そこで、キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました