オイルヒーターの選び方とおすすめ5選!メリットや電気代についても解説!

ガジェット

オイルヒーターは暖房器具の中でも安全性が高く、静音性にも優れているのが特徴です。
燃料の補給なども必要ないうえメンテナンスも容易なため、手軽に部屋をあたためたいときに便利なアイテムです。
そこで今回はメリットや電気代にも触れつつ、オイルヒーターの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

オイルヒーターのおすすめは?

オイルヒーターの選び方は?

 

・オイルヒーターとは?
・オイルヒーターの選び方
・オイルヒーターのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

オイルヒーターの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばオイルヒーターで迷うことはもう無くなります!

 

 

グラファイトヒーターの選び方とおすすめ5選!すぐあたたまり、電気代が安く省エネ!

グラファイトヒーターの選び方とおすすめ5選!すぐあたたまり、電気代が安く省エネ!
グラファイトヒーターはスイッチを入れてからすぐにあたたまる暖房器具です。 電気代も安く、冷えた手先や足先など、すぐにあたためたいときに適したアイテム(ガジェット)です。 そこで、グラファイトヒーターの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

オイルヒーターとは?

オイルヒーターとは、本体の密閉容器内のオイルをあたためることで熱を発生させる暖房器具です。
フィン(放射板)から発生する「輻射熱」と、室内の空気の流れ「自然対流」により、部屋をあたためるのが特徴です。
灯油などの燃料を投入する必要がないため安全性が高く、空気を汚さないほか、温風も発生しないので空気が乾燥しにくいの特徴です。

 

オイルヒーターのメリット&デメリット

オイルヒーターのメリット

  • 頻繁な換気が必要ない
  • 駆動音がほとんどなく静か
  • やけどの心配が少ない
  • 電源は電気だけ
  • 空気が乾燥しにくい
  • 空気を汚さない
  • 安全性が高い

オイルヒーターの熱は、電気エネルギーによって生み出されます。
熱を発する元は密閉されているので、空気を汚す心配が少ないのがメリットです。
そのため、灯油ファンヒーターやガスファンヒーターなどと比べて、頻繁に部屋の空気を入れ替える必要がありません。
オイルヒーターの魅力のひとつが静音性です。
ファンヒーターなどの暖房器具の場合、速暖性に優れていますが、燃料が燃える際の音やファンが回る音などが発生します。
一方、オイルヒーターは動作音がほとんどないのが特徴。寝室に置くのにもおすすめです。

オイルヒーターはほかのヒーターと比べて本体の表面温度が上がりにくく、万が一触ってしまってもやけどをする心配がほとんどありません。
小さな子供がいる家庭ではぶつかって倒してしまったり、触ってやけどをしてしまったりといった懸念がありますが、オイルヒーターは安全性が高いので安心して使えます。

 

オイルヒーターのデメリット

  • モデルによっては大きな電力を消費する
  • 部屋があたたまるのに30分ほどの時間がかかる

部屋があたたまるのに30分ほどの時間がかかるほか、モデルによっては大きな電力を消費します。
長時間つけっぱなしにすると電気代が高くなる場合もあるので注意が必要です。

 

オイルヒーターの電気代

オイルヒーターの出力は、1000W前後が主流です。
機種や調節温度によって電気代は異なりますが、電気代は1時間の運転で10〜20円程度です。
1日8時間使用すると仮定した場合、1ヶ月の電気代は2,400〜4,800円ほどです。

また、エコモードを搭載しているモデルもラインナップされているので、少しでも電気代を節約したい方はチェックしてみてください。

 

hatta
hatta

オイルヒーターは静音性や安全性に優れた暖房器具です!
電気代も考えられた省エネモデルも存在するのでチェックしてみてください!

 

 

オイルヒーターの選び方

適応床面積を確認

オイルヒーターには、「適応床面積10~13畳用」など目安が設定されているので、使用する部屋の畳数を確認しておくのも大切です。
ただし、あくまで目安であり、築数10年の住宅よりは最新の高断熱・高気密住宅のほうが早くあたたまるなど、個々の住宅の性能によってもあたたまり具合は異なります。

また、木造かコンクリート造かなど建物の構造によっても違うので、迷った場合には適応床面積が大きめのモノを選択するのがおすすめです。

 

エコモードの有無を確認

電気代を少しでも安く抑えたい方はエコモード搭載のモデルがおすすめです。
エコモードを搭載しているモデルもラインナップされているので、少しでも電気代を節約したい方はチェックしてみてください。

 

hatta
hatta

「適応床面積」「エコモードの有無」の2点がオイルヒーターを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

オイルヒーターのおすすめ5選

上記でオイルヒーターの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!毎年オイルヒーターをヘビーユーズしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したオイルヒーターを5つ紹介します!

 

DeLonghi オイルヒーター カンタン24Hタイマーモデル HJ0812

DeLonghi オイルヒーター カンタン24Hタイマーモデル HJ0812」は初めてのオイルヒーターを購入する方におすすめのモデルです。
適用畳数は8〜10畳で、寝室や1人暮らしの部屋などに適しています。
暖房の強さは3段階から調節でき、最大1200Wのパワフルな出力が可能です。

サーモスタットを搭載し、適温に達すると自動で運転のオンオフを切り替えて温度をキープできます。
「24時間電子タイマー」を搭載し、運転のオンオフを15分刻みで24時間分設定できて便利です。

フィンはスタンダードなサーマルカットフィンを採用しています。
電源プラグ周辺が熱くなりすぎると自動で電源を切る安全プラグを備えるなど、安全性にも配慮されています。

インテリアを選ばない落ち着いたカラーで、グッドデザイン賞も獲得している人気製品です。
幅広いライフスタイルにマッチするおすすめモデルです。

 

・適応床面積:8〜10畳
・エコモード:無

 

 

DeLonghi ベルカルドオイルヒーター RHJ75V0915

DeLonghi ベルカルドオイルヒーター RHJ75V0915」は安全性にこだわったハイスペックなオイルヒーターです。
適用畳数は10~13畳と広いのでリビングにおすすめです。
暖房の強さは3段階から選べ、最大1500Wのパワフルな出力で部屋をあたためます。

省エネ運転が可能なエコモードを搭載しているのもポイントです。
「24時間タイマー」機能も付いており、時間帯ごとに温度や運転のオンオフを細かく設定できます。
リモコン付きで、広い部屋でも快適に使用可能です。

独自の「幅広X字型フィン」を採用し、表面温度を約60℃と低めに保てるのも魅力です。
さらに、チャイルドロックや上部には隙間に指が入らないメッシュ構造を採用するなど、安全機能も充実しています。
小さな子供やペットがいる家庭でも安心して使えるオイルヒーターです。

・適応床面積:10〜13畳
・エコモード:有

 

 

IRIS OHYAMA オイルヒーター POH-1210KS

IRIS OHYAMA オイルヒーター POH-1210KS」はシンプル設計とリーズナブルな価格帯が特徴のオイルヒーターです。
適用畳数は和室5畳、および洋室8畳で、寝室や1人暮らしの部屋におすすめです。
暖房の強さは500・700・1200Wの3段階から選べます。
温度は高温から低温まで微調整でき、10枚のフィンが部屋全体をやさしくあたためます。

電源・W数の切り替えや温度調節が、本体側面に付いたダイヤルで簡単に操作できるのもポイントです。
本体サイズは25×奥行47.5×高さ65cmで、取っ手とキャスターが付いているため移動もスムーズです。

本体カラーはホワイトでインテリアを選びません。
タイマーやエコモードは搭載していませんが、必要十分な機能を備えたオイルヒーターです。

・適応床面積:5〜8畳
・エコモード:無

 

 

eureks オイルヒーター LFXシリーズ LFX11EH

eureks オイルヒーター LFXシリーズ LFX11EH」は1時間ごとに温度設定できるオリジナルタイマーを搭載したオイルヒーターです。
特許技術の「マイタイマー」機能は、1時間単位で24時間分のタイマーをセットでき、時間帯ごとに電源のオンオフや温度を細かく設定できます。

適用畳数は最大10畳で、リビングや寝室をはじめ、幅広い場所で利用可能です。
暖房の強さは、600・900・1500Wの3段階から選択でき、11枚のフィンが部屋全体をあたためます。

高感度の室温センサーを内蔵しており、室温を14〜26℃の設定温度に自動でキープできるのも魅力です。
エコモード機能も搭載し、設定温度より1℃低い温度で自動的に運転します。

異常運転時自動OFF機能やチャイルドロックも搭載し、安全性にも配慮。大型で見やすいLCDパネルを採用し、操作性にも優れています。
効率的に暖房ができ、節電にもつながる多機能なオイルヒーターです。

 

・適応床面積:4〜10畳
・エコモード:有

 

 

MODERN DECO オイルヒーター PULITO

MODERN DECO オイルヒーター PULITO」はおしゃれなデザインのオイルヒーターです。
適用畳数は木造で6畳、コンクリート造で8畳のため、寝室や1人暮らしの部屋に適しています。
暖房の強さは500・700・1200Wの3段階で調節可能で、エコモードを搭載し、10〜30℃に設定した温度を自動でキープします。

「24時間のデジタルタイマー」により、5時間までは30分単位、5時間から24時間までは1時間単位で設定が可能です。
本体に収納できる便利なリモコン付きで快適に使えます。

またタッチパネルを採用しており、操作性もスムーズです。
本体が傾くと自動で電源が切れる転倒時自動OFF機能も付いています。
比較的安い価格帯に設定されているのもポイントで、使い勝手がよく、インテリアに映えるおすすめのオイルヒーターです。

 

・適応床面積:6〜8畳
・エコモード:有

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているオイルヒーターです!
使用環境に合ったものを選ぶことが重要です!

 

メイン暖房、サブ暖房とオールラウンダーな暖房器具

以上がオイルヒーターの選び方とおすすめ5選の解説でした。
オイルヒーターは暖房器具の中でも安全性が高く、静音性にも優れているのが特徴です。
燃料の補給なども必要ないうえメンテナンスも容易なため、手軽に部屋をあたためたいときに便利なアイテムです!
メイン暖房で使用しても良し、サブ暖房としても良しのオールラウンダーです!
是非、使用環境に合ったモデル選んでみてください。

 

 

hatta
hatta

オイルヒーターは安全性が高く小さいお子様やペットがいる家庭でも安心して使用できます!

 

 

加熱超音波式ハイブリッド加湿器の選び方とおすすめ5選!エコで静音で効率よく加湿

加熱超音波式ハイブリッド加湿器の選び方とおすすめ5選!エコで静音で効率よく加湿
加熱超音波式ハイブリッド加湿器は加湿能力が高く衛生的に使える便利なアイテム(ガジェット)です。 衛生的に使用しやすくファンを搭載していないため音が静かで、夜間の使用にも適しています。 そこで、加熱超音波式ハイブリッド加湿器の選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました