ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめ5選!音楽や仕事に!

家電

ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンは外からの雑音や騒音を消してくれ、音楽に集中できる便利なアイテム(ガジェット)です。
音楽はもちろん、テレワークなどの仕事や通話などにも便利で、人生の生産性を上げることができるアイテムです。
そこで、ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンのおすすめは?

ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンの選び方は?

 

・ノイズキャンセリング付きイヤホンとは
・ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンの選び方
・ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンで迷うことはなくなります!

 

 

ワイヤレスヘッドホンの選び方とおすすめ5選!高音質で生産性を爆上げ

404 NOT FOUND | hattablog
ブーツやアメカジ、趣味の情報を発信

 

 

ノイズキャンセリング付きイヤホンとは

 

街中や電車などの騒々しい場所で音楽を聴いていると、ボリュームを上げないと音楽が聴こえにくいことがあります。
ノイズキャンセリング機能を備えたイヤホンを使用すれば、気になる騒音を低減して、音楽を快適に楽しむことが可能です。

原理としては、騒音を打ち消す「逆位相」の音波をイヤホン内で発生させることによって、外部からの騒音を低減します。
また、音楽鑑賞用としてだけでなく、テレワークなどの仕事やネット会議、通話、耳栓としても使うことができるのもメリットです。

 

hatta
hatta

ノイズキャンセリング機能が付いたワイヤレスイヤホンは周りの雑音や騒音を気にせず、音楽や映像コンテンツ、通話などに集中することができます!
また、付けてるだけで耳栓としても機能します!

 

 

ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンの選び方

対応コーデックを確認

コーデックとは、オーディオ信号をワイヤレス伝送する際、元データを圧縮するときの圧縮形式を意味します。
コーデックには種類があり、送信側と受信側の双方で対応していなければ使用できません。

対応コーデックには主に3種類+1種類の計4種類があります。
標準的な音質で遅延がやや気になる「SBC」、高圧縮・高音質で遅延の少ない「AAC」、低圧縮・高音質で遅延もより少ない「apt-X」です。
その他にソニー独自のハイレゾに対応した高音質で遅延の少ない「LDAC」です。

「SBC」コーデックはBluetooth対応のワイヤレスヘッドホンなら標準対応しているため、基本的にどの機器でも使えます。
ただし、SBCは圧縮率が高く音質が低めなので、音質にこだわる方はより高音質なコーデックを選びましょう。

高音質で伝送可能なコーデックはいくつかありますが、iPhoneをはじめとしたiOS機に採用されている「AAC」のほか、高音質なコーデックのなかでも高い圧縮効率と再現性をもつ「LDAC」、Android端末などをはじめとして対応機器数が多い「aptX」などがおすすめです。

 

  • SBC:標準的な音質で遅延がやや気になる「ほぼすべてのモデルで使用可能」
  • AAC:高圧縮・高音質で遅延の少ない「Android・iPhoneどちらでも使用可能」
  • apt-X:低圧縮・高音質で遅延もより少ない「Android専用でiPhoneには非対応」
  • LDAC:ハイレゾ対応で高音質で遅延が少ない「ソニー独自規格でLDAC非対応機器との接続可能で高音質を楽しめる」

 

再生可能時間を確認

ワイヤレスイヤホンはバッテリーで動作するので、モデルによって再生可能時間が異なります。
ノイズキャンセリング機能を搭載しているモデルは、機能のオンオフによって再生可能時間が変わってくるので注意しましょう。

モデルによっては数分の充電で長時間使えるようになる急速充電に対応している場合もあるので、外に持ち出す機会が多い方は併せて確認しておきたいポイントです。

 

防水性能を確認

イヤホンの防水性能を示す等級として記載されているのが「IPX」です。
「IPX4」のように「IPX+数字」で表現され、数字が大きいほど防水性能が高いことを示しています。

なお、イヤホンのなかには「IPX+数字」の代わりに、「IP+数字2つ」で表現されるIPコードが付いたモデルもあります。
IPコードの数字のうち、1つめの数字は防塵性、2つめの数字は防水性を示しており、それぞれの数字が大きい製品であるほど高い防塵性と防水性を備えたモデルです。

防水内容
IPX0保護されていない
IPX1鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX2鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX3鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX4あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない
IPX5あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
IPX6あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない
IPX7一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない
IPX8IPX7よりも厳しい条件で水没しても内部に浸水しないもの

 

マイクの有無を確認

ワイヤレスイヤホンはマイクつきがおすすめです。
音楽を聴いている最中に電話がかかってきても、ハンズフリーですぐ通話ができます。
更に、最近はテレワークが増えているので、ネット会議などでも活躍します。

 

hatta
hatta

「対応コーデック」「再生可能時間」「防水性能」「マイクの有無」の4点がノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンのおすすめ5選

上記でノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンには誰よりも強いこだわりを持つ筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンを5つ紹介します!

 

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3」は業界最高クラスのノイズキャンセリング性能が謳われるノイズキャンセリングイヤホンです。
「高性能プロセッサQN1e」を搭載しているのが特徴です。
ヘッドホン向けの技術をイヤホンに活かすことで、省電力ながら高性能なノイズキャンセリングを実現しています。

さらに、周囲の音を取り込む「クイックアテンションモード」や、音楽を聴きながら周囲の音を聞ける「アンビエントサウンドモード」も搭載しています。
電車のアナウンスや屋外でのトレーニングなど、音楽を聴きながら周囲の音に注意したいシーンでも安心して使えます。

圧縮音源の高音域をハイレゾ級へ補完するDSEE HXを搭載しているため、ワイヤレスながら高音質なのも魅力です。
イヤホン本体や充電ケースには、高級感のあるデザインを採用しています。
多機能かつハイスペックな、おすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

 

・対応コーデック:SBC、AAC、DSEE HX
・再生可能時間:最大6時間(ケースを使えば24時間生成可能)
・防水性能:なし
・マイクの有無:あり

 

 

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro」はiOSデバイスとの相性がよいノイズキャンセリングイヤホンです。
ケースを開くだけでiPhoneやiPadなどのiOSデバイスに認識され、簡単にペアリングできます。
複数のiOSデバイスやMacを所有していても、接続先をスムーズに切り替えられるのが魅力。

開放型ながらイヤーチップを搭載しているのも特徴です。
耳にしっかりと装着できるため遮音性が高く、ノイズキャンセリング性能を効果的に引き出します。
さらに、独自のH1チップの搭載により、低遅延・高音質を実現。音楽だけでなく、動画やゲームにも適しています。

1回の充電で最大4.5時間、ケースによる充電を含めると24時間の再生が可能です。
ケースはQi規格のワイヤレス充電にも対応しています。
iPadやiPhoneなどiOSユーザーにおすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

 

・対応コーデック:AAC
・再生可能時間:最大4.5時間(ケースを使えば24時間生成可能)
・防水性能:IPX4
・マイクの有無:あり

 

 

Panasonic ワイヤレスステレオインサイドホン EAH-AZ70W

Panasonic ワイヤレスステレオインサイドホン EAH-AZ70W」はテクニクスブランドの技術が用いられたノイズキャンセリングイヤホンです。
直径10mmのダイナミック型ドライバーと空気の流れが最適になるような音響構造を採用したことで、空間が感じられる豊かな音を再現します。

強力なノイズキャンセリング性能も特徴のひとつです。
イヤホンの外側と内側にマイクを配置し、デジタル制御とアナログ制御を組み合わせることで大幅かつ高精度なノイズの低減を実現します。
2つの通話用マイクを搭載するため、クリアな音声で通話可能です。

さらに、イヤホンのタッチセンサーに触れることで再生や曲送り、音量調節のほか、着信に応答したり音声アシスタント機能を起動させたりもできます。機能性に優れたおすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

 

・対応コーデック:SBC、AAC
・再生可能時間:最大6.5時間(ケースを使えば22.5時間生成可能)
・防水性能:IPX4
・マイクの有無:あり

 

 

Sennheiser 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2

Sennheiser 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2」は音質を追及したノイズキャンセリングイヤホンです。
重厚な低音や伸びやかな高音など、全音域のバランスが取れていることが特徴です。
スマートフォンの専用アプリからイコライザーを設定することで、簡単に好みの音質に調節できます。

遮音性の高い構造に加えノイズキャンセリング機能も搭載されているため、装着するだけで快適なリスニング環境が実現します。
高精度な外音取り込み機能も搭載されているので、ちょっとした会話や買い物の会計などの際にイヤホンを外す必要がありません。

イヤホン単体で最大7時間、ケースによる充電を含めると最大21時間再生可能な大容量バッテリーも魅力です。
ファブリック素材のケースは質感が高く、見た目もおしゃれなノイズキャンセリングイヤホンです。

 

・対応コーデック:SBC、AAC、aptX
・再生可能時間:最大7時間(ケースを使えば21時間生成可能)
・防水性能:IPX4
・マイクの有無:あり

 

 

Libratone ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン TRACK Air+

Libratone ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン TRACK Air+」はスタイリッシュなデザインのノイズキャンセリングイヤホンです。
耳から外れにくい形状に加え片側のイヤホン重量がわずか5.6gと軽量なため、1日中快適に装着可能です。
4種類のイヤーピースが付属するので、好みのフィット感を選べます。

ノイズキャンセリング機能は、最大30dBの消音が可能です。
スマートフォンアプリを使用すると、0~30dBまでノイズキャンセリングの強弱を手動で設定できます。
周囲の環境や動きに応じて自動でノイズキャンセリングレベルを調節できるSMARTモードも搭載しています。

また、IPX4相当の防水性能を備えているのも特徴で、運動中の汗や軽い雨程度であれば安心して使用できます。
カスタマイズ性に優れたおすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

 

・対応コーデック:SBC、AAC、aptX
・再生可能時間:最大6時間(ケースを使えば24時間生成可能)
・防水性能:IPX4
・マイクの有無:あり

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンです!
一度ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンを使用したら、もう普通のイヤホンには戻れません!

 

 

ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンは生産性を爆上げする

以上がノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめ5選の解説でした。
ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンは外からの雑音や騒音を消してくれ、音楽に集中できる便利なアイテム(ガジェット)です。
屋外での音楽鑑賞の質の向上だけでなく、仕事・勉強の生産性や作業効率アップにも役立ちます!
ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンは間違いなく生産性を爆上げするアイテムと言えます!
音にかもまれた現代では必ず一つは持っておいて損はないアイテムです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンは必ず一つは持っておいて損はないキーアイテムです!

 

ネックスピーカーの選び方とおすすめ5選!映画やテレワークなどに大活躍

404 NOT FOUND | hattablog
ブーツやアメカジ、趣味の情報を発信
家電
hattablog
タイトルとURLをコピーしました