山専ボトルの魅力とおすすめ3選!登山やツーリングにも!使いやすい500や750mlサイズ!

アウトドア

山専ボトルは山での使用を想定して作られたステンレス製のボトルです。
温冷問わず、高い保温性が特徴です。
キャンプや登山などのアウトドアはもちろん、海水浴や釣りなどにもおすすめです。
また、耐久性に優れていて頑丈で軽量で持ち運びしやすいのも特徴です。
そこで、山専ボトルの魅力とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

山専ボトルのおすすめは?

山専ボトルの選び方は?

 

・山専ボトルとは
・山専ボトルの魅力
・山専ボトルのおすすめ3選

上記3点から解説します!

 

hatta
hatta

山専ボトルの魅力とおすすめ3選を解説します!
これを読めば山専ボトルで迷うことはもう無くなります!

 

 

スタッキングマグの選び方とおすすめ5選!キャンプや自宅で便利!人気のスノーピークも!

スタッキングマグの選び方とおすすめ5選!キャンプや自宅で便利!人気のスノーピークも!
スタッキングマグは積み重ねて収納できる便利なマグカップです。 マグカップを重ねて収納できるため、省スペースに収納できるのが魅力です。 自宅はもちろん、アウトドアの際にコップをコンパクトに収納したいという方に適しています。 そこで、スタッキングマグの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

山専ボトルとは

寒い季節の登山に欠かせない

山専ボトルは寒い季節の登山に欠かせないアイテムです。
コーヒーなどの温かい飲み物を入れて山頂で飲めば、その美味しさは格別です。
お湯を入れておけばカップラーメンも手軽に作れます。
保温性に優れているため、わざわざ温め直さなくてよいのも魅力的なポイントです。

 

山専ボトルはこんな人におすすめ

山専ボトルは登山やトレッキングが趣味の方におすすめです。
温かい状態をキープできるので秋冬に活躍してくれます。
一方、冷たい状態をキープする保冷性にも優れているため、夏の登山にも最適です。
冷やしたスポーツドリンクなどを入れて携行すれば水分補給に役立ちます。
また、登山のみならず海水浴や釣りなどのアウトドアシーンにもおすすめです。

 

hatta
hatta

山専ボトルは保温性に優れたボトルです!
キャンプや登山などのアウトドアはもちろん、海水浴や釣りなどにもおすすめです!

 

 

山専ボトルの魅力

温かい状態を長くキープできる

寒い季節の登山で山専ボトルに求められる性能は、なんといっても保温性の高さです。
中身の温度を長時間キープしてくれるモデルが揃っており、山で温かい飲み物を楽しみたいときに適しています。
この優れた保温性が、山専ボトルが人気を集めている大きな理由のひとつです。

 

耐久性に優れていて頑丈

山専ボトルは、山での使用を前提として開発されたアイテムです。
そのため、万が一落としたときの衝撃吸収性もしっかりと備えているのが特長です。
たとえばサーモスの山専ボトルは底部分がシリコン素材のカバーで覆われており、衝撃を軽減するのはもちろん、底に傷が付くのを防いでくれます。
アウトドアシーンで安心して使えるアイテムです。

 

軽量で持ち運びやすい

登山をする場合は持っていく荷物の重量が気になるところです。
重ければ重いほど、それだけ歩くときの負担になります。
山専ボトルは軽量設計を採用しており、登山者の負担を最小限に抑えているのが魅力です。
筒や真空層の厚さを薄くすることで、その軽量性を実現しています。
ボトルの形状も縦長スリムで、リュックサックに収納しやすいのがポイントです。

 

hatta
hatta

上記3点から山専ボトルの魅力です!
アウトドアのためのボトルと言っても過言ではありません!

 

 

山専ボトルのおすすめ3選

上記で山専ボトルの魅力を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ちょっとしたツーリングやキャンプなど必ず山専ボトルを装備していく筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した山専ボトルを3つ紹介します!

 

THERMOS 山専用 ステンレスボトル FFX900

THERMOS 山専用 ステンレスボトル FFX900」は約0.5Lで持ち運びやすい山専ボトルです。
日帰り登山で使用するお手頃サイズのボトルを探している方におすすめです。
本体サイズが約7(W)×7(D)×23.5(H)cmでリュックのサイドポケットやビジネスバッグにも入れやすいため、普段使いの水筒としても活躍してくれます。
本体重量は約0.28kgと軽量です。

コンパクトでありながら山専ボトルとしての基本的な性能は充実しています。
約6時間が経過した後でも77℃以上をキープできる保温性の高さが特長です。
また、ボディリングや底面カバーもしっかり装備しており、衝撃吸収性に優れています。

手袋を着用したままでも簡単に操作できるダブルスクリュー栓を採用していたり、保温性を高めるため36mm口径の小さめな注ぎ口を採用していたりと使い勝手を重視した仕様も魅力です。

 


 

THERMOS 山専用ステンレスボトル500ml FFX-501

THERMOS 山専用ステンレスボトル500ml FFX-501」は約0.5Lで持ち運びやすい山専ボトルです。
日帰り登山で使用するお手頃サイズのボトルを探している方におすすめです。
本体サイズが約7(W)×7(D)×23.5(H)cmでリュックのサイドポケットやビジネスバッグにも入れやすいため、普段使いの水筒としても活躍してくれます。
本体重量は約0.28kgと軽量です。

コンパクトでありながら山専ボトルとしての基本的な性能は充実しています。
約6時間が経過した後でも77℃以上をキープできる保温性の高さが特長です。
また、ボディリングや底面カバーもしっかり装備しており、衝撃吸収性に優れています。

手袋を着用したままでも簡単に操作できるダブルスクリュー栓を採用していたり、保温性を高めるため36mm口径の小さめな注ぎ口を採用していたりと使い勝手を重視した仕様も魅力です。

 


 

montbell アルパインサーモボトル MDGN 1124617

montbell アルパインサーモボトル MDGN 1124617」は日本の総合アウトドアメーカー「モンベル」から発売されている山専ボトルです。
容量は約0.5Lで持ち運びやすい山専ボトルです
本体の外側には耐久性の高いSUS304ステンレス鋼を採用しており、頑丈に使えるのが特長です。
内側は腐食しにくいSUS316ステンレス鋼を用いていて長く愛用することが可能です。

真空二層構造と反射加工によって高い保温性能を備えているのも魅力です。
約95℃の熱湯を入れた場合、6時間経過後で75℃以上、24時間経過後でも51℃以上の温かさを保ってくれます。
保温のみならず保冷も対応しており、夏のアウトドアシーンにもおすすめです。

内栓は手袋を着用していても開けやすい六角形デザインを採用しています。
手首を1回ひねるだけでラクに開閉可能です。
さらに、内栓の内側には断熱材が使われており、熱を逃しにくい構造となっています。

本体の上下にはシリコン素材の滑り止めバンドが付いていて、しっかりグリップできるのもポイントです。
重量が約0.26kgと軽いため、登山用の荷物と一緒にリュックサックへ入れてもラクに持ち運べます。
山に登るときの負担をできるだけ軽減させたい方におすすめです。

 


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している山専ボトルです!
山専ボトルは1つあるとキャンプや登山などのアウトドアや釣りや海水浴でも便利です!

 

 

 

山専ボトルはアウトドアを快適にする

以上が山専ボトルの魅力とおすすめ5選の解説でした。
温冷問わず、高い保温性が特徴です!
キャンプや登山などのアウトドアはもちろん、海水浴や釣りなどにもおすすめです!
また、耐久性に優れていて頑丈で軽量で持ち運びしやすいのも特徴です!

山専ボトルは寒い季節はもちろん、暑い季節でも冷たい飲み物を入れて携行できる汎用性の高さがおすすめポイントです!
耐久性が高いので長く使用できます!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

山専ボトルは高い保温力と耐久性、携帯性が魅力のボトルです!
1つあるとアウトドアはより快適になります!

 

 

ソロキャンプ、ツーリング向けヘキサタープの選び方とおすすめ5選!焚き火に強いモデルも!

ソロキャンプ、ツーリング向けヘキサタープの選び方とおすすめ5選!焚き火に強いモデルも!
ヘキサタープは六角形の形が特徴的な1枚布でできたタープです。 初心者でも扱いやすく、キャンプ中の強い日差しや雨から私たちの身を守ってくれます。 張り方のアレンジも豊富で、ソロキャンプやツーリングでも人気のアイテムです。 そこで、ソロキャンプ、ツーリング向けヘキサタープの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました