メカニカルキーボードの選び方とおすすめ7選!生産性・作業効率を上げる

ガジェット

メカニカルキーボードはキーの打ち心地が特徴で耐久性にも優れている人気のアイテム(ガジェット)です。
自分好みの打鍵感を見つけやすく、生産性や作業効率を上げることが可能です。
プログラマーやライターはもちろん普段長時間パソコンを使用する方にもおすすめです。
そこでメカニカルキーボードの選び方とおすすめ7選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

メカニカルキーボードのおすすめは?

メカニカルキーボードの選び方は?

 

・メカニカルキーボードとは
・メカニカルキーボードの選び方
・メカニカルキーボードのおすすめ7選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

メカニカルキーボードの選び方とおすすめ7選を解説します!
これを読めばメカニカルキーボードで迷うことはもう無くなります!

 

スタンディングデスクの選び方とおすすめ5選!作業効率や生産性を爆上げする!

スタンディングデスクの選び方とおすすめ5選!作業効率や生産性を爆上げする!
スタンディングデスクは立ったまま作業できる机のことです。 作業効率や生産性の向上や姿勢を正せるなどの効果が期待できる注目のアイテム(ガジェット)です。 スタンディングワークは企業などでも日本人の座りすぎの観点から導入されています。 そこで、スタンディングデスクの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

メカニカルキーボードとは

メカニカルキーボードとは、独立したキースイッチを搭載したキーボードです。
ひとつひとつのキーにスイッチやバネが内蔵されており、スイッチの種類によって押し心地やクリック時の音の大きさが異なります。

上下の接点シートを接触させてキーの入力を認識する「メンブレン方式」や「パンタグラフ方式」と呼ばれるモノとは異なり、故障したキースイッチのみを交換できるのも魅力のひとつです。
構造が複雑なので価格は高めですが、自分に適した性能のモデルを見つけやすいのがおすすめポイントです。

 

メカニカルキーボードのメリット

メカニカルキーボードは、ほかのキーボードと異なる独特の打鍵感が特徴です。
タイピング時にカチャカチャとした音が鳴り、爽快感が得られたり、疲れにくかったりするのがメリットです。
また、耐久性に優れているモデルが多く、長期間愛用できます。

数千万回の打鍵テストをクリアした製品も多数販売されており、入力作業の多い方やゲーマーにもおすすめです。
好みの打鍵感やタイピング音の大きさにあわせて、「軸」と呼ばれるキースイッチを選択できる点もおすすめです。

 

hatta
hatta

メカニカルキーボードは独特な打鍵感が特徴で長時間使用でも疲労感が少なく使用できるので、生産性・作業効率を上げることが可能です!

 

 

メカニカルキーボードの選び方

軸の種類を確認

青軸:しっかりとしたクリック感

青軸のメカニカルキーボードは、しっかりとしたクリック感が特徴です。
押し上げる力(押し上げ圧)が強く、タッチした際にキーがしっかりと反発するのが魅力です。
カチャカチャとした打鍵音も気持ちよく、爽快な打ち心地が得られるのもメリットです。

キーをタッチした感触が強いので、誤入力を回避できる点もポイントです。
ゲーマーはもちろん、プログラマーやライターからも人気があります。
打鍵音は大きめですが、周囲を気にせず入力作業が行える場合にはおすすめです。

赤軸:軽いタッチ感

赤軸のメカニカルキーボードはタッチ感が軽いのが特徴です。
キーをタッチした際の押し上げ圧がやや強いので、指や手が疲れにくいというメリットがあり、長時間のタイピング作業におすすめです。

軽い力でスムーズに入力できるので、素早い操作が求められるゲームジャンルにもぴったりです。
打鍵音が静かなので、周囲に人がいる環境や夜間の使用にも向いています。

茶軸:バランスのよさ

茶軸のメカニカルキーボードは、赤軸と青軸の間に位置するバランスのよさが特徴です。
軽すぎず重すぎないクリック感や心地よい打鍵音が魅力です。
初めてメカニカルキーボードを利用する方にも人気です。

赤軸では軽すぎて、青軸では音が大きすぎると感じた場合には、茶軸がおすすめです。
スコスコとした打鍵音で、軽快なタイピングが行えるので、万人受けするタイプのメカニカルキーボードです。

黒軸:強い反発力

黒軸のメカニカルキーボードは、タッチした際の反発力が強いのが特徴です。
押下圧も強いので、タイピング時に力が必要ですが、キーを底まで押し込まなくても認識するメリットがあります。

タッチ感に慣れれば、誤入力を抑えた高速タイピングも可能です。
好き嫌いの分かれる軸でもあるので、初めてメカニカルキーボードを購入する方よりも、ほかの軸を使用して反発力の足りなさを感じている方におすすめです。

その他

メカニカルキーボードには、青・赤・茶・黒軸のほかにも、銀や緑、オレンジ、クリア軸など、さまざまな軸が存在します。
銀軸はスピード軸とも呼ばれ、高速タイピングにおすすめです。
ストロークが浅めに設計されており、スピーディな入力が可能です。

緑軸は、ゲーミングデバイスメーカーとして有名な「レイザー」独自の軸で、しっかりとしたクリック感と爽快な打鍵音が楽しめるタイプです。
クリア軸は茶軸の姉妹モデルに位置し、カチッとしたクリック感が得られます。
押し上げ圧が高めなので、茶軸よりもしっかりとした入力感覚を得たい場合におすすめです。

 

接続方法を確認

メカニカルキーボードの接続方式は、大きく分けて2つあります。
有線接続タイプは、パソコンとケーブルで繋いで使用するので安定した接続が可能です。
入力遅延が起こりにくいため、ゲーム向けとしてもおすすめです。

また、接続ケーブルから電源が得られるので、内蔵バッテリーの充電や電池交換の手間が省けるのもメリットです。
USBコネクタを使用するモデルが一般的です。
ケーブルが必要なので、置き場所は限られますが、ワイヤレスタイプよりリーズナブルなモデルが多い点もおすすめです。

一方、無線接続タイプは、2.4GHz無線やBluetooth接続を利用するタイプです。
ケーブルを管理する必要がないので、デスク上をすっきりとさせられるメリットがあります。
また、複数機器と接続できるマルチペアリングに対応したモデルであれば、複数の機器を並行して操作する場合にも便利です。

 

テンキーの有無を確認

メカニカルキーボードを選ぶ際は、テンキーの有無も確認しましょう。
テンキー有りのモデルは、右側に数字キーが配置されています。
設置スペースが広いデメリットもありますが、業務上数字を入力する頻度が多い場合に便利です。

デスク上のスペースを有効に使いたい場合や、頻繁に持ち運ぶ場合にはコンパクトなテンキーレスタイプもおすすめです。
数字キーが省略されており横幅が短いので、右手をマウスに移動させる際の距離が短くなるメリットもあります。

 

hatta
hatta

「軸の種類」「接続方法」「テンキーの有無」の3点がメカニカルキーボードを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

メカニカルキーボードのおすすめ7選

上記でメカニカルキーボードの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!メカニカルキーボードしか使えなくなってしまったの筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したメカニカルキーボードを7つ紹介します!

 

Logicool PROシリーズ PRO Xキーボード G-PKB-002

Logicool PROシリーズ PRO Xキーボード G-PKB-002」はeスポーツアスリートのために設計された青軸メカニカルキーボードです。
本製品には「GX Blueクリッキー」と呼ばれる青軸キースイッチが搭載されていますが、「GX Redリニア(赤軸)」や「GX Brownタクタイル(茶軸)」などのキースイッチにユーザー自身で交換可能です。

コンパクトなテンキーレスデザインにより、マウススペースを広くとれるメリットもあります。
接続には着脱式のmicroUSBケーブルを使用し、携帯性にも優れた設計です。
「Logicool G HUBソフトウェア」を利用すれば、キーライティングのカスタマイズも可能です。

背面にキーボードの角度を3段階で調節できるスタンドが内蔵されているのもポイントです。
F1~F12キーにはマクロ機能も搭載しています。

 

・軸の種類:青軸
・接続方法:有線接続
・テンキーの有無:無

 

 

PHILIPS メカニカルゲーミングキーボード SPK8614

PHILIPS メカニカルゲーミングキーボード SPK8614」は磁気式のアームレストが付属している、コスパに優れた青軸メカニカルキーボードです。
接続はUSBケーブルを利用した有線式です。
カチカチと心地よいクリック音が得られる青軸を採用しており、日常使用からゲーム時の使用まで幅広い用途に対応できます。

最大6000万回のキーストロークに耐えると謳われているのもポイントです。
脱着可能なアームレストによって、長時間使用時に疲れにくいのも魅力です。
7色から選択できるバックライトは、3種類のライティング効果を切り替え可能で、本体右上のダイヤルでライティング効果や音量が簡単に調節できる点もおすすめです。

 

・軸の種類:青軸
・接続方法:有線接続
・テンキーの有無:有

 

 

Logicool LIGHTSPEEDワイヤレスRGBメカニカル ゲーミング キーボード G913

Logicool LIGHTSPEEDワイヤレスRGBメカニカル ゲーミング キーボード G913」は約22mmのスリムボディを実現した赤軸メカニカルキーボードです。
キースイッチには、スムーズで流れるようなキーストロークが可能な「GLリニア」を採用しており、MMOやアクションゲームに理想的なキースイッチです。

接続には「LIGHTSPEEDワイヤレス」と呼ばれる遅延の少ない無線接続を採用しており、USBケーブルで接続すれば、充電しながらでも使えます。
ボディには5052アルミニウム合金を使用し、軽量ながら高い強度と耐久性も兼ね備えており、激しいゲームプレイにも適しています。

本体右上のアルミ製音量ホイールは高級感あふれるデザインです。
人間工学に基づいた薄型の設計により、自然なポジションで快適にタイピングできる、おすすめの製品です。

 

・軸の種類:赤軸
・接続方法:無線接続
・テンキーの有無:有

 

 

GAMDIAS HERMES E2 7 COLOR Mechanical Gaming Keyboard

GAMDIAS HERMES E2 7 COLOR Mechanical Gaming Keyboard」は安定性と耐久性に優れた赤軸メカニカルキーボードです。
本製品には赤軸が採用されていますが、青・茶・黒軸タイプも選択可能です。
最大5000万回のキーストロークを誇るキースイッチや、頑丈な金属パネルの採用により、激しいゲームプレイやタイピングにも耐えられる仕様です。

テクスチャード加工が施されたキーキャップは、グリップがよく正確なタイピングをサポートします。
本体サイズが約370×140×30mmとコンパクトなので、携帯性にも優れています。
リーズナブルな価格で購入できるので、初心者用のメカニカルキーボードとしてもおすすめです。

 

・軸の種類:赤軸(青・茶・黒軸タイプも選択可能)
・接続方法:有線接続
・テンキーの有無:無

 

 

ELECOM メカニカルゲーミングキーボード TK-G01UK

ELECOM メカニカルゲーミングキーボード TK-G01UK」は比較的リーズナブルな価格で購入できる茶軸メカニカルキーボードです。
激しいキー入力にも耐えられる5000万回高耐久メカニカルスイッチを採用しています。
すべてのキーを同時押しできる「全キーロールオーバー機能」に対応しており、幅広いゲームジャンルに使用できます。

ゲームプレイ時に多用する「W・A・S・Dキー」を含む8個のキーは、取り替え用のゲーミングキャップが付属しています。
表面に凹凸加工が施されており、操作性の向上が期待できます。
また、Windowsキーやメニューキーを無効化できるゲーミングモードも搭載しています。

キー全体がラウンドした形状のため、快適なタイピングができる、おすすめの製品です。

 

・軸の種類:茶軸
・接続方法:有線接続
・テンキーの有無:無

 

 

FILCO Majestouch 2 Tenkeyless FKBN91ML/JB2

FILCO Majestouch 2 Tenkeyless FKBN91ML/JB2」は耐久性・信頼性・打鍵感に優れた黒軸メカニカルキーボードです。
ガラスエポキシ基板と呼ばれる2層基板を採用しており、キースイッチのスルーホールを半田でしっかりと固定しています。
タイピング時の負荷や振動を鉄板だけでなく基板側にも逃がせる設計です。

キーを押し下げるほど重さが増す黒軸メカニカルスイッチは、押下圧60g。重さはありますが、アクチュエーションポイントが2mmの位置に設定されているので、キーを最後まで押さなくても入力できます。

 

・軸の種類:黒軸
・接続方法:有線接続
・テンキーの有無:無

 

 

Razer RAZER BLACKWIDOW LITE RZ03-02640100-R3M1

Razer RAZER BLACKWIDOW LITE RZ03-02640100-R3M1」は高い精度と応答性を備えたレイザー独自のキースイッチを採用したメカニカルキーボードです。
本製品の「Razer オレンジメカニカルスイッチ」にはO-リングが搭載されており、静音性に優れた仕様。周囲に人がいる環境や夜間の使用におすすめです。

また、しっかりとしたクリック感が得られるのも特徴。すべてのキーにLEDバックライトが搭載されているので、暗い場所でも快適に使用できます。
レイザーのメカニカルスイッチは、8000万回のキーストロークに耐える長寿命仕様を謳っており、信頼性が高いのも魅力。

クラウドベースのハードウェア構成ツール「Razer Synapse 3」を利用して、マクロの割り当てやショートカットの設置も行えます。

 

・軸の種類:オレンジ軸
・接続方法:有線接続
・テンキーの有無:無

 

 

 

hatta
hatta

上記7点が実際に筆者が使用している厳選したメカニカルキーボードです。
ゲームだけでなく、仕事用として使用するのもおすすめです!

 

 

メカニカルキーボードは生産性を上げる

以上がメカニカルキーボードの選び方とおすすめ7選の解説でした。
メカニカルキーボードは、プログラマーやライターなど長時間の入力作業を行う方にはもちろん、ゲーム用にも最適です!
また、長時間使用しても疲れにくいのもポイントです。
自分好みの打鍵感を見つけやすく、生産性や作業効率を上げることが可能です!
是非、自分好みのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

メカニカルキーボードは一度使うと元には戻れなくなりますよ!
「なぜ早く使わなかったんだ!」と感じること間違いなしです!

 

ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲーミングチェアで生産性を向上!

ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲーミングチェアで生産性を向上!
ゲーミングチェアはゲームを長時間プレイするゲーマーのために作られたアイテム(ガジェット)です。 座り心地に優れており、疲れにくく、正しい姿勢を保ちやすいなど、さまざまなメリットがあります。 ビジネスシーンでも注目されているアイテムです。 そこで、ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました