Mac向けモニターの選び方とおすすめ5選!作業画面を広げて生産性アップ!

PC

パソコンで作業する場合、モニター(画面)の大きさは生産性や作業効率に直結します。
最近はMacBookやiMacなどのMac製品を使用するユーザーも多くなっているので、Mac製品でも外部モニターを使用したいと思っている方も多いはずです。
そこで、Mac向けモニターの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

Mac向けモニターのおすすめは?

Mac向けモニターのおすすめは?

 

・Macでモニターを使うメリット
・Mac向けモニターの選び方
・Mac向けモニターのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

Mac向けモニターの選び方とおすすめ5選を哀切します!
これを読めばMac向けモニターので迷うことはもう無くなります!

 

Type-C対応USBメモリの選び方とおすすめ5選!MacBookでも使えるUSBメモリ!

Type-C対応USBメモリの選び方とおすすめ5選!MacBookでも使えるUSBメモリ!
パソコン間やスマートフォン、タブレットなどデータのやり取りで便利なのがUSBメモリです。 MacBookやスマホ、タブレットなども「USB Type-C」が多く普及しており、従来より素早くデータのやり取りが可能になっています。 そこで、Type-C対応USBメモリの選び方とおすすめ5選を紹介します。

 

 

Macでモニターを使うメリット


Appleが製造しているパソコンの「Mac」は、主にノートパソコンの「MacBook」とデスクトップパソコンの「iMac」に分けられます。

MacBookを使用している方は、外付けモニターと接続することで作業画面を広げ、効率よく作業できるのがメリットです。
外出先ではノートパソコンとして、自宅ではデスクトップパソコンのように使用したい方におすすめです。

iMacを使用している場合は、サブ用モニターとして利用し作業範囲を拡張できるのがメリットです。
iMacのモニターと異なる特徴のモニターを必要とする方にもおすすめです。
画面サイズや解像度、液晶パネルの種類などさまざまな観点からニーズに適したモニターを入手できます。

なお、モニターが付属していないMac miniやMac Proの場合、外付けモニターは必須です。

 

hatta
hatta

Macでモニターを使用するメリットは生産性・作業効率の向上です!
大きな画面やデュアルディスプレイは作業効率を爆上げしてくれます!

 

 

Mac向けモニターの選び方

インターフェースの確認

Macが搭載しているインターフェースを確認しましょう。
多くのMacには出力端子として「Thunderbolt」が搭載されており、Thunderbolt 1と2は「Mini DisplayPort」を搭載したモニターと接続できます。

Thunderbolt 3を搭載している場合は、「USB Type-C」を搭載したモニターと接続でき、40Gbpsでの高速データ転送が可能です。
ほかに、一部のMacは「HDMIポート」を搭載しています。
多くのモニターがHDMIに対応しているため、たくさんの候補からニーズに合った製品を探せます。

また、HDMI2.0の場合は4Kや5Kの高解像度モニターにも映像を出力できるのが魅力です。

ほとんどのモニターはHDMI端子が備わっているので、変換ケーブルを使い接続するのも1つの方法です。
基本的には映像出力端子の規格をMacとモニターで揃えて接続しますが、必要に応じて両端の端子が異なる変換ケーブルや変換アダプターを使用することも検討してみてください。

 

・Thunderbolt 1、2:Mini DisplayPort(変換:Mini DisplayPort←→HDMI)
・Thunderbolt 3:USB Type-C(変換:USB Type-C←→HDMI)

 

画面サイズを確認

作業効率を向上させる目的で選ぶなら、基本的には画面サイズの大きなモニターがおすすめです。
広々とした作業画面で複数のディスプレイを同時に開き、マルチタスクで快適に作業を行えます。
ただし、設置場所に対して大きすぎると目線を移動させる距離や回数が増えてしまい、使いにくくなるので注意が必要です。

そのため、事務机程度の奥行なら最大27インチ、モニターまでの距離が80cm以下となる場合は最大24インチを目安にしてみてください。
また、デスクワークやウェブ閲覧など比較的近い距離で画面を視認する場合も、23〜27インチのモニターがおすすめです。

 

解像度をチェック

現在ラインナップされているモニターは、解像度が1920×1080のフルHDが主流です。
製品の数が多いため、条件に適したモデルを見つけやすいのもメリットです。
より精細で臨場感のある映像表示を必要とする場合は、2560×1440の2Kや3840×2160の4Kもおすすめです。

また、なかには5120×2880の5Kで映像を表示できるモニターも存在します。
Thunderbolt 2や3を搭載したMacなら4K出力に対応しているモデルも多いので、手持ちのMacが可能な解像度の出力を確認し、検討してみてください。

 

高さや角度の調節の有無を確認

モニターのなかにはスタンドの高さや角度を調節できるモデルが存在します。
モニターを目線と水平になる位置へ設置することで、よい姿勢で快適に作業を行うことが可能です。
そのため、長時間作業を行う方やパソコン作業で体が疲れやすい方におすすめです。

また、モニターを90°回転させると自動で縦表示に切り替える「ピボット機能」も要確認です。
ウィンドウを縦に表示できるので、縦に長いサイトを閲覧したり多くのファイルをチェックしたりする際に、スクロールの労力を軽減して便利に使えます。

 

hatta
hatta

「インターフェース」「画面サイズ」「解像度」「高さや角度の調節の有無」の4点がMac向けモニターを選ぶ際に重要なポイントです。

 

 

Mac向けモニターのおすすめ5選

上記でMac向けモニターの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!自称PCモニターマニアの筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したMac向けモニターを5つ紹介します!

 

ASUS ゲーミングモニター VG258QR

ASUS ゲーミングモニター VG258QR」はゲーミング用途におすすめのモニターです。
0.5msの高速応答速度を可能とした液晶パネルを使用しており、レースゲームといった動きのはやい映像を出力する際に発生しやすい残像感を抑えられます。
また、165Hzのリフレッシュレートに対応し、滑らかな映像を楽しめるのが魅力です。

メーカー独自の「GamePlus機能」もポイントのひとつです。
敵への照準を画面上に表示することで、FPSゲームなどを有利に進められます。
さらに、高さ・左右の角度に加え、モニター自体が90°に回転するため、画面を見やすいよう自由に調節できるモデルです。

ただし、MacBookを使用している方は、USB Type-C変換アダプターを用意する必要があります。

 

・インターフェース:HDMI1.4×1、DVI-D×1、DisplayPort1.2×1
・画面サイズ:24.5インチ
・解像度:1920×1080 フルHD
・高さや角度調節機能:有

 

 

Acer AlphaLine KA240HBMIDX

Acer AlphaLine KA240HBMIDX」は豊富なインターフェースを備えたモニターです。
HDMI・DVI-D・ミニD-Subに対応しており、ノートパソコンやデスクトップパソコンなど複数のデバイスに接続し、切り替えながら使用できます。
ただし、MacBookにつなげる際には、USB Type-C変換コネクタが必要となるため留意しておきましょう。

鮮明な映像を楽しめるのも本製品の特徴で、フルHD解像度のディスプレイを採用し、細かい部分まで美しく映し出せます。
さらに、「ブルーライトフィルター機能」を搭載しており、50~80%で4段階の調節可能です。

 

・インターフェース:HDMI1.4×1、DVI-D×1、ミニD-Sub×1
・画面サイズ:24インチ
・解像度:1920×1080 フルHD
・高さや角度調節機能:無

 

 

LG Electronics モニター 27UK850-W

LG Electronics モニター 27UK850-W」は画面への没入感を高められるモニターです。
1.3mmのフレーム幅に加え、上部・左右の非表示領域も8mm以下と狭いベゼルデザインを採用しています。
また、超解像技術によって低解像度の映像などを出力した際に発生しやすいボヤケを抑え、不自然さを取り除けるのが魅力です。

USB Type-Cポートを備えています。映像信号・電源供給・データ転送をケーブル1本で可能としており、デスク周りをスッキリできます。
さらに、 ティアリングやスタッタリングを軽減する「AMD FreeSyncテクノロジー」や、映像信号の転送ラグを抑える「DASモード」などを搭載し、ゲーミング用途にもおすすめのモデルです。

 

・インターフェース:HDMI2.0×2、DisplayPort1.2×1、USB Type-C×1
・画面サイズ:27インチ
・解像度:3840×2160 4K
・高さや角度調節機能:有

 

 

Dell デジタルハイエンドシリーズ 27インチ4Kモニタ- U2720QM

Dell デジタルハイエンドシリーズ 27インチ4Kモニタ- U2720QM」はVESA策定の「DisplayHDR」に準拠した4Kモニターです。
液晶パネルには広視野角なIPS方式を採用していますし、映像入力端子にはHDMIとDisplayPortに加え、USB Type-Cが搭載されています。
映像出力・音声出力・給電をケーブル1本で行えるのが魅力です。

モニターアームや壁掛けでの設置が可能な「VESA規格」にも対応しています。
また、画面を縦に90°回転させられる「ピボット機能」を搭載しているのもポイントです。
縦に長いWebサイトの閲覧やプログラミングなどで役立ちます。

背面にはケーブルをまとめられるスロットを搭載しています。
管理ソフト「Dell Display Manager」をダウンロードすれば、パソコン上でさまざまな設定を行えるので便利です。

 

・インターフェース:HDMI2.0×1、DisplayPort1.2×1、USB Type-C×1
・画面サイズ:27インチ
・解像度:3840×2160 4K
・高さや角度調節機能:有

 

 

Philips USB-C ドック搭載液晶モニター 328P6VUBREB/11

Philips USB-C ドック搭載液晶モニター 328P6VUBREB/11」は自然な色彩を楽しめるモニターです。
広範囲の色を再現する「Ultra Wide Colorテクノロジー」を採用しており、動画やゲーミングなどで鮮明な映像を楽しめます。
また、実物に近いカラフルな表現を可能とする「HDR」に対応し、細部まで再現性を高められるのが魅力です。

USB Type-Cケーブル1本での接続が可能です。
映像信号・電源供給・データ転送をまとめて行えるため、デスク周りを広く使いたい方におすすめです。
そのほかにも、HDMI・DisplayPortを搭載しており、WindowsやMacBookに限らず、さまざまなデバイスからの映像出力を行えるモデルです。

 

・インターフェース:HDMI2.0 x2、Display Port1.4 x1、USBType-Cx1
・画面サイズ:31.5インチ
・解像度:3840×2160 4K
・高さや角度調節機能:有

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したMac向けモニターです!
個人的には4Kタイプのものがおすすめですが、用途に合わせて選ぶことが重要です!

 

 

モニター(画面)の大きさは生産性や作業効率に直結

以上がMac向けモニターの選び方とおすすめ5選の解説でした。
モニター(画面)の大きさは生産性や作業効率に直結します!
大きな画面やデュアルディスプレイは間違いなく生産性や作業効率を爆上げしてくれます!
Macはモデルによって搭載しているインターフェースが異なるため、モニターを選ぶ際はインターフェースを確認することが重要です。
是非、自分お環境に合ったモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

大きな画面やデュアルディスプレイは間違いなく生産性や作業効率を爆上げしてくれます!
外部ディスプレイに課金する価値は私が保証します!

 

Mac用キーボードおすすめ7選!純正・社外で厳選モデルをピックアップ!

Mac用キーボードおすすめ7選!純正・社外で厳選モデルをピックアップ!
Macに最適化されたキーボードは多くはありません。 純正のキーボードを使用している人も多いと思いますが、社外品のキーボードを選択肢にするのもおすすめです。 純正キーボードにはない便利な機能が搭載されていたり、好みの打鍵感のモノが選べたりとメリットも豊富です。 筆者が厳選したMac用おすすめキーボード7選を紹介します!
PC
hattablog
タイトルとURLをコピーしました