軽量タープの選び方とおすすめ5選!キャンプやツーリング、登山に!ソロキャンにも!

アウトドア

軽量タープは軽量かつコンパクトで持ち運びに優れているアウトドアアイテムです。
設営するだけで手軽に屋外で快適空間を作ることができます。
軽量でキャンプはもちろん、登山やツーリングにもおすすめです。
そこで、軽量タープの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

軽量タープのおすすめは?

軽量タープの選び方は?

 

・軽量タープとは
・軽量タープの選び方
・軽量タープのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

軽量タープの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めば軽量タープで迷うことはなくなります!

 

 

登山テントの選び方とおすすめ5選!軽量で設営簡単!1~2人用などコスパモデルも!

登山テントの選び方とおすすめ5選!軽量で設営簡単!1~2人用などコスパモデルも!
登山テントはコンパクトかつ耐久性や防水性に優れているテントです。 登山テントは荷物を圧迫しないように、小型化・軽量化が施されているのが特徴です。 登山だけでなく、キャンプなどのレジャーにも使用することができます。 そこで、登山テントの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

軽量タープとは

キャンプ場などで日差しを遮るために設営するタープのなかでも、特に軽いモノを「軽量タープ」といいます。
重さによる定義はありませんが、携帯性を重視する場合は3kg以下を目安に選びましょう。

1kg前後までの軽量タープなら、カバンに入れたりバイクで積んだりしても負担になりません
軽くてコンパクトでも、テントの前に設営してリビングを作ったり夏場の暑さをしのいだりできるので、アウトドアやキャンプには欠かせないアイテムです。

また、ヘキサタープやスクエアタープ、自立式タープなどさまざまな形状があり、種類によっても重さがそれぞれ異なります。
骨組みのパーツが少なく、生地の面積も小さいヘキサタープやスクエアタープが比較的軽量です。

 

hatta
hatta

軽量タープは軽量で設営簡単なタープです!
アウトドアで日陰を作り出すために欠かせないアイテムです!

 

 

軽量タープの選び方

サイズを確認

軽量タープを快適に使用するためには、使用する人数に合わせて長さや幅を選ぶことが大切です。
コンパクトなサイズや、ゆとりある広さのワイドサイズなどがあるので、使用シーンに合わせて選ことが重要です。

 

耐水性を確認

雨が降ってきたときにタープ中に入って雨をしのげるかどうかも重要です。
タープの生地がどれだけの水圧に耐えられるかを表す「耐水圧」の数値を必ず確認しておきましょう。

耐水圧が高すぎると通気性が悪くなるため、1000~1500mm程度が目安です。
壁がないヘキサタープやスクエアタープは通気性がよいため、耐水圧が2000mm以上のモノもおすすめです。

ただし、耐水圧が高いモノほど価格が高くなることも把握しておきましょう。
耐水圧が高くなくても生地に撥水加工が施されていればある程度の雨をしのげるため、使い勝手のよさなどのバランスを考えて選ぶことが大切です。

 

収納サイズと重さを確認

キャンプで問題になるのが荷物の量と重さです。
特にソロキャンプやツーリングキャンプの場合は、荷物が多いと移動が大変になります。
軽量タープは軽いだけでなく収納サイズも小さいので、楽に持っていけるのが魅力です。

 

hatta
hatta

「サイズ」「耐水性」「収納サイズと重さ」の3点が軽量タープを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

軽量タープのおすすめ5選

上記で軽量タープの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ちょっとしたツーリングやキャンプなど必ず軽量タープを装備していく筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した軽量タープを5つ紹介します!

 

snow peak ライトタープ ペンタ シールド STP-381

snow peak ライトタープ ペンタ シールド STP-381」はソロキャンプに適したモノを探している方におすすめの製品です。
センタートップに1本のポールを立てて自立させるワンポールタイプで、本体の重さが790gと軽く、収納ケースに入れても幅32×奥行9×高さ20cmとコンパクトなので楽に持ち運びができます。
バイクに積むのにも最適です。

設営するとユニークな変形五角形になり、見た目がおしゃれなのも魅力です。
シールド加工とUV加工を施しており、遮光性が高いので暑い日でも快適に過ごせます。
夏場はシュラフがあれば、テント替わりとしても使えるので便利です。
テフロン撥水加工が施されており、耐水圧も1800mmと高いので急な雨でも安心です。

 

・サイズ:400×320×150cm
・耐水性:1800mm
・収納サイズと重さ:32×9×20cm 790g

 


 

mont-bell ミニタープHX #1122474

mont-bell ミニタープHX #1122474」は収納時の重さが870gと軽量なモンベルのタープです。
収納バックに入れると直径12.5×高さ23cmとコンパクトになるので、ソロキャンプで荷物を減らしたい方やツーリングでバイクに積みたい方に適しています。

付属のメインポールだけでも十分な居住空間を作れますが、別売のポールを組み合わせるとさらに広い空間を作ることが可能です。
短いポールのみを使って低く設営すれば、プライバシーが守れるテントのような空間になります。
耐水圧は1500mmで難燃加工も施されているのが魅力です。

 

・サイズ:338×280×165cm
・耐水性:1500mm
・収納サイズと重さ:13×13×23cm 870g

 


 

UNIFLAME REVOタープ solo TAN 682050

UNIFLAME REVOタープ solo TAN 682050」はユニフレームのタープは、一人用ながら広い空間を作り出せるのが特徴です。
3m前後に広げて設営できるので、2~3人で日よけとして使ったり食事をしたりするのにも最適です。
ツーリングでソロキャンプに行く場合は、バイクをタープの下に入れて夜を過ごせます。

収納サイズは幅約40×奥行15×高さ15cmとコンパクトなので、バイクの荷台に積むことも可能です。
シートのみの重さが1.1kgと軽く楽に扱えます。
UV-CUTコーティングとテフロン撥水処理が施されており、耐水圧も1800mm以上あるので、強い日差しや急な雨にも対応可能です。

 

・サイズ:310×350×180cm
・耐水性:1800mm
・収納サイズと重さ:40×15×15cm 1100g

 


 

FIELDOOR スクエアタープ

FIELDOOR スクエアタープ」は手のひらに乗るほどのコンパクトサイズに収納できる軽量スクエアタープです。
サイズは280×280cm、重さは1300gと軽量です。
バックパックひとつでソロキャンプをしたり、ツーリングしたりしたい方におすすめです。
ループベルトは16ヶ所あるため、ロープやポールの設置次第でさまざまな張り方を楽しめます。

タープの生地にはUVカットコーティングを施してあるので、暑い日差しを遮りやすいのが特徴です。
耐水圧は1500mm以上と高いので、雨を防げます。
設営に必要なロープやペグ、持ち運びに便利なキャリーバッグが付属されているのもポイントです。

 

・サイズ:280×280cm
・耐水性:1500mm
・収納サイズと重さ:14×25cm 1300g

 


 

Aqua Quest タープ 3x2m Safari

Aqua Quest タープ 3x2m Safari」は圧縮して折りたたむと幅10×奥行9×高さ×9cmとコンパクトサイズになり、重さが600gと軽いのが魅力の製品です。
2~3人で使うのにおすすめです。

防水性、耐水性、防風性を備えているため、さまざまな天候下で使えるのがポイントです。
センターからも吊るせるように中心にループがあり、好みの形に変えて設営できます。
山の風景にしっくり馴染むオリーブカラーもおしゃれ。耐久性も高いので長く愛用できます。

 

・サイズ:300×200cm
・耐水性:1800mm
・収納サイズと重さ:10×9×9cm 540g

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している軽量タープです!
軽量タープはアウトドアはもちろん、ツーリングなどにも使用できる頼りになるアイテムです!

 

 

軽量タープは1つは持っておいて損はないアイテム

以上が軽量タープの選び方とおすすめ5選の解説でした。
軽量タープは軽量かつコンパクトで持ち運びに優れているアウトドアアイテムです!
設営するだけで手軽に屋外で快適空間を作ることができます!
軽量でキャンプはもちろん、登山やツーリングにもおすすめです!
軽量タープはキャンプやアウトドアする方は1つは持っておいて損はないアイテムです!
また、様々なアレンジをして使用できる自由度の高さも魅力です!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

軽量タープはキャンプやアウトドアする方は1つは持っておいて損はないアイテムです!
様々なアレンジをして使用できる自由度の高さも魅力です!

 

 

吊り下げ式ハンモックの選び方とおすすめ5選!キャンプなど屋外や室内でも使用可能!ベランダにも!

吊り下げ式ハンモックの選び方とおすすめ5選!キャンプなど屋外や室内でも使用可能!ベランダにも!
吊り下げ式ハンモックは木や柱に引っ掛けて使う吊り下げ式のハンモックです。 スタンドが必要ないため、軽量で荷物を減らしたいキャンプやトレッキングなどのアウトドアシーンにおすすめのアイテムです。 自立式ハンモックと比べ価格が安いのも魅力です。 そこで、吊り下げ式ハンモックの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました