軽量ノートパソコンの選び方とおすすめ5選!薄型でハイスペックモデルを紹介!

ガジェット

軽量ノートパソコンはノートパソコンの中でも小型軽量が特徴のパソコンです。
薄型のものが多く、小型軽量で持ち運びしやすいのがメリットです。
ゲームや動画編集などクリエーターでも満足できるモデルも多く存在します。
そこで、軽量ノートパソコンの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

軽量ノートパソコンのおすすめは?

軽量ノートパソコンの選び方は?

 

・軽量ノートパソコンとは
・軽量ノートパソコンの選び方
・軽量ノートパソコンのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

軽量ノートパソコンの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めば軽量ノートパソコンで迷うことはもう無くなります!

 

 

高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選!動画編集やゲーム、クリエーターに!

高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選!動画編集やゲーム、クリエーターに!
ノートパソコンは低価格路線とハイスペック仕様の2極化が進んでいます。 ハイスペック仕様なノートパソコンは動画編集やゲーム、クリエーターにも十分対応できる高性能さが魅力です。 さらに最近のモデルは軽量かつコンパクトになっているのもポイントです。 そこで、高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

軽量ノートパソコンとは

軽量ノートパソコンとは、持ち運びに適しており小型軽量のノートパソコンです。
目安としては重量は約1.3kg以下、14インチ以下のモデルを指します

ゲームや動画編集などを行えるハイスペックモデルからコストパフォーマンスに優れたエントリーモデルなど、様々なモデルがラインナップされています。

家の中はもちろん、出先でもストレスなく持ち運ぶことが可能で、使用することができます。

 

hatta
hatta

軽量ノートパソコンは小型軽量で持ち運びしやすく、家の内外問わず使用できます!
テレワークなど働き方が変わる現代でキーアイテムです!

 

 

軽量ノートパソコンの選び方

重量を確認

軽量ノートパソコンを選ぶ際は、持ち運びにストレスを感じない1.3kg以下のモデルを中心に検討するのがおすすめです。
なかには、1kg以下の超軽量タイプも販売されています。

基本的に画面サイズが大きくなるほど重量も重くなるので、用途に応じて両者のバランスを考慮することも大切です。
軽量ノートパソコンを入手するなら、ぜひ重量を優先して確認してみてください。

 

CPUを確認

CPUとはパソコンの処理性能を決める重要な部品です。
人体でいうと頭脳に例えられ、一般的にクロック周波数(GHz)が高いCPUほど処理性能が高いのがポイントです。
ただし、CPUの性能は周波数だけではなくコア数やスレッド数も影響します。

コアとはCPUのなかに含まれ、実際に処理を担当する中央処理ユニットのことです。
コア数が増えるほど、処理を分担して行えるので、複数の作業を同時に進めた場合でも快適に作業が可能です。
また、コアをさらに細分化したものがスレッドですが、スレッド数が多いほどより多くの作業を同時にこなせます

大半のパソコンにはインテル社のCPUが搭載されていますが、Core m3・Core i5・Core i7・Core i9の順にクラスが上がり、処理速度がより向上します。
高性能ノートパソコンの場合、写真編集やブログ更新、ビジネス用途が主ならCore i5でも十分です。
大量の写真編集や本格的な映像制作、3Dデザイン制作を行いたい方はCore i7以上のCPUを搭載したモデルをチェックしておきましょう。

 

GPUを確認

GPUはパソコン内の描画に関わる部品です。
通常パソコンにおけるデータ処理の大半にはメモリが使用されますが、描画に関する処理はデータ容量が膨大なため、メモリとは別に描画専用の処理ユニットであるGPUを設けることで、パソコン全体にかかる負荷を軽減しています。

通常のノートパソコンにおけるGPUはCPU内に簡易的なモノが搭載されていることがありますが、高性能ノートパソコンにはそれとは別に独立したGPUが搭載されていることがほとんどです。
CPUに内蔵されたタイプよりも処理容量が多いため、動画編集やゲームを快適に楽しめます。

独立GPUは米国のNVIDIA社が開発した「GeForce」とAMD社の「Radeon」が一般的です。
動画編集やゲームが主な用途の場合は、最低4GB以上の容量を備えた独立GPUを搭載した高性能ノートパソコンがおすすめです。

 

メモリ容量を確認

メモリは作業領域の広さを決める部品で、作業中に使用しているデータの一時保管場所として使われています
よく作業デスクの広さに例えられ、メモリの容量が増えるほど作業デスクが広くなるイメージです。

容量の多いメモリでは一度に多くのデータを同時に処理できるのが特徴です。
高性能ノートパソコンの場合、メモリ容量に関しては最低8GB、可能であれば16GBを選ぶのがおすすめです。
マルチタスクで書類作成やクリエイティブ作業を快適に進めたい場合は8GB以上が必須となります。

なお、高性能ノートパソコンを長期にわたって使用したい場合はメモリを後から増設できるかも確認しましょう。
パソコンの処理速度が遅くなった場合はメモリ容量を追加することで改善する場合がありますが、増設が不可な機種もあるので注意しておきましょう。

 

ストレージの種類と容量を確認

ストレージとは画像や動画、ソフトウェアなどありとあらゆるデータを保存する装置のことです。
メモリがデータの一時的な取置場所であったのに対し、ストレージはデータの長期にわたる保管場所として使用されます。

高性能ノートパソコンのストレージに使用される記録メディアには主にHDDとSSDの2種類あります。
HDDは容量当たりの単価が安いので、大容量でもリーズナブルな価格で購入できますが、処理速度が遅いことや衝撃に弱いのがデメリットです。

一方、SSDはHDDと比べて処理速度が速く、静音性に優れているのが特徴です。
ただし、容量当たりの価格はHDDより高いので、その点は留意しておきましょう。

ストレージの容量は最低でも256GB以上がおすすめです。
大量の写真データを管理するのはもちろん、動画編集を頻繁に行う場合は512GBまたは1TBの容量を目安にしましょう。

 

hatta
hatta

「重量」「CPU」「GPU」「メモリ容量」「ストレージの種類と容量」の5点が軽量ノートパソコンを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

軽量ノートパソコンのおすすめ5選

上記で軽量ノートパソコンの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ノートパソコンを買う際、軽量ノートパソコンじゃないと購入の選択肢に入らない筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した軽量ノートパソコンを5つ紹介します!

 

Fujitsu FMV LIFEBOOK UH75/D2

Fujitsu FMV LIFEBOOK UH75/D2」は第8世代のIntel Core i5プロセッサを採用した13.3インチの軽量ノートパソコンです。
重量が約758gと軽量で持ち運びやすいのが魅力です。
コンパクトながらも入力しやすいフルサイズのキーボードを搭載しているため、外出先でも快適に作業ができます。

8GBのメモリと256GBのSSDストレージを搭載しているのが特徴です。
PCを高速で起動できるだけでなく、マルチタスクなどもスムーズにこなせます。
フルHD画質に対応したWEBカメラも備えているので、作業をしながらのリモート会議などにも対応可能です。

豊富なインターフェースを備えているのもポイントです。
USB Type-Aポートが2基、Type-Cポートが2基、HDMIポートが1基と、モニターをはじめとしたさまざまな機器に接続できます。
有線LANポートも搭載しているため、高速なインターネット通信も可能。軽量ながらも機能性に優れたおすすめのモデルです。

 

・CPU:Core i5
・GPU:Intel(内蔵GPU)
・メモリ容量:8GB
・ストレージの種類と容量:SSD(256GB)

 

 

NEC LAVIE Pro Mobile PM750

NEC LAVIE Pro Mobile PM750」はマルチタスク環境で使用する頻度が多い方におすすめの軽量ノートパソコンです。
第10世代のインテルCore i7プロセッサを実装しており、負荷のかかる作業もスピーディにこなせます。
ストレージには512GBのSSDを採用しているため、一般的なビジネス用途なら容量不足に悩むことはまずありません。

ロングライフバッテリーを搭載しているのも本モデルの特徴です。
フル充電で約24時間も駆動することが可能です。
1泊程度の出張であればACアダプターを一緒に持ち運ぶ必要がなく、外出時の荷物を最小限に抑えられます。

また、充電にかかる時間も2.3時間ほどと短いため、ちょっとした空き時間が利用できるのも便利です。

 

・CPU:Core i7
・GPU:Intel(内蔵GPU)
・メモリ容量:8GB
・ストレージの種類と容量:SSD(512GB)

 

 

ASUS ZenBook S13 UX392FN-8565

ASUS ZenBook S13 UX392FN-8565」はフルHD表示が可能な13.9インチの液晶を搭載した製品です。
Core i7プロセッサと独立したGPUを採用しているのが特徴です。
NVIDIAの「GeForce MX150」を搭載しているため、動画編集など負荷のかかる作業にもしっかりと対応できます。
クリエイターの方にもおすすめの軽量ノートパソコンです。

狭額ベゼルを採用したボディは従来モデルと比較して約12.5%も小型化を実現しています。
約1.16kgと軽量なのに加え薄型のスタイリッシュなデザインを採用しているので、カバンやリュックの中でもかさばらず簡単に持ち運ぶことが可能です。

 

・CPU:Core i7
・GPU:NVIDIA GeForce MX150
・メモリ容量:16GB
・ストレージの種類と容量:SSD(512GB)

 

 

HP Elite Dragonfly 7WK10AV-APUZ

HP Elite Dragonfly 7WK10AV-APUZ」はタブレットにもなる2in1タイプの軽量ノートパソコンです。
オフィスではノートブックモード、移動中はタブレットモードとシーンに合わせて使い分けたい方におすすめのモデルです。
ほかにも、テントモードやメディアモードに切り替えることが可能で、プレゼンやビデオ会議など画面に集中したいシーンで活躍します。

16.5時間動作するロングライフバッテリーを搭載しているのも特徴です。
コンセントのない場所でも電池残量を気にせず安心して使うことが可能です。
日帰りの出張程度であればACアダプターを持ち歩く必要もありません。

 

・CPU:Core i7
・GPU:Intel(内蔵GPU)
・メモリ容量:16GB
・ストレージの種類と容量:SSD(512GB)

 

 

Razer Blade Stealth 13 GTX

Razer Blade Stealth 13 GTX」は小型コンパクトでゲームにおすすめの高性能ノートパソコンです。
本体サイズが幅30.46×奥行き21.0×厚さ1.53cmで、重量が約1.4kgと持ち運んでゲームを楽しめます。
本製品には4つのスピーカーを内蔵しており、ゲームの戦闘シーンでは迫力あるサウンドを再現します。

13.3インチのディスプレイはタッチスクリーンに対応しています。
解像度は3840×2160ドットと高精細で、ゲームのシーンを細部まで表現できます。
携帯性を兼ね備えたおすすめの高性能ノートパソコンです。

 

・CPU:Core i7
・GPU:NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti
・メモリ容量:16GB
・ストレージの種類と容量:SSD(512GB)

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選した軽量ノートパソコンです!
どこへでも持ち運びでき、場所に縛られず使えるのが魅力です!

 

 

軽量ノートパソコンは作業効率・生産性を爆上げする

以上が軽量ノートパソコンの選び方とおすすめ5選の解説でした。
軽量ノートパソコンは薄型小型軽量で、どこへでもストレスなく持ち運びできるアイテムです!
最近のモデルは単に軽いだけでなく、全体的なスペックも高いので、ストレスなく作業することができます。
ゲームや動画編集などクリエーターにもおすすめのモデルも多くラインナップされています!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

軽量ノートパソコンは1台あると作業効率・生産性を爆上げするこれからのマストアイテムです!
軽量ノートパソコンに投資する価値は私が保証します!

 

 

ワイヤレス静音マウスの選び方とおすすめ5選!音が気になりやすい場所で便利!

ワイヤレス静音マウスの選び方とおすすめ5選!音が気になりやすい場所で便利!
マウスはパソコン作業に欠かせないアイテムです。 図書館やカフェなど静かな場所で作業するときはカチカチとクリック音が気になるものです。 自分では気にならなくても、知らず知らずのうちにマウスの音で周りを不快にさせている恐れもあります。 そんな時に便利なのが静音マウスです。 そこでワイヤレス静音マウスの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

タイトルとURLをコピーしました