LED懐中電灯の選び方とおすすめ5選!キャンプや登山などのアウトドア、普段遣いや防災にも!

アウトドア

LED懐中電灯は長寿命で暗い場所を明るく照らせる便利なアイテムです。
点滅機能や調光、防水機能など便利な機能が搭載されています。
キャンプや登山などのアウトドアはもちろん、普段遣いや防災の備えとしてもおすすめです。
そこで、LED懐中電灯の選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

LED懐中電灯のおすすめは?

LED懐中電灯の選び方は?

 

・LED懐中電灯の特徴
・LED懐中電灯の選び方
・LED懐中電灯のおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

LED懐中電灯の選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばLED懐中電灯で迷うことはもう無くなります!

 

 

電池式LEDランタンの選び方とおすすめ5選!キャンプや防災で大活躍

電池式LEDランタンの選び方とおすすめ5選!キャンプや防災で大活躍
LEDランタンは調色・調光機能や充電機能など、機能性に優れたモデルが数多く存在し、使い勝手のよさで人気を集めています。 火を使わないので安全性が高く、キャンプはもちろん、防災用としても最適で、家庭に1つ常備しておくと便利なアイテム(ガジェット)です。 そこで、電池式LEDランタンの選び方とおすすめ5選を解説します!

 

 

LED懐中電灯の特徴

  • 長寿命
  • 調光・点滅機能
  • 防水機能

白熱電球は一般的に1000~2000時間ほどと言われていますが、LEDは40000〜50000時間と比較にならないくらい長寿命です。
災害時などに自分の居場所を知らせる際は光を点滅させることが有効です。
LEDは光を点滅させたり、光量を調節することも容易にできるため、災害時などに役立ちます。
また、調光や点滅は省電力効果があり、より長い時間使用することができるのもメリットです。

LEDの大きなメリットは、防水機能を持たせやすい点です。
様々な状況でも安心して使えるため、災害時やアウトドアに使いやすいです。

 

hatta
hatta

LED懐中電灯のの特徴は「長寿命」「調光・点滅機能」「防水機能」の3点です!
防災やアウトドアツール、日常使用としても1つは持っておきたいアイテムです!

 

LED懐中電灯の選び方

明るさを確認

LED懐中電灯はモデルによって明るさが異なり、光の量は「ルーメン(lm)」という単位で表記されるのが一般的です。
ルーメンの数値が大きいほど明るく、遠くまで照らせます。
ただし、光源近くの光量が多すぎると、視界のフラッシュ効果により足元や手元が見えにくくなる場合もあるため注意が必要です。

手元や足元を照らすだけの目的なら、50~100ルーメン程度の明るさを備えたモノで十分です。
防災用や普段使い用としておすすめです。
50m以上先を明るく照らしたい場合は、200ルーメン以上の強力な照射力が必要です。
普段使いはもちろん、キャンプや登山など本格的なアウトドアを楽しむ際にも活躍します。

 

電源の種類を確認

電池式:入手しやすく充電の必要がない

電池式のLED懐中電灯は、単1~4形乾電池を電力として使用するタイプです。
電池切れの際は交換が必要でコストがかかる一方、常備しておけばすぐに点灯できて便利
また、仮に備蓄がない場合でも、コンビニやドラッグストアで手軽に入手しやすいのがメリットです。

ただし、乾電池には使用期限があるので要注意です。
特に、古い乾電池を機器本体に入れたままにしておくと、液漏れで故障の原因にもつながるため気をつけましょう。
なかには、「10年後でも使える」と謳われる長期保存が可能な電池もあるので、チェックしてみてください。

 

充電式:コストがかからない

USB端子を搭載し、パソコンやモバイルバッテリーと接続して充電できるタイプです。
製品によっては、ソーラー発電や手回しで充電できるモデルもあります。
乾電池と異なり、交換する手間を省けるのがメリットです。
購入後のコストをなるべく減らしたい場合にも重宝します。

ただし、時間の経過により少しずつ放電してしまうのは懸念点です。
満充電しても、しばらく使用しない間に充電がなくなる場合もあります。
防災用として備えるのであれば、定期的に充電しておくのがおすすめです。

なお、キャンプなどアウトドアで使用する場合は、モバイルバッテリーを用意しておくと突然の充電切れにも対応できて便利です。
手回しで充電するタイプなら、災害時などで電源を確保できないときに役立ちます。

 

防水機能を確認

アウトドアでの使用が前提なら、防塵・防水機能を備えているかも確認しておきましょう。
防水性能は「IP」で表示されるのが一般的です。
例えば、「IP68」と記載されていれば左の「6」が防塵性能を、右の「8」が防水性能を表し、数値が大きいほど防塵性や防水性も高いと判断できます。

キャンプや釣り、登山など天候の急激な悪化が心配な状況では、IP56以上の防塵・防水性を備えたモデルがおすすめです。
IP68の性能を備えたモノなら、水没しても故障しにくく安心です。
メーカーによっては、「防滴仕様」などの簡易な表現で防水性能を表している場合もあります。

防水内容
IPX0保護されていない
IPX1鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX2鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX3鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX4あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない
IPX5あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
IPX6あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない
IPX7一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない
IPX8IPX7よりも厳しい条件で水没しても内部に浸水しないもの

 

点滅機能の確認

点滅機能を備えたLED懐中電灯なら、自分の居場所を周囲に伝えられて便利です。
点滅を繰り返すことにより、遠くからでも目立ちやすいのが特徴です。

点滅機能は、災害時のSOS緊急信号としても活躍可能します。
万が一身動きできなくなった場合や孤立したときに、すばやく発見してもらえる可能性が高まります。

 

hatta
hatta

「明るさ」「電源の種類」「防水機能」「点滅機能」の4点がLED懐中電灯を選ぶ際に重要なポイントです!

 

LED懐中電灯のおすすめ5選

上記でLED懐中電灯の選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!自称LED懐中電灯マニアの筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したLED懐中電灯を5つ紹介します!

 

GENTOS LED 懐中電灯 閃シリーズ FLP-1806

GENTOS LED 懐中電灯 閃シリーズ FLP-1806」はIP67相当の防塵・防滴性能を備えた汎用性の高いLED懐中電灯です。
水深1m程度であれば水中でも照らせると謳っているのが特徴です。
電源は電池式を採用しており、単3形乾電池2本で最大約11時間の連続使用できます。

ヘッド部分を前後にスライドすることで、広範囲を照らせるワイドビームと狭い範囲を集中的に照らせるスポットビームを無段階で切り替え可能です。
利用シーンに応じて適した照射ができます。
幅広いシーンで使える汎用性の高いLED懐中電灯を探している方におすすめです。

 

・明るさ:200ルーメン
・電源の種類:電池(単3形乾電池2本)
・防水機能:IP67
・点滅機能:無

 


 

GENTOS LED懐中電灯 GF-013DG

GENTOS LED懐中電灯 GF-013DG」はコンパクトで携帯性に優れたLED懐中電灯です。
電源は電池式を採用しており、単3形乾電池2本で最大約10時間の連続使用できます。

IP67相当の防塵・防水性能を備えており、水中でも照射可能です。
屋外でのキャンプやバーベキューなどアウトドアシーンにもおすすめです。
また、落下耐久も2mと謳っており、優れた耐久性を備えています。

照射角度を調節できるビルトインフォーカスコントロールを搭載しているのも魅力です。
広範囲を照らしたいシーンとピンポイントで照らしたいシーンで使い分けられます。

 

・明るさ:140ルーメン
・電源の種類:電池(単3形乾電池2本)
・防水機能:IP67
・点滅機能:無

 


 

GENTOS LED懐中電灯 マグナム MG-832D

GENTOS LED懐中電灯 マグナム MG-832D」は260ルーメンと十分な明るさを備えたLED懐中電灯です。
夜間の外出時はもちろん、街頭がない真っ暗な環境でもしっかり照らせるのが特徴です。
サイズもコンパクトで、手軽に持ち運べるのも魅力です。

広範囲を照らせるワイドと、ピンポイントで照らせるスポットをヘッド部分をスライドするだけで自由に調節可能です。
また、誤作動しにくいテールスイッチを採用しているのもポイントです。

電池式を採用しており、単3形乾電池2本で使用可能です。
高耐久かつ機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

 

・明るさ:260ルーメン
・電源の種類:電池(単3形乾電池2本)
・防水機能:IP66
・点滅機能:有

 


 

GENTOS LED懐中電灯 レクシード RX-186RS

GENTOS LED懐中電灯 レクシード RX-186RS」は最大800ルーメンの高輝度を実現するチップタイプ白色LEDを使用しているLED懐中電灯です。
専用リチウムイオン充電池を採用しているため、電池交換が不要で、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

また、約2mの落下耐久を備えていると謳っており、タフなつくりなのも魅力のひとつです。
さらに、IP66相当の防塵・防水性能も備えているので、アウトドアシーンなどでも安心して使えます。

ヘッド部分をスライドすることで照射角度を調節できるスライドフォーカスシステムを搭載しています。
コンパクトサイズで、携帯性に優れているのもポイントです。

 

・明るさ:800ルーメン
・電源の種類:充電式(専用充電池)
・防水機能:IP66
・点滅機能:無

 


 

Ledlenser P17R Core LEDフラッシュライト

Ledlenser P17R Core LEDフラッシュライト」はドイツで生まれたポータブルライト専門ブランド「レッドレンザー」が販売しているLED懐中電灯です。
1200ルーメンと十分な明るさがあり、アウトドアでの仕様も問題有りません。
IP54相当の防塵・防水構造を採用しており、雨のなかでも照らせるのが特徴です。
丈夫なポリアミド製ポーチを付属しているので、本体に擦り傷などがつきにくいのも魅力です。

遠距離照射が可能なリフレクターと、近距離照射が可能なレンズを一体化した独自の集光技術「アドバンスフォーカス」を採用しているのも魅力のひとつです。
光の分散ロスを抑えつつ、効率よく集光できるおすすめのモデルです。

・明るさ:1200ルーメン
・電源の種類:充電式(専用充電池)
・防水機能:IP54
・点滅機能:有

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているLED懐中電灯です!
キャンプやアウトドアや普段遣いはもちろん、防災の備えとしても役立ちます!

 

 

LED懐中電灯は1つは持っておいて損はないアイテム

以上がLED懐中電灯の選び方とおすすめ5選の解説でした。
LED懐中電灯は長寿命で暗い場所を明るく照らせる便利なアイテムです!
点滅機能や調光、防水機能など便利な機能もポイントです!
キャンプや登山などのアウトドアはもちろん、普段遣いや防災の備えとしてもおすすめです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

LED懐中電灯はタフな現状でも使用できるモデルも多くアウトドアなどにもおすすめです!
1つは持っておいて損はないアイテムです!

 

 

 

防災ラジオの選び方とおすすめ5選!災害やアウトドアで大活躍!

防災ラジオの選び方とおすすめ5選!災害やアウトドアで大活躍!
防災ラジオは災害時に情報を得る手段として重要なアイテムです。 電池がなくても手回し充電できるタイプやソーラー充電できるタイプのモデルもあります。 ライトが付いているものもあるので、災害時に備えておくと便利です。 そこで、防災ラジオの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました