MacBookやノートPCなどを出先で充電!おすすめのUSB-Cモバイルバッテリーを紹介!

ガジェット

テレワークやノマドワーカーなど場所を選ばず仕事をする時代でMacbookやノートPCを持って出先で仕事をする人も多いはずです。
外出先での電源は携帯に便利でパワフルなモバイルバッテリーが活躍します!
モバイルバッテリーの選び方と、USB-C対応のおすすめのモバイルバッテリーを紹介します!

 

この記事はこんな人におすすめです!

出先でMacBookなどノートPCを充電したい

MacBookやノートPCを充電できるモバイルバッテリーの選び方を知りたい

ノマドワーカーにおすすめのモバイルバッテリーは?

 

・USB-Cモバイルバッテリーの選び方
・MacBookやノートPCなどにおすすめのUSB-Cモバイルバッテリー

上記2点から解説します!

 

hatta
hatta

MacBookやノートPCも充電できるモバイルバッテリーの選び方やおすすめのモバイルバッテリーを紹介します!

 

MacBook/Air/ProにおすすめのUSB-C充電器3選を紹介!

MacBook/Air/ProにおすすめのUSB-C充電器3選を紹介!
MacBook/Air/Proユーザーのほとんどの方が、付属されているUSB-C充電器をお使いだと思います。 Apple純正のUSB-C充電器を見直すことで、さらにMacBookの充電環境が快適になり、生産性も上がります! 筆者が厳選した携帯性や充電性能が更に優れたMacbookにおすすめの充電器3選を紹介します!

 

USB-Cモバイルバッテリーの選び方

「USB PD」に対応したモバイルバッテリー

MacBookやノートPCをモバイルバッテリーで充電するには、「USB PD(Power Delivery)」という急速充電規格に対応しているモバイルバッテリーが必要です。

USB PDとは、裏表の区別がないUSB Type-C(以下USB-C)に対応する急速充電規格で、規格上最大100Wの充電が可能です。
MacBookやノートPCだけでなく、iPhoneやiPad、Androidなどのスマホ、ニンテンドースイッチなどもUSB-Cに対応しています。

USB PDによる急速充電を行うには、充電するデバイス側だけでなく、モバイルバッテリー(USB-C充電器)やUSB-CケーブルもUSB PDに対応する必要があります。
ただ、USB-Cに対応するからと言って、必ずしもUSB PDに対応するわけではないので注意してください。

つまりは、USB PDに対応したモバイルバッテリーとUSB-Cケーブルを用意すれば、MacBookやノートPCなどをを充電できるということです。

 

モバイルバッテリーの充電性能を確認

USB PDは規格上最大100Wの充電が可能です。
しかし、それはあくまでも「最大」で、選ぶモバイルバッテリーによって対応する出力W(ワット)数が異なります。
このW数の数字が大きければ大きいほど、高速に充電できます。
出力W数=モバイルバッテリーの充電性能という認識でOKです。
では「どれくらいのW数に対応するモバイルバッテリーを選べばいいの?」ということですが、結論、60〜100Wで充電できるものを選べば間違い無いです!
W数が大き方が高速で充電可能なので、作業効率や生産性から見てもメリットしかありません。

各MacBookモデルの純正のUSB-C充電器のW数は下記表のとおりです

付属USB充電器の出力MacBookモデル
29W/30WMacBook (2015 年以降に発売されたモデル)
MacBook Air (2018 年に発売されたモデル)
61WMacBook Pro 13 (2016 年以降に発売されたモデル)
87WMacBook Pro 15 (2016 年以降に発売されたモデル)
96WMacBook Pro 16 (2020 年以降に発売されたモデル)

 

充電ケーブルの規格

USB PDによる急速充電を行うには、USB PDに対応したUSB-Cケーブルも必要になってきます。
そのUSB PD対応USB-Cケーブルには「3Aケーブル」と「5Aケーブル」の2種類あります。
USB PDは規格上「最大100W(20V/5A)」の充電が可能です。
3Aケーブルだと最大が60W(20V/3A)が上限
60Wを超える充電を行う場合は、5Aケーブルが必要になってきます。
3Aケーブルだと充電できないわけではありませんが、せっかく60Wを超える出力に対応するモバイルバッテリーがあるのに、USB-Cケーブルがボトルネックとなって充電速度が出ないということになってしまうので注意が必要です
ケーブルは「5Aケーブル」を選んでおけば間違いありません!

筆者が使用している5A対応のUSB-Cケーブルを紹介しておきます。

 

 

 

hatta
hatta

以上がMacbookやノートPCも充電できるモバイルバッテリーの選び方です。
「「USB PD」に対応したモバイルバッテリー」「60〜100W対応のもの」「5Aケーブル対応のUSB-Cケーブル」この3点が大切になってきます!

 

MacBookやノートPCなどにおすすめのUSB-Cモバイルバッテリー

上記でMacBookやノートPCも充電できるモバイルバッテリーの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したモバイルバッテリーを2つ紹介します!

 

【RAVPower】RP-PB201

MacBook Proにおすすめの最大60W高出力モバイルバッテリー

【RAVPower】RP-PB201」はMacBook ProやハイスペックノートPCにも対応のおすすめの最大60W出力モバイルバッテリーです。
MacBook Proを充電するのであれば、最大60Wあれば安心です。
MacBook Pro 13なら付属のUSB-C充電器と同じ充電速度で充電できますし、MacBook Pro 15でも十分充電できるレベルです。
2020年式MacBook Pro 16は若干遅くはなりますが充電可能です!

容量は20,000mAhなので、MacBook Pro 13を1回フル充電できる程度です。
重量は約371.7gと軽量で、持ち運びにも向いています。

 

・20000mAhの大容量モバイルバッテリー
・USB PD対応USB-Cポート × 1(最大60W)
・QC3.0対応USB-Aポート × 1(最大18W)
・合計最大60W
・パススルー充電対応(本体を充電しながらの給電が可能)
・約151.7 × 66.7 × 22.2mm、約371.7g

 

 

【Less is More】Mighty 100

最大100Wの出力のモンスター級のモバイルバッテリー

【Less is More】Mighty 100」は最大100Wの出力を「単一のUSB-Cポート」で実現するモンスター級のモバイルバッテリーです。
100WのUSB-Cポートのほかに60WのUSB-Cポート、QC 3.0に対応したUSB-Aポートを2つ搭載しています。
あらゆる機器をフルスピードで同時に充電できます(合計最大105W)。
迷った時はこれを買っておけばまず間違いありません!
災害時など常備しておくと活躍間違いなしです!

筆者的にモバイルバッテリーはこれを持っていればなんとかなるという安心感があります。
外出先には必ず持ち歩いています。

 

・26800mAhの超大容量モバイルバッテリー
・USB PD対応USB-Cポート × 2(最大100W/60W)
・QC 3.0対応USB-Aポート × 1(最大18W)
・合計最大最大100W
・パススルー充電対応(本体を充電しながらの給電が可能)
・約183 x 85 x 21 mm、約620g

 

 

hatta
hatta

上記2点がガジェットオタクのである筆者が実際に使用して、実際に愛用している現状最高だと思えるモバイルバッテリーです。

 

モバイルバッテリーは持っていても損はないアイテム

以上が、MacBookやノートPCも充電できるモバイルバッテリーの選び方と筆者おすすめのモバイルバッテリーの紹介でした。
モバイルバッテリーは一1つは持っていて損はないアイテムです。
出先での電源の不安や震災時にも絶対に役立つこと間違いなしです!
それに、高速で充電できることは作業効率や生産性の向上につながるので良いことしかありません!
是非、この記事を参考にして選んでみてください。

 

hatta
hatta

モバイルバッテリーは出先で充電など頼もしいアイテムです。
1つは持っておいて損はないアイテムです!

 

MacBook Pro/AirにおすすめのUSB-Cハブ!特徴や規格を解説!

MacBook Pro/AirにおすすめのUSB-Cハブ!特徴や規格を解説!
現行のMacBook ProやMacBook AirにはUSB-Cポートのみ搭載されています。 しかし、周辺機器では「USB-A」「SDカード」「HDMI」などを使用している方も多いと思います。 そこで必要になってくるのが「USB-Cハブ」です。 おすすめの「USB-Cハブ」を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました