鉄スキレットの選び方とおすすめ5選!IH対応!シーズニングの方法やメリット、魅力も解説!

アウトドア

鉄スキレットは鋳鉄でできているフライパンです。
鉄スキレットは熱伝導性が高く、食材の旨味を封じ込め、料理をより美味しく仕上げることができます。
1つで煮る、焼く、揚げるなど幅広くこなすことができ、キャンプでの使用はもちろん、自宅での使用もおすすめです。
そこで、鉄スキレットの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

鉄スキレットのおすすめは?

鉄スキレットの選び方は?

 

・鉄スキレットとは
・鉄スキレットの選び方
・鉄スキレットのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

鉄スキレットの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めば鉄スキレットで迷うことはもうなくなります!

 

 

メスティンの選び方とおすすめ5選!ひとつで焼く・煮る・蒸す!何役もこなせる便利なアイテム!

メスティンの選び方とおすすめ5選!ひとつで焼く・煮る・蒸す!何役もこなせる便利なアイテム!
メスティンはハンドルが付いた飯ごうのことです。 アルミ製のため熱伝導性がよく、バーナーで簡単に美味しいご飯が炊けるのもポイントです。 ご飯を炊けるだけでなく、煮る・焼く・蒸すなど、アウトドアで活躍する便利なアイテムです。 そこで、メスティンの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

鉄スキレットとは

鉄スキレットとは、厚手の鋳鉄でできたフライパンのことを指します。
アルミやステンレス製の一般的なフライパンに比べると、熱伝導性が高いのが特徴です。
食材の旨味をぎゅっと封じ込め、料理をより美味しく仕上げます。

また、蓄熱性が高いのもポイントです。
一度熱すると冷めにくいので、そのままテーブルに出してゆっくり食事を楽しめます。
デザイン性も高く、食卓を一気に華やかにするおすすめのアイテムです。

 

鉄スキレットの魅力

スキレットといえばキャンプで使うイメージがありますが、最近ではIHに対応しているタイプも多く、アウトドアシーンだけでなく自宅でも使えるのが特徴です。
また、焼き物はもちろん、揚げ物をしたり、アヒージョのように煮たりと1台でさまざまな調理方法に対応できるのもポイントです。

さらに、直火だけでなく、オーブン調理ができるのもメリットです。
オーブンから出してそのままテーブルに置けば、食卓をおしゃれに演出します。
場所や調理方法を選ばず、マルチに対応できる汎用性の高さがスキレットの大きな魅力です。

 

シーズニングの必要性と方法

スキレットのなかには、使用前に「シーズニング」を必要とするモノがあります。
シーズニングとは、スキレットに油をなじませて油の膜を作る作業のことです。
錆びや焦げ付きを抑えたり、表面に塗られているワックスをはがしたりする目的があります。
なかには、シーズニング済みで購入後すぐ使えるモノもあるので、面倒な方や初心者の方はシーズニング不要のモノがおすすめです。

 

  1. 洗剤を使って洗う(錆び止めに施されているワックスを落とす)
  2. 水を入れ沸騰させる(洗いきれなかった錆止め剤を浮かすため)
  3. スキレットを火にかけ空焼きする(水気がとび、煙が上がるくらいしっかり空焚きする)
  4. 乾いたら油を全体に塗り、再度熱する(取手も忘れずに)
  5. 4を2〜3回繰り返す
  6. くず野菜を入れて炒めて冷ます
  7. 最後にもう一度食用油を塗る

 

スキレットを使用した後はすぐに熱めのお湯とスポンジで洗うようにしましょう

 

hatta
hatta

鉄スキレットはキャンプはもちろん自宅でも使用できるアイテムです!
1つで「煮る」「焼く」「揚げる」をこなせる優れものです!

 

 

鉄スキレットの選び方

サイズを確認

スキレットはサイズに比例して重くなるため、なるべく軽いモノを選ぶと調理がスムーズです。
一人用や家族用、大勢でのキャンプ用など使うシーンを決め、必要最低限のサイズのモノを選びましょう。

一人分だけ作りたい場合は、15cm程度のモノがおすすめです。
重量は約1kgと比較的扱いやすい重さで、ベーコンエッグやホットケーキなどの朝ごはんを作るのに適しています。

2~3人の家族で使う場合は、22cm程度を目安にしましょう。
約2kgとやや重くなりますが、大きなステーキやパエリアなどさまざまな料理を作れます。
また、30cm以上のスキレットを選べば、大人数でのキャンプなどにも対応できて便利です。

 

IH対応の確認

スキレットは基本的に直火やオーブンにかけて使いますが、最近はIHに対応している製品もラインナップされています。
IHクッキングヒーターで調理したい方は、スキレットを選ぶ際にIH対応かどうか確認しておきましょう。

また、IHは機種によって適応サイズが異なるので確認が必要です。
スキレットは通常のフライパンに比べてサイズの小さいモノが多いため、IHに対応したサイズかどうかもあわせて確認しておきましょう。

 

フタの有無を確認

スキレットには、本体のみで販売されているモノとフタ付きのモノがあります。
フタが付いていないモノは、メーカーによって「スキレットカバー」が別売りされていることもあるため、必要に応じて購入しましょう。

フタがなくても十分に美味しい料理が作れますが、フタがあると蒸し料理や燻製、無水調理など、料理の幅が広がるのでおすすめです。

 

hatta
hatta

「サイズ」「IH対応」「フタの有無」の3点が鉄スキレットを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

鉄スキレットのおすすめ5選

上記で鉄スキレットの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!アウトドアはもちろん家の中でも鉄スキレットをヘビーユーズしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した鉄スキレットを5つ紹介します!

 

LODGE スキレット 6-1/2インチ L3SK3

LODGE スキレット 6-1/2インチ L3SK3」は全長約26cm、直径約16.5cmのIH対応スキレットです。
コンパクトなキッチンでも使いやすいミニサイズなのが魅力です。
シーズニング済みのため、温水を流しながらたわしなどで軽く洗うだけですぐに使用できます。

鋳鉄製であることに加え、製品全体の厚さが5mmと分厚く蓄熱性に優れているのもポイントです。
ステーキを焼くだけでなく、お菓子やつまみなどにも使えます。
日常的な料理からアウトドア料理まで、幅広く対応できる製品がほしい方におすすめです。

 

・サイズ:直径約16.5cm
・IH対応:対応
・フタの有無:無

 


 

CAPTAIN STAG スキレット UG-3043

CAPTAIN STAG スキレット UG-3043」は一人暮らしや少人数の集まりに便利なスキレットです。
直径約18cmで重量が約1kgと使いやすく、持ち運びや収納に便利です。
キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍します。

同じサイズのスキレットを2つ重ねれば、コンボクッカーとして使えるのも魅力です。
保温性がアップするので、旨味を閉じ込めておいしく仕上げられます。
別売りの「スキレットロストル」をセットすれば、簡単な燻製作りも可能です。

直火のほかオーブンにも対応し、さまざまな料理を楽しみたい方におすすめのスキレットです。
他にも10〜25cmと大きさの種類もあるのでチェックしてみてください。

 

・サイズ:直径約18cm
・IH対応:対応
・フタの有無:無

 


 

LOGOS 取っ手がとれるスキレット S

LOGOS 取っ手がとれるスキレット S」は取っ手が取れるタイプのスキレットです。
オーブン・トースター・ガス・IHなどさまざまな調理方法に対応します。
取っ手を外せば、オーブンへの出し入れもスムーズです。
アウトドアシーン以外でも気軽に使えます。
取っ手は両側どちらにも取り付けられて便利です。

収納時はコンパクトに片付けられるのも魅力です。
直径約16cmの小型サイズで、重量は約1.2kgと軽く、持ち運びもスムーズです。
底面は焦げ付きにくいドット加工が施されており、お手入れが簡単です。
シーズニングなしで購入後すぐに使用できます。

使い勝手がよく、一人分の料理を気軽に楽しみたい方におすすめのスキレットです。

 

・サイズ:直径約16cm
・IH対応:対応
・フタの有無:無

 


 

Coleman クラシックアイアンスキレット 2000021880

Coleman クラシックアイアンスキレット 2000021880」はフタ付きで、蒸し料理にもおすすめのスキレットです。
フタの裏側にリベットが付いており、水分が均等に落ちるので、旨味を逃さずおいしく仕上げられます。
保温性も高まるため熱々の料理が楽しめ、ステーキなどもやわらかく仕上がるのが魅力です。

直径約27.5cmと大きめサイズなので、パエリアやスパニッシュオムレツも作りやすく、ホームパーティーやキャンプでも活躍します。
表面は植物性オイル仕上げで、シーズニングは不要です。

重量が約4.4kgと重めですが、専用の収納ケースが付属しているので、収納や移動に便利です。
餃子やパンケーキなどフタを利用した蒸し料理をはじめ、幅広い料理を楽しみたい方におすすめのスキレットです。

 

・サイズ:直径約27.5cm
・IH対応:対応
・フタの有無:有

 


 

和平フレイズ ヘビーズ 鉄スキレットコンボセット HR-7967

和平フレイズ ヘビーズ 鉄スキレットコンボセット HR-7967」は深型スキレット・浅型スキレット・網がセットになったコンボセットです。
食材の量や大きさに合わせて深型と浅型を使い分けられ、深型に浅型を重ねればフタとして使えます。
注ぎ口をずらすことで蒸気を調節できるのもポイントです。

さらに、網を入れれば燻製料理も楽しめます。
ガス・オーブン・IHに対応し、幅広い料理に活躍します。
直径約15cmの扱いやすいサイズで、一人分の料理やスイーツ、おつまみ作りに適しています。

使わないときは深型の上に浅型を重ねられ、省スペースで収納可能です。
コンパクトで汎用性の高いスキレットを探している方におすすめです。

 

・サイズ:直径約15cm
・IH対応:対応
・フタの有無:有(スキレットをフタにする仕様)

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している鉄スキレットです!
鉄スキレットが1つあるとアウトドアもちろん家での料理も更に楽しくなりますよ!

 

 

鉄スキレットはキャンプはもちろん、家でもおすすめ

以上が鉄スキレットの選び方とおすすめ5選の解説でした。
鉄スキレットは熱伝導性が高く、食材の旨味を封じ込め、料理をより美味しく仕上げることができます!
1つで煮る、焼く、揚げるなど幅広くこなすことができる優れものです!
キャンプでの使用はもちろん、自宅での使用もおすすめです!

筆者としては一度、肉を焼いてみていただきたいです!
特に分厚いステーキ!
火の通り具合とおいしさに驚くはずです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

鉄スキレットは1つで煮る、焼く、揚げるなど幅広くこなすことができる優れものです!
鉄スキレットはキャンプはもちろん、家でもおすすめのアイテムです!

 

 

パーコレーターの選び方とおすすめ5選!アウトドアやキャンプでコーヒーを!使い方も解説

パーコレーターの選び方とおすすめ5選!アウトドアやキャンプでコーヒーを!使い方も解説
パーコレーターは手軽に温かいコーヒーを作れることができるコーヒー抽出器具です。 フィルターやドリッパー不要でアウトドアやキャンプでも活躍する人気のアイテムです。 好みの味に調節することも可能で、アウトドアやキャンプなどで楽しむ人も増えています。 そこで、パーコレーターの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました