モバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器の選び方とおすすめ5選を解説!

ガジェット

スマホのワイヤレス充電はスマホを置くだけ(重ねるだけ)で充電ができる便利なアイテムです。
中でもモバイルバッテリー型のワイヤレス充電器は重ねるだけで充電でき、USB端子のついているものは有線での充電もできる便利なアイテムです。
そこでモバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器の選び方とおすすめ5選を解説します!

 

この記事はこんな人におすすめです!

モバイルバッテリー型ワイヤレス充電器のおすすめは?

モバイルバッテリー型ワイヤレス充電器の選び方は?

 

・モバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器とは
・モバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器の選び方
・モバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器おすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

モバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器の選び方とおすすめ5選を解説します!

 

失敗しない!Qi規格ワイヤレス充電器の選び方とおすすめ5選!

失敗しない!Qi規格ワイヤレス充電器の選び方とおすすめ5選!
ワイヤレス充電器はスマホなどの端末を置くだけで充電できるのが特徴です。 最近では給電能力も向上してきており、ますます便利なガジェットとして注目されています。 Qi(チー)に準拠した、失敗しないワイヤレス充電器選びの解説と、おすすめのワイヤレス充電器5選を紹介します!

 

モバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器とは

Qi規格とワイヤレス充電器の仕組み

「Qi」とは、ワイヤレス充電の業界団体「WPC(Wireless Power Consortium)」が策定した国際標準規格のことです。
電磁誘導を利用して非接触で給電をおこなうための規格で、Qiと書いて「チー」と読みます。
充電を行うためには充電器とデバイス、双方のQi規格への対応が必要です。
iPhone 8とXがQi規格によるワイヤレス充電に対応したことにより、世界での普及が一気に進みました。

ワイヤレス充電器の仕組みとしてメジャーな充電方式は「電磁誘導方式」です。
電磁誘導方式では、送電する側である充電器と受電させる側であるスマホのコイルとの間に誘導磁束を発生させます。これをスマホ側が電力に変換し、バッテリーに蓄える仕組みです。

 

モバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器

「モバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器」とはモバイルバッテリータイプのワイヤレス充電器です。
コンセントやシガーソケットなど、電源のない場所でもスマホの充電ができるので便利です。
ワイヤレス充電機能を搭載しているので、一般的なモバイルバッテリーのように充電ケーブルを一緒に持ち歩く必要がありません
ケーブルを忘れたために充電できない、といった事態も防げるので外出する機会の多い方におすすめの製品です。
また、USB出力ポートを搭載したモデルもあるので、ケーブルでの充電もできます。

 

 

hatta
hatta

モバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器は1つはあると便利なガジェット(アイテム)です。

 

モバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器の選び方

サイズと重量を確認

モバイルバッテリー型ワイヤレス充電器本体のサイズや重量は各モデルによってさまざまです。
コンパクトなモデルは携帯性に優れていますが、バッテリー容量が少なめなので注意が必要です。

ボディが薄い製品であれば、鞄に収まりやすくおすすめです。
また、必要な容量を備えたなるべく軽量なモデルを選択すれば、持ち運びの負担が軽くなります。

 

出力電力を確認

モバイルバッテリー型ワイヤレス充電器の出力が大きければ、充電する時間を短縮できます。
スピーディに充電したい方は、出力電力のスペックもチェックしておきましょう。
出力は「A(アンペア)」と呼ばれる単位で表記されています。

現在販売されているモバイルバッテリーの出力電力は、1~2A程度が一般的ですが、2A以上のモデルであれば急速充電が可能です。
また、ケーブル使用時のみ急速充電対応のモデルも存在するので注意しましょう。

 

ポートの種類と数を確認

モバイルバッテリー型ワイヤレス充電器で複数のデバイスを同時に充電したい場合は、搭載されている出力ポートの数もチェックが必要です。
スマホのワイヤレス充電だけでなく、ケーブルを使用して同時にほかのデバイスも充電できれば便利です。

 

バッテリー容量を確認

モバイルバッテリー型ワイヤレス充電器で大切なのがバッテリー容量です。
バッテリー容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」と表記されています。
この数値が大きいほど充電できる回数が増えていくのと同時に大きく重たくなっていきます。
故に、日常使いなら1~2回、旅行なら3~4回など用途に応じて選ぶことが良いでしょう。
目安としてiPhoneを例に何回分充電できるかの表記します。

 

5,000mAhiPhone 8、iPhone7約1.5回
10,000mAhiPhone X 約3回
15,000mAhiPhone X 約4回
20,000mAhiPhone X 約5回

 

 

hatta
hatta

「サイズと重量」「出力電力」「ポートの種類」「バッテリー容量」の4点がモバイルバッテリー型ワイヤレス充電器を選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

モバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器おすすめ5選

上記でモバイルバッテリー型ワイヤレス充電器の選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!モバイルバッテリー型ワイヤレス充電器がカバンに入っていないと心配で眠れなくなる筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したモバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器を5つ紹介します!

 

TSUNEO 10000mAh モバイルバッテリー Qi対応 ワイヤレス充電器

TSUNEO 10000mAh モバイルバッテリー 」は鏡のように美しく仕上げられた外観が特徴のワイヤレス充電器です。
シンプルで落ち着いたデザインのため、ビジネスとプライベートのどちらでも使えるおすすめのモデル。
10000mAhのバッテリーを内蔵しています。iPhone Xなら約3回程度のフル充電が可能です。

さらに、USBポートを2つ搭載しており、Qi規格に対応していないデバイスの充電もできるので便利です。
厚さが16mmと薄型設計のため、カバンやリュックの中でもかさばらず気軽に持ち運べます。

 

・サイズと重量:14×6.9×1.6cm 191g
・出力電力:1A
・ポートの種類:USB-A×2
・バッテリー容量:10000mAh

 

 

Lakko 13800mAh モバイルバッテリー Qi対応 ワイヤレス充電器

Lakko 13800mAh モバイルバッテリー」は「Power Delivery」に対応したUSB Type-Cポートを採用している製品です。
5Wのワイヤレス充電に加え、有線による最大18Wの急速充電をおこなえるのが特徴です。
タブレット端末などの大きなデバイスを短時間で充電したい方にもおすすめのワイヤレス充電器です。

また、USB Type-A出力ポートも搭載しているため、最大3台のデバイスに同時充電がおこなえます。
容量13800mAhのバッテリーを内蔵。iPhone Xなら約3回フル充電が可能なので、1日中外出するようなシーンでも安心です。

デジタル表示タイプのディスプレイを搭載しています。
バッテリー残量が把握できるため、本体充電のタイミングを確認できます。
いざというときにスマホの充電ができない、といったミスが防げるので便利です。

 

・サイズと重量:7x4x2cm 299 g
・出力電力:3A
・ポートの種類:USB-C、USB-A
・バッテリー容量:13800mAh

 

 

iWALK 3000mAh モバイルバッテリー Qi対応 ワイヤレス充電器

iWALK 3000mAh モバイルバッテリー」は容量3000mAhの小型バッテリーを搭載したワイヤレス充電器です。
会社や学校からの帰宅途中にスマホの電池が切れそうなシーンで活躍します。
少しだけ充電したいときにおすすめのモデルです。99gと非常に軽量なため、重さを気にせず気軽に持ち歩けます。

ナノ吸着テクノロジーによりデバイスの背面に貼り付けられるのが特徴です。
カバンの中はもちろん、通話しながらでも充電ができるので重宝します。
レザー素材や凹凸のあるケースには使用できないため、確認が必要です。

 

・サイズと重量:8.5x6x1.4cm 99.8 g
・出力電力:1A
・ポートの種類:USB-C
・バッテリー容量:3000mAh

 

 

Charmast 10000mAh モバイルバッテリー Qi対応 ワイヤレス充電器

Charmast 10000mAh モバイルバッテリー」はカバンやリュックの中でも、しっかりとワイヤレスで充電したい方におすすめの製品です。
シリコン製の吸盤を備えているためズレずに使用することが可能です。
10000mAhのバッテリーを搭載しています。

「Power Delivery」対応のUSB Type-Cと、「Quick Charge 3.0」に対応したUSB Type-Aポートを搭載しているのも本モデルの特徴です。
有線接続なら急速充電にも対応できるので素早い充電が可能です。
同時に複数のデバイスを充電したい方におすすめの1台です。

 

・サイズと重量:18.2x11x3.6cm 191 g
・出力電力:2A
・ポートの種類:USB-C、USB-A
・バッテリー容量:10000mAh

 

 

DeliToo 30000mAh ソーラーモバイルバッテリー Qi対応 ワイヤレス充電器

DeliToo 30000mAh ソーラーモバイルバッテリー」は30000mAhの大容量バッテリーを搭載したワイヤレス充電器です。
iPhone Xなら約7回、iPad miniにも約3.4回フル充電できるのが魅力です。
Lightning・microUSB・USB Type-Cケーブルを搭載しているのが特徴です。
本体にケーブルが付いているため、Qi非対応のスマホを充電する場合もケーブルを持ち歩く必要がありません。
iPhoneをはじめAndroidスマホなど、多様なデバイスに対応できます。

ソーラーパネルを搭載しているのもポイントです。
防水耐衝撃機能もあり、強力なLEDライトが2つ付いているので、キャンプやトレッキングといったアウトドアシーンでも活躍します。
また、万が一の災害発生に備えた、防災アイテムとしてもおすすめのモデルです。

 

・サイズと重量:19.4×12.1×3.9cm 558 g
・出力電力:2A
・ポートの種類:USB-C、USB-A(Lightning・microUSB・USB-Cは本体についています)
・バッテリー容量:30000mAh

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したモバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器です!
個人的に「スマートなモノ」と「大容量なモノ」を1つずつ持っておくと、様々なシーンに対応できるのでおすすめです!

 

 

モバイルバッテリー型ワイヤレス充電器は1つは持っておいて損はないアイテム

以上がモバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器の選び方とおすすめ5選の解説でした。
充電するための線が必要なく、すっきりと使えて便利です。
一度ワイヤレス充電を使用するともう有線の充電には戻れません!
そして、アウトドアなどでも活躍間違いなしです。
モバイルバッテリー型Qi規格ワイヤレス充電器は1つは持っておいて損はないアイテムです。
是非、自分にあったモノを選んでみてください!

 

hatta
hatta

一度ワイヤレス充電の便利さを知ってしまったらもう有線には戻れません!

 

Bluetoothスピーカーの選び方解説とおすすめモデル5選を紹介!

Bluetoothスピーカーの選び方解説とおすすめモデル5選を紹介!
Bluetoothスピーカーは屋内やお風呂、アウトドアでも使える手軽さで人気のポータブルスピーカーです。 防水性能を強化したものや360°スピーカーなど、さまざまな製品が神に合わせて様々なタイプのものが発売されています。 Bluetoothスピーカーの選び方解説やおすすめのBluetoothスピーカー5選を紹介します!
タイトルとURLをコピーしました