iPhoneやiPadの外部マイクの選び方とおすすめ5選を解説!配信や録音に最適!

ガジェット

iPhoneやiPadの外部マイクは高音質で音声を録音することができる便利なアイテム(ガジェット)です。
動画撮影、動画配信、録音など様々なシーンで高音質な撮影、録画をすることができます。
そこで、iPhoneやiPadの外部マイクの選び方とおすすめ5選を紹介します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

iPhoneやiPadの外部マイクのおすすめは?

iPhoneやiPadの外部マイクの」選び方は?

 

・iPhoneやiPadで外部マイクを使うシーンとメリット
・iPhoneやiPadの外部マイクの選び方
・iPhoneやiPadの外部マイクおすすめ5選

 

hatta
hatta

iPhoneやiPadの外部マイクの選び方とおすすめ5選を紹介します!
これを読めばiPhoneやiPadの外部マイクで迷うことはなくなります!

 

 

iPhoneとPC両方に接続可能なUSBメモリ5選。Lightning端子対応USBの紹介

iPhoneとPC両方に接続可能なUSBメモリ5選。Lightning端子対応USBの紹介
iPhoneはUSBやSDカードに対応していないため、PCなど外部へのデータ転送は不便です。 写真や動画でストレージやiCloudがすぐにいっぱいになってしまうなんてことも多いはずです。 そんな時は、Lightning端子対応のUSBメモリがとても便利です。 iPhoneやiPadに接続できるUSBメモリをの選び方やおすすめのUSB5選を紹介します。

 

iPhoneやiPadで外部マイクを使うシーンとメリット

動画撮影(ムービー撮影)

iPhoneにもマイクが搭載されていますが、通話用なのでムービーなどを撮るときに音がぼやけることもあります。
iPhoneのマイクは周囲の音を録音する際にノイズが入ってしまいがちです。

外部マイクを取り付けることで、より高音質な動画撮影(ムービー撮影)が可能です。
イベントやライブ映像などをiPhoneやiPadで撮るときに役立ちます。

動画配信

動画配信サービスなどでリアルタイムに動画を配信する際も外部マイクはおすすめです。
iPhoneやiPadのマイクはどうしても周囲の音を取り込んでしまうので、雑音が多くなってしまいがちです。
外部マイクを使用することで、音声をクリアに配信することが可能です。
音声は動画内容と同じくらい動画配信の「要」といっていいほど重要ですので、外部マイク使用をおすすめします。

演奏の録音

iPhoneに外部マイクを接続すれば、より高音質で演奏を録音できます。
また、演奏を録音する場合は、サウンド機器メーカーなどの高音質な外部マイクを選ぶのがおすすめです。
高品質なモデルなら、歌や楽器演奏もよりクリアに録音できます。

インタビュー

インタビューなどを録音する場合、周囲のノイズが入らないよう設計されている外部マイクがおすすめです。
iPhoneやiPadの内蔵マイクよりも、インタビューの声をクリアに録音できます。

ICレコーダーを準備する方法もありますが、iPhoneに外部マイクを取り付ける方がより簡単で費用も節約可能です。
また、よりカジュアルな雰囲気でインタビューできるので、簡単なインタビューの際には外部マイクも検討してみてください。

 

hatta
hatta

iPhoneやiPadの外部マイクは取り付けが簡単で、手軽に使えるのか特徴です。
上記のように様々なシーンで活躍すること間違いなしです!

 

iPhoneやiPadの外部マイクの選び方

接続端子を確認

iPhoneへ外部マイクを接続する方法は、大きく分けてLightning接続と3.5mm接続の2種類が存在しています。
音楽などを録音する方には、多くがステレオ録音に対応しているLightning接続がおすすめです。

一方、iPhoneやiPad以外とも接続する方には、汎用性が高い3.5mm接続のモノをチェックしてみてください。
なお、iPhone 7以降のイヤホンジャックがないモデルで3.5mm接続をする場合、別途ケーブルが必要ですので確認しておきましょう。

マイクの指向性を確認

単一指向性

特定の方向からの音を集音したい場合は、単一指向性のマイクがおすすめです。
一定方向からの音を確実に拾うよう設計されているので、周囲のノイズが入りにくくクリアな音声を録音できます。

iPhoneやiPad向け外部マイクの多くが単一指向性を採用しているため、豊富なラインナップから選択可能。インタビューや楽器演奏の録音などに適しています。

双指向性

双指向性のiPhoneやiPad向け外部マイクは、前後の音を集音します。
単一指向性と比べて、より広い範囲の音を集音できるのが特徴。ラジオ収録など、マイクを挟んで向かい合って話すシーンでよく使われます。

単一指向性のマイクよりノイズが入りやすいので、よく密閉された空間で使用されます。
動画撮影などで用いる際は使用シーンにも注目して選ぶようにしましょう。

無指向性

無指向性のマイクは全指向性とも呼ばれ、周囲360°からの音をすべて拾うマイクを指します。
周囲の不要な環境音も拾いやすいですが、会議などでテーブルの周囲に座る方々の声を拾うのに便利です。

無指向性の外部マイクは、iPhoneやiPadで映画やライブを撮影するのにおすすめです。
ノイズを抑えたい場合は、ウインドスクリーンの使用も検討してみてください。

 

ステレオ録音ができるかを確認

録音にはステレオ入力とモノラル入力の2種類があります。
音をひとつの塊として扱うモノラル入力では、フラットな音を録音可能です。
一方、音を左右で区別するステレオ入力では、奥行きがある音を録音できるので、音楽や歌などの録音におすすめです。

また、iPhoneやiPadへ接続する外部マイクは、接続方法によってステレオとモノラルとが分かれます。
ステレオ入力に対応している多くはLightning接続タイプです。
そのため、楽器演奏などを録音する場合はLightning接続のマイクをチェックしてみてください。

 

hatta
hatta

「接続端子」「マイクの指向性」「ステレオ録音」この3つがiPhoneやiPadの外部マイクを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

iPhoneやiPadの外部マイクおすすめ5選

上記でiPhoneやiPadの外部マイクの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!iPhoneやiPadの純正マイクをそのまま使用している人を見つけたら黙っていられない筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用しているコスパに特化して厳選したiPhoneやiPadの外部マイクを5つ紹介します!

 

SHURE MOTIV MV88 iOS MV88A-A

SHURE MOTIV MV88 iOS MV88A-A」は老舗オーディオ機器メーカーの高音質なiPhone/iPad用外部マイクです。
5種類のDSPプリセットモードを搭載しており、マイクロホンゲインやステレオ幅の調節、24-bit/48kHzレコーディングが可能です。
歌の収録などにもおすすめです。

双指向性マイクで、より立体的な音の録音ができるのもポイントです。
最大90°までの首振り・回転ができ、複数人で楽器を演奏するセッションなどの録音にも適しています。

本体にはメタル素材を採用しており、耐久性も十分。ポケットにすっきり収まるサイズで、手軽に持ち運べます。
価格はやや高めですが、高音質に録音できる人気のマイクです。

 

ZOOM iQ7 MS Stereo Mic for iOS Devices

ZOOM iQ7 MS Stereo Mic for iOS Devices」は立体的な音を録音できるマイクです。
単一指向性の「Midマイク」と、双指向性の「Sideマイク」を組み合わせたMSステレオマイクを採用しています。
「Sideマイク」を調節することで、音の広がりをコントロールできます。

また、iOSアプリ「Handy Recorder」を利用すれば、「Midマイク」と「Sideマイク」の信号をそのまま録音可能で、録音後に音の広がりを30~150°の間で調節できます。
専用アプリではオーディオ編集やエフェクト処理なども可能です。

マイクは回転するので録音したいポイントへ的確に向けられ、iPhoneを縦と横好きな方向で持って撮影できます。Lightningコネクタがやや長めに設計されており、ケースを付けたまま接続できるのも魅力です。

 

RODE VideoMic ME-L 超小型コンデンサーマイク VMML

RODE VideoMic ME-L 超小型コンデンサーマイク VMML」はシンプルで扱いやすいiPhone向けのコンデンサーマイクです。
背部に3.5mm端子が付いており、イヤホンやヘッドホンなどを繋げれば録音している音のモニタリングができます。
Lightningコネクタが本体に直接付いているため、iPhoneと繋げるときにケーブルの煩わしさを感じないのも魅力です。

ウインドスクリーンが付属しているのもポイントで、ブレス音や風の音などのノイズを低減して、クリアに録音ができます。
屋内から屋外まで、さまざまなシーンで使えるおすすめのモデルです。

 

VILTROX コンデンサーマイク

VILTROX コンデンサーマイク」はシンプルで使いやすいiPhone向けのマイクです。
全指向性マイクを採用しているため、周囲360°の音声を拾えます。
音響認識チップを内蔵しており、周りのノイズを低減する効果が期待できるので、クリアな音質で録音したい方にもおすすめです。

クリップタイプのため、服などに挟んでおけば手で持たずに使用可能です。
専用の収納ポーチが付属しているので、持ち運びの際も便利です。

 

IK Multimedia iRig Mic Cast 2

IK Multimedia iRig Mic Cast 2」はポケットサイズで持ち運びに便利なマイクです。
コンパクトながら、デュアル・カプセル設計によりクリアな集音が可能。マイクは双指向性なので、インタビューなどマイクを挟んで話す場面におすすめです。

さらに、さまざまなアプリに対応しているのも魅力。YouTubeやSkypeなど、さまざまなアプリで音質を向上させたいときにも役立ちます。

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したiPhoneやiPadの外部マイクです!

 

より高音質でクオリティーの高いコンテンツが制作可能

以上がiPhoneやiPadの外部マイクの選び方とおすすめ5選の紹介でした。
動画撮影や動画配信、演奏の録音などがコンテンツとして充実してきている現代では外部マイクは1つは持っておいて損はないアイテムです!
iPhoneやiPadのマイクは周囲の雑音などが入りやすいので、外部マイクの使用をおすすめします。
より高音質でクオリティーの高いコンテンツになること間違いなしです!
是非、自分に合った外部マイクを選んでみてください。

 

hatta
hatta

外部マイクを使用するとより高音質で他のコンテンツに差をつけれること間違いなしです!

 

タブレットなどで使えるタッチペン(スタイラスペン)のおすすめ7選!選び方も解説

タブレットなどで使えるタッチペン(スタイラスペン)のおすすめ7選!選び方も解説
タッチペン(スタイラスペン)はタブレット、スマートフォン、PCなどで使える便利なアイテムです。 ゲームをする時やイラストを書く際に使用すると便利で、最近はタブレットモードが搭載されているPCも増えているため、注目のアイテムです タッチペン(スタイラスペン)のおすすめ5選と選び方の解説をします。
タイトルとURLをコピーしました