iPhone・iPad向けBluetoothキーボードの選び方とおすすめ5選!

ガジェット

BluetoothキーボードはケーブルやUSBレシーバーが不要でスマートに使えるアイテム(ガジェット)です。
Bluetooth接続はパソコンはもちろん、iPhone・iPadにも接続できるため役立ちます。
そこで、iPhone・iPad向けBluetoothキーボードの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

Phone・iPad向けBluetoothキーボードのおすすめは?

iPhone・iPad向けBluetoothキーボードの選び方は?

 

・Bluetoothキーボードとは
・iPhone・iPad向けBluetoothキーボードの選び方
・iPhone・iPad向けBluetoothキーボードのおすすめ5選

上記3点から解説します!

 

 

 

hatta
hatta

iPhone・iPad向けBluetoothキーボードの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばiPhone・iPadのキーボードで悩むことはもう無くなります!

 

 

充電式Bluetoothマウスの選び方とおすすめ5選!電池不要でUSB不使用で便利!

充電式Bluetoothマウスの選び方とおすすめ5選!電池不要でUSB不使用で便利!
充電式Bluetoothマウスは充電することにより使用できるBluetooth方式で接続可能なマウスです。 充電式で電池が不要で、Bluetooth接続のため、スマホやタブレットといったUSBポートがない機器でも使用可能です。 そこで、充電式Bluetoothマウスの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

Bluetoothキーボードとは

Bluetoothキーボード

Bluetoothキーボードは、近距離無線通信のひとつであるBluetooth」を利用してパソコンやタブレット、スマホなどのデバイスと接続するアイテムです。
有線タイプのキーボードとは異なり、ケーブルがないため煩わしさを感じにくいのが魅力です。

 

Bluetoothキーボードと2.4GHzワイヤレスキーボードの違い

Bluetoothキーボードと似て非なるモノに「2.4GHzワイヤレスキーボード」があります。
どちらも無線でつなげられることには変わりないですが、Bluetoothタイプは接続時にペアリングと呼ばれる設定が必要です。

一方、2.4GHzワイヤレスタイプは、ペアリング設定が不要な代わりにUSBレシーバーを挿して使います
Bluetooth非対応のデバイスでも無線接続できるのが2.4GHzの特徴ですが、タブレット用もしくはスマホ用のワイヤレスキーボードを探しているのであれば、USBレシーバーを挿さなくても使えるBluetoothタイプがおすすめです。

 

 

hatta
hatta

BluetoothキーボードのメリットはペアリングをすればUSBレシーバーなしでも使える点です!
iPhoneやiPadなどにもすぐに使用できます!

 

iPhone・iPad向けBluetoothキーボードの選び方

マルチペアリング対応の有無を確認

マルチペアリングとは、1台のBluetoothキーボードに複数のデバイスとのペアリング情報を保存しておく機能のことです。
Bluetoothキーボードの対応機器であれば、パソコンだけでなく、タブレットやスマホ、ゲーム機のようなデバイスとも接続できるのが魅力です。
しかしマルチペアリングに非対応だと、複数のデバイスを同時に使用する場合は、接続先を切り替えるたびにペアリングをし直す必要があります。

接続デバイスを頻繁に切り替えて使用する場合は、マルチペアリングに対応しているモデルを検討してみてください。

キーボードの配列を確認

キーボードの配列には大きくわけて、「日本語配列(JIS)」「英語配列(US)」の2種類があります。
メインとなるアルファベットの並び方はどちらも同じですが、記号の位置が異なるため、エクセルをよく使用する方など記号の入力が多い場合は注意が必要です。

なお、iPad・iPhoneに関しては英語配列(US)をベースとしているので、日本語配列(JIS)のモデルだと使いにくい場合があります。
使用しているデバイスも考慮して選んでみてください。

 

電源方式を確認

電池式

電池式は、外出先で電池が切れてしまっても、電池さえ入れ替えれば充電の時間を待たずにすぐ使えるのがメリットです。
充電用のケーブルを持ち運ばなくてよいのも魅力です。

充電式

充電式のBluetoothキーボードは充電用のケーブルを携帯する必要がありますが、電池交換の手間をなくせるのが特徴です。
一度の充電で数十時間使えるモデルもあるため、使うたびに充電し直す必要がありません。
いちいち電池を買いに行くのが面倒な方は、充電式のモノをチェックしてみてください。

 

 

hatta
hatta

「マルチペアリング」「キーボード配列」「電源方式」の3点がiPhone・iPad向けBluetoothキーボードを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

iPhone・iPad向けBluetoothキーボードのおすすめ5選

上記でiPhone・iPad向けBluetoothキーボードの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!自称Bluetoothキーボードマニアの筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したiPhone・iPad向けBluetoothキーボードを5つ紹介します!

 

Logicool MX KEYS for Mac KX800M

Logicool MX KEYS for Mac KX800M」はiOS 9以降のiPhoneに対応しているBluetoothキーボードです。
そのほか、macOS 10.15以降のMacbookやiPadOS 13.1以降のiPadにも対応しているので、Apple製品を主に使用している方におすすめの製品です。

指先の形状に合わせてキーの真ん中が球状にくぼんでおり、スムーズなストロークが行えます。
キー配列はMacと同じ英語配列を採用しています。
また、キーのどこをクリックしても確かな打鍵感が楽しめるのも魅力です。

近接センサーが手を検知し、自動でバックライトが点灯する「スマートイルミネーション」に対応しているのもポイントで、明るさは自動で調節されます。
また、USB Type-Cによる充電方式を採用しており、最長5ヶ月使い続けられるのも特徴です。

 

・マルチペアリング:対応
・キーボード配列:英語配列
・電源方式:充電式

 

 

Logicool マルチデバイス Bluetoothキーボード K780

Logicool マルチデバイス Bluetoothキーボード K780」はマルチペアリングに対応しているBluetoothキーボードです。
複数のデバイスとの接続が可能で、Easy-Switchボタンを押すだけで簡単に切り替えられます。
iOS 5以降のiPhoneやWindowsなど、幅広い機器に対応しているのが魅力です。

本体後部にはラバー製のクレードルが付いており、iPhoneを視認しやすい角度で設置可能です。
また、本体寸法が380×158mmとコンパクトサイズで、デスクスペースをしっかり確保できます。

「ロジクールPerfectStrokeキーシステム」に対応しており、スムーズなタイピングが可能で、静音性にも優れており、場所や時間帯を選ばず使用できます。
また、2本の単4電池で最長24ヶ月と長い電池寿命を有するのもポイントです。

 

・マルチペアリング:対応
・キーボード配列:英語配列
・電源方式:電池式

 

 

ANKER ウルトラスリム Keyboard A7726121

ANKER ウルトラスリム Keyboard A7726121」はキーの素材にこだわっており、優れた静音性と快適な打鍵感を同時に実現したBluetoothキーボードです。
スムーズなタイピングが行え、ショートカットキーを活用することで、より利便性を向上させることが可能です。

単4電池で、最長約3ヶ月間交換なしで使い続けられるのが特徴で、高いスタミナを備えています。
また、30分間操作しないと自動的に電力節約モードへ切り替わるなど、省エネ性に優れているのも魅力です。

製品サイズは約284×122×18.5mmとコンパクトで、重量も約190gと軽く、携行性に優れます。
iPhoneをはじめ、macOS 10.2.8以降のMacbookやWindowsパソコンなどに対応しており、互換性に優れるのもポイントです。
外出先での使用におすすめのアイテムです。

 

・マルチペアリング:対応
・キーボード配列:英語配列
・電源方式:電池式

 

 

SANWA SUPPLY タブレットスタンド機能付き Bluetoothキーボード SKB-BT28BK

SANWA SUPPLY タブレットスタンド機能付き Bluetoothキーボード SKB-BT28BK」は無線での通信距離最大約10mのBluetoothキーボードです。
単4電池2本で最大約125時間の連続使用時間を実現しており、高い利便性とスタミナを併せ持ちます。
使わないときは電源が切れるスイッチ付きで、電池の浪費を防げるのもポイントです。

キースイッチはパンタグラフ式で、軽やかな打鍵感が楽しめます。ボディ裏には本体に収納できるスタンドが付いており、スマートフォンやタブレットを立てかけることが可能。iPhoneやiPadに対応しており、Apple製品を主に使用する方におすすめです。

マルチペアリング機能が搭載されており、最大3台まで同時に接続可能で、ワンタッチで簡単に切り替えられます。
価格が安く設定されており、コストパフォーマンスに優れるアイテムを探している方にもおすすめです。

 

・マルチペアリング:対応
・キーボード配列:英語配列
・電源方式:電池式

 

 

ELECOM ワイヤレスBluetoothキーボード TK-FLP01BK

ELECOM ワイヤレスBluetoothキーボード TK-FLP01BK」本体サイズが291×92×8mmと小さく、折りたたむことでポケットサイズ程度にまでコンパクトになるのが特徴のBluetoothキーボードです。
携行性に優れ、外出先での使用におすすめの製品です。

本体を収納する保護ケースが付いており、本製品の使用時にはスタンドとして使えます。
スマートフォンやタブレットを見やすい位置にセット可能です。
本体左上には電源スイッチがあり、電池の浪費を防ぎながら使用できるのも魅力です。

キースイッチはパンタグラフ式で、キーピッチは17mmあり、軽やかで快適なタイピングが楽しめます。
また、マルチペアリングに対応しており、iPhoneやiPadが最大3台まで同時に接続できるのもポイントです。

 

・マルチペアリング:対応
・キーボード配列:日本語配列
・電源方式:充電式

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したiPhone・iPad向けBluetoothキーボードです!
家の中や外出先、ビジネスでも大活躍間違いなしです!

 

Bluetoothキーボードは生産性を上げる

以上がiPhone・iPad向けBluetoothキーボードの選び方とおすすめ5選の解説でした。
USBレシーバーなしで手軽に接続できるBluetoothキーボードは間違いなく生産性を上げてくれるアイテムです!
iPhoneやiPadでタイピングする場合は是非使ってほしいアイテムです!
特にiPadは作業にもよりますがパソコンのような使い方も可能です。
是非、自分に合うモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

iPhone・iPad向けBluetoothキーボードは間違いなく生産性を上げるアイテムです!

 

iPhone向けBluetoothイヤホンの選び方とおすすめ5選!音楽や通話をさらに便利に

iPhone向けBluetoothイヤホンの選び方とおすすめ5選!音楽や通話をさらに便利に
Bluetoothイヤホンは音楽や通話を楽しむことができ便利なアイテム(ガジェット)です。 iPhoneにイヤホンジャックがなくなったことで、ワイヤレスイヤホンを使うユーザーが増えています。 そこで、iPhone向けBluetoothイヤホンの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました