iPhone対応Bluetoothキーボードの選び方とおすすめ5選!チャットやゲームに便利!

ガジェット

iPhone対応BluetoothキーボードはiPhoneで長い文章を打つ時や、仕事中のチャットなどに便利なアイテム(ガジェット)です。
ビジネスシーンでの使用はもちろん、ゲームでの使用にも役立ちます。
そこで、iPhone対応Bluetoothキーボードの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

iPhone対応Bluetoothキーボードおすすめは

iPhone対応Bluetoothキーボードの選び方

 

・iPhoneにおすすめのキーボードとは
・iPhone対応Bluetoothキーボードの選び方
・iPhone対応Bluetoothキーボードのおすすめ5選

 

 

hatta
hatta

iPhone対応Bluetoothキーボードの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばiPhone対応Bluetoothキーボードで迷うことはもう無くなります!

 

 

iPhoneとPC両方に接続可能なUSBメモリ5選。Lightning端子対応USBの紹介

iPhoneとPC両方に接続可能なUSBメモリ5選。Lightning端子対応USBの紹介
iPhoneはUSBやSDカードに対応していないため、PCなど外部へのデータ転送は不便です。 写真や動画でストレージやiCloudがすぐにいっぱいになってしまうなんてことも多いはずです。 そんな時は、Lightning端子対応のUSBメモリがとても便利です。 iPhoneやiPadに接続できるUSBメモリをの選び方やおすすめのUSB5選を紹介します。

 

 

iPhoneにおすすめのキーボードとは

iPhone対応のBluetoothキーボードには、多くの種類があります。
なかでも、iPhoneを立てかけるためのスタンドが標準搭載されたモノを選べば、iPhoneをモニターのように使えて便利です。
さらに、角度の調節ができるモノなら、iPhoneをその場で見やすい角度に設置可能。長時間使用する場合も、快適に使用できます。

外出先ので使用することが多い場合はコンパクトで持ち運びに優れたモデルを選ぶのがおすすめです。
使用する環境に応じて製品の特徴に着目するのが重要です。

 

hatta
hatta

iPhone対応のBluetoothキーボードは多くのラインナップがあります!
使用する環境に応じて製品の特徴に着目するのがおすすめです!

 

 

iPhone対応Bluetoothキーボードの選び方

電源方式を確認

電池式:長く使い続けられる

「電池式」は電池を交換するたびにコストがかかりますが、充電式のようにバッテリーが劣化することがないので長く使い続けられます
省エネ仕様のキーボードであれば、一度の電池交換で3年以上使えるモノもあるため、頻繁に充電するのが面倒な方にもおすすめです。

バッテリー式:充電することで繰り返し使える

「バッテリー式」は充電することで繰り返し使えるので、ランニングコストを少しでも抑えたい方におすすめです。
なお、電池式と比べて一度の使用時間が短いので、長時間ゲームをプレイしたい方はバッテリーの持続時間をチェックしておきましょう。

 

マルチペアリング対応の有無を確認

マルチペアリングとは、1台のBluetoothキーボードに複数のデバイスとのペアリング情報を保存しておく機能のことです。
Bluetoothキーボードの対応機器であれば、パソコンだけでなく、タブレットやスマホ、ゲーム機のようなデバイスとも接続できるのが魅力です。
しかしマルチペアリングに非対応だと、複数のデバイスを同時に使用する場合は、接続先を切り替えるたびにペアリングをし直す必要があります。

接続デバイスを頻繁に切り替えて使用する場合は、マルチペアリングに対応しているモデルを検討してみてください。

 

キーボードの配列を確認

キーボードの配列には大きくわけて、「日本語配列(JIS)」「英語配列(US)」の2種類があります。
メインとなるアルファベットの並び方はどちらも同じですが、記号の位置が異なるため、エクセルをよく使用する方など記号の入力が多い場合は注意が必要です。

なお、iPad・iPhoneに関しては英語配列(US)をベースとしているので、日本語配列(JIS)のモデルだと使いにくい場合があります。
使用しているデバイスも考慮して選んでみてください。

 

hatta
hatta

「電源方式」「マルチペアリング」「キーボード配列」の3点がiPhone対応Bluetoothキーボードを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

iPhone対応Bluetoothキーボードのおすすめ5選

上記でiPhone対応Bluetoothキーボードの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!自称Bluetoothキーボードマニアの筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したiPhone対応Bluetoothキーボードを5つ紹介します!

 

Logicool Bluetooth Multi-Device Keyboard K480

Logicool Bluetooth Multi-Device Keyboard K480」はキーボード本体にiPhoneやiPadを立てかけられる、スタンド機能を搭載したBluetoothキーボードです。
最大3台まで同時接続できるマルチペアリングに対応しているので、複数のデバイス間を行き来したい方にもおすすめです。
デバイスは、キーボードに配置されているダイヤルを回すだけで簡単に切り替えられます。

iPhoneだけでなくWindowsやMacでも使えるショートカットキーを搭載しています。
また、薄型かつコンパクト設計なので、限られたスペースでも作業できます。
楽にキーボードを持ち運び、効率的に作業をしたい方にピッタリのBluetoothキーボードです。

 

・電源方式:電池式
・マルチペアリング:有
・キーボード配列:日本語配列

 

 

Logicool Multi-Device K375s

Logicool Multi-Device K375s」はiPhoneなどのデバイスを立てかけられるスタンドが付属した、Bluetoothキーボードです。
スタンドにはラバーを採用しており、滑りにくい仕様。キーボードはテンキー付きで、数字や符号の入力を行う方にもおすすめです。

メンブレン方式を採用しており、比較的リーズナブルに購入できるのも魅力のひとつです。
iPhone以外にWindowsやMacにも対応しており、キーボードの左上に配置された「Easy-Switchボタン」から簡単に切り替えられます。
複数のデバイス間で使えるBluetoothキーボードを探している方におすすめです。

 

・電源方式:電池式
・マルチペアリング:有
・キーボード配列:日本語配列

 

 

ANKER ウルトラスリム Keyboard AK-A7726121

ANKER ウルトラスリム Keyboard AK-A7726121」は重量わずか約190gと、軽量設計のiPhone対応Bluetoothキーボードです。
スペースが限られている場所でも使用でき、快適に持ち運べるのが特徴です。
iPhone以外にMacやWindowsでも使用可能です。
US配列を採用しているので、エンジニアの方にもおすすめです。

一度ペアリングすると、2回目以降は電源を入れるだけで接続する仕様で、ペアリングの設定が苦手な方でも扱いやすいのが魅力です。
また、スムーズかつ静かにタイピングできるのもポイント。静かな環境で作業に集中できます。

機能的かつ、比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視して選びたい方にもおすすめです。

 

・電源方式:電池式
・マルチペアリング:無
・キーボード配列:英語語配列

 

 

ELECOM Bluetoothキーボード TK-FLP01PBK

ELECOM Bluetoothキーボード TK-FLP01PBK」は折りたたみ式のBluetoothキーボードです。
ポケットに収まるほどコンパクトにまとまるので、旅行先や出張先に持ち運んで使いたい方におすすめです。
コンパクトながら、キーピッチは17mmを確保しています。

iPhoneだけでなく、WindowsやAndroidでも使用可能で、どのOSでも、キーボードの印字どおりにキー入力できます。
配列は、日本語78キー配列を採用しています。
ボリューム操作やメディアプレーヤーの操作などを行える、10種類の「マルチファンクションキー」を搭載しているのもポイントです。

また、アイソレーション設計を採用しており、タイプミスを軽減可能です。
手軽に持ち運べて、利便性に優れたBluetoothキーボードを探している方におすすめです。

 

・電源方式:バッテリー式
・マルチペアリング:有
・キーボード配列:日本語配列

 

 

ELECOM Bluetooth超薄型コンパクトキーボード TK-FBP101BK

ELECOM Bluetooth超薄型コンパクトキーボード TK-FBP101BK」はノートパソコンに使われるキーボードのような、軽い打鍵感のパンタグラフ方式を採用したBluetoothキーボードです。
キーストロークは浅めで、長時間作業したい方にもピッタリです。
コンパクトながら19mmのキーピッチを採用しているので、余裕を持ってタイピングができるのも特徴です。

ボリューム操作やメディアプレーヤーの操作がキーボードで行える、13種類の「マルチファンクションキー」を搭載しているのもポイントです。
最大3台まで接続できるマルチペアリングにも対応しているので、iPhoneとパソコンを併用したい方にもおすすめです。

最薄部6.5mmの薄型設計で、バッグにもスッキリ収納可能です。
持ち運んで使う機会が多い方は、ぜひ検討してみてください。

 

・電源方式:電池式
・マルチペアリング:有
・キーボード配列:日本語配列

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したiPhone対応Bluetoothキーボードです!
家の中や外出先、ビジネス、ゲームでも大活躍間違いなしです!

 

 

Bluetoothキーボードは生産性を上げる

以上がiPhone対応Bluetoothキーボードの選び方とおすすめ5選の解説でした。
iPhone対応BluetoothキーボードはiPhoneで長い文章を打つ時や、仕事中のチャットなどに便利なアイテム(ガジェット)です!
ビジネスでの活用はもちろん、ゲームでの使用など、家の中や外出先でも活躍間違いなしです!
USBレシーバーなしで手軽に接続できるBluetoothキーボードは間違いなく生産性を上げてくれるアイテムです!
是非、自分の使用環境に合ったモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

iPhone対応Bluetoothキーボードは間違いなく生産性を上げるアイテムです!

 

 

iPhoneやiPadで使えるSDカードリーダーの選び方とおすすめ6選を紹介!

iPhoneやiPadで使えるSDカードリーダーの選び方とおすすめ6選を紹介!
iPhoneやiPadはSDカードを使用できないので、容量がいっぱいになるとパソコンやクラウドにデータ移行するしかありません。 そんな時に役立つのがLightningケーブル対応の「SDカードリーダー」です。これによりSDカードを使うことが可能になります。 そこで、iPhoneやiPadで使えるSDカードリーダーの選び方とおすすめ5選を紹介します。

 

iPhone向けBluetoothイヤホンの選び方とおすすめ5選!音楽や通話をさらに便利に

iPhone向けBluetoothイヤホンの選び方とおすすめ5選!音楽や通話をさらに便利に
Bluetoothイヤホンは音楽や通話を楽しむことができ便利なアイテム(ガジェット)です。 iPhoneにイヤホンジャックがなくなったことで、ワイヤレスイヤホンを使うユーザーが増えています。 そこで、iPhone向けBluetoothイヤホンの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました