iPhone向けBluetoothイヤホンの選び方とおすすめ5選!音楽や通話をさらに便利に

家電

Bluetoothイヤホンは音楽や通話を楽しむことができ便利なアイテム(ガジェット)です。
iPhoneにイヤホンジャックがなくなったことで、ワイヤレスイヤホンを使うユーザーが増えています。
そこで、iPhone向けBluetoothイヤホンの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

iPhone向けBluetoothイヤホンのおすすめは?

iPhone向けBluetoothイヤホンはどう選べばいいの?

 

・Bluetoothイヤホンのメリット&デメリット
・iPhone向けBluetoothイヤホンの選び方
・iPhone向けBluetoothイヤホンのおすすめ5選

上記3点から解説していきます。

 

hatta
hatta

iPhone向けBluetoothイヤホンの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばiPhone向けBluetoothイヤホンで迷うことはもう無くなります!

 

 

iPhoneやiPadで使えるSDカードリーダーの選び方とおすすめ6選を紹介!

iPhoneやiPadで使えるSDカードリーダーの選び方とおすすめ6選を紹介!
iPhoneやiPadはSDカードを使用できないので、容量がいっぱいになるとパソコンやクラウドにデータ移行するしかありません。 そんな時に役立つのがLightningケーブル対応の「SDカードリーダー」です。これによりSDカードを使うことが可能になります。 そこで、iPhoneやiPadで使えるSDカードリーダーの選び方とおすすめ5選を紹介します。

 

Bluetoothイヤホンのメリット&デメリット

Bluetooth接続のイヤホンは、Bluetooth通信を介してiPhoneとペアリングすることにより、ワイヤレスで使用できます。
ケーブルの煩わしさから解放されるので、ジョギングなど運動しながらでも使いやすいのが特徴です。
有線のイヤホンは線が衣服に擦れたりして、タッチノイズが入り音楽の邪魔になります。
モバイルバッテリーで充電しながら使えば、外出先でもバッテリー残量を気にせず通話や音楽を楽しめます。
また、線がないので断線する可能性がありません。

Bluetooth接続は再生の際に遅延が発生する恐れがあります。
また、使用の際にはイヤホン自体のバッテリー管理も要注意。快適に利用したいのであれば、Bluetooth4.0以降およびClass2以上のBluetooth規格に対応したイヤホンがおすすめです。

Bluetoothイヤホンのメリット

  • 有線からの解放
  • タッチノイズがない
  • スマホから離れていても音楽が聴ける
  • 断線しない

Bluetoothイヤホンのデメリット

  • 充電が必要
  • 音切れや音飛びが発生する可能性がある

 

hatta
hatta

イヤホンは「Bluetooth接続一択!」というくらいBluetoothイヤホンは快適で、一度使用してしまうと有線イヤホンは使えなくなります!

 

iPhone向けBluetoothイヤホンの選び方

対応コーデックを確認

コーデックとはBluetooth接続で楽曲をワイヤレス転送する際の圧縮形式のことです。
圧縮率が低いコーデックほど、楽曲を高音質で楽しめます。
しかし、コーデックがiPhone側とイヤホン側の両方で対応していないと楽曲を再生できないので注意が必要です。

対応コーデックには主に3種類があります。
標準的な音質で遅延がやや気になる「SBC」、高圧縮・高音質で遅延の少ない「AAC」、低圧縮・高音質で遅延もより少ない「apt-X」です。

iPhoneユーザーには、AACコーデックに対応したBluetoothイヤホンがおすすめです。
AACはiTunesストアで購入する楽曲にも標準採用されていることもあり、iPhoneであれば問題なく再生できます。
逆に、apt-XコーデックのイヤホンはAndroid専用でiPhoneには非対応なので注意しておきましょう。

 

防水・防滴性能を確認

スポーツシーンで使いたい方や、シャワーを浴びながら音楽や通話を楽しみたい場合は、防水・防滴に対応したイヤホンがおすすめです。
電気機器の防水性能はカタログやメーカーサイトのスペック表に記載されている「IPX-」という表記で確認できますが、この数値が高いほどより強力な防滴・防水性能を持っています。

IPX4以上のイヤホンであればあらゆる方向からの飛沫に耐えられるので、汗をかくスポーツでの使用にもおすすめです。
より強力な防滴・防水性能が必要であれば、IPX5以上に対応したイヤホンを選ぶことをおすすめします。
多方向から噴流水にも耐えられるので、雨やシャワーのなかでも問題なく使用できます。

 

連続再生時間を確認

Bluetooth接続のイヤホンを選ぶ際は1回のフル充電で使用できる、連続再生時間も確認すべきポイントです。
連続再生時間が短いとすぐにバッテリー切れを起こすので頻繁に充電する必要があります。

通話や音楽再生を長時間楽しみたい場合は、最低でも5時間以上の連続再生時間に対応したイヤホンがおすすめです。
7〜8時間以上の連続再生に対応しているイヤホンであれば、ほぼ1日中使用できるので便利です。

 

ノイズキャンセリング機能の確認

通話や音楽に集中したい場合は、ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンがおすすめです。
環境音を相殺できる効果があるので、周囲が騒がしい状況でも雑音を気にすることなく楽しめます。
環境音がなくなるので、より小さい音量で音楽を楽しめます。
また、カフェなど外出時に作業する際などにもおすすめの機能です。

 

マイクの有無を確認

iPhone用に購入するBluetoothイヤホンはマイクつきがおすすめです。
音楽を聴いている最中に電話がかかってきても、ハンズフリーですぐ通話ができます。
更に、最近はテレワークが増えているので、ネット会議などでも活躍します。

 

 

hatta
hatta

「対応コーデック」「防水・防滴性能」「連続再生時間」「ノイズキャンセリング機能」「マイクの有無」の5点がiPhone向けBluetoothイヤホンを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

iPhone向けBluetoothイヤホンのおすすめ5選

 

上記でiPhone向けBluetoothイヤホンの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!iPhone向けBluetoothイヤホンには誰よりも強いこだわりを持つ筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したiPhone向けBluetoothイヤホンを5つ紹介します!

 

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro」は高性能なノイズキャンセリング機能を搭載したApple純正の完全ワイヤレスイヤホンです。
耳に入ってくる周囲のノイズを低減できる「アクティブノイズキャンセリング」を搭載し、小さいボリュームでも音楽に没入できます。
また、音楽を聴きながら周囲の音が聞ける「外音取り込みモード」も搭載しており、車の音なども聞けるため、安全面に配慮して使用できます。

軸部分に感圧センサーが配置されており、音楽の操作や通話の受話・終話などをコントロール可能です。
iPhoneの設定から手軽に操作をカスタマイズできるのも魅力です。
バッテリーケースと合わせれば最大24時間以上使用できるのもポイントで、5分の充電で最大1時間の使用ができる急速充電にも対応しているので、外出先でバッテリー残量を気にせず使えます。

 

・対応コーデック:AAC
・防水・防滴性能:IPX4
・連続再生時間:最大4.5時間(ケースを使えば24時間生成可能)
・ノイズキャンセリング機能:有
・マイクの有無・有

 

 

SONY WF-1000XM3

SONY WF-1000XM3」はCDやMP3、ストリーミングサービスなどの圧縮音源をハイレゾ相当の高音質で楽しめる「DSEE HX」に対応した完全ワイヤレスイヤホンです。
「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、最高レベルのノイズキャンセリング性能を実現しています。
低音から中高音まで幅広いノイズを低減し、快適なリスニングをサポートします。
「外音取り込みモード」も備えており、音楽を聴きながら周囲の音もキャッチ可能です。

人間工学に基づいた「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」により、耳の3点で支えて高い密閉性を実現しており、物理的ノイズも防ぎ、より純度の高いサウンドを楽しめます。
iPhoneの「Siri」にも対応しているので、音声だけで手軽に操作できます。汎用性の高いイヤホンを探している方におすすめです。

 

・対応コーデック:DSEE HX
・防水・防滴性能:なし
・連続再生時間:最大6時間(ケースを使えば24時間生成可能)
・ノイズキャンセリング機能:有
・マイクの有無・有

 

 

Panasonic EAH-AZ70W

Panasonic EAH-AZ70W」は2020年4月10日、Panasonicから発売された密閉型完全ワイヤレスイヤホンです。
Panasonicのハイエンド音響機器を担うオーディオブランド「Technics(テクニクス)」の名前で、初の完全ワイヤレスイヤホン「EAH-AZ70W」で市場に参入しました。
「EAH-AZ70W」は同時発売された三種類のモデルの最上位モデルです。
下位モデルには「RZ-S50W」「RZ-S30W」の2種類があります。
ノイズキャンセリング機能や音質にもこだわったワイヤレスイヤホンです。
連続再生時間は6.5時間でケース充電を使用すれば最大22.5時間の連続再生が可能です。
専用のアプリを使用すれば音質、ノイズキャンセリング、その他アクションなど細かなカスタマイズが可能です。

 

・対応コーデック:SBC、AAC
・防水・防滴性能:IPX4
・連続再生時間:最大6.5時間(ケースを使えば22.5時間生成可能)
・ノイズキャンセリング機能:有
・マイクの有無・有

 

 

Bose SoundSport Free wireless headphones

Bose SoundSport Free wireless headphones」は高音質サウンドと高い装着性を実現したスポーツシーンにピッタリの完全ワイヤレスイヤホンです。
水滴の侵入を防ぐためにオープンポートに撥水性のあるメッシュ素材を採用しており、内部へ水が侵入しにくいため、雨や汗を気にせず使用できるのが特徴です。

独自のデジタル信号処理やイコライザーにより、バランスの取れた再生が可能です。
ジャンル問わずさまざまな音楽を楽しめるのもポイントです。
軽量設計と外れにくい円錐状のノズルにより、快適なつけ心地を実現。長時間着用しても疲れにくいイヤホンを探している方にもおすすめです。

 

・対応コーデック:SBC、AAC
・防水・防滴性能:IPX4
・連続再生時間:最大5時間(ケースを使えば10時間生成可能)
・ノイズキャンセリング機能:なし
・マイクの有無・有

 

 

SONY ワイヤレスイヤホン WI-C310

SONY ワイヤレスイヤホン WI-C310」はiPhoneと相性のよい高音質・低遅延コーデックAACに対応した左右一体型のワイヤレスイヤホンです。
最大15時間の連続使用が可能な大容量バッテリーを搭載し、1日中バッテリー残量を気にせず使えるのが特徴です。
10分の充電で約60分の再生が可能なクイック充電にも対応しています。
マイク内蔵リモコンも搭載されているので、ハンズフリーの通話も可能です。

イヤー部分にはマグネットが搭載されており、使っていないときも首に固定可能です。
フラットケーブルを採用しているので、丸めて持ち運んでも絡まりにくいのもうれしいポイントです。
高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるのも魅力。コスパを重視したい方にもおすすめです。

 

・対応コーデック:AAC
・防水・防滴性能:なし
・連続再生時間:最大15時間
・ノイズキャンセリング機能:なし
・マイクの有無・有

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているiPhone向けBluetoothイヤホンです!
一度Bluetoothイヤホンを使用したら、もう有線イヤホンには戻れません!

 

Bluetoothイヤホンは生産性を爆上げするガジェット

以上がiPhone向けBluetoothイヤホンの選び方とおすすめ5選の解説でした。
Bluetoothイヤホンの一番のメリットは配線の煩わしさからの解放です!
音質も有線に劣らないレベルまで達しているので、一度使用するともう有線イヤホンいは戻れなくなる便利さです。
それにノイズキャンセリング機能なども充実してきているので、外出先のカフェなどでの作業時にも活躍すること間違いなしです。
筆者は作業時は家の内外問わず必ずノイズキャンセリングの効いたワイヤレスイヤホンを着用して作業しています。
Bluetoothイヤホン(ワイヤレスイヤホン)は生産性を爆上げするアイテムです!
是非自分に合うモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

Bluetoothイヤホンは間違いなく生産性を爆上げするガジェットです!

 

iPhoneとPC両方に接続可能なUSBメモリ5選。Lightning端子対応USBの紹介

iPhoneとPC両方に接続可能なUSBメモリ5選。Lightning端子対応USBの紹介
iPhoneはSDカードやUSBに対応していないため、写真や動画で容量やiCloudがすぐに一杯なんてことも多いと思います。 そんな時に便利なのがLightning端子対応のUSBメモリです。 iPhoneとPC間のデータの以降が快適になります。 そこで、ightning端子対応のUSBメモリおすすめ5選を解説します。
家電
hattablog
タイトルとURLをコピーしました