HyperXゲーミングキーボードの選び方とおすすめ5選!パフォーマンスを引き出す高性能

ガジェット

ゲーミングキーボードはゲームをプレイするのに特化したキーボードです。
キー入力の打鍵感や耐久性など、最大限のパフォーマンス能力を引き出すことが可能です。
そこで今回はプロゲーマーからの評判も高い「HyperX」のゲーミングキーボードの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

HyperXのゲーミングキーボードのおすすめは

HyperXのゲーミングキーボードの選び方は?

 

・HyperXとは
・HyperXのゲーミングキーボードの選び方
・HyperXのゲーミングキーボードのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

HyperXのゲーミングキーボードの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばHyperXのゲーミングキーボードで迷うことはもう無くなります!

 

ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲーミングチェアで生産性を向上!

ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲームやテレワームに!コスパモデルも紹介!
ゲーミングチェアはゲームを長時間プレイするゲーマーのために作られたアイテム(ガジェット)です。 座り心地に優れており、疲れにくく、正しい姿勢を保ちやすいなど、さまざまなメリットがあります。 ビジネスシーンでも注目されているアイテムです。 そこで、ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介します。

 

 

HyperXとは

HyperXとは、アメリカの半導体メモリを扱うメーカー「キングストン(Kingston)」のゲーミングデバイスブランドです。
キーボードのほかにも、ヘッドセットやイヤホン、マイクやマウスなどにも「HyperX」のブランド名が使用されています。

HyperXは、多くのゲーミングデバイスブランドのなかでも、デザイン性に優れているのがポイントです。
2018年には、世界3大デザイン賞の2つである「レッド・ドット・デザイン賞」と「iFデザイン賞」を獲得した歴史を持っています。
外見的なデザインはもちろん、性能や機能性も評価されていることから、ゲームスキルを最大限に引き出したい方におすすめです。

 

HyperXのゲーミングキーボードの特徴

HyperXのゲーミングキーボードの特徴は、耐久性に優れている点です。
扱っている多くのモデルは、数千万回のキーストロークに耐えられる設計が施されており、長期間にわたって使用できます。
また、強固なアルミ素材を採用しているモデルもあり、白熱したゲーム展開で力の入ったキー入力をしてしまっても安心です。

HyperX独自のソフトウェア「HyperX NGENUITY」を使用することで、ゲーミングキーボードを自分好みにカスタマイズできるのもポイントです。
RGBライティング効果を自由に設定したり、キーバインドやマクロを登録できたりするので、拡張性に優れています。

 

hatta
hatta

HyperXはデザイン性、機能性ともに優れたゲーミングギアメーカーです!

 

 

HyperXのゲーミングキーボードの選び方

キースイッチの種類を確認

メカニカル

メカニカル式のキーボードは、各キーひとつひとつが独立しており、入力時にカチカチっとした打鍵感を得られるのがポイントです。
また、キーに不具合が発生した場合でも、キーボードをすべて交換する必要はなく、スイッチを交換することで継続して使用できます。

また、「軸」の色によって性能が異なるのも魅力のひとつです。
キー入力のバランスを重視する方は「茶軸」、反発力が強く打鍵感をしっかりと得たい方は「青軸」、軽めのキータッチで静音性を求める方は「赤軸」がおすすめです。

 

メンブレン

メンブレン式のキーボードは、静音性に優れているのが特徴です。
数枚のシートを用いて作られており、メカニカル式のスイッチと比較して、シンプルな構造に仕上げられています。

価格がリーズナブルな一方、不具合が発生した際に、該当部分のスイッチのみを交換できないため、キーボードごとの買い換えが必要です。

 

テンキーの有無を確認

テンキーの有無についても確認しましょう。
フルサイズモデルは本体の右側にテンキーを搭載しており、効率的に数字を入力可能です。
オンライン上でのチャットはもちろん、日常的な事務作業や表計算ソフトの用途にも最適です。

一方、テンキーレスタイプは、キーボードの幅がフルサイズよりも狭いのが特徴です。
スペースが限られているデスクに置いても収まりやすく、マウスを広く使えます。数字の入力方法にこだわりがなければ、テンキーレスのキーボードがおすすめです。

 

キー配列を確認

ゲーミングキーボードを購入する際には、キー配列も要チェック。一般的に、「日本語配列(JIS配列)」と「英語配列(US配列)」の2種類あります。
日本語配列は、全角と半角の切り替えや変換ボタンを搭載しており、普段使いも兼ねて日本語入力をスムーズに行いたい方に最適です。

英語配列はすっきりとした見た目が特徴ですが、半角・全角切り替えキーがなかったり、エンターキーのサイズが異なったりと日本語配列とは仕様が異なります。
英語配列のメリットは、海外版のゲームコンテンツをプレイする際に、キーコマンドの割り当てを変更する必要がないことです。
さらに、プログラミング用途での使用には英語配列が入力しやすいのもメリットです。使いやすさや目的に応じて検討しましょう。

 

hatta
hatta

「キースイッチの種類」「テンキーの有無」「キー配列」の3点がHyperXのゲーミングキーボードを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

HyperXのゲーミングキーボードのおすすめ5選

 

上記でHyperXのゲーミングキーボードの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!HyperX製品に全幅の信頼を寄せている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したHyperXのゲーミングキーボードを5つ紹介します!

 

Kingston HyperX Alloy FPS Pro HX-KB4BL1-US/WW

Kingston HyperX Alloy FPS Pro HX-KB4BL1-US/WW」はメカニカルスイッチを採用したゲーミングキーボードです。
青軸・赤軸・茶軸の3種類をラインナップしており、好みのクリック感に応じて選べるのが特徴です。
約5000万回のキー入力に耐えられる耐久性を有しているため、長期にわたって使用できます。

ゲーミングキーボードのなかでは、携帯性に優れているのも便利です。
取り外し可能なUSB電源コードに加え、専用のトラベルメッシュポーチも付属しており、アクセサリー類をまとめて持ち運べます。
また、キーボード本体に取り付けられたUSB給電ポートは、スマートフォンへの充電にも対応しています。

LEDバックライトの演出も可能です。点灯パターンはカスタムモードを含む、6つのプリセットから選べます。明るさは5段階に分けられており、光が十分に足りない場所でも快適にゲームを楽しめるモデルです。

 

・キースイッチの種類:メカニカル
・テンキーの有無:無
・キー配列:英語配列

 

 

Kingston HyperX Alloy Origins Core RGB HX-KB7RDX-JP

Kingston HyperX Alloy Origins Core RGB HX-KB7RDX-JP」はタイピングのしやすさを重視する方に適しているメカニカル式ゲーミングキーボードです。
3°・7°・11°の3つの角度調節に対応しており、手首に負担がかかりにくい高さに調節できます。
また、応答性と正確性のバランスを重視したメーカー独自のメカニカルスイッチを採用し、安定したキー入力が可能です。

限られたスペースでも使用可能のが本製品のポイントです。
テンキーレスタイプのため、デスクの幅が狭い場所でのゲームプレイにぴったりです。
マウスを広く使えるスペースを確保できるので、ゲームを有利に進められます。

バックライト機能も魅力的なポイントで、RGBライティングをさらに明るく発光させるためにLEDがキーの横から露出しています。
さらに、メーカー専用のソフトウェア「HyperX NGENUITY」を使用することで、細かいカスタマイズにも対応したモデルです。

・キースイッチの種類:メカニカル
・テンキーの有無:無
・キー配列:日本語配列

 

 

Kingston HyperX Alloy Core RGB HX-KB5ME2-JP

Kingston HyperX Alloy Core RGB HX-KB5ME2-JP」は利便性を重視する方におすすめのゲーミングキーボードです。
メンブレン式の静音性に優れたスイッチを採用しており、ゲーム中に音が発生しにくいのがポイントです。
夜間や静かな場所でも周りに配慮しながらゲームに集中できます。

機能性に優れているのも魅力のひとつです。
音楽の再生や停止、音量調節ボタンといった専用メディアキーを搭載しているほか、ボリュームホイールが本体に取り付けられているため、パソコン自体で操作をする必要がありません。

ダイナミックなRGBライティング効果も特徴で、6つのプリセットが用意されており、ゲームの雰囲気に合わせてライトアップで演出します。
高性能でコスパのよいゲーミングキーボードを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

 

・キースイッチの種類:メンブレン
・テンキーの有無:有
・キー配列:日本語配列

 

 

Kingston HyperX Alloy FPS HX-KB1SS2-US

Kingston HyperX Alloy FPS HX-KB1SS2-US」は耐久性に優れたゲーミングキーボードです。
強固なスチールフレームを本体に採用しており、ゲームプレイ中に強くタイピングをしても安心です。
また、軽い力で反応する「Kailh Silver Speedスイッチ」は、約7000万回の入力に耐えられるとされています。

カスタマイズ機能も本製品の魅力的なポイントです。
メーカー専用のソフトウェアを通して、最大3つのプロファイルをキーボード本体に保存できるため、外出先で使用する際にも再設定が不要です。
さらに、キー別のライティングにも対応しており、オリジナル製を高められます。

さまざまな用途に使用できるのも魅力的なポイントです。
US配列を採用しており、ゲーミング用途はもちろん、プログラミングにも最適です。
テンキーも備えており、表計算や会計作業を行う際にも便利なモデルです。

 

・キースイッチの種類:メカニカル
・テンキーの有無:有
・キー配列:英語配列

 

 

Kingston HyperX Alloy Origins HX-KB6RDX-JP

Kingston HyperX Alloy Origins HX-KB6RDX-JP」はフルサイズのゲーミングキーボードです。
テンキーを採用しており、数字を素早く入力可能です。
また、表計算や会計作業などゲーミング用途以外に用いる際にも活躍します。

航空機グレードのフルアルミボディを使用しているのも魅力のひとつです。
激しいゲーム操作のなかで、キーボードを強く入力してしまっても安定感があります。
さらに、メカニカルスイッチは約8000万回のキー入力に耐えられるとされており、長く愛用したい方におすすめです。

少ないストレスでゲームに集中できるのも本製品の特徴です。
「100%アンチゴースト機能」を採用し、複数キーの同時入力も正しく判別します。
また、Windowsキーの誤入力を予防する「ゲームモード」をワンタッチで作動、解除するボタンも搭載しています。
キー入力のミスが減るため、快適なプレイングを楽しめます。

 

・キースイッチの種類:メカニカル
・テンキーの有無:有
・キー配列:日本語配列

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したHyperXのゲーミングキーボードです!
個人的にテンキー付きとテンキーなしを1つずつ持っておくのがおすすめです!

 

 

パフォーマンスを引き出すキーボード

以上がHyperXのゲーミングキーボードの選び方とおすすめ5選の解説でした。
キングストンのゲーミングブランド「HyperX」は、プロゲーマー達からも高い評判を得ていまするブランドです。
ゲーミングに特化した設計で耐久性に優れているほか、長時間操作しても疲れにくい機能が魅力です。
なので、ゲームだけでなく普段の作業にもおすすめのアイテムです!
ぜひ、自分のお気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ゲームはもちろん普段の作業にもおすすめのキーボードです!
HyperXのゲーミングキーボードは作業効率・生産性を上げてくれます!

 

Razerのヘッドセットの選び方とおすすめ5選!ゲームをより面白く快適に!

Razerのヘッドセットの選び方とおすすめ5選!ゲームをより面白く快適に!
ゲーミングヘッドセットはゲームの没入感をサポートする重要なアイテム(ガジェット)です。 ゲーイングヘッドセットを使用すると発砲音や爆発音、敵の足音などがよりリアルに感じられ、ゲームをより有利に進められます。 そこでゲーミングデバイスメーカーとして有名なRazerのヘッドセットの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました