高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選!動画編集やゲーム、クリエーターに!

ガジェット

ノートパソコンは低価格路線とハイスペック仕様の2極化が進んでいます。
ハイスペック仕様なノートパソコンは動画編集やゲーム、クリエーターにも十分対応できる高性能さが魅力です。
さらに最近のモデルは軽量かつコンパクトになっているのもポイントです。
そこで、高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

高性能Windowsノートパソコンのおすすめは?

高性能Windowsノートパソコンの選び方は?

 

・高性能ノートパソコンとは
・高性能Windowsノートパソコンの選び方
・高性能Windowsノートパソコンのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めば高性能Windowsノートパソコンで迷うことはもう無くなります!

 

 

ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲーミングチェアで生産性を向上!

ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲームやテレワームに!コスパモデルも紹介!
ゲーミングチェアはゲームを長時間プレイするゲーマーのために作られたアイテム(ガジェット)です。 座り心地に優れており、疲れにくく、正しい姿勢を保ちやすいなど、さまざまなメリットがあります。 ビジネスシーンでも注目されているアイテムです。 そこで、ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介します。

 

 

高性能ノートパソコンとは

高性能ノートパソコンとは、デスクトップパソコンに匹敵するほどの高性能なスペックを有するノートパソコンのことです。

以前は動画編集を行ったり、PCゲームをプレイしたりするときはデスクトップパソコンを選ぶのが常識とされていましたが、最近はノートパソコンの高性能化が進み、デスクトップと比べても遜色ないスペックのモデルが登場しています

 

高性能ノートパソコンはこんな人におすすめ

高性能なノートパソコンは、動画編集をする方やゲーマーなどマルチタスクをこなす方におすすめです。
基本的に搭載されているパーツも高スペックなので快適に作業できます

例えば、ネットサーフィンのみであればスペックを抑えたノートパソコンでも問題ありません。
しかし、動画編集をしながらWordやExcelを開いたり、ゲームをプレイしながらSkypeなどの通話アプリを使用したりなど、複数のコンテンツを快適に利用する際はハイスペックのノートパソコンの方がストレスなく作業できます。

 

hatta
hatta

最近の高性能ノートPCはデスクトップパソコンに匹敵するほどの高性能なスペックです!
3DCG作成やレンダリングなど、余程の重たい作業を除けば十分にストレスなく使用できます!
筆者も普段は高性能Windowsノートパソコンをメインに使用しています!

 

 

高性能Windowsノートパソコンの選び方

CPUを確認

CPUとはパソコンの処理性能を決める重要な部品です。
人体でいうと頭脳に例えられ、一般的にクロック周波数(GHz)が高いCPUほど処理性能が高いのがポイントです。
ただし、CPUの性能は周波数だけではなくコア数やスレッド数も影響します。

コアとはCPUのなかに含まれ、実際に処理を担当する中央処理ユニットのことです。
コア数が増えるほど、処理を分担して行えるので、複数の作業を同時に進めた場合でも快適に作業が可能です。
また、コアをさらに細分化したものがスレッドですが、スレッド数が多いほどより多くの作業を同時にこなせます

大半のパソコンにはインテル社のCPUが搭載されていますが、Core m3・Core i5・Core i7・Core i9の順にクラスが上がり、処理速度がより向上します。
高性能ノートパソコンの場合、写真編集やブログ更新、ビジネス用途が主ならCore i5でも十分です。
大量の写真編集や本格的な映像制作、3Dデザイン制作を行いたい方はCore i7以上のCPUを搭載したモデルをチェックしておきましょう。

 

GPUを確認

GPUはパソコン内の描画に関わる部品です。
通常パソコンにおけるデータ処理の大半にはメモリが使用されますが、描画に関する処理はデータ容量が膨大なため、メモリとは別に描画専用の処理ユニットであるGPUを設けることで、パソコン全体にかかる負荷を軽減しています。

通常のノートパソコンにおけるGPUはCPU内に簡易的なモノが搭載されていることがありますが、高性能ノートパソコンにはそれとは別に独立したGPUが搭載されていることがほとんどです。
CPUに内蔵されたタイプよりも処理容量が多いため、動画編集やゲームを快適に楽しめます。

独立GPUは米国のNVIDIA社が開発した「GeForce」とAMD社の「Radeon」が一般的です。
動画編集やゲームが主な用途の場合は、最低4GB以上の容量を備えた独立GPUを搭載した高性能ノートパソコンがおすすめです。

 

メモリ容量を確認

メモリは作業領域の広さを決める部品で、作業中に使用しているデータの一時保管場所として使われています
よく作業デスクの広さに例えられ、メモリの容量が増えるほど作業デスクが広くなるイメージです

容量の多いメモリでは一度に多くのデータを同時に処理できるのが特徴です。
高性能ノートパソコンの場合、メモリ容量に関しては最低8GB、可能であれば16GBを選ぶのがおすすめです。
マルチタスクで書類作成やクリエイティブ作業を快適に進めたい場合は8GB以上が必須となります。

なお、高性能ノートパソコンを長期にわたって使用したい場合はメモリを後から増設できるかも確認しましょう。
パソコンの処理速度が遅くなった場合はメモリ容量を追加することで改善する場合がありますが、増設が不可な機種もあるので注意しておきましょう。

 

ストレージの種類と容量を確認

ストレージとは画像や動画、ソフトウェアなどありとあらゆるデータを保存する装置のことです。
メモリがデータの一時的な取置場所であったのに対し、ストレージはデータの長期にわたる保管場所として使用されます。

高性能ノートパソコンのストレージに使用される記録メディアには主にHDDとSSDの2種類あります。
HDDは容量当たりの単価が安いので、大容量でもリーズナブルな価格で購入できますが、処理速度が遅いことや衝撃に弱いのがデメリットです。

一方、SSDはHDDと比べて処理速度が速く、静音性に優れているのが特徴です。
ただし、容量当たりの価格はHDDより高いので、その点は留意しておきましょう。

ストレージの容量は最低でも256GB以上がおすすめです。
大量の写真データを管理するのはもちろん、動画編集を頻繁に行う場合は512GBまたは1TBの容量を目安にしましょう。

 

hatta
hatta

「CPU」「GPU」「メモリ容量」「ストレージの種類と容量」の4点が高性能Windowsノートパソコンを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

高性能Windowsノートパソコンのおすすめ5選

上記で高性能Windowsノートパソコンの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!1日のほぼすべての時間をノートPCと過ごしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した高性能Windowsノートパソコンを5つ紹介します!

 

Microsoft Surface Laptop 3 VEF-00018

Microsoft Surface Laptop 3 VEF-00018」はタッチパネルに対応のディスプレイを搭載した高性能ノートパソコンです。
10点マルチタッチで直感的な操作ができ、別売りのSurface Penを使えばイラスト描画やメモ書きも可能です。
画面サイズが13.5インチですが、解像度が2256×1504ドットと高精細なのでデスクトップ領域を広く使えて作業がはかどります。

CPUには高性能の第10世代Intel Core i7を採用しています。
動画編集の作業時間を短縮でき、YouTubeなどに動画を公開している方におすすめです。

本体サイズは幅30.8×奥行き22.3×厚さ1.45cmと薄型で、ボディカラーはプラチナ・サンドストーン・コバルトブルー・ブラックの4種類です。
ビジネスのイメージが強いマイクロソフトですが、おしゃれなカラーも選べるおすすめの高性能ノートパソコンです。

 

・CPU:Core i7
・GPU:Intel(内蔵GPU)
・メモリ容量:16GB
・ストレージの種類と容量:SSD(256GB)

 

 

ASUS ZenBook 14 UX434FL-A6002T

ASUS ZenBook 14 UX434FL-A6002T」はタッチパッドにさまざまな機能を追加したおすすめの高性能ノートパソコンです。
クリックやスクロールといった一般的なタッチパッドとしてだけでなく、セカンドディスプレイとしても使用できる「ScreenPad 2.0」を搭載しています。
5.65インチの画面では手書き入力や動画再生など、マルチタスクで作業効率を向上できます。

本体サイズは幅31.9×奥行き19.9×厚さ1.69cmで重量が約1.3kgです。
ベゼル部分が狭いので、14インチディスプレイを採用しながらコンパクト化を実現しています。
作業をしやすい広い画面と持ち運びやすさを両立しています。

ストレージは512GBと大容量のSSD、メモリは8GBを搭載しています。
ボディは米国軍事規格に適合した厳しいテストをクリアした耐久性があり、常に携帯したい方におすすめの高性能ノートパソコンです。

 

・CPU:Core i5
・GPU:Intel(内蔵GPU)
・メモリ容量:8GB
・ストレージの種類と容量:SSD(512GB)

 

 

Dell Inspiron 14 5401 MI584A-ANLC

Dell Inspiron 14 5401 MI584A-ANLC」はコストを抑えつつ、高パフォーマンスを実現したノートパソコンです。
14インチサイズのフルHDディスプレイで、モバイル性と視認性の高さを両立しています。
パネル部分には光の反射が少ない非光沢処理が施されており、長時間の作業にも対応できます。

CPUには第10世代Intel Core i7を採用しています。
SSD容量は512GBと余裕があるため、多くのデータを保存したい方にピッタリです。
また、GPUのNVIDIA GeForce MX330を搭載しているのもポイントです。
画像編集をしたり、軽~中量級のPCゲームで遊んだりするには十分なスペックです。

PC画面上でスマホを操作できる「Dell モバイルコネクト」も便利です。
スマホに掛かってきた電話をPCで取ったり、ショートメッセージをキーボードで打てたりと、PC画面に集中することができます。
仕事からプライベートまで、マルチに活躍するおすすめの高性能ノートパソコンです。

 

・CPU:Core i7
・GPU:NVIDIA GeForce MX330
・メモリ容量:8GB
・ストレージの種類と容量:SSD(512GB)

 

 

HP Spectre x360 13 2S9M7PA-AAAA

HP Spectre x360 13 2S9M7PA-AAAA」はタブレットのようにも使用できる高性能ノートパソコンです。
タッチパネルに対応した13インチのディスプレイが360°回転し、タブレットのようにも使用可能です。
アクティブペンが附属しているので、イラスト描画が趣味の方にもおすすめです。

CPUは第11世代Intel Core i7を搭載しています。
ストレージはアクセス速度に優れたSSDを採用し、容量は1TBあるので動画や画像など大量のデータを保存できます。
メモリも16GBと大容量なので作業がスムーズに行えて快適です。

本体サイズは幅30.7×奥行き19.45×厚さ1.6cmで重量が約1.2kgと軽量コンパクトです。
バッテリー駆動が最大約22時間と長く、外出先で使用する機会が多い方でも電源の心配がいらないおすすめの高性能ノートパソコンです。

 

・CPU:Core i7
・GPU:Intel(内蔵GPU)
・メモリ容量:16GB
・ストレージの種類と容量:SSD(512GB)

 

 

ASUS ROG Strix G15 G512LV

ASUS ROG Strix G15 G512LV」は冷却機能に優れたおすすめの高性能ノートパソコンです。
ゲームはもちろん動画編集やクリエイターにもおすすめもモデルです。
厚さ0.1のフィンを189枚使用した冷却システムが熱による暴走を予防します。
高性能なインテル第10世代Intel Core i7プロセッサーの能力を十分に発揮します。

解像度が1920×1080ドットの15.6インチディスプレイは144Hzのリフレッシュレートに対応しています。
動きの速いゲームでも快適にプレイできます。
本体サイズは幅36.0×奥行き27.5×厚さ2.58cmで重量が約2.3kgです。
安定した動作で、安心してゲームや作業に集中できるおすすめの高性能ノートパソコンです。

 

・CPU:Core i7
・GPU:NVIDIA GeForce RTX 2060
・メモリ容量:16GB
・ストレージの種類と容量:SSD(512GB)

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選した高性能Windowsノートパソコンです!
処理速度はもちろん薄さ軽さにも驚くはずです!

 

 

高性能ノートパソコンは作業効率・生産性を爆上げする

以上が高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選の解説でした。
ハイスペック仕様なノートパソコンは動画編集やゲーム、クリエーターにも十分対応できる高性能さが魅力です!
どこへでも持ち運び作業できるノートパソコンだからこそ、ストレスなく作業できるスペックは重要です!
場所に縛られず作業するためのキーアイテムと言えます!
仕事に使用するPCは絶対にケチってはいけない部分です!
性能の低いPCは間違いなく作業効率・生産性を低下させます。
できる限りハイスペックなものを購入することをおすすめします!
是非、お気に入りの1台を選んでみてください。

 

hatta
hatta

高性能ノートパソコンは1台あると作業効率・生産性を爆上げするこれからのマストアイテムです!
高性能ノートパソコンに投資する価値は私が保証します!

 

 

デュアルディスプレイ用モニターの選び方とおすすめ5選!メリットが多く生産性アップ!

デュアルディスプレイ用モニターの選び方とおすすめ5選!メリットが多く生産性アップ!
デュアルディスプレイはモニターを2台接続することで画面面積を広くし、作業領域を広げることができます。 取得できる情報量が増え、タスクやフォルダなどをたくさん開いて表示させておけるなど、生産性や作業効率を高めることができます。 そこで、デュアルディスプレイ用モニターの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました