手斧の選び方とおすすめ5選!キャンプやブッシュクラフトの薪割りに!コスパモデルも!

アウトドア

手斧は薪割りなどに活躍するアイテムです。
片手で持ちやすくコンパクトなので、持ち運びしやすくキャンプやブッシュクラフトなどで便利なギアです!
薪割りや着火剤だけでなく、枝の切り落としなどにも便利です。
そこで、手斧の選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

手斧のおすすめは?

手斧の選び方は?

 

・手斧とは
・手斧の選び方
・手斧のおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

手斧の選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めば手斧で迷うことはもう無くなります!

 

 

ブッシュクラフトナイフの選び方とおすすめ5選!フルタングでバトニングや料理などに!

ブッシュクラフトナイフの選び方とおすすめ5選!フルタングでバトニングや料理などに!
ブッシュクラフトナイフはフェザースティックを使って火種を作ったり、薪割り、調理と幅広く使用できるアウトドアで活躍するアイテムです。 フルタングタイプのナイフは頑丈な造りでハードな使い方に向いており、長く愛用できるのもポイントです。 そこで、ブッシュクラフトナイフの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

手斧とは

手斧とは、主に30~40cm程度の片手で扱える小型の斧のことです。
もともとは大工道具として用いられることが多かったものの、最近ではキャンプ用の便利なアイテムとして使われるようになりました。

手斧は、薪が大きすぎる場合に細かく割ったり、近くの枝を切り落としたりするのに便利です。
また、木製・ゴム製・樹脂製のグリップを備えたモノなど、さまざまなモデルが存在します。

BBQや森・水辺でのキャンプから、ブッシュクラフトなどの本格的なアウトドアシーンまで、さまざまな場面で活躍します。
また、薪割りがメインなのか、着火剤を作りたいのかなど、用途によって手斧の選び方は異なります。

 

手斧と鉈の違い

鉈と手斧はどちらも片手で扱えるアイテムです。
なかでも、鉈はモノを「切る」ことに特化しているのが特徴です。
また、鉈は手斧に比べて刃渡りが長く軽量なモノが多いため、木を切ったり削ったりなど細かい作業に向いています。
細かい薪を割る際にも便利です。

対して、手斧は重く厚みのあるヘッドを備えているので、鉈に比べて「叩き割る」イメージに近いのが特徴です。
遠心力がききやすくパワーがあるため、広葉樹などの硬い木にも対応しやすいのがポイントです。

大きな薪を割る場合や、多くの薪を用意する必要がある場面などでは、手斧を使うのがおすすめです。
薪が必要なキャンプやブッシュクラフトなどを楽しむなら、1本は用意しておきましょう。

 

hatta
hatta

手斧は薪を割ったりする場合に便利なアイテムです!
キャンプやブッシュクラフトなのど、様々なシーンで活躍します!

 

 

手斧の選び方

長さを確認

手斧を選ぶ際は、使いやすい長さかどうかを確認することが重要です。
カットされた薪を割ったり、細かい枝打ちをしたりする場合には、小回りのきくコンパクトな手斧がおすすめです。
30cm前後のモデルが扱いやすく便利です。

また、35〜40cm程の長さがあるモデルは両手でも扱いやすく、パワーを発揮したい場面などにも対応できます。
より強力に使える手斧が欲しい方には、60cm以上のモデルもおすすめです。

片手・両手のどちらで手斧を使いたいかを考慮して、用途に合う長さのモノを選んでみてください。

 

重さを確認

手斧はヘッドの大きさや素材によって重さが異なり、400~2000g程度と、幅広い重量のモデルがラインナップされています。
なかには、300g程度の軽量モデルも存在し、初心者の方や簡易な用途に手斧を使いたい方におすすめです。

また、丸太から薪を切り出すなどの本格的な用途には、1000g以上の重量がある手斧がおすすめです。
扱いには慣れが必要なので主に上級者向けですが、より効率よく薪を割れます。
用途や熟練度に応じて、適切な手斧を選ぶようにしましょう。

 

収納ケースやカバーの有無を確認

手斧は大きな刃が剥き出しになったツールなので、持ち運ぶ際の安全性にも注意する必要があります。
製品によっては専用の収納ケースやヘッドを覆うカバーが付属しているモノもあるため、気になる方は確認してみてください

また、革製の収納ケースが付属している手斧は高級感があり、デザイン性を重視したい方におすすめです。
そのほか、ワンタッチで収納できるアームを本体に搭載したモノなど、機能性に優れたモデルもラインナップされています。

 

hatta
hatta

「長さ」「重さ」「収納ケースやカバーの有無」の3点が手斧を選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

手斧のおすすめ5選

上記で手斧の選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!キャンプやブッシュクラフトで手斧を使い倒している筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した手斧を5つ紹介します!

 

ハスクバーナ 手斧 576926401

ハスクバーナ 手斧 576926401」は38cmの使いやすい手斧です。
スウェーデン鋼と木製の柄で、北欧らしいデザインに仕上がっているのが特徴です。
ヘッド部分には木製と金属製のくさびが打ち込まれているので、ヘッドが緩みにくいのもポイントです。
操作性に優れ、片手で振りやすいのも魅力です。

また、ヘッドをすっぽりと覆う、フルカバーのレザーケースが付属しています。
持ち運び時も安全性に配慮できる、エントリーモデルとしてもおすすめの手斧です。

 

・長さ:38cm
・重さ:998g
・収納ケースやカバー:有

 


 

ハスクバーナ ハチェット H900 580761001

ハスクバーナ ハチェット H900 580761001」は約34cmのコンパクトボディに700gのヘッドを取り付けた、振りやすい手斧です。
ガラス繊維を配合した樹脂製のボディを採用しており、耐久性・耐水性に優れています。
水辺や山中など、幅広いシーンで活躍するアイテムです。

堅牢な樹脂製のケースが付属しているのもポイントです。
大きく掴みやすい持ち手がついており、フック用の穴も備わっているため、持ち運びに便利です。
刃がしっかりと保護されるので、安全性を重視したい方にも適しています。

 

・長さ:34cm
・重さ:953g
・収納ケースやカバー:有

 


 

ガーバー パックハチェット キャンピングアックス

ガーバー パックハチェット キャンピングアックス」はブレードがグリップまで貫通している「フルタング構造」を採用した手斧です。
重量バランスがよく、安定性に優れているのが特徴です。
また、樹脂製のハンドルを採用しているほか、ゴム製グリップを備えているため、握りやすい仕様です。

付属のナイロン製シースを使用すれば、手斧をベルトなどへ取り付けられるのもメリットです。
携行性・耐久性・操作性を兼ね備えた、幅広い用途に使えるモデルです。

 

・長さ:24cm
・重さ:590g
・収納ケースやカバー:有

 


 

Hewflit ハンドアックス

Hewflit ハンドアックス」はフルタング構造を採用した手斧です。
グリップ部分には木製素材を使用しており、握りやすく振りやすいのが特徴です。
ヘッドが抜ける心配がなく、安全性が気になる方におすすめです。

全長は約26cmで、重量はわずか300gと軽量なのも魅力で、枝払いや、木材を削りたい際に活躍します。
ヘッド後部には枝を折りやすい突起が備わっているほか、3種類の六角レンチ機能も搭載しています。
キャンプ用品のメンテナンス用工具としても活用可能です。

 

・長さ:26cm
・重さ:300g
・収納ケースやカバー:有

 


 

STILVOLLE TOOLS アックス・ナイン UK-03AXE9

STILVOLLE TOOLS アックス・ナイン UK-03AXE9」はアメリカ空軍の緊急脱出時訓練課程「SERE」取得者が考案した、手斧を搭載したサバイバル用マルチツールです。
斧部分は、米軍の標準装備である軍用の小型斧「タクティカルトマホーク」をもとに設計されています。

人間工学に基づいて設計されたハンドルを搭載しているのもポイントです。
グリップ性に優れており、細かい作業にも対応可能です。
さらに、本体には、フォールディングナイフ・ドライバー・レンチ・ハンマー・爪切り・のこぎりなど多数の機能が備わっています。

ブッシュクラフトや山岳登山など、本格志向のアウトドアシーンで活躍する高機能モデルを探している方におすすめです。

 

・長さ:17.5cm
・重さ:510g
・収納ケースやカバー:有

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している手斧です!
手斧が1つあると薪割りも楽になり、キャンプやブッシュクラフトもより楽しくなります!

 

 

手斧はキャンプをさらに楽しくする

以上が手斧の選び方とおすすめ5選の解説でした。
手斧は薪割りなどに活躍するアイテムです!
片手で持ちやすくコンパクトなので、持ち運びしやすくキャンプやブッシュクラフトなどで便利なギアです!
薪割りや着火剤だけでなく、枝の切り落としなどにも便利です!

手斧は登山・キャンプ・BBQなど、アウトドアシーンで薪が必要になときに役立つアイテムです!
手斧が1つあるとキャンプは更に楽しくなります!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

手斧が1つあるとキャンプやブッシュクラフトはさらに楽しくなります!
薪割りや着火剤作成などに是非使ってみてください!

 

 

アウトドア用スコップ・シャベルの選び方とおすすめ5選!軽量・多機能モデルを紹介!

アウトドア用スコップ・シャベルの選び方とおすすめ5選!軽量・多機能モデルを紹介!
アウトドア用のスコップ・シャベルは、穴が掘れるだけでなく、クワやノコギリ、鉈などのマルチツールとして使えるものラインナップされています。 折りたたみ式で携帯できるものもあり、キャンプや登山・雪かき、日常使いにも便利なアイテムです。 そこで、アウトドア用スコップ・シャベルの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました