ハンディスキャナーの選び方とおすすめ5選!どこでもすぐにスキャニング!

ガジェット

ハンディスキャナーはコンパクトで持ち運びしやすいスキャナーです。
外出先や自宅などで、紙媒体の写真や資料などをすぐにデジタルデータに変換することができる便利なアイテム(ガジェット)です。
1つ持っていればビジネスや趣味に活躍します。
そこで、ハンディスキャナーの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ハンディスキャナーのおすすめは?

ハンディスキャナーの選び方は?

 

・ハンディスキャナーとは
・ハンディスキャナーの選び方
・ハンディスキャナーのおすすめ5選

上記3点から解説します!

 

hatta
hatta

ハンディスキャナーの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばもうハンディスキャナーで迷うことはなくなります!

 

 

モバイルプロジェクターの選び方とおすすめ5選!超小型軽量で持ち運びに便利!

モバイルプロジェクターの選び方とおすすめ5選!超小型軽量で持ち運びに便利!
超小型軽量で持ち運びに便利なモバイルプロジェクターはどこでも気軽に大画面を作り出せる便利なアイテム(ガジェット)です。 ビジネスでは会議やプレゼンに、プライベートではスライドショーや動画を視聴するなど、大画面環境を簡単に作り出すことができます そこで、モバイルプロジェクターの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

ハンディスキャナーとは

ハンディスキャナーとは、手に持って使用するタイプの小型スキャナーを指します。
通常のスキャナーは原稿をセットしたあとに自動で読み取るタイプがほとんどですが、ハンディスキャナーは手動で原稿を読み取るのが特徴です。
持ち運びに便利なことから「モバイルスキャナー」とも呼ばれます。

ハンディスキャナーの多くは、乾電池またはバッテリーで動作するため、周囲にコンセントがない場所でも使用可能です。
通常のスキャナーとは違って、書籍を裁断せずともスキャンできるので、所有している書籍や雑誌などを電子化するのにもピッタリです。
壁に飾られた写真などもそのまま読み取れます。
すでに大型スキャナーを持っている方にもおすすめです。

 

hatta
hatta

ハンディースキャナーのメリットはコンパクトで持ち運びでき、電源不要なところです!

 

 

ハンディスキャナーの選び方

解像度を確認

解像度とは、1インチの幅でドットの密度を表したもので、単位にはdpi(ドットパーインチ)が用いられます。
たとえば、300dpiであれば、「1インチの中に300ドットを表現できる」という意味です。
リーズナブルなモデルだと300dpiまたは600dpi、もう少し高価なモデルだと900dpiに対応しています。

カラー写真の焼き増しなどをする場合は1200dpi程度あると仕上がりがきれいですが、書類などをデータ化する場合は300dpiでも十分です。
dpiが高ければよいというわけではないので注意しましょう。

 

Wi-Fi機能を確認

ハンディスキャナーのなかには、Wi-Fiによるワイヤレス接続に対応している機種があります。
パソコンを介さずに、スキャンしたデータをそのままスマホやタブレットで閲覧することが可能で、スキャンミスを防げるので便利です。

また、モバイル端末からクラウドストレージに保存したり、メールに添付すればデータ共有できたりするのも魅力です。
ケーブル類を持ち運ぶ必要もないので、荷物がコンパクトにまとまります。
外出先での使用を考えている方におすすめの機能です。

 

電源を確認

ハンディスキャナーの電源は、主に「バッテリータイプ」と「乾電池タイプ」の2種類に分けられます。
コストを重視するならバッテリータイプがおすすめです。
充電することで繰り返し使えるため、電池代を節約できます。
乾電池タイプはコストがかかる一方、突然の電池切れにも対応できるのが魅力です。
用途に応じて使い分けましょう。

 

hatta
hatta

「解像度」「Wi-Fi機能」「電源」の3点がハンディスキャナーを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ハンディスキャナーのおすすめ5選

上記でハンディスキャナーの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!書類のデジタル化には人一倍のこだわりを持つ筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したハンディスキャナーを5つ紹介します!

 

MUNBYN ハンディスキャナー IDS001

MUNBYN ハンディスキャナー IDS001」は幅広いサイズに対応したハンディスキャナーです。
A4やB5、写真、名刺などのスキャンを可能としており、プライベートやビジネスで役立ちます。
また、解像度を300・600・900dpiの3種類から用途に合わせて選べるのもポイントです。

255×30×30mmのコンパクトサイズで携帯性に優れています。
会議や展示会などに手軽に持ち込めるほか、簡単な操作でmicroSDカードにデータを残せるのも特徴です。

雑誌やパンフレットに記載されている文字をテキストデータとして保存できるOCR機能も魅力です。
Windows・Macの両OSに対応しているため、職場や自宅での共有にもおすすめなモデルです。

 

・解像度:300・600・900dpi(選択可能)
・Wi-Fi機能:あり
・電源:電池式

 

 

Aibecy IScan02 ハンディスキャナー FVN5104462979756IS

Aibecy IScan02 ハンディスキャナー FVN5104462979756IS」はワイヤレスで転送を行えるハンディスキャナーです。
Wi-Fi機能に対応したモデルで、スキャンしたデータをスマートフォンやタブレットに転送できます。
また、LCDディスプレイを搭載しており、プレビューや設定情報などの確認に便利です。

バッテリー内蔵タイプで、USBによって充電できます。
さらに、操作をしていない状態が3分間続くと、自動で電源がオフに切り替わり、電池の消耗を抑えられるのもポイントです。
最大1050dpiまで解像度を選べるため、写真や論文なども鮮明に読み取れます。

 

・解像度:最大1050dpi(選択可能)
・Wi-Fi機能:あり
・電源:充電式

 

 

Aidodo Aoleca ハンディスキャナー A1-001

Aidodo Aoleca ハンディスキャナー A1-001」はOCR機能を搭載したハンディスキャナーです。
画像や紙に印字された文字情報をテキストデータとして保存できます。
手動で文字を入力する手間を省けるため、作業の効率化にぴったりです。
また、300・600・900dpiの解像度から、用途に応じて選択できます。

A4サイズまで対応しているのも魅力的なポイントです。
書類やチラシなど大きめの紙媒体でもスキャンをして、データを保存できます。
電源には単3形乾電池2本を採用しており、あらかじめスペアを用意しておけば、急な電池切れでも安心です。

 

・解像度:300・600・900dpi(選択可能)
・Wi-Fi機能:なし
・電源:電池式

 

 

ZINT ハンディスキャナ ISCAN-03

ZINT ハンディスキャナ ISCAN-03」は3つの解像度から選べるハンディスキャナーです。
300・600・900dpiでのスキャンに対応しており、細かい文字が記載されている文書などの保存にも便利です。
また、最大32GBまでのmicroSDHCカードによるデータ保存が可能であるほか、PDF・JPEGの2種類からフォーマットを選択できます。

255×28×25mmのコンパクトサイズも魅力です。
カバンに入れても荷物の負担になりにくく、会議や展示会などへの持ち運びにぴったりです。
OCR機能を搭載しているため、議事録作成などに必要なテキストデータの抽出にも便利なモデルです。

 

・解像度:300・600・900dpi(選択可能)
・Wi-Fi機能:なし
・電源:電池式

 

 

SANWA SUPPLY ポータブルハンディスキャナ PSC-HS1BK

SANWA SUPPLY ポータブルハンディスキャナ PSC-HS1BK」機能性に優れた便利なハンディスキャナーです。
カラーディスプレイを搭載しており、スキャンした内容をひと目で確認可能です。
また、ダブルローラーを採用しているため、安定した操作ができるのもポイントです。

258×41×34mmのコンパクトサイズも魅力で、専用ポーチを付属しているため、本体に傷をつけずに持ち運べます。
さらに、microSDHCカードに最大32GBまで保存できるため、展示会のパンフレットや会議資料などを多くスキャンする方におすすめのモデルです。

 

・解像度:300・600・900dpi(選択可能)
・Wi-Fi機能:なし
・電源:充電式

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したハンディスキャナーです!
自分の使用環境にあったモデルを選ぶことが大切です!

 

 

ビジネスや自宅で活躍間違いなしのアイテム

以上がハンディスキャナーの選び方とおすすめ5選の解説でした。
小型で扱いやすいアハンディスキャナーはビジネスシーンでの利用はもちろん自宅や出先での活躍間違いなしのアイテムです!
今後はデータのデジタル化が益々進むので、ハンディスキャナーは1つ持っておいて損はないアイテムです!
是非、自分の使用環境に合うモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ハンディスキャナーは1つは持っておいて損はないアイテムです!

 

家庭用3Dプリンターの選び方とおすすめ3選!手軽にオリジナルのアイテムを作成!

家庭用3Dプリンターの選び方とおすすめ3選!手軽にオリジナルのアイテムを作成!
3Dプリンターは造形物を手軽に作れるのが特徴で、オリジナルのフィギュアやスマートフォンカバーなど、小物を製作したい方にとっては便利なアイテムです。 最近は材料を含めて低価格化が進んでおり、誰でも気軽に使える価格でのラインナップも増えています。 そこで、家庭用3Dプリンターの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました