ガスランタンの選び方とおすすめ5選!おしゃれで明るくアウトドアで活躍!CB缶モデルも!

アウトドア

ガスランタンはガソリンランタンに比べ手軽に扱うことができ、温もりを感じられるアイテムです。
ガスランタンは点火と消火が簡単でアウトドア初心者にもおすすめです。
クラシカルなデザインのアイテムが多く、炎のゆらめきを楽しめるのも魅力です。
そこで、ガスランタンの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ガスランタンのおすすめは?

ガスランタンの選び方は?

 

・ガスランタンのメリット・デメリット
・ガスランタンの選び方
・ガスランタンのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ガスランタンの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばガスランタンで迷うことはもうありません!

 

 

ターボライターの選び方とおすすめ5選!登山やキャンプ、アウトドアに最強のモデルを紹介!

ターボライターの選び方とおすすめ5選!登山やキャンプ、アウトドアに最強のモデルを紹介!
ターボライターは強風など過酷な環境でも火をつけることができる便利なアイテムです。 炎が高温で燃焼力が高く、風が吹いても揺れにくいので簡単な火起こしなど、簡単に火をつけることができます。 1つあるとアウトドアから日常使いでも便利なアイテムです。 そこで、ターボライターの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

ガスランタンのメリット・デメリット

ガスランタンのメリット

  • 点火と消火が簡単で扱いやすい
  • 炎の温もりを感じることができる
  • リラックス効果が期待できる
  • クラシカルなデザイン

ガスランタンは点火と消火が簡単で、扱いやすいのが特徴です。
多くの製品がガス缶装着後にツマミをひねるだけで簡単に着火できるので、アウトドア初心者にもおすすめです。
なお、光量はガソリンランタンには劣るものの、キャンプサイト全体を照らすには十分で、価格の安さもポイントです。
クラシカルなデザインのアイテムが多く、炎のゆらめきを楽しめるのも魅力です。

 

ガスランタンのデメリット

  • ランニングコストがやや高い
  • 燃焼時間が短い
  • テントないなど密閉空間での使用は注意が必要

ガスランタンのデメリットは、ほかのランタンと比べて燃焼時間が短く燃費が悪い点です。
ランニングコストはやや高めです。
また、ガスランタンは炎が光源のため、テント内で使用すると一酸化炭素中毒や火事の原因になるので注意しておきましょう。

 

hatta
hatta

ガスランタンは炎のゆらめきや温もりを感じられ、操作が簡単なランタンです。
クラシカルなデザインも魅力で、アウトドア初心者にもおすすめのアイテムです。

 

 

ガスランタンの選び方

ガス缶の種類を確認

OD缶:安定した火力

「OD缶」はアウドドアシーンでの使用を目的としたガス缶のことです。
メーカー各社から発売されており、気温の低い場所でも火力が安定しているのが特徴です。

ただし、総じて高価なのがデメリットです。
シングルバーナーやツーバーナーコンロでも使えるタイプですが、ガスランタンで使うにはコストがかかるので、その点は留意しておきましょう。

 

CB缶:コスパが良い

「CB缶」は家庭用のカセットコンロなどでよく用いられるガス缶です。
スーパーやコンビニなどでも手軽に購入できるほか、価格もリーズナブルなので、コストがかからないのが特徴です。

ただ、対応するガスランタンが少ないほか、室内向けのアイテムなのでアウトドアシーンでは火力の不安定さが気になる場合もあります。
購入する際は事前に用途を確認しておきましょう。

 

光量を確認

メインランタンとして使うなら、150W以上のものがおすすめです。
キャンプサイトを照らすのに十分な明かりを供給してくれます。
また、人数が多い場合や、キャンプサイトを広めにとる場合は100W前後のものを複数用意しておくことをおすすめです。

ランタンの明るさは通常W(ワット)で記載されますが、ものによってはCP(キャンドルパワー)やlm(ルーメン)、lx(ルクス)で記載されるものもあります。
メイン用なら、それぞれ200CP、1500lm、300lxを目安にして選んでみましょう。

ただし、明るいものほどランタンのサイズも大きくなるので注意が必要です。
持ち運びも考えて、購入前に重量やサイズのチェックを忘れずにしておきましょう。

 

連続燃焼時間を確認

ガスランタンは比較的燃焼時間が短いため、メインランタンでの使用を想定している方は連続燃焼時間を確認しましょう。
もっとも普及しているのは5時間前後のガスランタンです。
連泊する方や使用時間が5時間を越える方は、容量の大きいガス缶を用意するか、予備のガス缶が必要となります。

また、ガスランタンの使用時間は光量にも比例するのもポイントです。
光量の多いモノは、ガスの燃費も大きいため予備を用意しておくと安心です。

 

hatta
hatta

「ガス缶の種類」「光量」「連続燃焼時間」の3点がガスランタンを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ガスランタンのおすすめ5選

上記でガスランタンの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!アウトドアはもちろん日常でもガスランタンを愛用している筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したガスランタンを5つ紹介します!

 

Coleman 2500ノーススターLPガスランタン

Coleman 2500ノーススターLPガスランタン」はアウトドア用品で人気のコールマンが発売する高照度タイプのガスランタンです。
約320CP(200W相当)の明るさを放つメイン用におすすめのモデルです。
テントサイトが広い場所でも、テーブルの上から足元までしっかりと照らすことが可能です。

大人数が集うアウトドアアクティビティなどでも重宝します。
燃料にはOD缶を使用しており、470g缶で約4〜8時間燃焼可能です。
1泊以上のキャンプの場合、予備ボンベを準備しておくと安心です。
点火装置付きなので初心者でも簡単に扱えます。

つまみやすい大型のガス栓を搭載しており、点火や消化はもちろん光量調節までできるので便利です。
ガスランタンにガソリンランタン並みの明るさを求める方も、ぜひチェックしてみてください。

 

・ガス缶の種類:OD缶
・光量:200W相当
・連続燃焼時間:約4〜8時間(470g缶使用時)

 

 

SOTO フォールディングランタン ST-213

SOTO フォールディングランタン ST-213」は持ち運びのしやすいメイン用ガスランタンを探している方におすすめのモデルです。
スライド式構造を採用しているのが特徴です。
未使用時にはホヤ部分を本体内へ格納できるので、コンパクトに収納することが可能です。

点灯時の明るさは450ルクス(200W相当)あるため、広いサイトも隅々まで照らせます。
ハーフスクリーンホヤを採用しているのも本モデルの特徴です。
目線の高さに置いても眩しさが和らげられるので、テーブルランタンとしても重宝します。

ただし、連続燃焼時間は4〜4.5時間ほどと長くはありません。
1泊以上のキャンプに出かける場合は予備のCB缶を忘れず準備していきましょう。
イグナイターを搭載しておりワンタッチで点火ができるなど、取り扱いが容易なのも本モデルの魅力です。

 

・ガス缶の種類:CB缶
・光量:200W相当
・連続燃焼時間:約4〜4.5時間

 

 

SOTO 虫の寄りにくいランタン ST-233

SOTO 虫の寄りにくいランタン ST-233」は虫の多い夏場のキャンプを、少しでも快適に過ごしたい方におすすめのガスランタンです。
虫が感じにくいとされる波長の長い光を放つ、ハーフストライプホヤを採用しているのが特徴です。
さらに、森側に漏れる光をリフレクターにより遮断することで、虫の寄り付きを防ぎます。

「蚊トリフレクター」を採用しているのもポイントです。
市販の蚊取りマットが装着できるので、防虫効果が期待できます。
照度は660ルクス(230W相当)と明るくメイン用途にぴったりです。

ただし、連続使用できるのは3〜3.5時間くらいと短めなので留意しておきましょう。
1泊程度のキャンプでも予備のCB缶を持って行くと安心です。

 

・ガス缶の種類:CB缶
・光量:230W相当
・連続燃焼時間:約3〜3.5時間

 

Coleman ルミエールランタン 205588

Coleman ルミエールランタン 205588」はアンティークなデザインが特徴のガスランタンです。
キャンプサイトをおしゃれに演出できるアイテムを探している方にもおすすめのモデルです。
揺れる炎がテーブルの上を優しく照らします。
リラックスタイムを演出できるので、夕食後に歓談を楽しむようなシーンで便利です。

優れた燃費性能も本モデルの特徴です。
230gのOD缶1本で28~38時間程度燃焼するため、連泊のキャンプでも燃料切れを心配せずに使えます。
また、クッキングストーブやメインランタンの残燃料を利用するなど、燃料の効率的な使い方も可能です。

発光にマントルを使用していないのもポイントです。
空焼きなど面倒な準備作業は必要ありません。
取り扱いがしやすいので初心者の方もぜひ検討してみてください。

 

・ガス缶の種類:OD缶
・光量:60W相当
・連続燃焼時間:約28~38時間(230g缶使用時)

 

 

SOTO レギュレーターランタン ST-260

SOTO レギュレーターランタン ST-260」は手頃な価格で購入できる小型・軽量のガスランタンを探している方におすすめのモデルです。
収納時のサイズは65×105×150mmとコンパクトで、本体重量も247gと軽いので簡単に持ち運ぶことが可能です。
できるだけ持っていく荷物を減らしたいキャンプツーリングやソロキャンプに適しています。

燃料のCB缶を横置きにセットするロースタイルデザインが特徴です。
テーブルの上でも安定しているうえ、万が一転倒しても大きな炎が出にくい構造のため、安心して使用できます。
気温の低い環境や連続使用をするようなシーンでも安定した光量が保てるなど、四季を通じて活躍するモデルです。

 

・ガス缶の種類:CB缶
・光量:200W相当
・連続燃焼時間:約3〜3.5時間

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているガスランタンです!
ガスランタンが機能的でおしゃれなアイテムです!

 

 

炎のゆらめきを楽しめ、温もりを感じることができる

以上がガスランタンの選び方とおすすめ5選の解説でした。
ガスランタンは点火と消火が簡単でアウトドア初心者にもおすすめです!
ノスタルジーでアンティーク調な見た目がおしゃれで、炎のゆらめきを楽しめるのも魅力です!
アウトドアや日常生活で使用するとリラックス効果も期待できます!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ガスランタンは炎のゆらめきを楽しめ、温もりを感じることができるアイテムです!
アウトドアや日常生活で使用するとリラックス効果も期待できます!

 

 

キャンプ用ローチェアの選び方とおすすめ5選!コンパクトで軽く、キャンプやツーリングに!

キャンプ用ローチェアの選び方とおすすめ5選!コンパクトで軽く、キャンプやツーリングに!
キャンプ用ローチェアはキャンプや登山などのアウトドアで活躍するアイテムです。 地面に近いので、足を伸ばしてくつろいだり、焚き火を楽しんだりしやすいのが特徴です。 最近ではコンパクトに折りたため、軽量で携帯性に優れたモデルもあります。 そこで、キャンプ用ローチェアの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました