ガストーチバーナーの選び方とおすすめ5選!アウトドアやバーベキューの薪や炭の起こしに!

アウトドア

ガストーチバーナーはアウトドアなどのシーンで炭や薪に火をつける時に便利なアイテムです。
バーベキューでの炭の火起こしやキャンプでの薪への着火、料理での炙りなど、多用の使い方ができるのもポイントです。
CB缶やOD缶、充填式など様々なモデルがあります。
そこで、ガストーチバーナーの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ガストーチバーナーのおすすめは?

ガストーチバーナーの選び方は?

 

・ガストーチバーナーとは
・ガストーチバーナーの選び方
・ガストーチバーナーのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ガストーチバーナーの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばガストーチバーナーで迷うことはもう無くなります!

 

 

ターボライターの選び方とおすすめ5選!登山やキャンプ、アウトドアに最強のモデルを紹介!

ターボライターの選び方とおすすめ5選!登山やキャンプ、アウトドアに最強のモデルを紹介!
ターボライターは強風など過酷な環境でも火をつけることができる便利なアイテムです。 炎が高温で燃焼力が高く、風が吹いても揺れにくいので簡単な火起こしなど、簡単に火をつけることができます。 1つあるとアウトドアから日常使いでも便利なアイテムです。 そこで、ターボライターの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

ガストーチバーナーとは

強力な炎で炭や薪にアッという間に火をつける便利なアイテムが「ガストーチバーナー」です。
燃料となるガスは家庭用カセットコンロに使うCB缶や、アウトドア用のガスボンベOD缶を使用します。
少し前までは溶接などに使われる道具でしたが、最近ではアウトドア用品のひとつとしてニーズが高まっています。

 

hatta
hatta

ガストーチバーナーは強力な炎で炭や薪にすぐに火をつけることができる便利なアイテムです!
バーベキューやアウトドアなどであるととても便利です!

 

 

ガストーチバーナーの選び方

燃料缶の種類を確認

CB缶:入手しやすく手軽に使用できる

CB缶(カセットガス)はホームセンターやコンビニなどでも販売されているので、手軽に入手できて価格も安く、コスパに優れています
取り付けも簡単で、アウトドアシーンに不慣れな方にも使いやすい点が魅力です。

 

OD缶:寒冷地でも安定して使える

OD缶は、アウトドア専門店やホームセンターなどで購入できます。
OD缶はアウトドアユースを目的としたガス缶で、屋外使用でも出力が安定しやすいことが特徴です。
CB缶に比べ入手しづらいのがやや難点です。

 

充てん式:コンパクトで携帯性が良い

カセットガス(CB缶)やライター用ガスを充てんして使用します。
軽量でコンパクトなモデルが多く、本格登山やトレッキング、バイクツーリングなどにおすすめです。

 

点火装置つきか確認

ガストーチバーナーを購入する際には、点火装置が付属しているかを確認しましょう。
ガストーチ本体に点火装置(イグナイタ)が付属している商品であれば、ライターなどを使うことなくボタンを押すだけで簡単に着火できます。
さらに、火口に手を近づけることがないため、やけどなどの危険性が下がります。

火力を確認

炎を扱うアイテムであるガストーチバナーのスペックは、発熱量(kcal/h)と火炎温度(℃)のふたつで表されます
とくに発熱量(kcal/h)は火力の強さに直結するため、商品を選ぶ際にはしっかり確認しておきましょう。

高い発熱量であれば、火がつきにくい炭火おこしに適しているなど、発熱量の高低によって向いている作業が異なるためです。
またモデルによっては火力調節機能がついているものもあり、このようなタイプは1台で幅広い用途に使えるので便利です。

 

hatta
hatta

「燃料缶」「点火装置」「火力」の3点がガストーチバーナーを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ガストーチバーナーのおすすめ5選

上記でガストーチバーナーの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!アウトドアはもちろん日常でもガストーチバーナーをヘビーユーズしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したガストーチバーナーを5つ紹介します!

 

SOTO フィールドチャッカー ST-Y450

SOTO フィールドチャッカー ST-Y450」は新富士バーナーのアウトドア用品ブランド「SOTO(ソト)」のカセットガス(CB缶)式ガストーチバーナーです。
瞬間気化方式が採用され、点火した直後に炎が安定するが特長です。
空気を調節することで900℃のソフトな炎から1300℃の強力な炎まで自在に操れます。
炭や薪の火おこしから炙り料理まで幅広く使えて便利です。

 

・燃料缶:CB缶
・点火装置:有
・火力:1,550kcal/h 1300℃

 


 

SOTO スライドガストーチ ST-480

SOTO スライドガストーチ ST-480」は燃料充てん式のガストーチバーナーです。
カセットガス(CB缶)から燃料を充てんできるので、簡単で経済的です。
1300℃のハイパワーと、火口が伸びる耐風バーナーである点も魅力です。
火口は最大75mmまで伸ばすことができるので、ライターでは着火しにく場所にも対応できます。

連続使用は1分以内という制約はありますが、いわゆる“チャッカマン”に近い用途で使えるのでアウトドアシーンはもちろん、お墓参りの際の線香への着火など、さまざまなシーンでも活躍してくれます。

 

・燃料缶:充てん式
・点火装置:有
・火力:-cal/h 1300℃

 


 

CAPTAIN STAG ガストーチ・カセットボンベセット BBQM-6326

CAPTAIN STAG ガストーチ・カセットボンベセット BBQM-6326」はキャプテンスタッグの定番ガストーチバーナーです。
ワンプッシュで即点火できて、火力調節はつまみを回すだけと使い勝手も良好です。
誰でも簡単に使用でき、最高温度は1300℃とパワーも十分です。
逆さまにしても使えるので、さまざまな角度から点火できるのもポイントです。
リーズナブルな価格で、初心者にもおすすめです。

 

・燃料缶:CB缶
・点火装置:有
・火力:1,550cal/h 1300℃

 


 

Iwatani カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD

Iwatani カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD」はカセットコンロでお馴染みのイワタニのガストーチバーナーです。
ピストルのようにトリガーを引くだけで一発点火できます。
カセットガス(CB缶)を使うので経済的で、パワーもあり、火おこしもラクラク対応できます。
ガスを知り尽くしたメーカーが作っただけに基本スペックが高いので、おすすめガストーチバーナーです。

 

・燃料缶:CB缶
・点火装置:有
・火力:1,550cal/h 1400℃

 


 

Coleman コールマントーチ 170-8075

Coleman コールマントーチ 170-8075」はLPガスを使用するコールマンの人気ガストーチバーナーです。
着火スイッチやパワーの調節がスムーズでき、1500℃の強力な炎で炭や薪の火おこしがラクに対応できます。
また、燻製料理に使うスモークウッドの火つけにも最適です。
コールマンならではの確かな品質で丈夫で長持ちもポイントです。
長く使い続けたい方におすすめのガストーチバーナーです。

 

・燃料缶:OD缶
・点火装置:有
・火力:1,200kca/h 1500℃

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているガストーチバーナーです!
ガストーチバーナーが1つあると、アウトドアやバーベキューがより快適になります!

 

 

アウトドアがさらに快適に楽しくなる

以上がガストーチバーナーの選び方とおすすめ5選の解説でした。
ガストーチバーナーはアウトドアなどのシーンで炭や薪に火をつける時に便利なアイテムです!
ライターやマッチでは及ばない風の中での着火性能と強力な火力が大きな魅力です!
ボンベを使った出力の大きいバーナーとガス充てん式の小型バーナーの2種類が揃っていれば、あらゆるシーンで大活躍します!
ぜひ、お気に入りのモデルを選んでみてください・

 

hatta
hatta

ガストーチバーナーは大火力で薪や炭などの着火に便利なアイテムです!
1つ持っておくとアウトドアがさらに快適に楽しくなりますよ!

 

 

CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選!コンパクトで持ち運びが便利

CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選!登山やキャンプに!コスパがよく料理にも!
シングルバーナーはガス缶に装着するだけで、お湯を沸かしたり、簡単な料理ができる便利なアイテム(ガジェット)です。 携帯性に優れ、1つ持っておくとキャンプやアウトドアはもちろん、災害時にも役立ちます。 そこで、入手しやすく、手軽に使用できるCB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました