ゲーミングタブレットの選び方とおすすめ5選!コスパからハイエンドモデルまで

ガジェット

ゲーミングタブレットはスマホのゲームアプリを大画面で楽し無ことができる便利なアイテム(ガジェット)です。
ゲーミングタブレットは多くのラインナップがあるため選ぶ際に悩んでしまいがちです。
そこで、ゲーミングタブレットの選び方とおすすめ5選を解説します!

 

この記事はこんな人におすすめです!

ゲーミングタブレットのおすすめは?

ゲーミングタブレットの選び方は?

 

・ゲーミングタブレットとは
・ゲーミングタブレットの選び方
・ゲーミングタブレットのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ゲーミングタブレットの選ぶ方とおすすめ5選を紹介します!
これを読めばゲーミングタブレットで迷うことはもう無くります!

 

 

タブレットスタンドの選び方とおすすめ7選!デスク、車内、ベットでより快適に!

タブレットスタンドの選び方とおすすめ7選!デスク、車内、ベットでより快適に!
タブレットスタンドは画面を固定してくれて、自分の手で持たなくても使用できる便利なアイテム(ガジェット)です。 デスクや車の中、ベットの上などで快適にタブレットを使用できるようになります。 そこで、タブレットスタンドの選び方とおすすめ7選を紹介します。

 

 

ゲーミングタブレットとは

ゲーミングタブレットとは、ゲームに適したスペックを備えている高性能なタブレットのことです。
一般的なタブレットよりもワンランク上のパーツを採用することで処理落ちを抑え、ゲームをストレスなく快適に楽しめます
パズルゲームのようにシンプルなゲームだとあまり違いは感じられませんが、アクションゲームやFPSのような処理の重いゲームだとその違いがハッキリと感じることが可能です。

ゲームをサクサク快適に楽しみたいなら従来のタブレットよりもゲーミングタブレットがおすすめですが、ハイスペックがゆえに本体の価格はやや高めなので、あくまでもコストパフォーマンスよりレスポンスを重視する方向けの製品と言えます。

 

hatta
hatta

ゲーミングタブレットはハイスペックなタブレットで、重いゲームでも快適にゲームをプレイすることができます!

 

ゲーミングタブレットの選び方

CPUでを確認

CPUは「中央演算処理装置」のことで、データの処理や計算を行うタブレットの中枢部分にあたるパーツです。
ゲーミングタブレットの性能を大きく左右する重要なパーツなので、使う用途に合ったCPUをしっかりと選ぶ必要があります。
CPUのスペックを確認する方法はいくつかありますが、初心者の方は比較的簡単に調べられる「コアの数」「クロック周波数」の2点を確認するようにしましょう。

コアの数を確認

コアとは、CPUにおいて実際に演算などの処理を行っている場所のことです。
基本的にCPUはコアの数が多いほど性能が上がり処理能力が高くなるため、ゲームをサクサク快適に楽しみたいならできるだけコアの数が多いCPUを選ぶようにしましょう。

選び方の目安として、パフォーマンスを重視するなら「デカコア(10コア)」または「ヘキサコア(8コア)」を搭載したハイエンドCPUがおすすめです。
処理能力が高く一度に複数のタスクがこなせるため、処理の重いゲームもサクサク快適に楽しめます。
ただし、これらのハイエンドCPUを搭載したゲーミングタブレットは価格が高いため、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。

一方で、価格と性能のバランスで選ぶなら「オクタコア(6コア)」または「クアッドコア(4コア)」を搭載したミドルレンジCPUがおすすめです。
ハイエンドCPUよりもコアの数が少ないのでパフォーマンスを重視する方には不向きですが、その分コストパフォーマンスに優れているので、なるべく安くゲーミングタブレットを購入したい方に最適です。

クロック周波数を確認

クロック周波数とは、1つのコアが1秒間にどの位の計算ができるのかを示す数値です。クロック周波数は「GHz」という単位で表記されており、その数値が大きくなるほどCPUの処理能力も高くなります

選び方の目安として、FPSのような処理の重いゲームを楽しむなら「2.5GHz以上」、パズルゲームやブラウザゲームのような処理の軽いゲーム楽しむなら「2.0GHz以上」がおすすめ。ただし、クロック周波数の大きなCPUは「端末の価格が高い」「バッテリーの消費が早い」などのデメリットがあるので、選ぶ際には注意が必要です。

 

メモリを確認

メモリは作業中のデータを一時的に保存しておくパーツです。
メモリの容量が大きければそれだけ一度に大きな処理が可能になり、ゲームがサクサク動くようになります。

選び方の目安として、FPSのような処理の重いスマホゲームを楽しむなら「4~8GB」、パズルゲームやブラウザゲームのような処理の軽いスマホゲーム楽しむなら「2~4GB」がおすすめです。
端末により負荷が掛かるPCゲームになると最低でも「8GB以上」の大容量メモリが必要です。

メモリの容量が不足すると、ゲームの起動が遅くなったり、プレイ中に動作が不安定になったりするので、必ずプレイするゲームに合ったメモリを選びましょう。

 

ストレージ容量を確認

ストレージは、ゲームやアプリなどのプライベートデータから、OSなどのシステムデータまで、タブレット内のさまざまなデータを保存しておくパーツです。
ストレージ容量が大きいほどたくさんのゲームを保存しておけるので、ゲーミングタブレットを選ぶ際にはストレージ容量も忘れずに確認しましょう。

例えば、FPSやレースゲームなどの3Dグラフィックスを利用したスマホゲームは「1~2GB」、ドットや絵が主体のRPG形式のスマホゲームは「500MB~1GB」ほどのストレージ容量が必要です。
プレイするゲームが限られているなら「16~32GB」でも十分足りますが、たくさんのゲームを楽しみたいならストレージ容量に余裕のある「32~64GB」を選ぶことをおすすめします。

 

画面サイズで選ぶ

ゲーミングタブレットには、コンパクトな7インチから画面の大きな12インチ超まで、使う用途やシチュエーションに合わせてさまざまな画面サイズがあります。
ゲーミングタブレットの使い勝手を大きく左右する重要なポイントなので、それぞれの画面サイズのメリット・デメリットをあらかじめしっかりと理解しておきましょう。

7~8インチ:コンパクトで持ち運びしやすい

7~8インチディスプレイはゲーミングタブレットの中で最もコンパクトなサイズです。
ギリギリ片手でつかめるサイズ感なので、外出先でゲームを楽しみたい方におすすめです。
また、縦向き設定のゲームと相性がよいため、スマホゲームを快適に楽しみたい方にも最適です。

10インチ:操作性抜群

操作性や画面の見やすさで選ぶなら10インチディスプレイがおすすめです。
画面が大きいため頻繁に持ち歩いて使うのにはあまり向いていませんが、自宅でじっくりとゲームを楽しむならベストな画面サイズです。
横向き設定のゲームと相性がよいため、FPSを快適に楽しみたい方にもおすすめします。

12インチ〜:大画面でコンテンツを楽しめる

12インチ超のディスプレイはゲーミングタブレットの中でもかなり大きなサイズです。
使う用途やシチュエーションが限られますが、迫力満点の映像でゲームを楽しみたい方にはピッタリの画面サイズ
ただし、重量がそれなりにあるため、タブレットを持ってゲームをプレイするというよりは、マウスやキーボード・コントローラーを繋いで据え置きゲームのような感覚でプレイするのに適しています。

 

バッテリー容量を確認

ゲーミングタブレットの駆動時間は搭載しているバッテリーの容量によって大きく変わってきます。
バッテリーの容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」という単位で分かりやすく表記されているので、ゲーミングタブレットを選ぶ際にはしっかりとチェックしましょう。

例えば、バッテリー残量を気にせず一日中ゲームを楽しみたいなら、最低でも「5000mAh」以上は欲しいところです。
理想としては「8000~10000mAh」前後の容量があれば外出先でも安心してゲームが楽しめます。
ただし、どんなに容量の大きなバッテリーを搭載していても、CPUの性能が高すぎたり、画面のサイズが大きすぎたりすると、あっという間にバッテリーが無くなってしまうので注意が必要です。

 

hatta
hatta

「CPU」「メモリ」「ストレージ」「画面サイズ」「バッテリー容量」の5点がゲーミングタブレットを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ゲーミングタブレットのおすすめ5選

上記でゲーミングタブレットの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ゲーミングタブレットを使っている人を見たら、モデルを確認せずにはいられない筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したゲーミングタブレットを5つ紹介します!

HUAWEI MediaPad T5

HUAWEI MediaPad T5」はデュアルスピーカー搭載で、より没頭してゲームを楽しめるゲーミングタブレットです。
HUAWEI独自の音響技術「Histen」によって、臨場感のあるサウンドに囲まれながらゲームをプレイできます。
また、高解像度1080pフルHDディスプレイが、映像を鮮やかに表現。ゲームの世界に浸りたい方に特におすすめです。

Android8.0をベースにしたEMUI8.0は、ストレスなく高速で動作する操作性が魅力です。
優れた性能を持ちながら、消費電力を抑えられるオクタコアプロセッサによって、高いパフォーマンスを実現しています。
薄くて軽いので疲れにくく、持ちやすいのも特徴で、ブルーライトカットモードに切り替えれば、目の疲れを軽減する効果も期待できます。
子供とタブレットを共有したい場合にも安心なキッズモード搭載で、利用時間の管理も簡単にできるモデルです。

 

・CPU:HUAWEI Kirin 659 8コア (4×2.36GHz+4×1.7GHz)
・メモリ:2、3GB
・ストレージ:16、32GB
・画面サイズ:10.1インチ
・バッテリ容量:5100mAh

 

 

ASUS ZenPad 3S 10 LTE Z500KL-BK32S4

ASUS ZenPad 3S 10 LTE Z500KL-BK32S4」は携帯性と機能性のバランスに優れたゲーミングタブレットです。
CPUに「MediaTek MT8176」、メモリに「LPDDR3 4GB」を採用している高性能なゲーミングタブレットにも関わらず、重量わずか約430gと軽量です。
外出先でも高速インターネットが楽しめる「SIMカードスロット」搭載モデルなので、通勤・通学など移動中にゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

機能面では、色鮮やかな高精細映像が楽しめる「Tru2Lifeテクノロジー」、映画館のような立体的なサウンドが楽しめる「SonicMaster 3.0」を採用しているので、画質や音質にこだわりたい方にもおすすめです。
独自機能の「Game Genie」を使えば、ゲーム中のレスポンスを向上させたり、YouTubeやTwitchでゲームプレイを配信したりと、よりゲームが楽しめるのも魅力です。

 

・CPU:Snapdragon 650 6コア (1.8GHz)
・メモリ:4GB
・ストレージ:32GB
・画面サイズ:9.7インチ
・バッテリ容量:7800mAh

 

 

Acer Predator 8 GT-810

Acer Predator 8 GT-810」はゲームプレイに特化したエイサーの「Predatorシリーズ」です。
従来モデルの最大2倍のハイスピード通信を実現する「デュアルアンテナ」を搭載しているので、PUBG MOBILEのような機敏なプレイが要求されるゲームも快適に楽しめます。
コンテンツに合わせて最適なAV環境を構築できる「Predator MediaMaster」や臨場感のあるリアルなサウンドが楽しめる「Predator Quadio」など、便利なオプションが充実しているのもポイントです。

背面上下にはホールド感に優れた「ソフトカバー」を採用しているので、縦・横など画面の向き関係なくゲームが楽しめます。
Predatorシリーズ特有のスタイリッシュなデザインも魅力なので、ゲーミングタブレットの見た目にこだわりたい方にもおすすめの一台です。

 

・CPU:インテル Atom x5-Z8700 4コア (2.40GHz)
・メモリ:2GB
・ストレージ:32GB
・画面サイズ:8インチ
・バッテリ容量:4550mAh

 

 

NVIDIA SHIELD Tablet K1

NVIDIA SHIELD Tablet K1」は場所を問わずどこでも気軽にPCゲームが楽しめる本格ゲーミングタブレットです。
ビデオカード「GeForce GTX」を搭載したパソコンからPCゲームをストリームしてプレイできる「NVIDIA GameStream」を搭載しています。
オプションのHDMIケーブルを使えば自宅のテレビに繋いで大画面でゲームが楽しめます。

処理能力に優れた独自のCPU「Tegra K1」を採用しているので、処理の重いゲームをプレイしたい方にもおすすめです。
専用のコントローラー・タブレットカバーを使えば、据え置きゲームのような感覚でゲームが楽しめるのも魅力です。

 

・CPU:Tegra K1 4コア (2.20GHz)
・メモリ:2GB
・ストレージ:16GB
・画面サイズ:8インチ
・バッテリ容量:5200mAh

 

 

ALLDOCUBE iWork10 Pro

ALLDOCUBE iWork10 Pro」はWindows 10・Android 5.1の2種類のOSを搭載しているタブレットです。
一台でスマホゲームとPCゲームの両方が楽しめます。
CPUには「Intel Atom X5-Z8350」し、4GBメモリを採用。PUBG MOBILEのように処理の重いスマホゲームも起動できます。

ストレージは64GBですが、最大128GBのmicroSDカードをサポートしているので、たくさんゲームを楽しみたい方でも容量を気にする必要はありません。
価格は2万円台とコストパフォーマンスにも優れているので、安価なゲーミングタブレットが欲しい方におすすめです。

 

・CPU:Intel Atom X5-Z8350 4コア (1.92GHz)
・メモリ:4GB
・ストレージ:64GB
・画面サイズ:10.1インチ
・バッテリ容量:6500mAh

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したゲーミングタブレットです!
ゲームを快適にプレイできること間違いなしです!

 

ゲーミングタブレットは生産性を上げる

以上が、ゲーミングタブレットの選び方とおすすめ5選の解説でした。
ゲーミングタブレットはハイスペックなタブレットです。
ハイスペックなゲーミングタブレットが一台あれば、ゲームだけでなく、動画や電子書籍などさまざまなコンテンツが快適に楽しめます。
ゲーミングタブレットが1台あると間違いなく生産性が爆上がりします!
是非自分に合うモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ゲーミングタブレットは生産性を間違いなく上げるガジェットです!

 

ゲーミングスマホの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲームを快適に楽しめるスマホ

ゲーミングスマホの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲームを快適に楽しめるスマホ
「ゲーミングスマホ」は高負荷なスマホゲームを快適にプレイすることができるアイテム(ガジェット)です。 ゲーミングスマホのは快適にゲームプレイできるハイスペックが魅力です。 そこで、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ5選を解説します!

 

タイトルとURLをコピーしました