ゲーミングヘッドセットの選び方とおすすめのモデル5選を紹介!

ガジェット

ゲーミングヘットセットはゲームをより快適に楽しくプレイすることができるアイテムです。
ゲーミングヘットセットはPCゲーム用として使われることが多かったですが、オンラインゲームの普及によりPS4などの家庭用ゲームでも使用される機会が増えています。
ゲーミングヘットセットはの選び方とおすすめのモデル5選を紹介します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ゲーミングヘッドセットのおすすめは?

ゲーミングヘッドセットはどう選べば良いの?

 

・ゲーミングヘッドセットとは?
・ゲーミングヘッドセットの選び方
・ゲーミングヘッドセットおすすめのモデル5選

上記3点から解説します!

 

hatta
hatta

ゲームをより快適に楽しくプレイすることができるアイテム、ゲーミングヘットセットの選び方をおすすめのモデル5選を紹介します!

 

失敗しない!Qi規格ワイヤレス充電器の選び方とおすすめ5選!

失敗しない!Qi規格ワイヤレス充電器の選び方とおすすめ5選!
ワイヤレス充電器はスマホなどの端末を置くだけで充電できるのが特徴です。 最近では給電能力も向上してきており、ますます便利なガジェットとして注目されています。 Qi(チー)に準拠した、失敗しないワイヤレス充電器選びの解説と、おすすめのワイヤレス充電器5選を紹介します!

 

ゲーミングヘッドセットとは?

ヘッドセットとはヘッドホンとマイクが一体化した製品です。
ゲームをするために最適化されたモノをゲーミングヘッドセットと呼びます。
マイクが付いているので、ゲームや作業をしながらハンズフリーでボイスチャットができるのが特徴です。
オンラインゲームの普及によりここ数年で多くのモデルが出てきています。

音に関しては、音楽用のヘッドホンは低音や高音が強調されているモノも多くありますが、ゲーミングヘッドセットはゲーム内の音を正確に聞き取れるように調節されているのがポイントです。
メーカーや製品により特色や違いはありますが、基本的にどの製品も音の発生源を聞き取りやすいようにチューニングされています。

特にFPSなどのゲームでは音の発生源の把握は非常に重要です。
ゲーミングヘッドセットを使用すれば、足音や敵の位置を正確に把握できるのでストレスフリーで快適なプレイが可能になります。

 

hatta
hatta

ゲーミングヘッドセットは「音」「マイク」が最適化されたハイスペックなヘッドセットです!

 

ゲーミングヘッドセットの選び方

接続方法を確認

ゲーミングヘッドセットの接続方法は、有線ワイヤレスの2種類に分けられます。

有線タイプ

有線タイプのゲーミングヘッドセットは、ワイヤレスと違って電波干渉を受けないのがメリットです。
接続が途中で切れてしまう心配がありません。
また、有線タイプはワイヤレスに比べ、遅延がなく音質に優れているのが特徴です。

有線タイプのデメリットは、コードによって可動範囲が制限されることです。

ワイヤレスタイプ

ワイヤレスヘッドセットは、レシーバーを介した2.4GHz無線接続またはBluetooth接続がメインです。
コードの煩わしさがないため、快適にゲームをプレイできます。

デメリットは、遅延が発生する恐れがある点です。
ゲームの映像と音にズレが生じることがあるので、1秒以下の世界で攻防を繰り広げる本格派のゲーマーは注意が必要です。

なお、遅延が起きにくいデジタル伝送方式を採用しているワイヤレスゲーミングヘッドセットもラインナップされています。

 

接続端子の種類を確認

有線タイプのゲーミングヘッドセットには、USB接続とミニプラグ接続のタイプがあります。
ミニプラグは汎用性が高く、モバイル端末から家庭用ゲーム機までほとんどの製品に接続できるのが魅力です。

USB接続の場合、サラウンド機能に対応したモノが多くラインナップされています。
PS4やPCなどUSBポートを備えたゲーム機との接続に限られるため注意が必要です。

ワイヤレスタイプの場合は、接続するゲーム機がBluetoothやデジタル伝送方式に対応しているかを確認しておきましょう。

 

マイクの性能を確認

ゲーム実況やボイスチャットをする方はマイクの性能にも確認が必要です。
ノイズキャンセリング機能付きのモノなら風の音や息の音など不要な音をカットでき、よりクリアに音声を伝えることができます

集音部を口の前に持ってこられるブームマイクは的確に声を拾えるのが魅力です。
90°可動式のモノなら使用しないときも耳の横に収納できるため邪魔になりません。
さらに、マイクミュート機能もあれば、席を外す際も便利です。

 

サラウンド機能を確認

サラウンドは、5.1chや7.1ch、9.1chなどのチャンネル数があります。
チャンネル数が多いほどスピーカーが増えるため、迫力あるサウンドを楽しむことが可能です。
ただし、ヘッドホンには左右1基ずつのスピーカーしか搭載されていないため、擬似的に立体感のあるサウンドを鳴らせるバーチャルサラウンドを取り入れています。
ゲームによっては「音声出力5.1ch」というように一定以上のチャネル数には対応していないケースもあるので確認が必要です。

 

hatta
hatta

「接続方法」「端子の種類」「マイクの性能」「サラウンド機能」の4項目がゲーミングヘッドセットを選ぶ上で需要な項目です。

 

ゲーミングヘッドセットおすすめのモデル5選

上記でゲーミングヘッドセットの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!FPSマニアの筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したゲーミングヘッドセットを5つ紹介します!

 

Razer Kraken RZ04-02830200-R3M

Razer Kraken RZ04-02830200-R3M」は接続端子に3.5mmステレオミニプラグを採用した有線タイプのゲーミングヘッドセットです。
カスタムチューニングされた50mm径の大型ドライバーを採用し、「7.1chバーチャルサラウンド」にも対応しており、臨場感のあるサウンドを鳴らします。
マイクはイヤーカップに収納でき、距離や位置を細かく調節可能。

圧縮タイプのイヤークッションを採用しているので、めがねをかけたままでも痛みや圧迫感があまりないので安心です。
また、蒸れや暑さを抑えてくれる「冷却ジェル」が注入されているので、暑い季節でも快適です。

ヘッドバンド部分には、柔軟性の高いボーキサイト制アルミフレームを採用しており、軽量ながらも優れた耐久性を備えています。
抑えめな価格ながらも高い性能を備えた製品です。

 

・接続方法:有線タイプ(3.5mmステレオミニプラグ)
・マイク:ブームマイク(格納式)
・サラウンド:7.1ch

 

 

Kingston HyperX Cloud Flight S HX-HSCFS-SG/WW

Kingston HyperX Cloud Flight S HX-HSCFS-SG/WW」はゲーミングヘッドセットでは初となる「Qiワイヤレス充電」に対応した製品です。
別売りの充電ベースと合わせて使用すれば、置くだけで充電が可能で便利です。
連続使用時間は最大約30時間あるので、長時間充電を気にすることなくゲームが楽しめます。

接続方法はUSBレシーバーを介した2.4GHz無線接続に対応しています。
「7.1chバーチャルサラウンド」に対応しており迫力のサウンドも魅力です。
左側のイヤーカップには4つのボタンを配置しており、専用ソフト「HyperX NGENUITY」を使用すれば、ボタン割り当て流ことができ、カスタマイズができます。

LEDインジケーターが搭載されたノイズキャンセリングマイクは、不要なときは簡単に取り外せるので便利です。
イヤーカップは90°回転するので、首にかけたままでも邪魔になりにくいです。

 

・接続方法:ワイヤレスタイプ(2.4GHz無線接続)
・マイク:ブームマイク(取り外し可能)
・サラウンド:7.1ch

 

 

Logicool G933s

Logicool G933s」2.4GHzのワイヤレス接続に対応したフラグシップモデルのゲーミングヘッドセットです。
最大約12時間の連続使用に対応しています。
3.5mmステレオミニプラグによる有線接続も可能です。
ワイヤレス接続と有線接続を同時に利用できるのも便利なポイントです。

バーチャルサラウンドサウンド技術「DTS Headphone:X 2.0」は、7.1chを上回る立体音響精度を実現します。
音の鳴った方向や距離をより正確に把握でき、ゲームへの没入感も高めてくれます。
マイクには高性能な「6mm Mic+ブームマイク」を搭載しており、LEDでステータスを確認、格納することででミュートが可能です。

ヘッドバンドとイヤーパッドには上質な合成皮革を採用し、快適な着け心地と高い遮音性を実現しています。
専用ソフト「Logicool G HUB」をインストールすれば、ボタンの割り当てやオーディオ設定などのカスタマイズが可能です。

 

・接続方法:ワイヤレスタイプ(2.4GHz無線接続)有線接続(3.5mmステレオミニプラグ)可能
・マイク:ブームマイク(格納式)
・サラウンド:7.1ch

 

 

SENNHEISER GSP 670 508351

SENNHEISER GSP 670 508351」は人気モデル「GSP600」を基に開発されたゼンハイザー初のワイヤレスゲーミングヘッドセットです。
独自開発の「ローレイテンシー技術」により、非常に遅延の少ないワイヤレス接続を可能にしています。
ローレイテンシー接続には専用のUSBレシーバーを使用し、Bluetooth接続にも対応しています。

バッテリーはローレイテンシー接続で約16時間、Bluetooth接続で約20時間の連続使用が可能です。7分の充電で約2時間使用できる急速充電にも対応しています。
Windows 10対応の専用ソフト「Sennheiser Gaming Suite」をインストールすれば7.1chバーチャルサラウンドが使用でき、設定のカスタマイズなども行えます。

マイクには最新のノイズキャンセリング機能を搭載し、アームを跳ね上げることでミュートが可能です。
PCからPS4やSwitchなどのゲーム機、スマホ・タブレットに至るまで幅広い機器でワイヤレス接続が楽しめるおすすめの製品です。

 

・接続方法:ワイヤレスタイプ(Bluetooth・2.4GHz無線接続)
・マイク:ブームマイク(格納式)
・サラウンド:7.1ch

 

 

Steelseries Arctis 1 61512

Steelseries Arctis 1 61512」は2.4GHzのワイヤレス接続と3.5mmステレオミニプラグによる有線接続に対応したモデルです。
2.4GHz接続の際に使用するレシーバーには、USB Type-C端子を採用しており、スマホやSwitchなどのモバイルデバイスでもワイヤレス接続が楽しめます。
普段使いのヘッドホンとしても使用できるスタイリッシュでおしゃれなデザインも特徴のひとつでマイクの取り外しも可能です。

連続使用時間は約20時間とバッテリーを気にすることなくゲームや動画鑑賞を1日中楽しめます。
イヤーカップにはボリュームダイヤルやマイクのミュートボタンなどが配置されているので、ゲーム中でも素早く操作が可能です。
メッシュ素材を採用したイヤーパッドは通気性に優れているので、暑さや蒸れによる不快感の軽減するメリットがあります。

専用ソフト「SteelSeries Engine」では、イコライザーやマイクレベルなどを細かく設定可能です。
また、付属品としてUSB Type-CからType-Aの変換ケーブルが同梱されており、PS4などUSB Type-C端子を備えていないPCなどでも使用できます。

 

・接続方法:ワイヤレスタイプ(2.4GHz無線接続)有線接続(USB Type-C・Type-A)可能
・マイク:ブームマイク(取り外し可能)
・サラウンド:-

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したゲーミングヘッドセットです!
個人的にワイヤレスタイプで有線接続できるものが幅広く対応できるのでおすすめです!

 

ゲーミングヘッドセットはゲームするにおいて需要なアイテム

以上がゲーミングヘットセットの選び方とおすすめのモデル5選の紹介でした。
ゲーミングヘッドセットはマイク、サラウンドどちらも高性能なものが多く、よりゲームを楽しめるガジェットです。
ゲーム内での空間性を高度に表現し、位置把握力も高めることができます。
特にFPSにおいてはゲームの成績、勝ち負けを左右するほど重要なアイテムです。
是非、効率的かつ生産的にゲームをプレイしたい方はゲーミングヘッドセットを導入してみてください。

 

hatta
hatta

ゲーミングヘッドセットを使うとゲームはより楽しくなります!

 

テレワーク・ノマドワーカーにおすすめなポータブルSSD3選をランキングで紹介!

テレワーク・ノマドワーカーにおすすめなポータブルSSD3選をランキングで紹介!
テレワークやノマドワーカーなど新しい働き方が増える中、あると便利なのがポータブルSSDですよね。 SSDは軽量で衝撃にも強く、ポータブル利用に最適な周辺機器(ガジェット)です。 場所に縛られない現代の働き方にマッチした周辺機器です。 ...
タイトルとURLをコピーしました