ハイデスクタイプのゲーミングデスクの選び方とおすすめ5選!ゲームを快適にプレイ!

ガジェット

ゲーミングデスクはゲームをプレイするのに特化したアイテム(ガジェット)です。
多彩な機能で快適なゲーム環境に整えられるでの、PCゲームはもちろん、ゲーム好きの方なら絶対的に使用したほうがいいデスクです。
そこで、ハイデスクタイプのゲーミングデスクの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ハイデスクタイプのゲーミングデスクのおすすめは?

ハイデスクタイプのゲーミングデスクの選び方は?

 

・ゲーミングデスクの特徴
・ハイデスクタイプのゲーミングデスクの選び方
・ハイデスクタイプのゲーミングデスクおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ハイデスクタイプのゲーミングデスクの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばハイデスクタイプのゲーミングデスクで迷うことはもう無くなります!

 

 

ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲーミングチェアで生産性を向上!

ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲームやテレワームに!コスパモデルも紹介!
ゲーミングチェアはゲームを長時間プレイするゲーマーのために作られたアイテム(ガジェット)です。 座り心地に優れており、疲れにくく、正しい姿勢を保ちやすいなど、さまざまなメリットがあります。 ビジネスシーンでも注目されているアイテムです。 そこで、ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介します。

 

 

ゲーミングデスクの特徴

ゲーミングデスクとは、ゲーマー向けに設計されたデスクのことです。
オフィスでの仕事用に設計された「オフィスデスク」とは異なり、高さ調節機能が付いていたり、ゲーム周辺機器の収納スペースが設けられていたりと、「ゲームのしやすさ」に特化したさまざまな工夫が施されています。

また、ゲーム中の激しいマウス操作にも耐えられるように、安定性が追求されているのもポイントです。
モデルによって細かな機能性は異なるため、さまざまなモノを見比べたうえで、自分にぴったりの機能を備えたゲーミングデスクを選びましょう。

ハイデスクタイプ:ゲーミングチェアや立ったままプレイ

ゲーミングチェアやオフィスチェアなどに腰掛けたスタイルでゲームをしたいなら、ハイタイプのゲーミングデスクがおすすめです。
ゲーミングデスクのなかでも主流のタイプなので、カラーやサイズ、付加機能のバリエーションが豊富です。
自分の好みや部屋のレイアウトに沿ったモノを選べるのがポイントです。

ビジネス界で注目のスタンディングワークスタイルを、ゲーム界に応用する動きも見られます。
腰に不安を抱える方や、ずっと同じ姿勢でゲームプレイを続けることによる健康面への影響に配慮したい方は、高さ調節することでスタンディングタイプに切り替え可能なモデルもぜひチェックしてみてください。

 

hatta
hatta

ゲーミングデスクは様々な機能が備わっており、ゲームに特化したデスクです!

 

 

ハイデスクタイプのゲーミングデスクの選び方

サイズを確認

ゲーミングデスク選びで重要なポイントのひとつが、デスクサイズです。
奥行きは約50~60cmが主流ですが、幅は約75cmのコンパクトなモノから約120cmのワイドなモノまでさまざまです。
モニターの大きさや数に合わせて最適なサイズを選びましょう。

一般的なモニター1つを設置するなら、約100cmで十分な広さがあります。
複数のモニターを使用するなら広めのデスクを選ぶか、スペースに余裕があればL字型のデスクを選ぶのも選択肢のひとつです。

 

天板の厚さを確認

モニターアームの使用を考えている方は、天板の厚さを確認するようにしましょう。
モニターアームをデスクに挟み込んで固定するタイプは、天板が厚すぎると設置できないこともあります。

また、斜めになっている場所には取り付けられないので、天板の側面や背面にデザイン的な加工されていないかも確認が必要です。

 

耐荷重を確認

複数のモニターやスピーカー、その他周辺機器をゲーミングデスク上に置きたい方は、購入前に耐荷重を確認しましょう。
ゲーミングデスクはゲーム環境を整えるために開発されているので、頑丈に作られているモノがほとんどですが、想定以上のモノを乗せると壊れてしまう可能性もあります。

 

高さ調節が可能か確認

ゲーミングデスクのなかには、上下の昇降機能が付いたモノもあります。
使う方の体格や、その日の気分によって高さが変えられるため、より快適にプレイできる点がメリット。
長時間のゲームプレイでも、姿勢を変えられるのでおすすめです。

さらに、スタンディングプレイができる高さまで調節できるモノも注目されています。
腰痛が気になる方や長時間プレイが日常になっている方は、ぜひ検討してみてください。

高さ調節機能は、部屋の模様替えや引っ越しなどの住環境の変化にも柔軟に対応できます。
手動で昇降させる方法が一般的ですが、なかには電動昇降機能付きのモデルや、高さを記憶するメモリ機能が付いたモデルもあるので確認してみてください。

 

hatta
hatta

「サイズ」「天板の厚さ」「耐荷重」「高さ調整」の4点がハイデスクタイプのゲーミングデスクを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ハイデスクタイプのゲーミングデスクおすすめ5選

 

上記でハイデスクタイプのゲーミングデスクの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!大のゲーミングデスクマニアの筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したハイデスクタイプのゲーミングデスクを5つ紹介します!

 

Bauhutte ゲーミングデスク BHD-1200HDM

Bauhutte ゲーミングデスク BHD-1200HDM」はバウヒュッテは日本を代表するゲーミング家具ブランドです。
シンプルなデザインと、ゲームのしやすさに特化した数々の機能性が魅力です。
昇降式の天板を備え、使う方の体格差や日々の体調、部屋のレイアウト変更などに柔軟に対応して理想のゲーム環境を作れます。

天板の高さ調節にはクイックリリース方式を採用し、スピーディーな昇降が可能です。
耐荷重が100kgのため、周辺機器をたくさん配置したい方にもおすすめです。
デスクを丸ごとカバーするゲーミングマウスパッドが付いており、スムーズで安定したマウス操作が確保できます。

クロスバーや底板など、安定性を追求した作りもポイントです。
サイドのパンチングボードをケーブルの固定や小物の収納に活用できるので、デスク周りをすっきり片付けられます。

 

・サイズ:幅120cm×奥行55cm×高さ59.5cm(59.5~81cm)
・天板の厚さ:2.5cm
・耐荷重:100Kg
・高さ調整:可能

 

 

Need ゲーミングデスク

Need ゲーミングデスク」はマウスパッドにLEDライトを搭載したスタイリッシュなゲーミングデスクです。
ドリンクホルダーや配線ラック、ヘッドホンラックを備えているので、デスク周りがすっきりと片付きます。
脚先のアジャスターで、カーペットの段差などによるガタつきにも対応可能です。

天板は木製の板にキズや汚れに強いメラミン加工が施されており、フレームにはスチール素材を使用しています。
100kgの重さにも耐えられる強度があり、安定性を実現しています。幅120×奥行き60cmのサイズは広々とした作業スペースです。

価格帯も安く、コスパに優れたおすすめのモデルで、シンプルかつスタイリッシュに仕上げたい方に向いています。

 

・サイズ:幅120cm奥行60cm高さ74.3cm
・天板の厚さ:2cm
・耐荷重:100Kg
・高さ調整:不可

 

 

PANDA ゲーミングデスク

PANDA ゲーミングデスク」は横から見るとZ型になった斬新なデザインと、側面のLEDライトが特徴的なゲーミングデスクです。
ライトの色は7色に変更でき、近未来的なスタイリッシュさが楽しめるので、デスクのデザイン性にこだわりたい方におすすめです。

サイズは幅100×奥行き60cmで、モニター1つを設置するには十分なスペースがあります。
天板裏の補強パイプが内側に設置されているため、モニターアームやデスクライトなどのクランプ機器を取り付ける際に邪魔にならないのがポイントです。

天板は炭素繊維カーボン製で手触りがよく、耐荷重は約200kgです。
奥行きの半分くらいの位置に横に渡された支柱があるため、足元に設置できるPCの大きさは制限されます。

 

・サイズ:幅100×奥行き60×高さ73cm
・天板の厚さ:2.5cm
・耐荷重:200Kg
・高さ調整:不可

 

 

FlexiSpot スタンディングデスク

FlexiSpot スタンディングデスク」は約60~123cmの高さに電動式で昇降する機能が付属したゲーミングデスクです。
よく使用する高さを3パターンまで記憶できるメモリ機能が付いた優れものです。
ワンタッチで高さ調節でき、ときどき姿勢を変えることで長時間のゲームプレイでも身体の負担を軽減できます。

リマインダー機能で、アラームを設定でき、電子音で姿勢の変換を促すことも可能です。
幅140×奥行き70cmのワイドスペースも魅力のひとつで、快適かつおしゃれなワンランク上のゲーミングデスクを探している方におすすめです。

天板と脚のカラーの組み合わせは数種類から選べます。
黒い天板のほか、インテリアにナチュラルになじむディープウォールナットタイプもあるので、部屋の雰囲気や好みに合わせて選択してみてください。

 

・サイズ:幅140×奥行き70×高さ60cm(60~123cm)
・天板の厚さ:2.5cm
・耐荷重:80Kg
・高さ調整:可能

 

 

YAMAZEN ステーションデスク PND-1600

YAMAZEN ステーションデスク PND-1600」はリーズナブルな価格が魅力のL字型デスクです。
シンプルですが、2ヵ所の2口コンセントやモニター台が付属した便利なモデルです。
中央部分に脚がないので、デスク下を有効に利用できるうえ、スムーズに移動できるのがポイントです。

クロスバーや各脚のアジャスターで、デスクの横揺れやガタつきを防止し、ゲームを集中して楽しめます。
インテリアと相性のよい3色展開で、部屋をおしゃれにまとめたい方にもおすすめです。

 

・サイズ:幅160×奥行160×高さ76cm(モニター台天板:幅60 奥行き24cm)
・天板の厚さ:2.5cm
・耐荷重:80Kg
・高さ調整:不可

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したハイデスクタイプのゲーミングデスクです。
ゲームだけでなく、仕事用のデスクとして使用するのもおすすめです!

 

ゲームの効率化を上げるアイテム(ガジェット)

以上がハイデスクタイプのゲーミングデスクの選び方とおすすめ5選の解説でした。
ゲームを快適にプレイすることができるゲーミングデスクは身体の負担を軽減する効果が期待できます。
特に上下昇降機能を備えているモデルはおすすめです!
長時間のプレイをする際におすすめの機能です!
また、ゲームだけでなく、仕事用のデスク(机)としての使用もおすすめです!
ぜひ、自分の環境に合うモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ゲーミングデスクは間違いなくゲームの効率化を上げるアイテムです!

 

モニターアームの選び方とおすすめ5選を解説!PCモニターの高さや角度を自由に調節!

モニターアームの選び方とおすすめ5選を解説!PCモニターの高さや角度を自由に調節!
「モニターアーム」はパソコンのモニターの高さや角度を自由に調整することができる便利なアイテム(ガジェット)です。 モニタースタンドをなくすことができるので、デスクの上を広くすっきり使えるものメリットです。 そこで、モニターアームの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました