火消し壺のおすすめ5選!バーベキューに便利な火起こし器付きのモデルも!使い方も解説!

アウトドア

火消し壺は炭を安全に消火できる便利なアイテムです。
火の付いた炭を中に入れて蓋を締めるだけで安全に消火でき、そのまま持ち帰る事ができます。
また、消化した炭を再利用できるのも魅力で、BBQなどの必需品です。
そこで、火消し壺のおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

火消し壺のおすすめは?

火消し壺の選び方は?

 

・火消し壺とは・使い方
・火消し壺の選び方
・火消し壺のおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

火消し壺の選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めば火消し壺で迷うことはもうなくなります!

 

 

焚き火台の選び方とおすすめ5選!焚き火やBBQなど調理もこれ1つ

焚き火台の選び方とおすすめ5選!焚き火やBBQなど調理もこれ1つ
焚き火台は暖を取ったり、明かりやBBQなど調理に使える、1台で2役の便利なアイテム(ガジェット)です。 コンパクトで持ち運びに優れており、キャンプやアウトドア、BBQなどで活躍します。 そこで、焚き火台の選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

火消し壺とは・使い方

火消し壺は、使用後の炭を素早く消火できる製品です。
使い方は簡単で、火のついた炭をそのまま火消し壺に入れて蓋を締めるだけです。
フタで密閉し、酸素の供給を止めることで簡単に消火が可能です。
そのまま炭を持ち帰るのにも役立ちます。

 

火消し壺のメリット

  • 安全に消火できる
  • 炭が再利用できる

安全に消火できる

火のついた炭は放置しても、燃え尽きるまで時間がかかります。
水をかけてすぐに消火しようとすると、灰や蒸気が舞う恐れがあり危険です。

火消し壺があれば、炭を入れてフタをしておくだけで消火できます。
撤収作業も短時間で済むほか、寝る前に炭を処理するのにも便利です。
火消し壺を使うことで、熱を持った炭を放置して火災を起こしてしまうといったリスクも軽減できます。

 

消火後の炭が再利用できる

1度着火した炭は火消し壺に入れると消し炭になり、2度目の着火が容易になるのが魅力です。
繰り返し炭を利用できるので、ランニングコストを削減できるのもメリットです。

火消し壺が無い場合、短時間で炭を消火するには水をかける必要があります。
水をかけると、乾いてから再利用するまでに天日干しが必要となり、手間がかかるのが難点です。
火消し壺があれば水を使わずに短時間で消火できるので、手間なく再利用できます。

 

hatta
hatta

火消し壺は炭を素早く消火でき、炭を再利用できるアイテムです!
BBQなど炭を使用するシーンには必需品です!

 

 

火消し壺の選び方

素材を確認

火消し壺で採用されている金属素材は、主にスチール・アルミ・ステンレスの3種です。
金属製は割れにくく耐久性が高いので、はじめての方でも安心して使用できます。
ただし、使用後の炭を入れたあとは熱を持つため、取り扱いには注意が必要です。

アルミ製のモデルなら、軽量なモノが多いので楽に持ち運べます。
また、ステンレスは高価なものの、サビに強くお手入れも簡単です。

 

サイズを確認

火消し壺のサイズは製品によって異なるので、必ず確認しておきたいポイントです。
大きめのサイズなら、かさばり持ち運びにくいものの、たくさんの炭を入れることが可能です。
主に、車などで移動する大人数のキャンプに適しています。

また、小さいサイズの場合、炭を入れられる量は少ない一方、携帯性は良好です。
主に少人数で、荷物をなるべくコンパクトにまとめたい場合に適しています。

 

hatta
hatta

「素材」「サイズ」の2点が火消し壺を選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

火消し壺のおすすめ5選

上記で火消し壺の選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!火消し壺選びからがBBQの始まりだと強く思う筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した火消し壺を5つ紹介します!

 

CAPTAIN STAG 大型火消し壺 火おこし器セット M-6625

CAPTAIN STAG 大型火消し壺 火おこし器セット M-6625」は火おこし器がセットになった、キャンプやバーベキューなどのアウトドアに便利な火消し壺です。
スタンドも付属しているので、地面に置いてもスムーズな火おこしが可能です。

火消し壺のサイズは、外径約21×高さ22.5cmと大きめで、家族など比較的大人数での使用に対応できます。
火おこし器のサイズは、外径約18×高さ20cmで、火消し壺内に収納可能なため、持ち運びやすいのもポイントです。
火おこしから後片付けまでができるセットで、アウトドア初心者の方にもおすすめです。

 

・素材:スチール
・サイズ:幅21×奥行21×高さ20cm

 


 

CAPTAIN STAG 火消しつぼ 火起し器セット UG-3245

CAPTAIN STAG 火消しつぼ 火起し器セット UG-3245」は本体内部に火おこし器が収納できる火消し壺です。
バーベキューなどで準備する際には、内部から火おこし器を取り出して使用します。
片付け時には、燃えた炭が入った火おこし器を火消し壺に入れるだけで、簡単に消火可能です。

水を使わず、乾かす必要もないので、次回はまた取り出すだけですぐに火おこしができます。
火消し壺のサイズは、外径約19×高さ24cm。火おこし器は、外径約16×高さ20cmです。
炭を繰り返し利用しやすい、利便性の高い火消し壺を探している方に適しています。

 

・素材:アルミ
・サイズ:外径19×高さ24cm

 


 

LOGOS ポータブル火消し壷

LOGOS ポータブル火消し壷」はネジ式のフタのため、簡単にしっかりと密閉できる火消し壺。
持ち運び中に誤って倒してしまっても、内容物がこぼれるのを予防します。
水を使用しなくても、火消し壺に炭を入れてフタを閉めるだけで消火が可能です。
炭を濡らさずに済み、乾かす手間も省けます。

本体にはハンドルが付いており、片手で持って運びやすいのも特徴です。
また、シンプルなデザインもポイントで、スタイリッシュでおしゃれなモノを探している方にもおすすめの火消し壺です。

 

・素材:アルミ
・サイズ:17×21.8cm

 


 

Alpine DESIGN 火おこし&火消し壺

Alpine DESIGN 火おこし&火消し壺」は火おこし機能も備わった、アウトドアでの使用に便利な火消し壺です。
底面にある穴は開閉可能で、煙突効果によって火を起こせる仕組みです。
穴を閉じればしっかりと密閉できるので、消火もスムーズです。

水で消火する必要がなく、炭を乾かさなくても再利用できます。
また、握りやすいグリップを搭載した持ち手も付いているため、楽に手に取って使用できるのも特徴です。
火おこしにも消火にも使える便利なアウトドアグッズを探している方におすすめの火消し壺です。

 

・素材:スチール
・サイズ:26×17×30cm

 


 

GREEN LIFE 火おこし兼用火消しつぼ HOT-150

GREEN LIFE 火おこし兼用火消しつぼ HOT-150」は火おこし器も兼用の、バーベキューをするのに便利な火消し壺です。
煙突効果により、バーベキューなどの準備で面倒な火おこしも簡単に行えます。
後片付けでも、本体の上下をフタで密閉すれば、炭の消火がスムーズ。手に持って移動させやすいハンドルも搭載されています。

フタにはロック機能も搭載されているので、内容物がこぼれにくいのが嬉しいポイントです。
ハンドル部分は折りたたみ可能で、収納や持ち運びにも便利です。
手軽で使い勝手のよい火消し壺を探している方に適しています。

 

・素材:スチール
・サイズ:直径15×高さ25cm

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している火消し壺です!
火消し壺を使用すると、炭の再利用ができ、安全にBBQを楽しむことができます!

 

 

火消し壺は炭を使うシーンで必需品

以上が火消し壺のおすすめ5選の解説でした。
火消し壺は炭を安全に消火できる便利なアイテムです!
火の付いた炭を中に入れて蓋を締めるだけで安全に消火でき、そのまま持ち帰る事ができます!
また、消化した炭を再利用できるのも魅力です。
1度着火した炭は火消し壺に入れると消し炭になり、2度目の着火が簡単になるのも特徴です!
ぜひ、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

火消し壺は炭を安全に消火でき、炭の再利用ができる、BBQなど炭を使うシーンで必需品です!

 

 

ガストーチバーナーの選び方とおすすめ5選!アウトドアやバーベキューの薪や炭の起こしに!

ガストーチバーナーの選び方とおすすめ5選!アウトドアやバーベキューの薪や炭の起こしに!
ガストーチバーナーはアウトドアなどのシーンで炭や薪に火をつける時に便利なアイテムです。 バーベキューでの炭の火起こしやキャンプでの薪への着火、料理での炙りなど、多用の使い方ができるのもポイントです。 CB缶やOD缶、充填式など様々なモデルがあります。 そこで、ガストーチバーナーの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました