ファミリーテントの選び方とおすすめ5選!おしゃれなモデルや2ルーム、コスパモデルも!

アウトドア

ファミリーテントは家族や友達など大勢でキャンプをする時に便利なテントです。
1つのテントにみんなで宿泊できるので、テントが1つで済むメリットがあります。
設営の簡単なものから、ファミリーテントの種類や選び方など特集します。
そこで、ファミリーテントの選び方とおすすめ5選を解説します!

 

この記事はこんな人におすすめです!

ファミリーテントのおすすめは?

ファミリーテントの選び方は?

 

・ファミリーテントの種類
・ファミリーテントの選び方
・ファミリーテントのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ファミリーテントの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばファミリーテントで迷うことはもうなくなります!

 

 

グランドシートの選び方とおすすめ5選!テントの必須アイテム!サイズ豊富で選べソロキャンにも!

グランドシートの選び方とおすすめ5選!テントの必須アイテム!サイズ豊富で選べソロキャンにも!
テントの下に敷く「グランドシート」はテントの底を汚れから守り、防水効果を高め、浸水も防ぐことができます。 また、地面の凹凸を和らげる役割もあります。 テントの底が汚れにくいので、テントを傷めず、撤収も手間も省くことができるテントには必須なアイテムです。 そこで、グランドシートの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

ファミリーテントの種類

ドーム型

ドーム型は、登山やトレッキングにおける定番のテントです。
多くのメーカーから製品が発売されており、選択肢が豊富です。
1人用からファミリー用まで、さまざまなサイズのテントが揃っています。
さらに、雨風に強く、本格的な登山でも使用できるモデルが多いのもポイントです。

設営は、テント生地の上部にあるスリーブと呼ばれる通し穴にポールを通すだけと簡単です。
しかも、ほかのタイプに比べるとリーズナブルな傾向にあります。
ファミリーテント選びで、まずチェックしておきたい基本のテントです。

 

ツールーム/トンネル型

ツールーム型は、ドーム型の居住性と機能を拡張した人気のテントです。
ベッドルームに加えて、リビングスペースも備えています
また、ドーム型に比べて高さのある製品が多いため、開放感のある空間を演出できるのがメリットです。

なお、ドーム型でリビングスペースを確保する場合は、テント設営後にタープを張る必要がありますが、ツールーム型の場合はそのような手間がかかりません。
さらに、タープとテントがセットになっているため、収納性に優れているのもポイントです。

 

ティピー型

テントの天井中心部を1本のポールで支えるのが特徴のティピー型テントです。
円錐形をしており、比較的大人数でも使いやすいのが魅力です。
別名、モノポールテントとも呼ばれています。

構造がシンプルなので、テントの設営が容易なのもメリットです。
テント側面部のペグを地面に打ち付けるペグダウンを行い、支柱となるポールを真ん中に立てるだけです。
ほかのタイプのテントに比べてペグダウンの回数が多くなりますが、ペグダウン自体は簡単な作業のため、慣れれば初心者でも短時間で設営できます。

とんがり屋根のかわいらしい形状もポイントです。
キャンプシーンだけでなく、野外フェスなどでも使用できる注目のテントです。

 

ロッジ型

ロッジ型は、広い空間を確保できる居住性の高いテントです。
テントの側面がほぼ垂直になっており、室内の隅でも高さを確保しやすいのがメリットです。
空間を無駄なく利用できるため、ファミリーテントにも適しています。

90年代に人気があったタイプですが、以前に比べて製品のラインナップが減少しています。
ただし、最近はグランピングブームの影響もあって人気が回復傾向あるので、居住性を重視したい方はぜひチェックしておきましょう。

 

hatta
hatta

上記4つのタイプがファミリーテントの種類です!

 

 

ファミリーテントの選び方

適応人数を確認

テントの大きさは一般的に「〇人用」と表記されています。
しかし、これはあくまでも最大収容可能人数を表しているにすぎません。
荷物などを考慮して、記載されている人数から1人分差し引いて考えましょう

初心者や子供連れのキャンプは、荷物が多くなる傾向があります。
夜ゆっくり寝られないと、翌日の行動に差し障ることがあるので要注意です。
余裕のあるサイズのテントを選んでおくと安心です。

 

耐水性を確認

テントは、フライシート・インナーテント・グラウンドシートから構成されているのが一般的です。
雨を直接受けるフライシートや地面に接するグラウンドシートは、とくに水が侵入しやすい部分です。
そのため事前に耐水性を確認しておきましょう。

テントの耐水性は「耐水圧」と表記され、どの程度の水圧まで水が侵入しないかを表しています。
キャンプの場合、耐水圧1500mm以上のテントを選んでおくと安心です。
高い山は雨や風が強い傾向にあるので、ファミリーでの登山の際は2000mmを目安にしてみてください。

テントの素材には、防水加工されたナイロンやポリエステルが使われているのが一般的。
ともに耐水性は良好ですが、ナイロンは水を含むと重くなり、乾きにくい性質があります。
また、紫外線によって変色・劣化しやすいのもデメリットです。
日光・雨を直接受けるフライシートは、ポリエステル素材のモノを選ぶと安心です。

 

収納サイズと重さを確認

親子での登山など、徒歩によるアウトドアアクティビティの場合は、携行性を考慮して収納時の重量やサイズも確認しておきましょう。

 

hatta
hatta

「適応人数」「耐水性」「収納サイズと重さ」の3点がファミリーテントを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ファミリーテントのおすすめ5選!

上記でファミリーテントの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!家族や友達とキャンプをするときはファミリーテントをヘビーユーズしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したファミリーを5つ紹介します!

 

Coleman エクスカーションティピー 325 2000031572

Coleman エクスカーションティピー 325 2000031572」は3~4人用のティピー型テントです。
ポール1本で簡単に設営ができるので、ファミリーテントにもおすすめのモデルです。
ひさしが付いた前室を備えているため、雨天の出入り時に重宝します。
また、入り口ドアはフルクローズにできるので、雨や夜露から靴や荷物を守ることが可能です。

フライシートトップにはベンチレーターを搭載しています。
インナーテントの出入り口や側面にもメッシュパネルを配置しているため、内部の湿った空気を効率的に換気できます。
不快な害虫の侵入を防ぎ涼しい外気が取り込めるので、暑い時期のキャンプでも快適に過ごすことが可能です。

 

・適応人数:4人
・耐水性:フライ/1500mm、フロア/1500mm
・収納サイズと重さ:約直径16×60cm 約6kg

 


 

LOGOS ナバホ Tepee 400

LOGOS ナバホ Tepee 400」は3~4人家族に適したおしゃれなファミリーテントです。
アメリカ先住民の伝統柄「ナバホ」をあしらったユニークなデザインが特徴です。
ファミリーキャンプでも、個性的なテントサイトを演出したい方におすすめです。
また、ティピー型のため、ポール1本で簡単に組み立てられます。

さらに、ポールにランタンフックが付いているのもポイントです。
夕食後は子供と一緒にゲームなども楽しめます。
重量は約5.8kgと軽量なので、付属のキャリーバッグに入れて簡単に持ち運ぶことが可能です。

 

・適応人数:4人
・耐水性:フライ/1600mm、フロア/3000mm
・収納サイズと重さ:約幅56×奥行21×高さ21cm 約5.8kg

 


 

DOD ザ・ワンタッチテント T5-674-KH

DOD ザ・ワンタッチテント T5-674-KH」は設営が容易なファミリーテントです。
ワンタッチ機構を採用しており、紐を引くだけで立ち上げることが可能です。
4~5人でゆったり過ごすのに適した広さが確保されています。
また、フライには耐水圧2000mm、フロアシートには5000mmの生地を使用しているので、雨の日でも安心して使用可能です。

天井高が約2mと高いのもポイントです。
テント内での移動が楽なほか、立ったままでも着替えられるため便利です。
さらに、4面にメッシュパネルを配置しているので、夏でも涼しく過ごせます。

タープとの連結ができるのも魅力です。
フロントポールにタープのフックを引っ掛けるだけで、開放感のある広いリビングエリアが完成します。
優れた拡張性を有しているおすすめのモデルです。

 

・適応人数:5人
・耐水性:フライ/2000mm、フロア/5000mm
・収納サイズと重さ:約W90×D24×H24cm 約11.5kg

 


 

snow peak アメニティドームL SDE-003RH

snow peak アメニティドームL SDE-003RH」は耐久性に優れたローシルエットが特徴の5~6人程度の家族に適したテントです。
強風の日でも、安心して過ごせるファミリーテントが欲しい方におすすめのモデルです。
風に強い形状ながら165cmの室内高を確保するなど、耐久性と快適性に配慮した設計なのがポイントです。

また、フレームエンドが色分けされているので、組み立てやすいのも魅力です。
さらに、本製品以外にS・Mサイズもラインナップされているため、あわせてチェックしてみてください。

 

・適応人数:6人
・耐水性:フライ/1800mm、フロア/1800mm
・収納サイズと重さ:約73×23×27(h)cm 約9.8kg

 


 

FIELDOOR ワンタッチテント300

FIELDOOR ワンタッチテント300」は紐を引くだけで折りたたみ傘のように立ち上がる、ワンタッチタイプのファミリーテントです。
室内は300×300cmと広く、4~6人家族がゆったりとくつろぐのに適したサイズです。

出入り口付近には、フライシートを開けた際にドア部分が収納できるポケットを搭載しています。
いちいち巻きあげたり縛ったりする手間が省けるので便利です。

室内にスマホなどが入れられる小物ポケットを備えているのもポイントです。
さらに、キャノピーポールも付属しているなど、購入後すぐにキャンプが楽しめるおすすめのモデルです。

 

・適応人数:6人
・耐水性:フライ/1500mm、フロア/1500mm
・収納サイズと重さ:約103×20×20cm 約10.5kg

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているファミリーテントです!
ファミリーテントが1つあると大勢でのキャンプがより楽しくなりますよ!

 

 

ファミリーテントは大勢のキャンプがより楽しくなる

以上がファミリーテントの選び方とおすすめ5選の解説でした。
ファミリーテントは家族や友達など大勢でキャンプをする時に便利なテントです!
1つのテントにみんなで宿泊できるので、テントが1つで済むメリットがあります!
みんなで同じテントに宿泊すると思い出は更に楽しい思い出になります!
居住性と設営方法、そして携行性も踏まえたうえで、適したテントを選ぶことが大切です!
ぜひ、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ファミリーテントは家族はもちろん友達など大勢でキャンプをするなら1つは持っておいて損はないアイテムです!
キャンプがより楽しくなること間違いないのギアです!

 

 

キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選!登山やツーリング、車中泊!最高の寝心地に!

キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選!登山やツーリング、車中泊!最高の寝心地に!
インフレーターマットはキャンプ用マットの中でもバルブを緩めるだけで自動的に空気を充填できる便利なマットです。 断熱性に優れておりクッション性も高く、空気の入れる量で硬さ調整もできるので快適な寝心地が得られるのもポイントです。 そこで、キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました