エルゴノミクスキーボードの選び方とおすすめ5選!長時間作業を快適に!

ガジェット

エルゴノミクスキーボードは人間工学に基づいて作られており、自然な姿勢でタイピングができるアイテム(ガジェット)です。
独特な形状が特徴でタイピングしやすく、長時間作業でも疲れにくく人気が高まっています。
そこで、エルゴノミクスキーボードの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

エルゴノミクスキーボードのおすすめは?

エルゴノミクスキーボードの選び方は?

 

・エルゴノミクスとは
・エルゴノミクスキーボードの選び方
・エルゴノミクスキーボードのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

 

hatta
hatta

エルゴノミクスキーボードの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばエルゴノミクスキーボードで迷うことがもうなくなります!

 

 

充電式Bluetoothマウスの選び方とおすすめ5選!電池不要でUSB不使用で便利!

充電式Bluetoothマウスの選び方とおすすめ5選!電池不要でUSB不使用で便利!
充電式Bluetoothマウスは充電することにより使用できるBluetooth方式で接続可能なマウスです。 充電式で電池が不要で、Bluetooth接続のため、スマホやタブレットといったUSBポートがない機器でも使用可能です。 そこで、充電式Bluetoothマウスの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

エルゴノミクスとは

エルゴノミクスは「人間工学」とも呼ばれる学問の一種です。
IT分野においては、キーボードやディスプレイ、マウスなどの構造や設計を、人間がより快適に使用できるよう工夫してデザインしたモノを指します。

エルゴノミクスキーボードは一般的なキーボードとは異なり、左右が分離していたり、形が湾曲していたりするのが特徴です。
タイピングのしやすさに配慮されているおすすめの製品です。

エルゴノミクスキーボードのメリット

  • 長時間作業でも疲れにくい
  • タイピングしやすい設計
  • 作業効率が向上

エルゴノミクスキーボードは、長時間使用しても疲れにくいのがメリットです。
キーボードが湾曲していたり、キー配置が工夫されていたりと、人間が自然な姿勢や動作で使えるように設計されています。
通常のキーボードと異なり、使用する際に手首をキーボードと平行にする必要がなく、腕や肩にかかる負担を軽減可能です。
作業したときの疲労感を和らげ、長時間でも安心して使用できます。

タイピングしやすい独特な形状もエルゴノミクスキーボードのメリットです。
キーごとにサイズが異なったり、キーの配置が工夫されていたりするので、手首を大きく動かさずに文字が打てます。

使い慣れないうちは不便に感じることも少なくありませんが、慣れればタイピング時のロスタイムの削減が可能です。
作業効率や生産性を上げたい方におすすめです。

 

 

 

hatta
hatta

エルゴノミクスキーボードは疲れにくく、作業効率を上げることができる魔法のようなキーボードです!

 

 

エルゴノミクスキーボードの選び方

接続方法を確認

ワイヤレス接続

ワイヤレスタイプは、ケーブルを介さずにBluetoothやUSBレシーバーを用いてPCと接続できるのが特徴です。
配線が不要なので、デスク周りをすっきりさせたい方や置き場所を選ばずに使いたい方におすすめです。

Bluetoothモデルならば、タブレットやスマートフォンと接続して使用できるモノもあります。

有線接続

有線タイプは、PCとキーボードをケーブルで接続するのが特徴です。
ケーブルを挿すだけで接続でき、初期設定も簡単に行えるため、機械が苦手な方でも扱えます。

ケーブルを通してPCから直接給電を行うので、電池交換が不要なのも魅力です。
設置場所はPCの近くに限られますが、ワイヤレスタイプに比べて安価なモデルも多いため、コストを抑えたい方にもおすすめです。

 

リストレストの有無を確認

リストレストとは、キーボードやマウスの手前に置いて手首や手のひらをのせるためのアイテム。長時間の使用による疲労の軽減や、操作性の向上が期待できます。

エルゴノミクスキーボードの場合、本体手前にリストレスト状の傾斜が付いている製品がおすすめです。
長時間快適に使用したい場合は、必ずリストレストの有無をチェックしましょう。

 

 

hatta
hatta

「接続方法」「リストレスト」の2点がエルゴノミクスキーボードを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

エルゴノミクスキーボードのおすすめ5選

上記でゲーミングキーボードの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!作業効率には人一倍のこだわりを持つ筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したエルゴノミクスキーボードを7つ紹介します!

 

Microsoft Surface Ergonomic Keyboard 3RA-00017

Microsoft Surface Ergonomic Keyboard 3RA-00017」は自然なアーチ形状で手と手首を適切な位置に保てるエルゴノミクスキーボードです。
スペースキーの中央に向けて山なりになるデザインで、キー配置も工夫されています。キーボードの手前側には触り心地のよいクッションが備わっており、手首を衝撃や圧迫から守れるのが特徴です。

設定や検索、電卓などをワンタッチで呼び出せるホットキーを搭載しているのも魅力で、余計な動作を伴わず、作業を効率化できます。
また、テンキーも搭載しているため、Excelなどで数字を扱うような場合にも便利です。

接続方法はBluetoothを採用しています。
単4乾電池2本で駆動するためコードが不要で、作業環境をすっきりと保てます。

 

・接続方法:Bluetooth
・リストレスト:有

 

 

Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard for Business USB Port 5KV-00006

Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard for Business USB Port 5KV-00006」は2つのスペースキーを搭載したエルゴノミクスキーボードです。
キーボードは中央で分割されており、手前にクッション付きのパームレストが備わっています。
パームレストは角度の調節にも対応しているため、手首と前腕を自然な位置に保てるのが魅力です。

キーボードの分割した部分に向けて自然な曲線を描いているのが特徴で、指先のカーブに沿い、自然なタイピングを行えます。
また、中央に向けてキーのサイズが大きくなっているので、やや高い位置にあるキーを打つ場合のミスも軽減可能です。

独立したテンキーが付属しており、数字の入力にも便利です。
接続方法は無線(2.4GHz)で、電源には単4乾電池2本を採用しています。
ビジネス用途で使いたい方におすすめです。

 

・接続方法:無線(2.4GHz)
・リストレスト:有

 

 

Microsoft Wireless Comfort Desktop 5050 PP4-00023

Microsoft Wireless Comfort Desktop 5050 PP4-00023」は独特な曲線を描いたエルゴノミクスキーボードです。
幅広のパームレストで手首を支え、長時間でも快適に作業できます。
また、手のひら全体がフィットするような大きめのマウスが付属しているため、パソコンの周辺機器を同シリーズで揃えられるのも魅力です。

USB受信機を通したワイヤレス接続に対応しています。
キーボード入力したデータを暗号化して接続端末に送信する「AES暗号化技術」を採用しているので、パスワードやクレジットカード情報などの漏洩リスクを軽減できます。

キーボードに「Taskbar Favoritesボタン」を搭載しているのもポイントで、マウスのボタンと合わせてカスタマイズすれば、頻繁に使用するプログラムやファイルなどに素早くアクセスできます。
効率的かつ安全に作業したい方におすすめです。

 

・接続方法:無線(2.4GHz)
・リストレスト:有

 

 

SANWA SUPPLY エルゴノミクスキーボード SKB-ERG6BK

SANWA SUPPLY エルゴノミクスキーボード SKB-ERG6BK」はリストレスト部分の中央に大型のトラックボールを搭載したエルゴノミクスキーボードです。
光学センサー式のトラックボールにはボタンが2つ付属しており、マウスのように使用できます。
キーボードとマウスをそれぞれ設置するスペースが確保できない方におすすめです。

USBレシーバーを用いたワイヤレス方式を採用しており、電波の到達距離が長い2.4GHzの周波数で設計されているため、少し離れた位置からでも安定した操作が可能です。

テンキーやファンクションキー、ホットキーを搭載しているのもポイントで、数字入力が簡単にできるだけでなく、頻繁に使うツールにワンタッチで移動できるなど、利便性にも優れています。

 

・接続方法:無線(2.4GHz)
・リストレスト:有

 

 

Perixx エルゴノミクスキーボード PERIBOARD-512WUS

Perixx エルゴノミクスキーボード PERIBOARD-512WUS」は機能性と快適性を備えたフルサイズのエルゴノミクスキーボードです。
キーが中央で左右に分かれた形状をしており、スペースキーは大型のモノを2つ搭載しています。
手や手首を大きく動かさずに指が無理なくキーに届くため、長時間でも快適にタイピングできるのが特徴です。

キーボード表面がゆるやかなカーブを描いているのも魅力で、タイプ中の腕を支えるパームレストも搭載しているので、腕や指にぴったりとフィットして長時間でもラクラク作業できます。

USB接続の有線タイプで、ケーブル長が1.8mと長いのがポイントです。
デスクトップパソコンの裏面などにも接続できます。
英語配列ですが、テンキーやホットキーも搭載しているのでビジネスユースにもおすすめです。

 

・接続方法:有線接続
・リストレスト:有

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したエルゴノミクスキーボードです!
個人的にワイヤレスタイプと有線接続できるタイプを1つずつ持っておくと便利でおすすめです!

 

エルゴノミクスキーボードは絶対的に作業効率を高める

以上が、エルゴノミクスキーボードの選び方とおすすめ5選の解説でした。
エルゴノミクスキーボードは独特な形状でタイピングしやすく、長時間の作業でも疲れにくいのが特徴です。
使用すると絶対的に作業効率を高めることができます。
是非、自分に合うモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

一度使うと「なぜもっと早く使用しなかったんだ!」と思うはずです!

 

iPhone・iPad向けBluetoothキーボードの選び方とおすすめ5選!

iPhone・iPad向けBluetoothキーボードの選び方とおすすめ5選!
BluetoothキーボードはケーブルやUSBレシーバーが不要でスマートに使えるアイテム(ガジェット)です。 Bluetooth接続はパソコンはもちろん、iPhone・iPadにも接続できるため役立ちます。 そこで、iPhone・iPad向けBluetoothキーボードの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました