クロスバイクヘルメットの選び方とおすすめ5選!カジュアルおしゃれで街乗り、通勤通学に!

アウトドア

クロスバイクヘルメットは自転車に乗る際に頭部を守る重要なアイテムです。
クロスバイクは他の自転車に比べ、速度が出やすい自転車です。
万一の事故に備えてヘルメット着用は大切です。
クロスバイク用ヘルメットはおしゃれな製品が多いのも特徴です。
そこで、クロスバイクヘルメットの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

クロスバイクヘルメットのおすすめは?

クロスバイクヘルメットの選び方は?

 

・クロスバイクにヘルメットは必要
・クロスバイクヘルメットの選び方
・クロスバイクヘルメットのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

クロスバイクヘルメットの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばクロスバイクヘルメットで迷うことはもう無くなります!

 

 

コスパ最強クロスバイクの選び方とおすすめ5選!3万円までの安いモデル!通勤や通学にも!

コスパ最強クロスバイクの選び方とおすすめ5選!3万円までの安いモデル!通勤や通学にも!
クロスバイクはクロスバイクは「走行性」と「走破性」を合わせ持った汎用性の高いスポーツバイクです。 街乗りや通勤通学はもちろん、サイクリングやツーリングなど幅広く使用できるのが魅力です。 コスパの高いモデルもたくさんラインナップされています。 そこで、コスパ最強クロスバイクの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

クロスバイクにヘルメットは必要

道路交通法では、13歳以上であればクロスバイクを含めた自転車でヘルメットを着用する義務はありません。
ただし、クロスバイクはママチャリと比較してスピードが出やすい自転車であり、事故にあうと大変危険です。
とくに公道を走行する場合は、常に危険と隣合わせになります。

身体を守るためにヘルメットは必要です。
万一事故にあってしまった際の被害を最小限に抑えるために、ヘルメットを着用しておきましょう。
また、自転車保険に入っている場合、ヘルメット未着用では保険が適用されない可能性もあるため注意が必要です。

 

hatta
hatta

クロスバイクは他の自転車に比べ速度が出やすいです!
万一の時に備えヘルメットは装備しましょう!

 

 

クロスバイクヘルメットの選び方

サイズを確認

ヘルメットを選ぶ際、最も注意したいのが「サイズ」です。
ヘルメットが大きすぎると転倒時に外れてしまったり、逆に小さすぎると圧迫によって頭が痛くなってしまったりと、さまざまなデメリットが発生します。
自分の頭にピッタリとフィットする製品を選びましょう

ヘルメットは、頭の外周サイズによってS・M・L・XLなどに分けられます。
メジャーを使って、額の一番高いところから水平に後ろへ回して、後頭部の一番高いところを通ってから一周させ、頭の外周サイズを測りましょう

 

重さを確認

ツーリングなどのロングライドを想定している場合、ヘルメットの重量にも注目しましょう。
おすすめは250g以下のモデルです
長時間にわたって装着していてもほぼ負担を感じにくいので快適に使えます。
予算に余裕がある方は、200g以下の最軽量クラスのヘルメットもおすすめです

300g以上のヘルメットは、若干重いので注意。街乗りや通勤、通学など、ちょっとした距離ならばとくに問題はありませんが、長時間装着していると首などに負担を感じやすくなります。
用途や価格などに合った重さのヘルメットを選びましょう。

 

安全基準を確認

クロスバイク用のヘルメットを選ぶ際には、安全基準を満たしているかどうかも確認しましょう。
日本で最も有名な安全基準のひとつに、一般財団法人の製品安全協会が認定している「SGマーク」があります。

SGマークが付いたヘルメットは品質が保証されているほか、 製品の欠陥がきっかけで人身損害が発生した場合に、最大1億円の補償が受けられるのもポイントです。
他には日本自転車競技連盟「JCF」公認のモデルもあります。
また、自転車保険でも有利になることがあります。

他にはEUが認定している「CEマーク」アメリカの消費者製品安全委員会が認定している「CPSCマーク」などもあります。
しっかりと頭部を守るためにも安全基準マークの付いたヘルメットがおすすめです。

 

hatta
hatta

「サイズ」「重さ」「安全基準」の3点がクロスバイクヘルメットを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

クロスバイクヘルメットのおすすめ5選

上記でクロスバイクヘルメットの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!クロスバイクに乗る時、ヘルメットを被らないと落ち着かない筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したクロスバイクヘルメットを5つ紹介します!

 

OGK KABUTO 自転車ヘルメット RECT

OGK KABUTO 自転車ヘルメット RECT」は日本自転車競技連盟「JCF」公認のヘルメットです。
日本人にフィットするように設計された、レース対応のエントリーモデルです。
コンパクトなフォルムで重さ245gと軽量で、長距離サイクリングを楽しむ際のクロスバイク用ヘルメットとしてもおすすめです。

アジャスターには、球体形状のサポート部分に適度なしなり持たせた「XF-8」を採用しています。
後頭部のフィット感を上下4段階で調節できます。
また、エアインテークからの虫の侵入を防ぐ「A.I.ネット」も搭載し、虫の多い季節でも快適です。
頭部全体を包み込むように装着できるため、フィッティングを重視したい方にも適しています。

 

・サイズ:M/L(頭囲:57~60cm)
・重さ:245g
・安全基準:JCF公認

 


 

OGK KABUTO 自転車ヘルメット FM-8

OGK KABUTO 自転車ヘルメット FM-8」はファンライドや街乗り、マウンテンバイクなど幅広く対応できるクロスバイク用ヘルメットです。
自転車の種類を問わず使用可能で、オールラウンドに使いたい方におすすめです。
通学・通勤はもちろん、ツーリングやハードなスポーツライディングまで対応します。

開口部の数は少ないものの、丸みを帯びた形状の「ノーマルインナーパッド」で通気性を確保しています。
風を通しやすく、ムレを防いで快適なサイクリングを実現します。
2段階で高さを調節できる「XF-4アジャスター」を搭載しており、ダイヤルを回すだけの簡単操作でフィット感を調節可能です。

さまざまなシーンでマルチに使えるフロントバイザー「FV」を搭載しているのも魅力です。
好みや必要に応じて着脱できて便利です。

 

・サイズ:M/L(頭囲:57~60cm)
・重さ:280g
・安全基準:JCF公認

 


 

OGK KABUTO 自転車 ヘルメット キャンバスアーバン

OGK KABUTO 自転車 ヘルメット キャンバスアーバン」は通勤・通学や街乗りに適した、アーバンスタイルのクロスバイク用ヘルメットです。
後部と左右に車のヘッドライトを反射する大型リフレクターを搭載しています。
くわえて、テールライトを取り付けやすい形状を採用しており、夜に走行する機会が多い方におすすめです。

大型ダイヤル採用のアジャスターを搭載し、上下3段階でフィット感を調節可能です。
エアインテークからの通気性を確保したまま装着できる、スタイリッシュなキャンバスバイザー付属で長時間サイクリングでも快適です。

10種類もの豊富なカラーバリエーションから選べるのも魅力です。
好みに合わせて選びたい方はチェックしてみてください。

 

・サイズ:M/L(頭囲:57~60cm)
・重さ:290g
・安全基準:JCF公認

 


 

OGK KABUTO 自転車ヘルメット キャンバススポーツ

OGK KABUTO 自転車ヘルメット キャンバススポーツ」は街乗りからスポーツライディングまで、オールラウンドに使いやすいクロスバイク用ヘルメットです。
おしゃれなフォルムでカラーバリエーションが豊富なほか、買い求めやすい手頃な価格設定も魅力です。
はじめてヘルメットを購入する方におすすめのモデルです。

使い勝手に優れたダイヤル式アジャスターを搭載し、上下3段階でフィット感を調節可能です。
後部と左右の大型リフレクターにより、夜間に車のライトを反射して存在をアピールできます。
別売りのバイザーを装着すれば雨や日差しをさえぎれるほか、スタイリングのイメージを変更したい場合に便利です。

 

・サイズ:M/L(頭囲:57~60cm)
・重さ:290g
・安全基準:JCF公認

 


 

OGK KABUTO 自転車 ヘルメット WR-L

OGK KABUTO 自転車 ヘルメット WR-L」は製品安全協会が定める安全性を認証する規格「SGマーク」に合格しているクロスバイク用ヘルメットです。
ジャンルを問わず被りやすい設計で、通勤・通学や街乗り用としてもおすすめです。
着脱できるフロントバイザー「FV」を標準搭載し、シーンによって使い分けできます。

左右と後部の3カ所に反射テープが付いており、夜間の走行が多い方でも安心です。
フィット感を調節できるアジャスターバンドを搭載しています。
豊富なカラーラインナップも魅力の製品です。

 

・サイズ:M/L(頭囲:57~60cm)
・重さ:315g
・安全基準:JCF公認、SG基準

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているクロスバイクヘルメットです!
クロスバイクヘルメットは万が一の時のためはもちろん、ファッション感覚でも装備することができるアイテムです!
今回紹介したモデルはカラーバリエーション、サイズもも豊富なので確認してみてください。

 

 

クロスバイクヘルメットは万が一のときのお守り

以上がクロスバイクヘルメットの選び方とおすすめ5選の解説でした。
クロスバイクは他の自転車に比べ、速度が出やすい自転車です!
万一の事故に備えてヘルメット着用は大切です!
クロスバイク用ヘルメットはおしゃれな製品が多くラインナップされているのも特徴です!
自転車保険に入っている場合、ヘルメット未着用では保険が適用されない可能性もあるため注意が必要です!
ぜひ、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

クロスバイクヘルメットは万が一の時に装備していると頭を守ることができます!
おしゃれなデザインも多いので、お守りとして装備することをおすすめです!

 

 

サイクルコンピューターの選び方とおすすめ5選!GPS搭載のコスパモデル!アプリでスマホ連動!

サイクルコンピューターの選び方とおすすめ5選!GPS搭載のコスパモデル!アプリでスマホ連動!
サイクルコンピューターは自転車の走行距離・スピード・消費カロリーなどを測定できるアイテムです。 データが数値化されることで、走行ペースやギアチェンジのタイミングなどが確認できます。 ロードバイクやクロスバイクなどに乗る際、データ管理に便利です。 そこで、サイクルコンピューターの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました