車中泊マットの選び方とおすすめ5選!軽自動車からミニバンまで!段差解消で快適睡眠!

アウトドア

車中泊マットは車内でも快適に眠ることができるアイテムです。
段差の解消やクッション性、防寒性の向上が期待できます。
軽自動車からミニバンなどでの車中泊をより快適にするためには、車中泊マットは必要不可欠です。
そこで、車中泊マットの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

車中泊マットのおすすめは?

車中泊マットの選び方は?

 

・車中泊マットのメリット
・車中泊マットの選び方
・車中泊マットのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

車中泊マットの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めば車中泊マットで迷うことはもう無くなります!

 

 

カーサイドタープの選び方とおすすめ5選!ハイエースから軽自動車まで!吸盤タイプも!

カーサイドタープの選び方とおすすめ5選!ハイエースから軽自動車まで!吸盤タイプも!
カーサイドタープはキャンプなどのアウトドアや車中泊であると便利なアイテムです! 車の横やリアハッチに設置するだけで車内とタープを合わせて広い居住スペースを作ることができます。 設置するだけで簡単にくつろげる大空間を作れる利便性の高さが魅力です。 そこで、カーサイドタープの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

車中泊マットのメリット

車中泊マットのメリットは、クッション性や防寒性に優れていることから、車内でも快適に眠れることです。
車中泊マットなしの状態で横になった場合、シートの凹凸や硬さが気になってしまいがちです。

しかし、車中泊マットを敷けば、車内の凹凸や段差を気にせず休むことが可能です。
また、クッション性があるおかげで、フィット感が得られるのも魅力のひとつです。
車中泊をうまく活用すれば、出先でのホテル代の費用を抑えられるほか、キャンプでのテント設営の手間も省けます。

 

hatta
hatta

車中泊マットを使用すれば車内でも快適に寝ることができます!
クッション性や防寒性に優れており、車中泊を快適にするアイテムです!

 

 

車中泊マットの選び方

サイズを確認

車中泊マットを選ぶ場合、車の大きさや内装に合ったサイズのモデルがおすすめです。
特に後部座席用のマットはサイズが合わないと使用できなかったり、隙間があると寝心地が悪くなったりします。
また、バンタイプなどの車種で、後部座席も利用する方は、連結できるタイプの車中泊マットもおすすめです。

ただし、基本的に車内の収納スペースには限りがあるため、折りたたみ式のモデルや空気を入れて膨らませるモデルを選ぶなど、車の広さに応じた収納サイズのモノを選びましょう。

 

空気の入れ方を確認

車中泊マットは基本的に空気を注入し、膨張させて使用する簡易的な製品が多くラインナップされています。
空気の入れ方として、自分でポンプや息を吹き込んで膨らます「手動式」と、バルブ操作だけで自動的に膨らむ「インフレータブル式」があるため、購入の際にはどちらのタイプなのかを事前に確認しておきましょう。

手動式は自分で空気を注入する性質上、空気量を自在に調節して自分好みの硬さを作りやすいのがメリットです。
ただし、鋭利なモノに弱く空気漏れが発生しやすいので、使用する際は注意しましょう。
なお、適切に運用すれば高いクッション性を確保できるため、睡眠時の快適さを重視する場合は手動式マットを選ぶのがおすすめです。

インフレータブル式は、マット内部に高反発ウレタンフォームなどの吸気性素材を組み込み、専用のバルブを開けて放置、もしくは足踏みなどで膨張させます。
手間をかけずに設置できるのが大きなメリットです。
女性や年配の方でも簡単に扱えます。

 

収納サイズを確認

車中泊マットは、使用後に空気を抜いてコンパクトに収納できます。
旅行や釣りなどで車内にほかの荷物を詰め込む場合、ほとんどスペースに余裕がありません。

限られたスペースを活用する点でも車中泊マットの収納サイズは重要です。
収納時にリュックへ収まるサイズであれば運用しやすく、必要に応じてテントなどにも気軽に持ち込めます。
クッション性とコンパクト性のバランスを考え、自身の予定に合った最適なモノを探してみてください。

 

hatta
hatta

「サイズ」「空気の入れ方」「収納サイズ」の3点が車中泊マットを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

車中泊マットのおすすめ5選

上記で車中泊マットの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!車中泊はもちろん、キャンプでも車中泊マットをヘビーユーズしているや筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した車中泊マットを5つ紹介します!

 

オンリースタイル 車中泊専用マット

オンリースタイル 車中泊専用マット」は車中泊専用メーカー「オンリースタイル」のインフレータブル式車中泊マットです。
空気バルブは45°ひねるだけで開閉可能です。
特別な操作は一切不要で、誰でも簡単に使用できるのが魅力です。

内部の吸気性素材は「高密度ウレタンフォーム」を採用し、使用時は厚さ10cmの優れたクッション性を実現しています。
そのため、車内の段差が気になりにくく、フラットで快適な寝床を確保可能です。

また、サイドに同一製品を連結できる面ファスナーを搭載しているため、車のサイズに合わせて寝床スペースを拡張できます。
広い空間を確保できるので、家族で車中泊旅行を楽しむ際にもおすすめのマットです。

 

・サイズ:198×66×10(h)cm
・空気の入れ方:インフレータブル式
・収納サイズ:約直径20×73cm

 


 

Coleman キャンパーインフレーターマット ダブル

Coleman キャンパーインフレーターマット ダブル」は大手アウトドア総合メーカー「コールマン」の軽量性、コンパクト性に優れたマットです。
本製品は生地に難燃性や耐摩擦に優れた「PVCコーティング」を施したことにより高い耐久性を実現しています。

また、マット内部の吸気性素材には高反発の「ポリウレタンフォーム」を使用し、快適な寝床を作ることが可能です。
さらに、中央で折りたたむことで厚さ2倍のシングルマットとして使えるのもポイントです。
車のサイズに合わせて使い分けられます。

そのほか、専用の収納ケースに収めるとコンパクトにまとまるため、スペースに余裕がなくなりがちな車中泊に最適のマットです。

 

・サイズ:195×129×2(h)cm
・空気の入れ方:インフレータブル式
・収納サイズ:約直径18×69cm

 


 

snow peak インフレータブルマット テレコ TM-135

snow peak インフレータブルマット テレコ TM-135」はタフでハイスペックな製品が多いことで有名な「スノーピーク」のコンパクトな車中泊マットです。
本製品は引き裂き強度に優れた「75Dポリエステルリップストップ」を採用しています。
車で利用するほか、登山などの厳しい環境にも対応できるタフさが特徴です。

加えて、裏地に車内やテント内でのズレを予防するために「ノンスリップ加工」を採用しています。
寝返りによってマットが移動、変形するのを防げます。
寝相が悪い方や複数人で使用する場合に重宝します。

空気バルブはわずかな力で開閉できるため、簡単に設置、撤収が可能。力に自信のない方にもおすすめです。
また、収納時はリュックに入るほどコンパクトにまとまります。
荷物が多くスペースを有効活用したい方におすすめのマットです。

 

・サイズ:198×60×2.5(h)cm
・空気の入れ方:インフレータブル式
・収納サイズ:約直径16×30cm

 


 

FIELDOOR 車中泊マット Sサイズ

FIELDOOR 車中泊マット Sサイズ」キャンプ用品などを多く取り扱っているアウトドアメーカー「フィールドア」のクッション性に優れたマットです。
厚さ10cmの「高密度ウレタンフォーム」を採用し、段差のある車内はもちろん、タープ下の地面などさまざまな場所に対応できます。

また、サイドに付属しているボタンを使用して、製品同士を連結可能です。
さらに、直径2.4cmの大口径バルブを4個搭載しているため、設置や撤収がスムーズにおこなえるのも特徴です。

そのほか、本製品は色違いの表面と裏面をどちらも使用できるので、季節や気分によって使い分けたい方にもおすすめです。

 

・サイズ:188×60×10(h)cm
・空気の入れ方:インフレータブル式
・収納サイズ:約直径28×68cm

 


 

Bears Rock ベアーズロック 車中泊 マット

Bears Rock ベアーズロック 車中泊 マット」は広島県を拠点に置くアウトドア総合ブランド「べアーズロック」の弾力性に優れたマットです。
本製品は空気バルブを2個搭載しており、吸気性が高いためわずか1分程度で使用できます。

また、息を吹き込んで空気圧を高められるので、好みの弾力に調節することも可能です。
10cmのウレタンフォームと空気の層が適度な反発を生み出し、快適な寝心地を実現しています。

そのほか、側面部分には連結用のボタンを備えており、SUVやミニバンで使用する際は2枚を並べて使用可能です。
さらに、連結時にマット同士の隙間に段差が発生しないよう設計されているため、フラットな寝床を求める方におすすめです。

 

・サイズ:200×75×8(h)cm
・空気の入れ方:インフレータブル式
・収納サイズ:約直径25×75cm

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している車中泊マットです!
車中泊マットは車中泊をより快適に楽しくしてくれるアイテムです!

 

 

車中泊マットは車中泊の必須アイテム

以上が車中泊マットの選び方とおすすめ5選の解説でした。
車中泊マットは車内でも快適に眠ることができるアイテムです!
段差の解消やクッション性、防寒性の向上が期待できます!
軽自動車からミニバンなどでの車中泊をより快適にするためには、車中泊マットは必要不可欠です!

車中泊は移動するタイミングや起床時間を気にせず、自由気ままに過ごせるのが魅力です!
車中泊をより快適にするためには、車中泊マットは必要不可欠です!
是非、お気に入りのモデル選んでみてください。

 

hatta
hatta

車中泊マットは車中泊の必須アイテムです!
快適な睡眠は旅を楽しむ上で絶対に無視できないポイントです!

 

 

ワンタッチテントの選び方とおすすめ5選!設営撤収簡単でキャンプやツーリングに!

ワンタッチテントの選び方とおすすめ5選!設営撤収簡単でキャンプやツーリングに!
ワンタッチテントは簡単に設営や撤収ができるのが魅力のテントです。 面倒な設営を必要とせず、傘を広げるようにワンタッチで設営することができる便利なアイテムです。 宿泊ができるタイプの「フルクローズ型」はキャンプや登山でも使用することができます。 そこで、ワンタッチプテントの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました