キャンプ用コットの選び方とおすすめ5選!軽量でコンパクトなモデルも!アウトドアやツーリングに!

アウトドア

コットはキャンプなどのアウトドアシーンで活躍する折りたたみ式ベッドです。
ベッドとして使えるのはもちろん、ベンチや荷物置きとしても利用できるアウトドアギアです。
暑さ・寒さなどの影響を受けにくいため、野外でも快適に過ごせるのが最大の魅力です。
そこで、キャンプ用コットの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

キャンプ用コットのおすすめは?

キャンプ用コットの選び方は?

 

・コットとは
・キャンプ用コットの選び方
・キャンプ用コットのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

キャンプ用コットの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばキャンプ用コットで迷うことはもう無くなります!

 

 

パップテントの選び方とおすすめ5選!設営、撤収が簡単でキャンプやツーリングに!

パップテントの選び方とおすすめ5選!設営、撤収が簡単でキャンプやツーリングに!
パップテントは軍隊で使用されていたテントの一種です。 耐久性に優れているため、厳しい環境でも使用でき、本格的なソロキャンプにおすすめのアイテムです。 実用性も高く、設営や撤収がスムーズに行えるもの特徴です。 そこで、パップテントの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

コットとは

コットとは、主にキャンプなどのアウトドアシーンで活躍する折りたたみ式ベッドのことです。
地面の凹凸や、暑さ・寒さなどの影響を受けにくいため、野外でも快適に過ごせるのが最大の魅力です。

キャンプ時の必需品ではないので馴染みのない方も多いかもしれませんが、アウトドアファンの間では一度使用すると手放せなくなるといわれているほど、人気の高いアイテムです。

 

コットの種類

ローコット

ローコットは地面から30cmほどの高さまでの製品を指します。
テント内で設置したときにも、圧迫感なく使用可能です。
また、軽量なモノが多く、携帯性を重視したい方にもおすすめです。

地面との距離が近いので、地面からの熱気や冷気を感じやすいのが特徴です。
雑草が生い茂っているような場所に設置すると、快適性が損なわれる点は留意しておきましょう。

 

ハイコット

ハイコットは高さ40cm前後の高さがある製品です。
荷物をコットの下に置けるので、省スペース化に役立ちます。
また、ベンチ代わりとしても使え、強度の高いモノなら複数人で座れます。
足場が多少悪くても、快適に使用できる点がメリット。

ただし、狭いテントだと天井との距離が近くなる分、圧迫感があるのがデメリットです。
部品点数も多くなる分、ローコットよりも重量が重くなったり、収納サイズが大きくなってしまったりすることがあります。

 

hatta
hatta

コットはアウトドアシーンで活躍する折りたたみ式ベッドです!
暑さ・寒さなどの影響を受けにくいため、野外でも快適に過ごせるのが最大の魅力です!

 

 

キャンプ用コットの選び方

設営方法を確認

収束式

収束式とは、脚を折りたたむようにして中央に収束させているタイプです。
設営の際は脚を引っ張って広げるだけでコットを立ち上げられるため、あまり力を必要とせず、子供でも楽に設営可能です。

収束式コットの難点は、やや強度が弱いことです。
2人用ベンチや荷物置きとして活用したい場合には、耐荷重の数値をしっかりと確認したうえで購入しましょう。
ワンタッチで設置・撤収が簡単に行える、扱いやすいコットを探している方におすすめです。

 

組み立て式

組み立て式とは、文字通り座面部や脚などのパーツが一体化していないタイプです。
フレームを組み立てたり、サイドバーを取り付けたりと、ある程度の力が必要なので、人によっては設営が難しい場合もあります。

組み立て式のメリットは、コンパクトに収納できることです。
パーツごとに分かれているため、付属の収納バッグにすっきりと収納できるのがポイントです。
携行性に優れているので、なるべく荷物を少なくしたいソロキャンプやバイクツーリングなどで活躍します。

また、安定性に優れているのも組み立て式の特徴です。
安定感があるため、大きな男性用のベッドとしてや、ベンチや荷物置きとして活用したい方におすすめです。

 

耐荷重を確認

安全にコットを使用するには、耐荷重も要確認です。
基本的に、コットの耐荷重は80~100kg程度です。
ベッドだけでなくベンチとしても活用する場合は、2人以上座ることで耐荷重を超えてしまわないように気を付けましょう。

なお、一般的にはハイコットに比べるとローコットの方が耐荷重に優れています
そのため、耐荷重を重視したい方は、ローコットを中心にチェックしてみるのがおすすめです。

 

サイズを確認

コットを快適に使用するためには、使用する人の体格に合わせて長さや幅を選ぶことが大切です。
幅が細くできているスリムサイズや、ゆとりある広さのワイドサイズなどがあるので、体型に合わせて選ことが重要です。

 

収納サイズと重さ

キャンプ用コットを選ぶ際は収納サイズも要確認です。
特にバイクや自転車ツーリングでは通常のキャンプに比べて持ち運びの容量が制限されるので、できるだけ小さいものがおすすめです。
また、重さも忘れずに確認しましょう。

 

hatta
hatta

「設営方法」「耐荷重」「サイズ」「収納サイズと重さ」の4点がキャンプ用コットを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

キャンプ用コットのおすすめ5選

上記でキャンプ用コットの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!キャンプ用コットには誰よりもこだわりが強い筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したキャンプ用コットを5つ紹介します!

 

snow peak コットハイテンション BD030

snow peak コットハイテンション BD030」はコット上に荷重がかかると、シートにテンションがかかるモデルです。
コットの安定性が増し、快適に寝転がれます。
本体寸法は200×65×32cmで、身長の高い方でも安心です。
ローコットタイプで腰かけやすく、寝ている状態から靴を履くまでの動作もラクラクです。

収納は収束式を採用しており、収納時のサイズは125×28×20cmまでコンパクトになります。
組み立てもX状の脚を開き、4本のパイプをセットするだけなので簡単です。
また、オプション品として脚部エンドの「床面保護カバー」も取り扱っています。
脚の汚れやキズが気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

・設営方法:収束式
・耐荷重:80~100kg
・サイズ:200×65×32cm
・収納サイズと重さ:125×28×20cm 6.0kg

 


 

DOD バッグインベッド CB1-510

DOD バッグインベッド CB1-510」は持ち運びに便利な、コンパクトサイズのローコットです。
重量も2.3kgで持ち運びやすいモデルです。
耐荷重は120kg、本体サイズは183×72×15.5cmで広々と使えます。
収納時のサイズは51×13×16cmと小さく、さまざまなシーンで活躍します。

脚パーツにはショックコードが内蔵されているため、組み立てと片付けが簡単で、パーツの紛失も防げます。
カラーバリエーションは4種をラインナップされています。
安価なのもおすすめのポイントです。

 

・設営方法:組み立て式
・耐荷重:120kg
・サイズ:183×72×15.5cm
・収納サイズと重さ:51×13×16cm 2.3kg

 


 

Helinox HN.ライトコット 1822163

Helinox HN.ライトコット 1822163」は高品質で機能性に優れた製品を開発している「ヘリノックス」のローコットです。
収納時は13×13×53cmと非常に小さくなるうえに、重量も約1.2kgと携帯性に優れています。
専用のケースも付属し、収納すれば片手で持ち運べるほどコンパクトになります。

使用時のサイズは185×60×13cm、耐荷重は120kgに対応しています。
強度があるので、横になるだけでなく、安心して腰かけられます。
荷物を極力小さく、軽くしたい方におすすめの製品です。

 

・設営方法:組み立て式
・耐荷重:120kg
・サイズ:185×60×13cm
・収納サイズと重さ:13×13×53cm 1.2kg

 


 

UNIFLAME リラックスコット

UNIFLAME リラックスコット」はワンタッチ動作で設営が可能なハイコットです。
収納方法は収束式を採用しており、本体を広げるだけで設営できるため、初心者でも安心して使えます。
展開時のサイズも約193×69×45cmと大きく、使用感も良好です。

折りたたみ時は約77×32×18cmまでコンパクトになり、専用の収納ケースに入れれば持ち運びも簡単です。
重量は約7.5kgと少し重いものの、安定感が魅力です。
耐荷重は80kgのため、1人用や子供の腰かけとしておすすめです。

 

・設営方法:収束式
・耐荷重:80kg
・サイズ:193×69×45cm
・収納サイズと重さ:77×32×18cm 7.5kg

 


 

CAPTAIN STAG キャンピングベッド CSブラックラベル UB-2004

CAPTAIN STAG キャンピングベッド CSブラックラベル UB-2004」は幅広いアウトドア用品を扱う人気ブランド「キャプテンスタッグ」の製品です。
安定感に優れたフレーム構造のハイコットで、寝心地がよく、安心して体を預けられます。
サイドポケットも搭載しており、スマホなどの小物だけでなく、ペットボトルも収納可能です。

使用時のサイズは183×67×51cmで、身長の高い方でも安心です。
高さがあるため、冷気や湿気の影響を受けにくいのも魅力です。耐荷重は80kgに対応しています。

組み立ては収束式で、設営と片付けが簡単で、収納時は17×22×106cmまで小さくなります。
付属のキャリーバッグにはショルダーベルトが付いており、持ち運びも簡単です。
キャリーバッグは横入れのタイプで、収納しやすいのもおすすめのポイントです。

 

・設営方法:収束式
・耐荷重:80kg
・サイズ:183×67×51cm
・収納サイズと重さ:17×22×106cm 6.5kg

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているキャンプ用コットです!
キャンプ用コットは一度使用するとクセになる快適さが魅力です!

 

 

コットはキャンプでも家の中でも万能なアウトドアギア

以上がキャンプ用コットの選び方とおすすめ5選の解説でした。
コットはキャンプなどのアウトドアシーンで活躍する折りたたみ式ベッドです!
ベッドとして使えるのはもちろん、ベンチや荷物置きとしても利用できるアウトドアギアです!
暑さ・寒さなどの影響を受けにくいため、野外でも快適に過ごせるのが最大の魅力です!
おしゃれなデザインのモノも多く、インテリアとして部屋に設置して楽しむのもありです!
ぜひ、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

キャンプ用コットは耐久性も高く、おしゃれなデザインのものが多いので、家の中のインテリアとしてもおすすめです!
筆者も部屋とガレージに設置しています!

 

 

パラコードの選び方とおすすめ5選!キャンプやアウトドア、アクセサリーに!汎用性が高く防災にも!

パラコードの選び方とおすすめ5選!キャンプやアウトドア、アクセサリーに!汎用性が高く防災にも!
パラコードはキャンプや登山などのアウトドアで使用されることの多いアイテムです。 ブレスレットやストラップといった、アクセサリーの材料としても人気です。 耐久性に優れており、丈夫なので、汎用性が高いのも特徴です。 そこで、パラコードの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました