Bluetoothスピーカーの選び方解説とおすすめモデル5選を紹介!

ガジェット

Bluetoothスピーカーは屋内やお風呂、アウトドアでも使える手軽さで人気のポータブルスピーカーです。
防水性能を強化したものや360°スピーカーなど、さまざまな製品が神に合わせて様々なタイプのものが発売されています。
Bluetoothスピーカーの選び方解説やおすすめのBluetoothスピーカー5選を紹介します!

 

この記事はこんな人におすすめです!

アウトドアでも使用できるBluetoothスピーカーは?

お風呂場でも音楽を楽しみたい

家の中でも音楽を楽しみたい

どこへでも持っていけるBluetoothスピーカーは?

 

・Bluetoothスピーカーの選び方
・Bluetoothスピーカーのおすすめ5選

上記2点から解説します。

 

hatta
hatta

環境にや使用用途に合ったBluetoothスピーカーの選び方解説やおすすめのBluetoothスピーカー5選を紹介します!

 

手軽に高音質!PCスピーカーの選び方解説とおすすめモデル5選を紹介!

手軽に高音質!PCスピーカーの選び方解説とおすすめモデル5選を紹介!
PCスピーカーは、パソコンで映画や音楽、ゲームなど、気軽に高音質が楽しめるアイテムです。 購入する際には使用環境やライフスタイルに合ったものを選ぶことが重要です。 PCスピーカーの選び方の解説やおすすめのスピーカー5選を紹介します!

 

Bluetoothスピーカーの選び方

音質を確認

小型Bluetoothスピーカーは「パッシブラジエーター」搭載モデルがおすすめです。
小型のBluetoothスピーカーは持ち運びを考慮してコンパクトにまとまっているため、音質がいまいちな製品もあります。
そこで音質の目安として「パッシブラジエーター」が搭載されているかどうかをチェックしましょう。
パッシブラジエーターとは、低音域を増幅するスピーカーユニットのことで、しっかりとした重低音の響きが期待できます。
なお、メーカーによって名称が異なる場合もあります。

対応コーデックを確認

Bluetoothで音声を伝送する際、プレーヤー側で音声を一度圧縮してBluetoothスピーカーに届けます。
音声を圧縮する方式を「コーデック」といい、どのようなコーデックに対応しているかで音質が異なるので確認が必要です。

ほとんどのBluetooth対応モデルで対応しているのが「SBC」です。
ほかのコーデックと比べて音質は劣りますが、圧縮効率や伝送速度を優先したコーデックです。
SBCよりもワンランク上のコーデックとして位置付けられているのが「aptX」と「AAC」です。
「aptX」は主にAndroidで採用されており、「AAC」はiPhoneで採用されています。
また、最近ではハイレゾ音源に使われる「LDAC」というコーデックも普及しており、音質にこだわりたい方には、「LDAC」対応のBluetoothスピーカーがおすすめです。

 

アンプ出力を確認

Bluetoothスピーカーを選ぶ際、アンプ出力は音量にかかわる重要な要素です。
単位はW(ワット)をで表記され、W数が大きいほど、音量も大きくなります。

目安として5~15Wのモデルであれば、10畳程度の室内に対応可能です。
リビングのような広い空間や、外出先など大人数で音楽を楽しみたい場合は、最低でも20W以上の出力があるモデルを購入するのがおすすめです。

 

駆動時間や電源方式を確認

バッテリー内蔵型の場合、バッテリーの持続時間も確認しておきましょう。
連続再生時間が長ければ、外出先や移動中の車内での利用にも便利です。
また、充電方法も併せて確認しておきましょう。
突然充電が切れた場合でも、USBケーブルで充電するタイプならパソコンなどの機器やスマホの充電ケーブルを利用できるため、比較的充電は簡単で便利です。
なお、野外で使用する場合は電源の確保が難しいので、充電の際にはモバイルバッテリーなどを活用しましょう。

筆者おすすめのモバイルバッテリーは下記記事を読んでみてください!

MacBookやノートPCなどを出先で充電!おすすめのUSB-Cモバイルバッテリーを紹介!
テレワークやノマドワーカーなど場所を選ばず仕事をする時代でMacbookやノートPCを持って出先で仕事をする人も多いはずです。 外出先での電源は携帯に便利でパワフルなモバイルバッテリーが活躍します! モバイルバッテリーの選び方と、USB-C対応のおすすめのモバイルバッテリーを紹介します!

 

防水・防塵機能を確認

Bluetoothスピーカーを持ち運んで使うなら、防水防塵機能を重視しておきましょう。
野外など土使用する場合は最重要ポイントです!

例えば「IP57」と表記されていた場合、アルファベットに続く左の数値が防塵、右の数値が防水を示しています。
Bluetoothスピーカーを購入する際は、防塵性能は「IP5X」以上のモノを選択するようにしましょう。
「IP4X」は「1mm以上のワイヤーや固形物が入らない」と規定されているため、細かな砂埃を防ぐことは困難です。

また、キッチンで使用する場合などは「IPX5」以上の防水性能が目安です。
「IPX5」以上であれば、水に濡れても安心して使えます。
なお、水没まで考慮するのであれば、「IPX7」以上の防水性能を備えたモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

以上がBluetoothスピーカーを選ぶ際に重要なポインチです。
「音質」「コーデック」「アンプ出力」「駆動時間」「防水防塵」の5点が重要です!

 

 

Bluetoothスピーカーおすすめ5選

上記でBluetoothスピーカーの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したBluetoothスピーカーを5つ紹介します!

 

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB23

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB23」はIP67に対応した防水・防塵・防錆性能を備えているBluetoothスピーカーです。
お風呂場やキッチンなどの水回りや、海水浴やプールサイドなど水辺のアウトドアでおすすめのモデルです。
4時間の充電で12時間再生できるロングバッテリーを内蔵しており、充電切れを気にせずに長時間楽しめます。

先進の高音質テクノロジーをふんだんに取り入れているのも魅力です。
高音質デジタルアンプ技術「S-Master」や、圧縮音源で失われる高音域を補完する「DSEE」を搭載しています。

また、高音質コーデック「LDAC」や、iPhone用の「AAC」に対応しているのもポイント。
従来モデルと比較して約3倍もの情報量を実現しており、ワイヤレスでも高音質サウンドを楽しめます。

 

・コーデック:LDAC、AAC
・駆動時間::12時間
・アンプ出力:14W
・防水防塵:IP67

 

 

JBL FLIP4

JBL FLIP4」はIPX7防水性能を持っているので野外でもプール愛度でも使用できるBluetoothスピーカーです。
その防水性能は1mの水中に30分放置しても性能を保持できるほどです。
バッテリー内蔵のタイプのスピーカーです。USB最大12時間の再生が可能で、USBから充電できるので、ポータブルバッテリーなどからも気軽に充電できます。
もちろん電源に接続しながらの再生も可能です。
このスピーカーの特徴はなんといっても音質です。
Bluetooth接続でこのサイズのスピーカーとしては信じられないくらい高音質が魅力です!音量もかなり大きく出せます。
持ち運びしやすく、水気のある場所でも安心な防水規格IPX7に対応しているので、野外やお風呂場でも安心して使用できます。
Bluetooth接続で場所を選ばないのでPCだけでなく、タブレットやスマホなどと接続して様々な場所で使用できます。
この値段でこのクオリティは半端ないです!筆者一押しのスピーカーです!

 

・コーデック:SBC
・駆動時間::12時間
・アンプ出力:16W
・防水防塵:IPX7

 

 

アンカー(Anker) Soundcore 2 A3105014

アンカー(Anker) Soundcore 2 A3105014」バッテリー内蔵タイプのPCスピーカーです。
最大24時間の再生が可能で、外出先でも安心して使用できます。
Bluetooth5.0に準拠し最大20m離れた場所からでも接続できるほか、水気のある場所でも安心な防水規格IPX7に対応しているのも本製品のポイントです。
6Wのスピーカーを2つ搭載し、迫力のあるサウンドを楽しめます。
さらに、メーカー独自の技術である「Bass Upテクノロジー」によって、深みのある低音域の再生も可能です。
幅168×奥行47×高さ56mmのコンパクトサイズで、持ち運びしやすいモデルです。

 

・コーデック:SBC
・駆動時間::24時間
・アンプ出力:12W
・防水防塵:IPX7

 

 

JBL CHARGE3

JBL CHARGE3」は高音質、大出力が魅力なBluetoothスピーカーです。
縦にしても横にしても縦にしても使える設計で、部屋中に広がり包み込むような音が魅力でです。
IPX7の防水性能を搭載しているので野外での使用時の突然の雨でも安心です。
そして、「JBL CHARGE3」は充電器としても使用できます
バッテリー容量が「6,000mAh」で充電器としてスマホなども充電できます。
Bluetoothスピーカー型モバイルバッテリーという他にはない機能性も持っています。

 

・コーデック:SBC
・駆動時間::20時間
・アンプ出力:20W
・防水防塵:IPX7

 

 

JBL Bluetoothスピーカー GO2

JBL Bluetoothスピーカー GO2」は重さわずか184gで手のひらサイズのBluetoothスピーカーです。
従来モデルより防水性能が向上しており、海水浴やプールサイドなど水辺での使用におすすめのモデルです。
小型ながら40mm径フルレンジスピーカーの搭載により、広がりと奥行きのある高音質サウンドを楽しめます。

エコーキャンセリング機能を搭載したハンズフリー通話機能も搭載しているのもポイントです。
音楽再生中でも通話ボタンを押すだけでハンズフリー通話に切り替わり、クリアな音質で通話できます。
約2.5時間の充電で最長約5時間の連続再生が可能で、USB充電式でモバイルバッテリーからも充電できます。

 

・コーデック:SBC
・駆動時間::5時間
・アンプ出力:3W
・防水防塵:IPX7

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したBluetoothスピーカー5選です!
個人的には「JBL FLIP4」が性能価格を考慮してコスパ最強な気がします。

 

Bluetoothスピーカーは毎日をちょっとだけ楽しくしてくれる

以上がBluetoothスピーカーの選び方、おすすめのBluetoothスピーカー5選の紹介でした。
Bluetoothスピーカーの一番のめりっとはやはり場所を選ばないこと!
キャンプやBBQなど野外で楽しんでも良し!
お風呂など屋内で音楽を楽しむの良し!
自由にスタイルに合わせて様々な活用ができます!
Bluetoothスピーカーは毎日をちょっとだけ楽しくしてくれるはずです。
是非チェックしてみてください。

 

hatta
hatta

Bluetoothスピーカーは1つは持っておいて損はないアイテムです!

MacBookやノートPCなどを出先で充電!おすすめのUSB-Cモバイルバッテリーを紹介!

MacBookやノートPCなどを出先で充電!おすすめのUSB-Cモバイルバッテリーを紹介!
テレワークやノマドワーカーなど場所を選ばず仕事をする時代でMacbookやノートPCを持って出先で仕事をする人も多いはずです。 外出先での電源は携帯に便利でパワフルなモバイルバッテリーが活躍します! モバイルバッテリーの選び方と、USB-C対応のおすすめのモバイルバッテリーを紹介します!
タイトルとURLをコピーしました