ツェルトの選び方とおすすめ5選!小型・超軽量で設営簡単!バックカントリーや雪山登山にも!

アウトドア

ツェルトは超軽量でコンパクトな簡易テントです。
ツェルトは元々登山の緊急アイテムでしたが、最近ではバイクツーリングやトレッキングなどの野営アイテムとしても人気です。
防水・保温など、高い機能性を備えており、構造がシンプルで設営が簡単なのも特徴です。
そこで、ツェルトの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ツェルトのおすすめは?

ツェルトの選び方は?

 

・ツェルトとは
・ツェルトの選び方
・ツェルトのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ツェルトの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばツェルトで迷うことはもう無くなります!

 

 

マルチツールの選び方とおすすめ5選!キャンプや登山などアウトドアに!DIYや防災用品にも最適!

マルチツールの選び方とおすすめ5選!キャンプや登山などアウトドアに!DIYや防災用品にも最適!
マルチツールはアウトドアや日常生活などで役に立つアイテムです。 ナイフや缶切り、ハサミ、ドライバーなど、さまざまな機能がひとつに詰め込まれています。 キャンプや登山、釣りなどのアウトドアはもちろん、DIYや防災用品としてもおすすめです。 そこで、マルチツールの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

ツェルトとは

ツェルトは元々、突然の雨や雪、目的地に着く前に日が暮れてしまった時など緊急的に野営するために作られたアイテムです。
「シェルター」「ビバークテント」とも呼ばれます。

軽量コンパクトで収納時のサイズは350mlの缶ビール程度に小さくなるものもあり、バックパックの隙間に入れて持ち運べるのがポイントです。
また、構造がシンプルなので設営も簡単です。
クライマーにとっては命を守る必需品なので、防水・保温などの高い機能性を備えています

 

ツェルトとテントの違い

ビバーグ(緊急露営)時に使うツェルトは、軽量コンパクト化を追求しており、ナイロンを素材としたテント本体だけからなるシングルウォール仕様が主流です。
重量は200〜800g程度のモデルが一般的です。

トレッキングポールやロープなどを使用して、テントのように設営できますが、頭からかぶったり、くるまったりといった使い方もできます。
利用シーンに合わせて柔軟に使えるので、行動中に雨風・寒さを避ける場合にも手間がかからないのがメリットです。
ただし、テントに比べて居住性や防水性・通気性、そして耐久性は劣ります。

一方、テントはインナーテントとフライシートを備えたダブルウォール構造を採用したモデルが主流です。
ツェルトより重く、収納時にかさばるのがデメリットです。
しかし、近年はテントの軽量化が進み、1人用モデルのなかには、1000gを下回る超軽量タイプもラインナップしています。
ビバーク時でも快適に休憩したいと考える方は、超軽量テントをツェルト代わりに使用するという選択肢もあります。

 

hatta
hatta

ツェルトは緊急的に野営するために作られたアイテムです!
軽量コンパクト化を追求しており、携帯生が抜群です!

 

 

ツェルトの選び方

サイズを確認

ツェルトを快適に使用するためには、使用する人の体格に合わせて長さや幅を選ぶことが大切です。
スリムサイズや、ゆとりある広さのワイドサイズなどがあるので、体型に合わせて選ことが重要です。

 

耐水性を確認

ツェルトを選ぶ際は、耐水性も確認しておきたいポイントです。
特に、ツェルトで宿泊したい場合は、雨天にも対応できる耐水圧があるか要確認です。
目安としては、耐水圧の数値が1500mm程度のモノを検討してみてください。

一般的に、耐水圧が500mmで小雨、1000mmで普通の雨、1500mmで強い雨の侵入を防ぐといわれています。
購入前に、製品スペックをしっかり確認しておくのがおすすめです。

 

収納サイズと重さを確認

バイクや自転車ツーリングでは通常のキャンプに比べて持ち運びの容量が制限されるので、収納サイズも要確認です。
また、ツェルトの重さも重要です。

 

 

hatta
hatta

「サイズ」「耐水性」「収納サイズと重さ」の3点がツェルトを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ツェルトのおすすめ5選

上記でツェルトの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ちょっとしたツーリングやキャンプなど必ずツェルトを装備していく筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したツェルトを5つ紹介します!

 

finetrack FAG0123 ツエルト2ロング

finetrack FAG0123 ツエルト2ロング」は幅100×奥行き220×高さ95cmの、2〜3人用ツェルトです。
しかも340gと軽いのがメリットです。
リップストップナイロン素材の生地に、コーティングを施すことによって、高い透湿性を実現しています。
その結果、結露量は一般的なツェルトの1/12以下と謳われています。

張力のかかる各辺をダイニーマテープで補強してあるのも大きなメリットです。
ダイニーマは合成繊維のなかで最高クラスの強度を持つと言われている素材で、テンションをかけた時の生地への負担を軽減しています。
テンションをしっかりかけることができるため、より広い内部空間を確保できます。

トレッキングポールやロープを使用して、テントのように設営できるほか、かぶって雨風や冷気を防ぐことも可能です。
また、フロア部分を開けば、タープとしても利用できます。
軽量ながら、広くて快適なツェルトです。

 

・サイズ:奥行220(天頂部170cm)×間口100×高さ95cm
・耐水性:1000mm
・収納サイズと重さ:10×5×19cm 340g

 


 

Juza Field Gear Light & Easy Shelter Dx

Juza Field Gear Light & Easy Shelter Dx」はトレッキングポールを使用して設営する1人用軽量シェルターです。
収納時のサイズは15×8cmで、重量335gです。
設営時のサイズは幅100×奥行き210×高さ95cmです。
入口部に長さ45cmの前室があり、靴などを置けます。

生地は薄めの20デニールのリップストップナイロンです。
ウレタンコーティングを施したことにより、防水性と透湿性を兼ね備えています。
耐水圧は1700mmと、超軽量シェルターとしては高い防水性です。
入口のベンチレーターと、後部メッシュパネルで換気性を確保。高い透湿性と換気性によって結露を軽減しています。

さらに、インナーテントの入り口パネルは前面メッシュで、虫が入りにくく暖かい時期におすすめのツェルトです。

 

・サイズ:幅100×奥行き210×高さ95cm
・耐水性:1700mm
・収納サイズと重さ:3×15×8cm 335g

 


 

ヘリテイジ HI-REVO

ヘリテイジ HI-REVO」はダブルウォール構造を採用しながら、重量980gと軽量なヘリテイジの人気ツェルトです。
本体の収納時サイズは28×11cmとコンパクトです。
フロアサイズが幅93×奥行き203×高さ100cmと広いのがメリットです。

3ヶ所にベンチレーションを備えており、通気性・透湿性に優れています。
前室も広く、靴以外の荷物も置けるのもポイントです。
室内空間を快適に使える、トータルバランスに優れた超軽量ツェルトです。

 

・サイズ:幅93×奥行き203×高さ100cm
・耐水性:2000mm
・収納サイズと重さ:35×16×10cm 1000g

 


 

アウトドアリサーチ OR ヘリウムビビィ ピューター

アウトドアリサーチ OR ヘリウムビビィ ピューター」はポール込みの総重量が476gと軽い、アウトドアリサーチの1人用シェルターテントです。
前モデルから14%の軽量化を実現しています。
アッパー素材にはメーカー独自の防水透湿素材Pertexを採用しており、防水性・通気性に優れているのがメリットです。
フロアシートは、厚手の40デニールTPUラミネーションで、優れた耐久性を有しています。

フロアは幅66×奥行き213×高さ49cmのコンパクトサイズです。
高さがないため、寝袋のように横たわった状態で使用します。
ただし、頭上部分を大きく開けられるので、開放感を得られるのがメリットです。
また、暖かい時期の虫よけに効果的な取り外し可能なモスキートネットが付属しています。

 

・サイズ:幅66×奥行き208×高さ50cm
・耐水性:1800mm
・収納サイズと重さ:91×25×38cm 476g

 


 

NEMO ホーネットストーム1P

NEMO ホーネットストーム1P」は総重量887gと、最軽量クラスのダブルウォール仕様1人用テントです。
フロアは幅が79cmから108cmにかけての台形になっているのが特徴です。
奥行きは221cmと、他モデルに比べて長めになっており、身長が高い方でも寝た時に余裕があるのがメリットです。

室内の高さは98cmです。
天井部に新たなパーツ「フライバーボリューマイジングポールクリップ」を採用したことによって、従来モデルに比べて室内空間が広くなっています。
入り口部分はメッシュとの2重構造になっており、暑い時期の蒸し暑さを軽減できます。

 

・サイズ:幅108×奥行き221×高さ98cm
・耐水性:2000mm
・収納サイズと重さ:12×42cm 760g

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているツェルトです!
ツェルトはアウトドアはもちろん、もしもの緊急時にも頼りになるアイテムです!

 

 

ツェルトはアウトドアや防災用品としても役立つアイテム

以上がツェルトの選び方とおすすめ5選の解説でした。
最近ではバイクツーリングやトレッキングなどの野営アイテムとしても人気です!
防水・保温など、高い機能性を備えており、構造がシンプルで設営が簡単なのもポイントです!
天候が急変しやすい日本では、本格登山はもちろん、日帰り低山トレッキングでもツェルトを携帯しておくことをおすすめします!
アウトドアだけでなく、防災用品としても役立ちます!
ぜひ、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ツェルトはアウトドアはもちろん、防災用品としても役立つアイテムです!
安全にアウトドアを楽しむ上で1つは持っておいて損はないアイテムです!
「備あれば憂いなし」ですね!

 

 

CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選!登山やキャンプに!コスパがよく料理にも!

CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選!登山やキャンプに!コスパがよく料理にも!
シングルバーナーはガス缶に装着するだけで、お湯を沸かしたり、簡単な料理ができる便利なアイテム(ガジェット)です。 携帯性に優れ、1つ持っておくとキャンプやアウトドアはもちろん、災害時にも役立ちます。 そこで、入手しやすく、手軽に使用できるCB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました