Androidタブレットの選び方とコスパ重視おすすめモデル4選を解説!

ガジェット

「タブレット」はスマホより画面が大きくネットや読書、アプリをより快適に楽しめるアイテム(ガジェット)です。
Androidタブレットは多くの種類が発売されているのでどれを購入すればいいのか迷う人も多いのではないでしょうか?
そこでAndroidタブレットの選び方とコスパに特化したおすすめ4選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

Androidタブレットのおすすめは?

Androidタブレットはどう選べばいいの?

 

・Androidタブレットとは?
・Androidタブレットの選び方
・Androidタブレットのコスパ重視おすすめモデル4選

上記3点から解説していきます!

 

hatta
hatta

Androidタブレットの選び方とコスパ重視のおすすめのモデル4選を解説します!

 

Kindle端末各モデルの特徴と違いを解説。Kindle端末のおすすめ3選

Kindle端末各モデルの特徴と違いを解説。Kindle端末のおすすめ3選
「Kindle」はどこでも気軽に読書を楽しむことができる電子書籍リーダーです。 「Kindle」はAmazonが展開する電子書籍や電子書籍リーダーでペーパーレスで読書を楽しめる便利なタブレットです。 Kindle端末各モデルの特徴と違いを解説、Kindle端末のおすすめ3選を紹介します。

 

Androidタブレットとは?

Androidタブレットとは、Googleが提供するモバイルOS「Android」を搭載したタブレットのことです。
ほかのOSのモデルに比べて、よりユーザーのニーズに合った製品を見つけやすいのが特徴です。

Androidタブレットは製品ラインナップが豊富なのが特徴です。
付加機能が充実しているのもポイントです。
特に防水機能は、バスルームやキッチンなどで使いたい方に適した機能です。

 

hatta
hatta

Androidタブレットは機能、価格帯、サイズなど選択肢が豊富でユーザーに合ったものを選びやすい特徴があります。

 

Androidタブレットの選び方

画面サイズを確認

7~8インチ|普段使いにおすすめ

7~8インチのAndroidタブレットは、スマホよりも少し大きめのサイズで、場所を問わずにどこでも気軽に使えます
画面が小さい分、価格もリーズナブルなので、コスパで選びたい方にもおすすめです。

外出時にタブレットを活用したいのであれば、よりコンパクトなサイズの方が使い勝手は良好です。

 

9~10インチ|動画やゲームを楽しみたい方におすすめ

9~10インチのAndroidタブレットは、画面が大きく迫力のある映像を映せるため、映画やゲームを楽しみたい方におすすめです。
また、画面が大きいと小さな文字が見やすくなるので、SNSや電子書籍を快適に楽しみたい方にもおすすめです。

ただし、7~8インチのAndroidタブレットと比べるとサイズや重量がそれなりにあるため、携帯性を重視する方にはあまり向いていません。
10インチサイズになると片手での操作が難しくなるので、その点は確認が必要です。

 

10インチ以上|ノートパソコンとしても使いたい方におすすめ

10インチ以上のAndroidタブレットになると、画面が大きく、全体的にスペックが高い傾向にあるので、動画やゲームを楽しむ用途にもおすすめです。
また、別途キーボードやマウスを用意すればパソコンのような使い方もできるため、1台でタブレットとノートパソコンの2通りの使い方が楽しめます。

ただし、10インチを超えると重量やサイズが大きくなるので、ほかのサイズよりも使えるシチュエーションが限られてきます。特に、長時間持ったまま操作しているとすぐに手や腕が疲れてしまうため、重量など確認が必要です。

 

CPUの性能を確認

CPUは処理速度を司る重要なパーツです。人間で例えると「頭脳」にあたる部分です。
どんなCPUを選ぶのかによってその端末の性能が大きく異なってくるため、Androidタブレットを選ぶ際には必ずCPUの性能をチェックしましょう。

基本的にCPUは「コアの数」「クロック周波数」の2つをチェックすれば、性能を判断できます。
目安としては、ゲームやアプリをサクサク快適に楽しみたいなら、コアの数は「4~8個」、クロック周波数は「1.8~2.3GHz」あたりがおすすめです。

 

メモリ容量を確認

メモリはデータやプログラムを 一時的に記憶する部品で、記憶を司る部分です。
例えば、仕事や勉強をする際には、狭い机よりも広い机の方が効率よく作業ができます。

メモリも同様に、容量が大きくなれば1度にたくさんの処理ができるため、タブレットを快適に使いたいならメモリの性能もしっかりと確認が必要です。
選び方の目安として、ストレスなくアプリやゲームを楽しみたいなら「2GB」複数のアプリやゲームを快適に楽しみたいなら「4GB」がおすすめです。

 

ストレージの容量を確認

ストレージは、アプリやゲームなどのプライベートデータからOSなどシステムデータまで、タブレット内のあらゆるデータを保存しておくパーツです。
ストレージの容量が大きければそれだけたくさんのデータを保存しておけるため、いろいろなコンテンツを楽しみたいならストレージの容量もしっかりと確認してみてください。

目安として、WebサイトやSNSを見る程度であれば「8~16GB」アプリやゲームをそれなりに楽しみたいなら「32GB」写真・動画・アプリ・ゲームなどいろいろなコンテンツを楽しみたいなら「64~128GB」がおすすめです。

ただし、ストレージの容量が大きくなるとその分価格も高くなります。
コスパを重視しつつ多くのデータを保存したい方は、SDカードに対応したAndroidタブレットを選ぶのもひとつの方法です。

 

hatta
hatta

「画面サイズ」「CPU性能」「メモリ容量」「ストレージ容量」の4点がAndroidタブレットを選ぶ際に重要なポイントです!

 

Androidタブレットのコスパ重視おすすめモデル4選

上記でAndroidタブレットの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!Androidタブレットを使っている人を見たら、モデルを確認せずにはいられない筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用しているコスパに特化して厳選したAndroidタブレットを4つ紹介します!

 

ASUS 8.0型Androidタブレット ZenPad 8.0 Z380M

ASUS 8.0型Androidタブレット ZenPad 8.0 Z380M」は映像美と高音質にこだわった8インチタブレットです。
OSはAndroid 6.0です。
画面の解像感を高めて鮮明に表示する独自技術「VisualMaster」を採用しており、映画やドラマなどの動画を美しい表現で楽しむことが可能です。
繊細なタッチ操作を実現する「TruVivid」も搭載しているので、ゲーム用途としても適しています。

また、本製品は、音質面も魅力のひとつです。
ヘッドホンでの7.1chバーチャルサラウンド再生が可能な「DTS Headphone:X」、本体前面のスピーカーから5.1chバーチャルサラウンドの再生を行える「DTS-HD Premium Sound」を搭載しており、いつでもどこでも迫力のある立体音響を堪能できます。

なお、同一スペックでSIMフリーモデルとWi-Fiモデルを展開しているので、予算や使い方に応じて選べるのも魅力のモデルです。

 

・画面サイズ:8インチ
・CPU性能:MediaTek MT8163 1.3GHz(4コア)
・メモリ容量:2GB
・ストレージ容量:16GB

 

 

NEC PC-TE507JAW LaVie Tab E

NEC PC-TE507JAW LaVie Tab E」は高性能なクアッドコアCPUを搭載したAndroidタブレットです。
メモリは2GBで、ストレージは約16GBを搭載しており、microSDカードにも対応しているので、ストレージを拡張することもできます。

バッテリーの駆動時間は動画視聴時で最大8時間です。
約260gと軽量で、片手で持てるコンパクトデザインなので、外出先でも気軽に使えます。

7インチのHDディスプレイにはIPS方式を採用しており、斜めから画面を見ても正面とほとんど変わらない色合いを楽しめます。
また、臨場感にあふれたサウンド体験を再現する「Dolby Atmos」に対応したスピーカーを搭載しているため、タブレットで動画コンテンツを楽しみたい方におすすめです。

 

・画面サイズ:7インチ
・CPU性能:MT8161 1.3GHz(4コア)
・メモリ容量:2GB
・ストレージ容量:16GB

 

 

NEC LAVIE Tab E TE410

NEC LAVIE Tab E TE410」はガジェットに不慣れな方でも扱いやすいAndroidタブレットです。
Googleアカウントの登録方法から、インターネットやメールのはじめ方などを分かりやすく解説する「かんたん!LAVIE Tab for Android」を搭載しています。
初めてタブレットに触れる方でも操作に戸惑うことなく安心して使えます。

ワンタッチでログインできる「指紋認証」、複数のパスワードを管理できる「パスワードマネージャー」など、便利なセキュリティ機能が充実しているのも魅力です。

処理能力の高いオクタコアCPU「Snapdragon 450」や、斜めから見ても美しい「広視野角のIPSパネル」、クリアなサウンドが楽しめる「Dolby Atmos」「前面ステレオスピーカー」を採用することで、動画やゲームが快適に楽しめるのもポイントです。
ブルーライトのカット効果が期待できる「目の保護モード」を搭載しているので、長時間タブレットを楽しみたい方にもおすすめです。

 

・画面サイズ:10.1インチ
・CPU性能:Qualcomm Snapdragon450 1.8GHz(8コア)
・メモリ容量:2GB
・ストレージ容量:16GB

 

 

Dragon Touch NotePad K10 10.1インチタブレット

Dragon Touch NotePad K10 10.1インチタブレット」は高解像度の10.1インチIPSディスプレイを採用したAndroidタブレットです。
178°の視野角を持ち、あらゆる角度から美しい映像を楽しめます。
クアッドコア Coretex-A53とAndroid9.0システムの搭載によって、スムーズで快適な操作ができるのも特徴です。

本製品は、ROM32GBの内部ストレージに加え、128GBまでのmicroSDカードに対応しており、ストレージは大容量なので、写真や動画ファイルをたくさん保存したい方にも適しています。
さらに、ビデオの連続再生は平均5~6時間ほどで、長持ちなバッテリーも魅力です。
長距離移動の際に便利なので、通勤や旅行中のお供としても重宝します。

 

・画面サイズ:10.1インチ
・CPU性能:CPU MTK8163 Quad-core Cortex-A53 1.3GHzまで(4コア)
・メモリ容量:2GB
・ストレージ容量:32GB

 

 

hatta
hatta

上記4点が実際に筆者が使用している厳選したAndroidタブレットです!
個人的に持ち運び用のコンパクトなものと家用の大きなタイプを一つずつ持っておくと便利でおすすめです!

 

Androidタブレットは自分に合ったモデルを見つけやすい

以上がAndroidタブレットの選び方とコスパに特化したおすすめ4選の解説でした。
Androidタブレットは多くのモデルが存在し、よりユーザーのニーズに合った製品を見つけやすいのが特徴です。
コスパ重視の1台を選びやすいのがAndroidタブレットの一番の特徴だと言えます。
Apple製品からの切り替えを検討しているけど不安という方も、まずはタブレットで触ってみるのもおすすめです。
是非自分に合ったモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

価格を重視するのであれば、Androidタブレットはおすすめです!

 

ニンテンドースイッチにおすすめのSDカード5選!選び方も解説!

ニンテンドースイッチにおすすめのSDカード5選!選び方も解説!
ニンテンドースイッチで遊ぶ上で「SDカード」か欠かせないアイテムです。 「microSD」タイプのカードを使用するスイッチはダウンロード購入したゲームやセーブデータなどを保存する必須のアイテムです。 そこで、ニンテンドースイッチにおすすめのSDカード5選と選び方の解説をします!
タイトルとURLをコピーしました