アルコールストーブの選び方とおすすめ5選!炊飯や料理などに!風防や五徳月のモデルも!

アウトドア

アルコールストーブは携帯用の小さなコンロとしてアウトドアで活躍するアイテムです。
シンプルかつ原始的な構造で故障が少ないのが特徴です。
揺らめく炎が幻想的で、特にキャンプや登山などのアウトドアにおすすめでのアイテムです。
そこで、アルコールストーブの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

アルコールストーブのおすすめは?

アルコールストーブの選び方は?

 

・アルコールストーブとは
・アルコールストーブの選び方
・アルコールストーブのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

アルコールストーブの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばアルコールストーブで迷うことはもうなくなります!

 

 

ウッドストーブの選び方とおすすめ5選!焚き火も調理もこれ一つ!

ウッドストーブの選び方とおすすめ5選!焚き火も調理もこれ一つ!
ウッドストーブは小枝やまつぼっくりなどの自然素材を燃料にして火が起こせるアイテムです。 グリルとしても使用でき、簡単な調理もできるとアウトドアやキャンプでも注目されています。 そこで、ウッドストーブの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

アルコールストーブとは?

アルコールストーブとは、燃料に「燃料用アルコール」を使う携帯用コンロのことです。
構造はいたってシンプルで、アルコールストーブ本体に燃料を入れ、ライターなどを使って着火させます。

ボタンを押すだけで簡単に使える「ガスバーナー」とはまた違った魅力がアルコールストーブにはあります。
ゆっくりとキャンプを楽しみたい方や、ミニマムキャンプを楽しみたい方に愛用されています。

 

アルコールストーブのメリット

  • 軽量かつコンパクト
  • 燃料が安く購入しやすい
  • 故障のリスクがほとんどない

軽量かつコンパクト

アルコールストーブは、シンプルな構造で軽量・コンパクトなのが特徴のアイテムです。
持ち運びやすいため、アウトドアシーンにおすすめです。
車などに収納しておき、必要なときにさっと取り出せるのが魅力です。

また、必要な量だけ燃料を持ち運べるため、装備の重量を調節しやすいのもポイントです。
さらに、構成しているパーツが少ないので、スピーディに組み立てて使用できます。
キャンプや登山など、荷物が限られる場面におすすめのアイテムです。

 

燃料が安く購入しやすい

アルコールストーブに使用する燃料は、一般のホームセンターやドラッグストアで入手できる「燃料用アルコール」です。
燃料用アルコールはメタノールとエタノールの混合物質で、燃焼効率がよく出力カロリーが高いのが特徴です。

また、軽量で持ち運びやすいサイズでボトリングされていることが多いのもポイントです。
軽量で持ち運びやすく、安価で入手しやすいのも魅力です。
遠方地での登山を楽しむ際は本体だけを持ち運び、燃料は旅先の販売店で入手するという方法もあります。

さらに、燃料用アルコールは灯油などの化石燃料と比べて安定しているため、おおよその使用期限が3年程度と長いモノが多いのもメリットのひとつです。
災害対策として常備しておきたい場合にも有効です。

 

故障のリスクがほとんどない

アルコールストーブは原始的な構造であるため、故障のリスクがほとんどないといわれているのもメリットです。
また、部品数が少なく頑丈なため、物理的な損傷のリスクも低く済みます。

なお、長期間使用しているとゴム部分の劣化が生じる場合もあるため、必要に応じてメーカーから部品を取り寄せられるモノを選ぶのもおすすめです。
メンテナンスのしやすさと堅牢さを兼ね備えたモデルが多いのも大きな魅力です。

 

hatta
hatta

アルコールストーブ軽量かつコンパクトで故障のリスクがほとんどないのが特徴です!
ガスバーナーとはまた違った魅力があります!

 

 

アルコールストーブの選び方

容量と燃焼時間を確認

アルコールストーブを購入する際は、容量と燃焼時間を確認しましょう。
調理に使用する方は長時間燃焼する容量が大きいタイプがおすすめです。
燃焼中に燃料を足せないため、容量チェックは重要です。

ただし、容量が大きいとアルコールストーブも大きくなるので、用途に合ったサイズを選ぶことも大切です。
また、火力や気温によっても燃費は異なります。
火力の強いモノを探している方や冬季の使用を考えている方は、容量の大きいモノがおすすめです。

 

火力調節機能を確認

アルコールストーブで調理をするなら、火力調節機能があると便利です。
本体に機能が付いているわけではありませんが、火消し蓋を利用して火力を調節することが可能です。
方法は簡単で、火消し蓋を点火しているアルコールストーブの上に置き、隙間を調節することで、中火や弱火など調理に合わせた火加減にできます。

 

素材を確認

アルミ:軽くて丈夫

「アルミ」は強度が高いほか、鉄や銅に比べて軽く、加工しやすいのが特徴です。
キャンプ用品としてはサビにくいのも魅力です。

 

真鍮:経年変化を楽しみやすい

「真鍮」は銅と亜鉛がミックスされており、割合によって物性は変化しますが、比較的加工がしやすいのが特徴です。
色合いとしては使い込むほどに黒ずみ、経年変化が楽しめるのもポイントです。

 

チタン:強度が高い

「チタン」はアルミよりは重いものの、鉄よりは軽く、強度が高いのが特徴です。
比較的高価で、素材としてはやや加工しにくい金属ですが、サビに強いのもポイントです。
金属疲労が起こりにくく、耐久性が高いのも魅力です。

 

hatta
hatta

「容量と燃焼時間」「火力調節機能」「素材」の3点がアルコールストーブを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

アルコールストーブのおすすめ5選!

上記でアルコールストーブの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!アウトドアでも家でもアルコールストーブをヘビーユーズしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したアルコールストーブを5つ紹介します!

 

trangia アルコールバーナー TRB25

trangia アルコールバーナー TRB25」は同ブランドのロングセラーアイテムです。
燃焼効率の高さが人気の理由で、アルコールタンク3分の2ほどの燃料で、約25分間燃焼します。

消火用の蓋はスライド式のため火力を自在に調節でき、使い勝手に優れているのもポイントです。
風や寒冷地にも強く、厳しい環境のアウトドアフィールドでも利用が可能です。

真鍮製なので、使いこむほどに味わいが増していくのも魅力です。
機能性が高く、長く愛用できるアルコールストーブを探している方におすすめです。

 

・容量と燃焼時間:100cc、 2/3(70cc)約25分
・火力調節機能:有
・素材:真鍮

 


 

VARGO トライアドマルチフューエルストーブ T-305

VARGO トライアドマルチフューエルストーブ T-305」は便利な五徳がついているアルコールストーブです。
容量44ml、燃焼時間は約20分で、500ccの水を約5〜6分で沸かせます。
ソロキャンプで簡単な調理をするには十分な機能性です。

燃料を選ばず、アルコールのほかに、固定燃料や燃料ジェルが使えるのも特徴です。
チタン製のため重さが30gと軽く、耐久性の高さも持ち合わせています。
軽量かつ使い勝手に優れたアルコールストーブを探している方におすすめです。

 

・容量と燃焼時間:44ml、約20分
・火力調節機能:無
・素材:チタン

 


 

EVERNEW チタンアルコールストーブ EBY254

EVERNEW チタンアルコールストーブ EBY254」は中央だけでなく、側面からも炎が出る構造で、安定した火力が特徴のアルコールストーブです。
本体内側には30ml、60mlの目盛りがついており、計量の手間が省けるのもポイントです。
30mlの燃料で約5分間燃焼でき、約400mlのお湯を沸かせます。

素材はチタンで、34gと軽いのも魅力です。
五徳や燃料を入れる専用ボトルもオプションでラインナップされているので、自分のニーズに合ったアイテムを選んでみてください。

 

・容量と燃焼時間:60ml、約10分
・火力調節機能:無
・素材:チタン

 


 

ALOCS アルコールストーブ CS-B02

ALOCS アルコールストーブ CS-B02」は燃料用アルコールのほかに、消毒用アルコールも燃料として使えるアルミ製のアルコールストーブです。
風防の役割を果たす五徳がついているので、風が吹いてもストレスなく料理できます。

最大火力での連続燃焼時間は約30分で、火力の強さが特徴です。
蓋にはハンドルがついているため、消火や火の調節もスムーズに行えます。
ソロキャンプでもしっかり調理したい方や、火力重視の方におすすめです。

 

・容量と燃焼時間:約100ml、約30分
・火力調節機能:有
・素材:アルミ

 


 

Esbit アルコールバーナー ESAB300BR0

Esbit アルコールバーナー ESAB300BR0」は真鍮製のアルコールストーブです。
70mlの燃料で約25分間燃焼でき、燃焼効率のよさが特徴です。
蓋にはラバーパッキングがついており、燃料が漏れにくい仕様も嬉しいポイントです。
また、ハンドルもついているので、消火や火力調節がしやすいのも魅力です。

サイズは、径7.4×高さ4.6cm。使いこむほど味わいが出るので、経年変化を楽しめます。

 

・容量と燃焼時間:約70ml、約25分
・火力調節機能:有
・素材:真鍮

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているアルコールストーブです!
アルコールストーブはガスバーナーにはない独特の良さが詰まっています!

 

 

1つあるとアウトドアが更に楽しくなる

以上がアルコールストーブの選び方とおすすめ5選の解説でした。
アルコールストーブは揺らめく炎が幻想的で、特にキャンプや登山などのアウトドアにおすすめでのアイテムです!
軽量かつコンパクトで携帯しやすく、登山やツーリング、キャンプなどにも持っていきやすいです!
シンプルかつ原始的な構造なので、故障のリスクがほとんどないのもポイントです!
ぜひ、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

アルコールストーブは1つあると便利なアイテムです!
アウトドアはもちろん、災害時の備えにも活躍します!

 

 

CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選!コンパクトで持ち運びが便利

CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選!登山やキャンプに!コスパがよく料理にも!
シングルバーナーはガス缶に装着するだけで、お湯を沸かしたり、簡単な料理ができる便利なアイテム(ガジェット)です。 携帯性に優れ、1つ持っておくとキャンプやアウトドアはもちろん、災害時にも役立ちます。 そこで、入手しやすく、手軽に使用できるCB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました