360度ドライブレコーダーの選び方とおすすめ5選!駐車監視機能やリアカメラ付きのモデルも!

ガジェット

360度ドライブレコーダーは前後左右全方位の状況を記録できるドライブレコーダーです。
あおり運転や追突事故、幅寄せなど、事故やトラブルを記録できます。
駐車中のイタズラや盗難、当て逃げなどを記録する「駐車監視機能」が搭載されていモデルもあります。
そこで、360度ドライブレコーダーの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

360度ドライブレコーダーのおすすめは?

360度ドライブレコーダーの選び方は?

 

・360度ドライブレコーダーのメリット
・360度ドライブレコーダーの選び方
・360度ドライブレコーダーのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

360度ドライブレコーダーの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めば360度ドライブレコーダーで迷うことはもう無くなります!

 

 

レーダー探知機の選び方とおすすめ5選!効果が高いと評判の人気モデルを紹介!

レーダー探知機の選び方とおすすめ5選!効果が高いと評判の人気モデルを紹介!
レーダー探知機は取締ポイントやオービスの場所などをドライバーに教えてくれる便利なアイテムです。 オービスや速度取締装置から発せられるレーダー波や緊急車両の無線をキャッチしてくれる様々なモデルがラインナップされています。 そこで、レーダー探知機の選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

360度ドライブレコーダーのメリット

  • 全方向撮影可能
  • 死角がない
  • 車内の様子も撮影可能
  • 事故など万が一の時の証拠になる
  • 駐車中のイタズラや盗難、当て逃げなどを記録

 

360度ドライブレコーダーは文字通り360度全方向を撮影できるのが「360度(360°)カメラ」搭載のドライブレコーダーです。
前後はもちろん、斜めや側面など死角になる方向の映像も記録可能です。
横からの無理な割り込みや接触事故の状況をしっかりと撮影します。
なかには、斜め上方向の状況を撮影できるモデルもあります。
信号機や看板、標識などが高い位置にある場合に役立ちます。
また、車内の様子を記録できるのもポイントです。
フロントカメラタイプや2カメラタイプでは撮影できない、詳細な状況を記録できるタイプです。

全方向撮影が可能なので、あおり運転や追突事故、無理な幅寄せなどもしっかり記録できます。
事故やトラブルなど、万が一の時に証拠として残すことが可能です。
また、駐車中のイタズラや盗難、当て逃げなどを記録する「駐車監視機能」が搭載されていモデルもラインナップされています。

 

hatta
hatta

360度ドライブレコーダーは全方向撮影可能なドライブレコーダーです!
全方向撮影可能で死角がないため、万が一のときにも安心です!

 

 

360度ドライブレコーダーの選び方

画質を確認

ドライブレコーダーの画質が粗いとナンバーが読み取れないなど、トラブル時の証拠として役に立たない場合があります。
選ぶ際はフルHD録画に対応したモデルがおすすめです。
一般的なフルハイビジョンテレビと同様の鮮明な画像を記録します。

フルHDより精細な画質で記録できる、370万画素のWQHD対応モデルにも注目です。
よりきれいな画像で記録可能です。

 

ダイナミックレンジ対応を確認

HDRは「ハイダイナミックレンジ」、WDRは「ワイドダイナミックレンジ」の略称で、白とびや黒つぶれを予防する機能です。
天気のよい日の逆光下やトンネルの出入り口など、明るい場所と暗い場所の差を補正して適度な明るさに調節します。
明暗差の激しい場所でもくっきりとした映像を記録できます。

ヘッドライトによる白とびも抑えられるため、夜間の撮影でも活躍します。
トラブルの際に肝心な部分が映っていないという事態が起こるリスクを低減します。

 

GPS搭載を確認

GPS機能を搭載したモデルなら、走行場所の緯度・経度などより正確な位置を記録できるため便利です。
また、GPS・グロナス・みちびきなど、数基の測位衛星から電波を受信するタイプなら、より精度の高い記録を可能にします。

GPS機能を利用して自車の速度を測定できるモデルも販売されており、事故時の証拠として役立つほか、自宅のパソコンで走行軌跡を確認することも可能です。

 

駐車監視機能の確認

駐車中のトラブルを予防したい場合は、駐車監視機能を搭載したモデルがおすすめです。
不在時に起こったことも映像で残せます

Gセンサーを搭載していれば、衝撃を感知して自動で一定時間の録画が可能です。
駐車監視機能は、標準搭載しているモデルがあるほか、オプションで用意している場合もあるので確認してみてください。

 

hatta
hatta

「画質」「ダイナミックレンジ」「GPS」「駐車監視機能」の4点が360度ドライブレコーダーを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

360度ドライブレコーダーのおすすめ5選!

上記で360度ドライブレコーダーの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!車には必ず360度ドライブレコーダーを装備しないと落ち着かない筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した360度ドライブレコーダーを5つ紹介します!

 

COMTEC ドライブレコーダー HDR360G

COMTEC ドライブレコーダー HDR360G」は360°カメラで全方向を撮影できるドライブレコーダーです。
前後はもちろん、側面や車内の映像も記録可能です。
垂直視野角240°の広視野角で高い位置の信号機もしっかりと記録できるなど、トラブル時の状況を録り逃したくない方におすすめのモデルです。

2.4インチ液晶ディスプレイを搭載し、前方と後方を2分割して同時にチェックできるのもポイントです。
常時録画・衝撃録画・マニュアル録画を切り替えでき、さまざまなシーンや用途に対応します。
GPS機能内蔵で、自車の走行速度や位置情報を正確に記録。日時情報は自動で補正されるため、設定の手間を省けます。

専用ビューワソフトをダウンロードすれば、録画した映像やデータをパソコンでチェック可能です。
自車の走行軌跡を地図上に表示したり、録画したデータを動画や写真に変換したりもできます。

 

・画質:1856×1856 340万画素
・ダイナミックレンジ:対応
・GPS:搭載
・駐車監視機能:有

 


 

YUPITERU ドライブレコーダー Q-30R

YUPITERU ドライブレコーダー Q-30R」は全周囲360°の状況を記録できるドライブレコーダーです。
前後・左右・車内を撮影できる360°フロントカメラにくわえ、リアカメラで後方の状況も記録します。
死角になりやすい側面からの接触や飛び出しに対応できるなど、徹底的に録り逃しを防止したい方におすすめのモデルです。

垂直画角240°で前方を広く記録できる視野角を実現しています。
高い場所にある信号機や標識など、斜め上方向の状況を記録したいシーンで役立ちます。
画像補正機能HDR搭載で黒つぶれや白とびを抑制します。
ソニー製高感度CMOSセンサー「STARVIS」採用で、昼夜問わず鮮明な記録を可能にしています。

2.4インチ液晶ディスプレイを内蔵し、トラブル時にモニターで映像のチェックが可能です。
前方と車内を同時に映す「2分割表示」や、リアカメラの映像を映す「リアカメラ表示」など、多彩な表示機能も魅力です。

 

・画質:1920×1920 フロント/500万画素 リア/200万画素
・ダイナミックレンジ:対応
・GPS:搭載
・駐車監視機能:有

 


 

KENWOOD ドライブレコーダー DRV-CW560-K

KENWOOD ドライブレコーダー DRV-CW560-K」は2160×2160の高解像度で撮影できる360°カメラ搭載のドライブレコーダーです。
さまざまな方向からの接触や飛び出し、あおり運転などを記録したい方におすすめのモデルです。

無線LANを内蔵し、録画映像をスマホに転送できるので便利です。
2分割や4分割、パノラマなど多彩な表示画面で映像をチェックできます。
また、F1.8レンズを採用しており、車のナンバープレートなどこまかな部分をしっかりと撮影したい場面で威力を発揮します。

さらに、360°動体検知対応の「駐車監視録画機能」を標準装備しているのもおすすめポイントです。
別売りの車載電源ケーブルを使用すれば、最長10時間の衝撃と動体監視が可能です。

 

・画質:1920×1920 840万画素
・ダイナミックレンジ:対応
・GPS:搭載
・駐車監視機能:有

 


 

KENWOOD ドライブレコーダー DRV-C750

KENWOOD ドライブレコーダー DRV-C750」は水平360°の全方位撮影が可能なドライブレコーダーです。
垂直画角240°で斜め上方向の撮影にも対応しています。
別売りの電源ケーブルを使用すれば最長24時間の駐車監視もできるなど、さまざまなシーンで広い範囲を撮影できるおすすめのモデルです。

別売りでリアカメラを用意しており、後方の状況を詳細に記録したい場合に便利です。
3段階の明るさ調節機能により、プライバシーガラスやスモークガラスにも対応します。
また、低フレームレートの記録モードを搭載しているのもポイントです。
少ない容量のSDカード使用時でも、長時間録画が可能です。

 

・画質:1856×1856 500万画素
・ダイナミックレンジ:対応
・GPS:搭載
・駐車監視機能:有

 


 

CARMATE ドライブレコーダー DC5000

CARMATE ドライブレコーダー DC5000」は360°の全方位撮影ができるほか、3つの使い方のできる便利なドライブレコーダーです。
ドライブレコーダーとしてはもちろん、駐車中の監視カメラとしても活躍します。
さらに、別売りのバッテリーを使用すればアクションカメラとしても使用できる3WAYモデルです。

無線LANを内蔵し、撮影した映像をスマホに転送できるのもポイントです。
スマホの大画面で録画した映像をチェックしたい方におすすめのモデルです。
GPSにくわえて、グロナスやみちびきの衛生からの電波も受信。精度の高い日時や位置情報の記録が可能です。

 

・画質:1920×1920 2706万画素
・ダイナミックレンジ:対応
・GPS:搭載
・駐車監視機能:有

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している360度ドライブレコーダーです!
360度ドライブレコーダーは自分のためはもちろん、事故現場に居合わせた場合でも役立ちます!

 

 

360度ドライブレコーダーは万が一の時に備えて安心

以上が360度ドライブレコーダーの選び方とおすすめ5選の解説でした。
360度ドライブレコーダーは前後左右全方位の状況を記録できるドライブレコーダーです!
あおり運転や追突事故、幅寄せなど、事故やトラブルを記録できます!
駐車中のイタズラや盗難、当て逃げなどを記録する「駐車監視機能」が搭載されていモデルもあります!

360度ドライブレコーダーは全方向の記録をしっかり残せるので、万が一のときでも安心です!
事故やトラブルなど、万が一の時に備えて安心のアイテムです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

360度ドライブレコーダーは事故やトラブルなどの記録を死角なくしっかり残すことができます!
もしもの時に備えて安心です!

 

 

ディスプレイオーディオの選び方とおすすめ5選!スマホと接続で音楽やyoutubeなどが楽しめる!

ディスプレイオーディオの選び方とおすすめ5選!スマホと接続で音楽やyoutubeなどが楽しめる!
ディスプレイオーディオはカーナビ機能を搭載していない、AVユニットに特化したアイテムです。 スマホに対応しているカーナビアプリと連携してカーナビ機能を使用することも可能で、HDMIなどを使用してスマホ画面を写したり、プレイリストを聴くことも可能です。 そこでディスプレイオーディオの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました