2ルームテントの選び方とおすすめ5選!ファミリーキャンプに!レイアウトも自由自在!

アウトドア

2ルームテントは寝室とリビングスペースの2つのエリアを備えたテントです。
2ルームテント1つで就寝場所から食事をするエリアまで、アウトドアで過ごすために必要なスペースを全て確保できるのが特徴です。
最近では設営が簡単なモデルもあり、高い人気があります。
そこで、2ルームテントの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

2ルームテントのおすすめは?

2ルームテントの選び方は?

 

・2ルームテントとは
・2ルームテントの選び方
・2ルームテントのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

2ルームテントの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めば2ルームテントで迷うことはもう無くなります!

 

 

キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選!登山やツーリング、車中泊!最高の寝心地に!

キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選!登山やツーリング、車中泊!最高の寝心地に!
インフレーターマットはキャンプ用マットの中でもバルブを緩めるだけで自動的に空気を充填できる便利なマットです。 断熱性に優れておりクッション性も高く、空気の入れる量で硬さ調整もできるので快適な寝心地が得られるのもポイントです。 そこで、キャンプ用インフレーターマットの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

2ルームテントとは

2ルームテントとは、寝室とリビングの2つのエリアを備えたテントのことです。
ドーム型テントを2つ連結した形のモノから、トンネル型やロッジ型をベースにしたモノなど、さまざまな製品がラインナップされています。

1つ設営すれば就寝場所から食事をするエリアまで、アウトドアで過ごすために必要なスペースを全て確保できるのが特徴です。
使い勝手がよく、ファミリーをはじめキャンプ初心者の方にも人気です。

 

2ルームテントのメリット

  • 寝室とリビングの2つのエリアを作ることができる
  • テントの他にタープを組み立てる必要がない
  • 風や雨を気にせず食事できる
  • 就寝中に食材を野生動物に荒らされる心配がない

タープを組み立てる必要がなく、設営や撤収にかかる手間が少ないのがメリットです。
一般のドームテントと比べて多少時間はかかるものの、1人で設営可能なモデルもあり、初めてキャンプに挑戦する方にもおすすめです。
フルクローズにすれば風や雨を気にせず食事がとれるうえ、就寝中に食材を野生動物に荒らされる心配もありません
寝室を取り外し大きなシェルターとして利用できるモデルもあり、幅広い用途で使えます

 

hatta
hatta

2ルームテントは1つで寝室とリビングの2つのエリアを作ることができるテントです!
雨の時もリビングエリアを活用してキャンプを楽しむことができます!

 

 

2ルームテントの選び方

サイズを確認

2ルームテントは、リビングスペースにテーブルや椅子などをセッティングしたり荷物を置いたりすることを考慮すると、実際の使用人数よりもやや多めの人数に対応しているモノを選ぶのがおすすめです。
スペースに余裕ができ、よりゆったりとくつろげます。

しかし、大きすぎるサイズのモノはその分重量も増えてしまうのに加え、収納サイズも大きくなるため持ち運びに苦労することもあるので注意が必要です。
実際の使用人数を踏まえたうえで、適切なサイズ感のモノを選んでみてください

 

耐水性を確認

2ルームテントを選ぶ際は、耐水性も確認しておきたいポイントです。
雨の日にアウトドアを楽しみたい場合は、雨天にも対応できる耐水圧があるか要確認です。
目安としては、耐水圧の数値が1500mm程度のモノを検討してみてください。

一般的に、耐水圧が500mmで小雨、1000mmで普通の雨、1500mmで強い雨の侵入を防ぐといわれています。
購入前に、製品スペックをしっかり確認しておくのがおすすめです。

 

収納サイズと重さを確認

2ルームテントを選ぶ際は収納サイズも要確認です。
2ルームテントは普通のテントに比べ収納サイズが大きく、重い傾向があります。
特にバイクや自転車ツーリングでは通常のキャンプに比べて持ち運びの容量が制限されるので、できるだけ小さいものがおすすめです。
また、重さも忘れずに確認しましょう。

 

hatta
hatta

「サイズ」「耐水性」「収納サイズと重さ」の3点が2ルームテントを選び際に重要なポイントです!

 

 

2ルームテントのおすすめ5選

上記で登山テントの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!2ルームテントが快適すぎて引きこもってしまう筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した2ルームテントを5つ紹介します!

 

Coleman タフスクリーン2ルームハウス 2000033800

Coleman タフスクリーン2ルームハウス 2000033800」は風が強い日でも安心して過ごせるタフコンセプトモデルです。
メインポールには丈夫で軽量なアルミ合金素材を採用しています。
1人でも組み立てられるアシスト機能が付いているため、簡単に設営ができます。
キャンプ初心者の方にもおすすめの2ルームテントです。

大型のメッシュ窓とキャノピーを搭載しているのが特徴で、強い日差しを遮りながら、心地よい外の風を取り込めるので重宝します。
吊り下げ式のインナーテントを採用しており簡単に取り外せるため、大型のリビングルームを作ることも可能です。
グループで食事をとったり休憩をしたりと便利に使えます。

本体下部から空気を取り入れ上部から排気する「サークルベンチレーションシステム」を採用しています。
効率的に空気を循環させることで結露の発生を抑え、快適な居住空間が保てます。
また、冬に便利な冷たい風の侵入を防ぐスカートも装備しています。
オールシーズン快適に過ごせる製品を探している方もぜひチェックしてみてください。

 

・サイズ:約540×340×215cm/インナーサイズ:約320×230×170cm
・耐水性:2000mm
・収納サイズと重さ:約30×74cm 約16kg

 


 

LOGOS ROSY ドゥーブル XL-BJ 71805561

LOGOS ROSY ドゥーブル XL-BJ 71805561」は脱着式のインナーテントを備えたモデルです。
取り外すと大型のスクリーンタープになるため、グループで利用するシェルターとしても活躍します。
アウトドアアクティビティで多目的に使用できる、2ルームテントが欲しい方におすすめのモデルです。

高さが約190cmの広々としたリビングエリアを備えています。
入り口ドアをポールで立ち上げてキャノピーにすれば、さらに開放感のある空間を確保することも可能です。
ただし、キャノピー用のポールやロープは別売なので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

グラスファイバー素材のフレームを採用した本体は約10.5kgと軽量です。
専用の収納バッグが付属しており簡単に持ち運べます。

 

・サイズ::約290×440×190cm/インナーサイズ:約270×270×153cm
・耐水性:1000mm
・収納サイズと重さ:約70×23×23cm 約10.5kg

 


 

CAPTAIN STAG CS ツールームドーム M-3133

CAPTAIN STAG CS ツールームドーム M-3133」はカップルや親子3人のファミリーキャンプにおすすめの2ルームテントです。
コンパクトながら高さ約165cmのしっかりとしたリビングエリアを確保できます。
出入り口のフラップを立ち上げてキャノピーにすれば、さらに開放的なリビングができあがります。

左右のフラップも巻き上げられるので、3方から自由に出入りすることが可能です。
リビングとインナーテントには2ヵ所ずつメッシュ窓を搭載しています。
涼しい外気が取り込みやすいだけでなく、ノーシームメッシュを採用しているため外から覗かれる心配もありません。

重量も約9.5kgと軽量なので、付属のキャリーバッグに入れて気軽に出かけられます。

 

・サイズ::約220×475×165cm
・耐水性:1000mm
・収納サイズと重さ:約65×21×23cm 約9.5kg

 


 

snow peak エントリー2ルーム エルフィールド TP-880

snow peak エントリー2ルーム エルフィールド TP-880」は初心者の方におすすめの2ルームテントです。
4本のアーチフレームとリッジポールで組み立てるシンプルな構造が特徴です。
しっかりとしたリビングスペースで食事や語らいができるので、タープを設営する必要もありません。

リビング周囲のフライシートにはスカートを装備しています。
冷たい風の侵入が防げるため冬のキャンプに便利です。
また、ルーフシートを標準装備しているのもポイントです。
保温と同時に結露の発生を抑える効果があるので、快適な室内環境を保てます。
1年を通して気軽にキャンプを楽しみたい、アウトドア好きの方にもおすすめです。

 

・サイズ::約600×380×210cm
・耐水性:1800mm
・収納サイズと重さ:約86×32×34cm 約15.5kg

 


 

DOD ライダーズバイクインテント

DOD ライダーズバイクインテント」はバイクを愛するライダーにおすすめの2ルームテントです。
リビングエリアのキャノピーを立ち上げると、バイクをテント内に停められるのが特徴です。
雨や夜露から大切な愛車を守れるだけでなく、バイクを眺めながら眠ることも可能です。
ソロやタンデムでのキャンプツーリングに適しています。

ワンタッチシステムを採用しており、設営がしやすいのも本モデルの特徴です。
ロープを引けば傘を開く要領で立ち上がるので、短時間で組み立てができます。
目的地への到着が遅れ夜になってしまっても、素早く就寝準備ができるので便利です。

・サイズ::約215×260×140cm
・耐水性:アウターテント3000mm、フロア5000mm
・収納サイズと重さ:約61.5×23×23cm 約5.5kg

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している2ルームテントです!
2ルームテントは就寝スペースだけでなくリビングスペースも一緒に設営可能なのがとても良いところです!

 

 

 

2ルームテントはワンランク上のキャンプを演出

以上が2ルームテントの選び方とおすすめ5選の解説でした。
2ルームテントは寝室とリビングスペースの2つのエリアを備えたテントです!
2ルームテント1つで就寝場所から食事をするエリアまで、アウトドアで過ごすために必要なスペースを全て確保できるのが特徴です!
テントとタープを別に用意し設営する必要がなく、設営撤収の手間が大幅に削減できます!
最近では設営が簡単なモデルも多くラインナップされています。
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

2ルームテントは寝室とリビングスペースの2つのエリアを備えた便利なテントです!
2ルームテントはワンランク上のキャンプを演出してくれます!

 

 

キャンプ用コットの選び方とおすすめ5選!軽量でコンパクトなモデルも!アウトドアやツーリングに!

キャンプ用コットの選び方とおすすめ5選!軽量でコンパクトなモデルも!アウトドアやツーリングに!
コットはキャンプなどのアウトドアシーンで活躍する折りたたみ式ベッドです。 ベッドとして使えるのはもちろん、ベンチや荷物置きとしても利用できるアウトドアギアです。 暑さ・寒さなどの影響を受けにくいため、野外でも快適に過ごせるのが最大の魅力です。 そこで、キャンプ用コットの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました